日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52033965.html
<転載開始>
ロサンゼルスのマリブ・ビーチ周辺が炎上しています。ニュースでは山火事としていますが。。。
同時に、カリフォルニア州北部の山の斜面で爆発が起きました。爆発が兵器によるものなのか、火山噴火なのかは分からないようです。また、西海岸の北部で不自然なマイクロ波が確認されました。
このところ、カリフォルニア州では怪しい現象が起き続けています。人工的な山火事が頻発しています。焼け方が自然ではありません。
このような不自然な現象を専門的にチェックしている人たちがビデオで情報を流してくれています。日本ではありえないと思います。アメリカは闇が深いと同時に闇の部分を明かす人たちの活動が盛んです。日本ではマイクロ波などの画像をチェックし実際に何が起きているのかをビデオを通して明かにしてくれる活動家は殆どいません。ですから日本で地震が起きても山火事が起きてもそれが自然発生なのか人工的なのかすら分からないままです。アメリカはさすがにすごいと思います。
それと、研究家のロバート・スタンリー氏によると、彼はマリブ海岸地区で育ったそうですが、この場所は非常に闇が深くUFOが頻繁に目撃されたりエイリアンによる拉致事件も頻発しており、悪の巣とも言っていました。そのような地区が炎上しています。人工的に発生させた火災だと思いますが。。。
カリフォルニア州は移民(不法移民も)が多くリベラル左翼が最も多く住む州です。
また、カリフォルニア州は、NWO、ディープステート、国連、中国に狙われており、彼等はカリフォルニア州をアメリカから独立させた上で共産主義独裁国家を誕生させようとしているそうですから、その前にカリフォルニア州全体を破壊しなければならないそうです。山火事もその一環でしょうか。それとも今回は火山が噴火しているのでしょうか?

<マリブで大火事発生>
http://www.investmentwatchblog.com/entire-city-of-malibu-under-evacuation-as-woolsey-fire-destroys-everything-in-its-path/
(概要)
11月9日付け


カリフォルニア州が再び炎に包まれています。
これは金曜早朝のマリブ(ロサンゼルス)の光景です。地域全体が炎上しています。マリブから住民が一斉に避難しています。
多くの住宅やビルが焼失しています。
ビデオを投稿した女性によると、彼女の自宅は消防士らの消火活動で燃えずに済みましたが、周りの住宅はみな焼失しました。

<カリフォルニア州北部で異変が!> 

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3645902.html
(概要)
11月9日付け 

カリフォルニア州北部で爆発が起きました。地中から何かが噴き出したのか、(人工火災を発生させる)指向性エネルギー兵器によるものなのか、原因はまだわかっていません。

 


こちらはカリフォルニア州の北部(メリースヴィル市の北側?ラッセン山の麓?)の様子を捕らえた画像です。
ここから謎の煙が立ち上っています。
(2:45~)ここから南東部や南西部の2つの地点でも火災が発生しています。
(2:50~)海岸沿い(サンフランシスコの北側?)でも大規模な火災が発生しています。
このエリアの火災が発生する前に北部で煙が立ち上っていました。
(3:00~)こちらは昨日の様子です。火災は発生していませんでした。
(3:09~)こちらは火災が発生する前の様子です。何かが爆発したようです。炎と黒煙が立ち上っています。
炎が発生する前に何かが空から落ちたように見えます。
何か重たいものが地面に落下したようです。その後、煙になって消えました。夜中に何かが起きたのです。
(4:07~)煙が2つに分かれて流れていっています。

(4:30~)こちらのミミック・マップ画像(マイクロ波の画像)でも西海岸で何かが起きているのが分かります。海岸から海に向かってマイクロ波・低周波が照射されています。人工的に操作されたものです。
(5:26~)こちらの画像でも海岸沿いで謎の現象が起きているのが確認できます。
(5:33~)こちらの白い点は炎です。
(5:50~)小島から北側に白いビームが照射されているのが分かります。
ミミック・マップの画像が突然観れなくなってしまいました。
(6:35~)画像が回復しました。
(6:40~)ここのエリア(西海岸から太平洋に向かって)のマイクロ波が渦を巻いています。異様です。このような場所でこのような現象が起こること自体がおかしいのです。
(7:05~)マイクロ波は渦状に流れています。
(7:23~)渦の右側の西海岸周辺には非常に乾いた空気(茶色の部分)が内陸から噴き出してきました。
(7:30~)西海岸の沖合で何かが起きています。
(7:35~)こちらの画像でもその渦が確認できます。ミミック・マップの画像に写っていた渦と同じ大きさです。

(8:02~)最初の画像に戻ります。白い点の部分から煙が舞い上がり何かが落下しました。何かが爆発したのでしょう。一瞬の出来事でした。
我々は、異変が起きる度にこのような画像をチェックし実際に何が起きたかを突き止めています。
(16:42~)このオレンジの部分の様子を観測すると、ここから何かが空に向かって照射されその後落下したのが分かります。
1年前から西海岸で起きている謎の現象を追跡してきましたが、この1年間でメタンガスが地面から漏れていたり、フラッキングの被害にあったり、噴火が起きています。地下で何かが起きているのです。何が起きているかはまだわかっていません。地球に異変が起きているのでしょう。
(18:35~)煙が出ている場所で光(炎?)が点滅しています。
不思議なことに、風(雲の流れ)は北西から南東方向へ吹いているのに、謎の煙と炎は南西方向に流れています。
(20:05~)これが火山活動なのかどうかはわかりませんが、この部分から何かが噴き出しました。ここから、明るく光るものが噴き出し、その後落下しました。

以下省略

<転載終了>