タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-16912.html
<転載開始>
西新宿の高層マンションから藤圭子(享年62)が遺書も残さず飛び降りたのは、13年8月22日の早朝でそれは岡田由紀子の誕生日「岡田 有希子(おかだ ゆきこ、1967年8月22日 - 1986年4月8日」と同じニギハヤヒであった。その日は米国の新駐日大使が就任する前のことであった。就任は2013年11月19日で単数化すると9でありそれは3x3である。11月19日から藤圭子が死んだ8月22日を引くとそれぞれ+3とー3になる。-3は藤圭子が死んだ(殺された)ことを意味しているのだろう。大使にとって日本に腹違いの姉がいることを許せなかったのか?
と、興味深いことが書かれている達人さんの記事 ↓
https://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1201.html



本日はURLを辿って「見つかりません」と表示された日本製原爆完成全文さんの記事が大摩邇(おおまに)さんちに残っていたので、転載させてもらいました
m(_ _)m
貼り付け開始

「聞いて下さい私の人生」 藤圭子

日本製原爆完成全文さんのサイトより
http://nipponseigenbaku.com/?p=151

<転載開始>

「聞いて下さい私の人生」 藤圭子

“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族”は、本当に外道共の集合体だね。此処まで悪党だと、閻魔大王も裸足で逃げ出してしまう。

閻魔大王から閻魔帳を奪って、地獄の鬼を皆殺しにする“釈迦白足袋族”は最強の卑人である。地獄の火でも、原子炉の熔解温度でもその「曲がった性根の塊は熔解しない」のである。それ程「我の塊」がカチカチに凝固していると云う訳である。

それなら、その「我の塊」は太陽に投げ込んでも熔けない、何億年間でも、太陽の中で燃え続けていれば、無限エネルギーと成って逆に、宇宙のために成るが、原子炉の炉心の中で燃え続け場合は、地球の底が抜けて仕舞う事に成りかねないから、手の施し様がない。

それとも、京都府の“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族”は、「地獄の沙汰も金次第」とばかりに、東日本大震災の義援金(義捐金)と国民年金を全額盗んで、世界一の大宴会を開いて、日本の飛地領土「ナウル共和国(太平洋南西部に浮かぶ珊瑚礁のナウル島からなる共和国)」に亡命して、次の戦争準備にでも入る計画を立てている訳である。

俳優の児玉清の番組「アタック25」の収録を欠席とか。石巻市で“さんまを焼いて烽火”だとか。日本はアメリカを再び攻撃(アタック)する計画を準備している訳だ。

両国民と日米の政治家達が考えていることには、天と地の開くがあるから、深層海流の流れは緩やかだが、そこに出来る渦は意外に激しい怒りに満ちているのかもしれない。

何故、こういった書き出しになるのか?と云えば、芸能人 藤圭子(本名:阿部純子)の子「歌手 宇多田ヒカル」が、2010年10月に発売した「Utada the best」 (ユニバーサル 16曲で新曲なし)を“買わないで”と発言した事と、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の義援金として日本赤十字社を通じて8000万円を寄付した。また、被災者支援として人生初の献血を行い、400ccの献血をした。などの情報が再び流れ出したからである。

タイトルは、藤圭子の曲そのままである。日本の芸能界は、スメラ学塾(スメラクラブ、スメラ文庫・・・)と繋がっているイタリアレストラン「キャンテイの川添浩史・象郎一族」を抜きにしては、存在しない程に絶対的な影響力を持つ正に「暗黒世界」である。

それは、先の「熔解しない“我の塊”」である。藤圭子は日本規模だったが、「歌手 宇多田ヒカル」は、母 藤圭子の出生地岩手県の奇物 新渡戸稲造が発願した「太平洋の架け橋」として活躍しているのである。

それで「満点」でしょ。歌は言語の違いを超えて「平和でしょ」たぶん。歌手の声の最高は「だみ声(ハスキーボイス)」であることから、すれば、宇多田ヒカルの声帯は潰れていないから、最高の声帯とは云えない訳である。

しかし、高額所得者の仲間に入る位だから、良いのかもしれない。宇多田ヒカルの胤が、作家沢木耕太郎なのだろうが、此処では問題としない。

藤圭子が問題なのである。藤圭子と新渡戸稲造に思想的な関係は見られないし、まして「血縁関係」も見られない。しかし「太平洋の架け橋」に成って居る理由が問題なのである。

新渡戸稲造の妻は、米国のクエーカー教徒である。明仁天皇(本人は死亡して、現在は影武者が演じている)の家庭教師(バイニング夫人)もクエーカー教徒である。「太平洋の架け橋」は日米間では「クエーカー教徒」と相場が決まっているのである。

藤圭子の家庭環境を表面上見る限り、「クエーカー教徒」を匂わせる物は存在しない。

しかし、「太平洋の架け橋」に成って居るのである。実に不可視な世界である。藤圭子の「恨み節(怨念節)」と、英語・日本語混じりの宇多田ヒカル調がシックリと来ないのは、藤圭子の歌が街中に溢れていた高度経済成長時代と、現在とにおいて「隔世の感」があるからでもある。

逆に見れば、<藤圭子の歌が街中に流れていた時代は、何故?アノ歌でなければいけなかったのか?>と云う疑問である。

それは、マスメディアが国民の思考を「経済戦士」として、疑問府を抱かせないよう強制していたとし考えられないのである。つまり、藤圭子に「恨み節(怨念節)」を歌わせる事で、完全な「会社帰属型の人間」だけを造り上げていったのである。

それは、森進一にも共通している訳である。そう「キャバレー日の丸」の登場である。「円天・L&G・あかり研究所の詐欺事件」で広告塔に成ったのは、全て「演歌=恨み節(怨念節)」歌手らである。

時代に不変性が欠けているくせに、「電子立国・自動車立国・資源がない」だけには不変性がある様に、京都府の“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族(日本共産党の医療と教育)”から、徹敵的な教育をされ続けているのである。そういった意味で「藤圭子」の存在(=発言)する意味は重大なのである。

前にも書いたが、藤圭子が2009年夏に発言した【日本はガラスで囲まれているようですね。外から見ると開放的でたやすく入れそうだけれど、実際は見えない分厚い壁がある。いつか、ヒカルも感じるのではないでしょうか】日本に在住していて、藤圭子が感じている「不自由さ」とも受け取れる発言である。

「外から見ると」だから、アメリカ側から日本を見ている視点ではある。

藤圭子の視点から云えば【長く日本に住んで居た時には、気がつかなかった事ですが、アメリカと日本を行き来し、今ではアメリカに居る時間が長くなって、気がついた事ですが、日本の芸能界は外から見ると、開放的でたやすく入れそうな「ガラスで囲まれた社会」に見えますが、実際には見えない分厚い壁があるのですね。いつか、ヒカルも感じるのではないでしょうか】こういった発言に成るはずだが、藤圭子の発言の中に「芸能界」と云う名称がないのである。

冒頭から【日本はガラスで囲まれているようですね】で始っているのである。日本の多くの芸能人らは、アメリカを始め、欧州から北欧、アフリカ大陸まで仕事や旅行から、長期滞在まで多種多様に、国外で生活している人も見受けられが、藤圭子の様な発言を聞いた事が無いから、この発言に面食らう訳である。

そして、翌2010年に宇多田ヒカルの休養宣言となる訳である。歌手 郷ひろみは、アメリカで何をしているのか知らないが、ニューヨークに長期滞在して、現地妻やら、不倫やら無差別セックスに明け暮れて、日本に来ると突然路上ライブなどして、その言動は無軌道である。

日本の芸能界は「不可視か?可視か?」など気にも止めていない訳である。

二谷友里恵に黒田清子(明仁天皇の長女)との間に出来た“二人の女子”を養育させておいて、自分は無差別セックスに励んでいる。それは「島地黙雷の胤」からできているから、島地黙雷・大等と同じ浄土真宗の教義を実践している訳である。結果を考えないでである。

“外道の郷ひろみ”と比較する事は対象が異常分子だからやめる。

藤圭子のデビューから今日に至るまでの足跡に見られるのは「金銭問題」である。幾ら歌ってもまるで「砂漠に水を打つかの如くに、金銭が底をついているのである」。水原弘(黒いはなびら)や勝新太郎などの様に、連日連夜、銀座で大宴会を繰広げているなら、「借金王」であるが、藤圭子にはそんな豪遊伝は無い様であるが、いつも「金に追われている」のは何故か?である。

美空ひばりは山口組の田岡一男(興行師・広域暴力団組長)と母 加藤喜美枝に守られて、芸能界人生を閉じた。

芸能界は先にも書いたが、右大臣・左大臣・皇室・皇族の非嫡出子ばかりである。歌の実力とか、芸の力は無関係なのである。マスメディアに出て、生みの親に自分の姿を連日見せる為に、テレビ・ラジオ・雑誌などの媒体が必要なだけである。

為政者らの非嫡出子問題の解決策が、「シャープの液晶テレビ」と云う訳である。

国民はこの「非嫡出子問題の解決策」に翻弄されて、その真似を強要させられている訳である。実に馬鹿げた社会である。それが「さんまのカラクリテレビや、恋のから騒ぎ」などである。

そう云った訳で、芸能界で生き残る為には「右大臣・左大臣・皇室・皇族などの後見人」が絶対必要条件と成ってくるのである。

藤圭子は宇多田照實と結婚する前に「歌手 前川清」と結婚していた訳だが、この時も「前川清に金銭問題を相談している」のである。藤圭子の両親は北海道で「門付け(旅周りの芸人)」で、生活をしていたと云うのであるが、藤圭子の「だみ声(ハスキーボイス)」からして、浪曲の発声法(ボイストレーニング)はしていた訳である。

芸能界に入ったきっかけは<17歳の時にさっぽろ雪まつりのステージで歌う姿が、レコード会社の関係者の目に留まり上京し、歌手デビューする事になる。>と云う“実に恵まれたきっかけ”である。

これなら、毎年雪祭りから最低でも一人は芸能界デビューしている計算になるが、そう云った「ワラの中から針を探す」様な幸運は存在しない。同じ北海道からでた「北島三郎」ですら、長く流しをしてから、芸能界の大御所にまで登り詰めた訳である。

確かに藤圭子は、北島三郎が遊んでいる時に、両親と一緒に「門付け」をして生活していた様だから、幼少期に苦労を先にした感はある。

藤圭子と宇多田ヒカルは同じ周回軌道を回る母子の如くに、芸能誌は書いている。確かに同じ周回軌道を回っている。其処まで同じになる芸能界の親子は存在しない。

歌舞伎役者なら、確かに家族中が不純異性交遊と云う周回軌道を回っているが、宇多田ヒカルのとは違うのである。「太平洋の架け橋」と云う視点で同じ周回軌道上にあると云う訳である。

市川海老蔵の大根歌舞伎とは話の次元が違うのである。そう云った意味で、歌舞伎は京都府の村芝居程度である。とてもとても国際性や不変性はない。梨園を出た事がないのである。歌舞伎役者が映画にでると、全てが歌舞伎調で小学校の学芸会以下である。そんなのに、文部科学省は巨額の援助をしているのだから、どうしょうも無い訳である。ドブに金を捨てているようなものである。

藤圭子と宇多田ヒカル親子が「同じ周回軌道を回っている」のであれば、それは「輪廻」と云う事になってしまう。そこから抜け出す手だてがないから、同じ軌道を本人の意志とは関係なく、回り続けている訳である。

その軌道を修正して、本来の藤圭子・宇多田ヒカルの持つ軌道に戻す作業が、「休業宣言」だった訳である。それに1年間の準備期間を必要としたと云う訳である。そこまで、芸能界は不可視な世界といわざるを得ないのである。

藤圭子も美空ひばりの様に強力な「後見人」がいれば、複雑な軌道修正は必要なかったかもしれない。しかし、美空ひばりも多難だった訳だから、<非嫡出子だけで構成された芸能界>では“イジメは半端ではない”訳で芸能界では政治家が常に暗躍して、芸能界の甘い汁に群がっているのである。

そう云った意味で、藤圭子の【日本はガラスで囲まれて・・・】と云う発言は、芸能界と云う名称が抜けているのは「政治的な発言」だからである。だから「太平洋の架け橋」に繋がっている訳である。

それは何時からそう成ったのか?と云えば、生れた時からである。その謎を解く鍵がタイトルの<「聞いて下さい私の人生」藤圭子>と云う歌なのである。

この歌が問題となるのは、1976年12月6日の第422回「夜のヒットスタジオ」で“司会者の芳村真理と井上順”から、藤圭子が紹介される会話内容である。その動画が次ぎのサイトに在る。
YouTube<http://www.youtube.com/watch?v=PbdKY4iEhJM&feature=related

この<1976年12月6日の第422回「夜のヒットスタジオ」>の番組の中で、“司会者の芳村真理と井上 順”らは、藤圭子を挟んで、次の様な会話をしているのである。

芳村:エーと、
井上:今度は細い方です。
芳村:ぐっと。
芳村:ハイどうぞー
芳村:てるちゃん 暫くでしたね。
芳村:元気でしたか?
藤圭子:ハイ
芳村:痩せてしまったけど 意味はないの?
藤:ぜんぜん
芳村:痩せようとして?
芳村:そんなことない。
井上:ホント細く成りました。
井上:恋でもしてるんじゃないですか?
藤:ウフフ

スタジオないが、少しざわめく

芳村:妖艶な感じ。
芳村:エー。あら
芳村:赤ちゃんの鳴き声。
藤:ィやー ウフフ
井上:佐良直美さんの赤ちゃんでしょ。
井上・芳村:一呼吸の沈黙があって。
芳村:えー。それでは。暫くぶりなので。
芳村:アノー兎に角
芳村:たつぷり 歌って下さい。どうぞー

伴奏がはじまり、藤圭子が歌いだす。

この「聞いて下さい私の人生」藤 圭子の作詞と作曲は<詞:六本木哲 曲:岡 千秋 R:1976/08/25 HC:70位>と云うことである。

この映像以外にも、藤圭子と赤ん坊が一つの画面に登場する番組がある。この時期を境にして、「夜のヒットスタジオ」から藤圭子の姿は消えるのだが、その後も何故か?「郷ひろみ」だけは露出度が増していくのである。

あの独特の甲高い声が今でも日本中に響いているのは、郷ひろみの胤である“浄土真宗の島地黙雷・大等”の「黄色い声」だからである。

藤圭子を挟んで、会話(司会)を進行している「芳村真理と井上順」の実に惚けた演技には唖然とさせられる訳である。藤圭子にとって「1976年」とは一体どんな年だったのか?

藤圭子の公表されている履歴に、<1976年「夜のヒットスタジオ」>に出演した「佐良直美と藤圭子」のリストを重ね合わせて、井上順の「佐良直美さんの赤ちゃんでしょ。」と云う発言の意図を読み取る作業が必要と成ってくる訳である。

それは、1980年6月に梨元勝が報道した<“佐良直美”のレズビアン騒動に政治家が介入>した事件を解く鍵になるからである。又、レズビアンの“佐良直美”が出産したのなら、木原光知子とキャッシー中島との騒動とは一体何だったのか?と云う疑問である。

そして、司会者の“芳村真理”がこの一連の事件に関与しているから、現在、森林保護活動で重要な役割を担って居る事に行き着く訳である。それは芸能界が「政治家の演技を代弁」している訳でもある。

1951年7月5日出生{浪曲歌手の父 • 阿部壮(つよし)、三味線瞽女の母 • 竹山澄子(2010年に死去。享年80)}
1968年 札幌雪祭りで、レコード会社にスカウトされる。
1969年 9月25日 『新宿の女』でデビュー。
1970年 『圭子の夢は夜ひらく』が10週連続1位を獲得77万枚売上げる大ヒット。第12回日本レコード大賞大衆賞を受賞。『第21回NHK紅白歌合戦』に初出場。
1971年 前川清と結婚。
1972年 離婚。

[1975年4月30日 - サイゴン陥落によりベトナム戦争終結]

1976年5月31日 第0395回「夜のヒットスタジオ」出演者:北島三郎、都はるみ、布施明、佐良直美、フォーリーブス、森昌子、岡田奈々、殿さまキングス

1976年6月14日 第0397回「夜のヒットスタジオ」出演者:和田アキ子、藤圭子、アグネス・チャン、西城秀樹、細川たかし、林寛子、西川峰子、三波豊和

1976年08月23日 第0407回「夜のヒットスタジオ」出演者:ダーク・ダックス、佐良直美、和田アキ子(代理司会)、五木ひろし、山口百恵、ずうとるび、片平なぎさ、岡崎ひとみ

1976年12月6日 第0422回「夜のヒットスタジオ」出演者:布施明、佐良直美、藤圭子、郷ひろみ、丸山圭子、岩崎宏美、アローナイツ、岡崎ひとみ

1976年12月6日の第422回「夜のヒットスタジオ」に出演。

1979年 突然引退を表明し、アメリカ合衆国に渡る。

1980年6月佐良直美とキャッシー中島・木原光知子とのレズビアン騒動
1981年 藤圭似子の名で再デビュー。
1982年 宇多田照實と結婚(再婚)。
1983年 長女、光(宇多田ヒカル、本名:宇多田光)を出産。
1984年 芸名を藤圭子に戻す。
1993年 有限会社ユースリー・ミュージックを資本金300万円で東京都杉並区に夫照實と設立し取締役になる。
1995年 夫照實と娘光(宇多田ヒカル)の3人で「U3」のユニット名でインディーズでレコードを発売。
2000年 娘、ヒカルの全国ツアー札幌公演で、ステージに飛び入り参加し、『圭子の夢は夜ひらく』を歌う。
2006年 3月にアメリカ・ニューヨーク、ジョン・F・ケネディ国際空港にて大金を没収される。
2007年 夫・宇多田照實と離婚。
2009年 前述のケネディ国際空港で没収された現金42万ドルの全額返還が決定。

上記の履歴から、「1976年 藤圭子」は目立った活動はしていないのである。それでは、司会者の「芳村真理と井上順」の“惚けた演技”は何を云いたかったのか?そして、其処から渡米した藤圭子が、宇多田照實と結婚し、“光を出産”し離婚した。と云う過程が読み取れないのに、「宇多田ヒカルのCDは売上NO1」と云う、動かし難い数字が存在するのである。

それを、藤圭子の言葉を借りて云えば【藤圭子(宇多田ヒカル)の履歴はガラスで囲まれているようですね。外から見ると開放的でたやすく入れそうだけれど、実際は見えない分厚い家庭事情という壁がある。いつか、ヒカルも感じるのではないでしょうか】となる訳である。

<1976年12月6日の第422回「夜のヒットスタジオ」>司会者の芳村真理と井上順の演技の要点は、<“痩せた”即ち出産してお腹が経こんだね。と云う訳だから、1976年6月14日第0397回「夜のヒットスタジオ」に出演している所からして、芳村真理は「1976年夏頃に、藤圭子は赤ちゃんを産んだ」と云って居る事になる。

しかも、井上順は「佐良直美さんの赤ちゃんでしょ」とまでハッキリと云っているのである。この時点では、佐良直美のレズビアン騒動は報道されていない。

4年後の1980年に政治家を巻き込んだ「佐良直美のレズビアン騒動」が、連日週刊誌からテレビなどで報道される事になるのである。井上順の発言を直接読み取れば「佐良直美の子供は、4~5歳」である。

「佐良直美のレズビアン騒動」の時には、藤圭子はアメリカに居住している訳である。謂わば「対岸の火事」である。しかし、<1976年12月6日 第422回「夜のヒットスタジオ」司会者の芳村真理と井上順の惚けた演技>は、重大な政治問題だったことが、<2009年 前述のケネディ国際空港で没収された現金42万ドルの全額返還が決定>と云うニュースと成って現れているからである。

ここで、1976年に藤圭子が出産したとすれば、宇多田ヒカルには兄妹がいる事になる。

1977年頃の藤圭子の映像には「男の子」が何故か出てくるのであるから、1976年に藤圭子が産んだ子は「男子」である。そうなると、問題はその父親は誰か?と云う事に絞られる。

父親として「作家の沢木耕太郎」説を今までは取ってきたが、「作家の沢木耕太郎」が川添一族に取り込まれたとして、「太平洋の架け橋」となる事件にまで発展するだろうか?と云う疑問がでてくる。

更に「巴工業 代表の佐良直美」が登場し、橋田壽賀子・石井ふく子・泉ピン子などの、テレビ業界を取り仕切る<テレビ番組「渡る世間は鬼ばかり」の制作一家>と、芳村真理・井上順らも関係してくる「藤圭子・宇多田ヒカル」とは、何処がどう繋がるのか?正に「ガラスで囲まれた不可視の世界」である。

先に述べた<藤圭子と宇多田ヒカルは同じ周回軌道を回っているのなら、藤圭子は母 竹山澄子と同じ周回軌道を回っている筈である。>しかし、藤圭子は“母 竹山澄子”と同じ道を歩んでいるとは到底見えないのである。

“母 竹山澄子”が「三味線瞽女」と云う履歴にも疑問がある。何度も申しますが、芸能人は右大臣・左大臣・皇室・皇族らの非嫡出子しかいない訳だから、札幌雪祭りでスカウトされたと云うのは演出であって、17歳まで無事に育った「非嫡出子 藤圭子」を、生みの親が引き取りに来た。と云うのが真相である。

つまり、{浪曲歌手の父 • 阿部壮(つよし)、三味線瞽女の母 • 竹山澄子}は育ての親と云う訳である。

それでは、「非嫡出子 藤圭子」の親は誰か?と云う問題である。<生み母は“山本富士子(1931年生)”>である。藤圭子の生年月日が、1951年7月5日だか?この年度は、偽装された可能性が高い。それは、後日に書き換えられたものと考えるべき性質のものである。

さて、1951年に山本富士子は“ミス日本”として公式訪米した年であり、又、その年は「日米安全保障条約が妥結した年」でもある。その様な政治的な状況を念頭に於いて、藤圭子の渡米を見ると、藤圭子の胤(父親)は、ジョン・F・ケネディ(後に第35代米国大統領)しかいないのである。

だから、ジョン・F・ケネディが下院議員だった「1951年11月8日、弟ロバート・妹パトリシアと共に来日」した訳である。

“山本富士子”はアメリカへの日本側からの“プレゼント”だったのである。

それでは、藤圭子が1976年夏頃に出産した「男子」の胤(父親)は誰なのか?と探して見れば、「明仁天皇」しかいないのである。

その理由が、井上順の「佐良直美さんの赤ちゃんでしょ」と発言しているのが答えである。

前にも書いた通り、「佐良直美の実家は、日本製原爆を製造と完成する為に、必要だった“遠心分離器”のトップ企業」だった。

その関係で、皇室から武器企業の高田商会とも深い関係に在った訳だ。その事が、政治家を巻き込んだ「佐良直美のレズビアン騒動」と云う訳である。

「巴工業 代表佐良直美」は藤圭子から養育を託されたが、ただと云う訳には行かない。「養育費」を皇室に請求しても、皇室は出さないから、母親の藤圭子に養育費を請求する事になる。それで、藤圭子は「巨額な養育費」を「巴工業 代表佐良直美、石井ふく子、橋田壽賀子」側に支払う為に、生活に困窮をきたしている訳である。

その金銭問題の話が<2006年 3月にアメリカ・ニューヨーク、ジョン・F・ケネディ国際空港にて大金を没収される。>と云う不可視な事件の裏側の事情である。

アメリカ側の金庫に保管されてしまえば、「巴工業 代表佐良直美、石井ふく子、橋田壽賀子」側でも手が出せない訳である。そして、宇多田ヒカルの結婚と離婚問題にも関係してくるのである。

藤圭子が産んだ「男子」が“明仁天皇の直系”だから、問題は皇位継承問題にも関係して、京都府“スメラノミクニ=日本=釈迦白足袋族”と「巴工業 代表佐良直美、石井ふく子、橋田壽賀子」から、秋篠宮家・徳仁皇太子・外務省 小和田恒家・福島の相馬一族・原不二子やら常陸宮華子やらで、もう泥沼状態でありながら、東日本大震災と福島原発に問題では、災害救助隊の足ばかり引っ張ることでは、一致すると云う実に外道な世界を演じている訳である。

これが、藤圭子の云う【ヒカルも感じるのではないでしょうか】と云う含みのある発言と成って居る訳である。

藤圭子の両親は、育ての親だから血縁関係はない。逆に「藤圭子と佐良直美や山口四郎などとは血縁関係にある」と云う実に“おぞましい世界”が芸能界では常識として罷り通っているのだから、畜生以下の世界である。

先の<司会者 芳村真理と井上順>の両名も“川添浩史・象郎のキャンティ”関係者である。何処までも泥沼は続きます。原子炉熔解が燃え尽きるまで止まらない状況と同じに。

藤圭子が「太平洋の架け橋」と云う意味がご理解できましたか?それは、「藤圭子の父親が“ジョン・F・ケネディ(第35代米国大統領)”で、母親が“山本富士子”」だからである。それを云う為に「ジョン・F・ケネディ国際空港で大金を没収された」と報道した訳である。

宇多田ヒカルの大学がハーバード大学からコロンビア大学中退にウィッキペディアで書き換えられている。

日本では出鱈目しかない。この宇多田ヒカル・宇多田照實・藤圭子の音楽事務所の名前が「U3」と命名されているのは「ゆすり」と云う意味からきているのである。

それが、“ケビン・メア”アメリカ国務省アジア部長の「ゆすり・たかり」と云う意味だから、藤圭子はやはり「太平洋の架け橋」である。

逆に「モーラー祖心尼 元東照寺国際参禅道場住職予定者」は、明仁天皇とバイニング夫人の子供だから、こちらも「太平洋の架け橋」である。

“ケビン・メア”アメリカ国務省アジア部長の奥さんも、日本人だと云うが、沖縄県なら“琉球王朝の血筋”だとすれば、“ケビン・メア”アメリカ国務省アジア部長は、琉球王朝の王様と云う事になるし、日本人なら沖縄は日米の不可視な共和国体制と云う事になる。

どちらにしても、“ケビン・メア”アメリカ国務省アジア部長の子供が、沖縄県の王様であることだけは確かである。

此処で、民主党の渡部恒三最高顧問が、<菅直人首相と松本健一内閣官房参与が福島第1原発の周辺地域に「20年住めない」との会話を交わした>事で激怒しているとニュースが流れた。

これにはビックリである。渡部恒三は<厚生大臣時代の1984年1月に原子力関係者との会合の席で「原発を作れば作るほど国民は長生きできる。日本のエネルギー問題の解決は原発だというのが私の政治哲学だ。」>と発言した人物である。

民主党の枝野幸男官房長官は渡部恒三最高顧問を極刑に処すべきなのに、ハイハイと意見を聞いている。これで日本は終わりだね。

所で<「夜のヒットスタジオ」の初代の司会者は“前田武彦と芳村真理”>である。この前田武彦は鎌倉アカデミアである。つまり、町田敬二や高嶋辰彦の「皇戦会=スメラ学塾」に繋がっている訳だから、丸々の「国家主義者=スメラノミクニ」なら文化戦争の尖兵が<テレビ番組「夜のヒットスタジオ」>なのである。

そこが、右大臣・左大臣・皇室・皇族の非嫡出子問題の宣伝部隊と云うのだから、もう如何しょうも無い世界なのである。

2011年4月15日(金曜日)  榎 本 東 州  記

This entry was posted in 「聞いて下さい私の人生」 藤圭子and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

<転載終了>

    • 2. momo
    • 2013年08月27日 08:37
    • 宇多田ヒカルとか父親くりそつ
      こんな嘘ばっかり書いて
      気が狂ってると思います
      藤圭子の顔もアメリカの要素0
      他の記事も嘘でしょWW
      なんでねつ造するの
    • 1. どんちゃん
    • 2013年02月19日 01:08
    • 榎本さんは日本製の第3発目の原爆が四国の武器貯蔵庫に隠されてると言ってますが[2発は潜水艦イ52号でドイツに輸送されたそうだ。ベラスコは嘘をついて情報隠蔽工作員なのでしょうか。いろいろ出版して訴訟の嵐になってないのも不思議。満州派なのか。]濃縮ウランもプルトニウムも経年劣化しますから早く使わないと効力が失われるのにね。想像だが福島の地下の原爆工場では再装填核弾頭を作っていたのではないのだろうか。

貼り付け終わり、



*嘘か真か???ですが、
 大元が消えているのでメモっておきます。

<転載終了>