さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/439dcf0b0ee1d22fe9786bf755162119
<転載開始>
この論文の訳が見当たらないようなので、久しぶりに訳してみました。世界では知られていても、多くの日本人だけが知らないのでは、あんまりですからネ

東京地下鉄ガス攻撃は安倍の最初の攻撃であった By Yoichi Shimatsu 3-19-15

二万人の通勤客を倒した東京地下鉄のガス攻撃から3時間以内に、我々の報告チームは、オウム真理教カルト内に植え付けられたテロリスト細胞に対する国家スポンサーシップから国民の注目をそらすために、ニュースメディアを操作して検閲していたことに気付いた。 検閲と偽情報への公開的挑戦において、私たち調査ジャーナリストは、日本語雑誌・宝島誌と協力して、その新仏教宗派内の秘密エージェントに資金を提供し指揮した重要な政治家を曝露した。 そのオウムのスポンサーの目的は、大量破壊兵器を日本に内密に貯蔵保有するために、ソ連崩壊後のロシアとウクライナから、神経ガス、核弾頭、弾道ミサイルを入手することだった。

正直で不満を抱いている警察官や政府関係者からの漏洩を喜んで報道する唯2つのニュース販路と協力して、私たちの編集者は、地下鉄のガス攻撃が、内通したメディアが何度も言及した事実上根も葉もない話題である世界的なアルマゲドンを引き起こす狂気の計画ではないことを認識した。語られざる話は、その地下鉄攻撃が、自民党と公明党の強力な連合の中の新軍国主義派によるクーデターの試みの一部であったことである。 国家の首都の麻痺は、反戦憲法を擁護している尊敬を集めている有力者たちを隔離・排除するための予備的な一歩だった。


その後退的なクーデターはいくつかの理由で失敗した。 まず、ガス攻撃の一週間後、國松隆治警察長官に対する暗殺の試みが、彼が4発の銃砲の傷からほぼ奇跡的に回復したことで挫折した。 彼の生き残りは、新軍国政治家、ヤクザ、防衛企業、そして原子力産業の暗い同盟に反対する憲法擁護者を再結集させた。 第二に、私たち小さな自由出版残存者は、オウム真理教内のテロリスト分子たちを後援した政治家を信頼できないものとしただけでなく、公開討論を維持することができた。

報告の中の断固とした真実は、クーデター指導者に対する政治的意見の振り子を逆転させた。 少数の自民党のスパイ組織のリーダー山口敏夫のような大型魚が暴露され、事務所から排除され、彼らがオウムの創設に果たした役割で投獄された。


首都を支配した混乱の渦中、他の有罪な関係者たちは逃げた。 これらの逃亡者の中には、武器商人の早川喜久士とオウムの「科学大臣」村井秀夫の指導者を務めた安倍晋三という名の大量破壊兵器の専門家がいた。



首都での殺人と騒乱の責任を担う大犯罪者が、復権でき、首相に2回選ばれたことは、日本の検察官、裁判所、そしてマスコミが憲法を守り、公共の安全を守ることができなかったことを証明するものである。 悪は断じて消えていない; それは根絶されなければならない、さもなければ我々はすべて破壊に直面するだろう。それは地下鉄ガス攻撃の教訓であり、福島のメルトダウンの教訓である。 一般に知られていないこの2つの出来事は表裏一体である。 今や、人工的な黙示録のゲームの後半には、迅速な正義への毅然とした行動が取られなければならない、さもなくば同じ犯罪者たちが、呆然とした世界社会に対して、致命的な攻撃を起こすだろう。

煙のカナリア

「彼らの仕事よりも危険な唯一の仕事はカナリアによって行われている」 - JTウィークリー、1995年4月1日、記事 "Gas Busters"の文頭

地下鉄ガス攻撃後の初版の表紙は「神経ガス戦争」と題し、ラッシュアワーのガス攻撃に応じて、埼玉県の基地から南方に派遣された化学防衛隊「地上防衛部隊101」の隊員インタビューに基づいていた。

地下鉄霞が関駅の階段を下っている最初の兵士は、米軍由来のガス検知器を使って有毒化合物の種類を調べた。 彼が昼光の中に戻ってきたとき、東京警察の記者クラブの記者たちは彼の周りに集まって調査結果を熱望した。 彼の安全フードを取り除いた後、彼は検出器を持ち上げてダイヤルを指し、「マスタードガス、それは塩素であり、そして、はるかに低濃度の弱い有機リン酸化合物」と大声で説明した。

東京警察の報道官は、その兵士の前に歩み出て命じた、「あなたのメモからそれを削除せよ。 毒物はサリンです。」

その瞬間から、公式の物語はその悪名高いカルトの背後にある高位の政治家、官僚、そしてその他のインサイダーを守るための虚偽情報に基づいていることは明らかであった。 真実は:東京でサリンの攻撃はなかった。 それは世界中で何度も語られた巨大な嘘であった。 国際的なメディアが依然としてこの卑劣な偽りを助長しているという事実は、ナチの宣伝主任ジョゼフ・ゲッベルスの主張:「嘘を100回言えば、それは真実になる。」の妥当性を証明している。

上祐ファクター

化学戦兵士の説明は、ユニット101の指揮官によって検証された。The WeeklyがそのSDFユニットにインタビューする唯一の報道機関であるということが判明した。 他のニュース組織は、ガス検知装置を備えた地上に唯一の兵士と接触していなかった。東京からのビデオクリップを視聴したワシントンDCの米国とロシアの専門家たちは、メディアのサリン主張により失望させられていた。 トップレベルのアメリカとロシアの化学戦の専門家によると、目を擦っていた何千人もの通勤者たちは、もし毒素がサリンであったら死んでいただろう。 彼らの身体的症状、特に鼻と口からの多量の出血は、サリンではなくマスタードガスと一致していた。

我々の最初の物語を配布した後、オウムのメディアの広報担当者上祐は、Sunday Focusと呼ばれるTBSチャンネルの人気のある朝のトークショーで、我々の新聞のコピーをかざした。 上祐は叫んだ:「これは敢えて真実を述べる世界唯一のプレスだ。」 我々のチームが、プロパガンダを促進するのではなく、引き起こされるであろう結果がどれだけ厄介であれ、事実、事実そのものを探すだろうという彼の正しい評価は、the Weeklyを50人以上のオウムのメンバーたちにインタビューした唯一の英語プレスとした。

「ジョン・パーカー(John Parker;私たちの特派員の一人に対するペンネーム)は、「タブン、それはタブンだ」:「NHK、半公式のテレビネットワークは、 伝えられるところによると、(地下ガス攻撃とオウム真理教の)その問題についての海外制作の放送番組ビデオの独占的権利を購入し、日本ではこの映像を放送していない」と説明した。

彼のソースは、香港の大手ネットワーク局のプロデューサーで、その人物曰く、NHKの関連会社であるワールド・メディアKKは、オウムや地下鉄ガスの早い時間帯のあらゆるビデオ素材への権利に対してCNN、NBC、BBCに秘密裏に巨額を支払っていた。 これは、もし日本政府が外国メディアからすべてを購入していたのなら、そのカルトの中の秘密エージェントについてのすべての証拠の断片を隠すために、ローカルネットワークからの映像を押収したに違いないことを意味した。

731部隊から福島の核兵器へ

現在の福島の核危機における捏造と証拠の否定の手口は、1995年の春と夏に起こったことに根ざしている。日本の秘密兵器プログラムによって引き起こされた両方の大惨事には、全く同じ人物たちが関わっている。 近代現代史を遡れば、軍国主義者が作った傀儡国家満州国において原罪が生じた、そこでは、悪名高い化学生物兵器部隊731が、囚人たちに生体実験を行い、軍隊や民間の居留地に対して、すべて秘密の覆いの下に、革新的な毒素を撒き散らした 。


地下鉄のガス攻撃は、岸-安倍ファミリーの三世代に渡る日本の隠されることの多い軍国主義的アジェンダの連続体に沿ったものである。戦時の軍需物資大臣である祖父の岸信介が、悪名高い化学生物兵器部隊731および 現北朝鮮の興南(フンナム)そして福島県内の日本の原子爆弾プログラムのために、資金と資材の管理を担当した。



岸の義理の息子である安倍晋太郎は、エリツィン時代のモスクワにあったオウム真理教が運営する大学の背後の黒幕だった、そしてそこはソ連の兵器設計者たちの募集センターを務めた。




次に、第3世代の子孫である安倍晋三は、オウムの先端兵器技術の研究を監督し、そして、現在、福島原発惨事を受けて日本の内密の核爆弾プログラムを死に物狂いで救おうとしている。



ドイツが支配する条約港として不平等条約時代に開かれた港湾都市神戸は、戦時期には、アジアのナチ党と憲兵隊として知られる日本軍警察、そして化学生物兵器部隊731将校たちと一体となったゲシュタポ(ナチ公安警察)との情報連絡センターとしての役目を果たした。 1945年に枢軸軍が敗北した後、神戸は、元731部隊の研究者によって運営される医学部で、そして川崎グループ(神戸川崎財閥;川崎重工業、川崎製鉄、川崎汽船・・・)に率いられる防衛関連分野において、そのファシストの遺産を維持した。 最大のヤクザ組織である山口組は、反対勢力を抑え、軍国主義の復興を支援するための極右とみなされるだろう。


神戸の長田町と西宮地区にある韓国の大コミュニティは、朝鮮戦争における秘密作戦のための募集センターであった。半島にある日本のスパイのフロント、統一教会は、市内に強い存在感を持っていた。 1980年代、その最も活発なエージェントの中には、武器密輸団の早川 紀代秀と神戸製鋼所のマネージャーとの偽装の下で活動していた武器調査員の安倍晋三がいた。

その結果、自民党の研究委員会が、ゴルバチョフのペレストロイカ率先中にソ連の武器複合体に浸透する目的で「新宗教」を創設することに決定したとき、スパイ組織のリーダーたちは、その人的資産を統一協会から新しく造りだしたオウム真理教に移籍させた。

統一マフィアが仏教徒となった

彼の祖父が元首相であり、満州占領の犯罪的略奪の故に非常に裕福であったことを考えると、安倍晋三は、顕著に平凡な学業成績で、政治家や官僚の期待以下の子供たちを育成するための成城大学の幼稚園に通った。 安倍は頭脳明晰ではなく、まさに心が曲がっている。

彼の公式な伝記は、1979年から1982年まで彼を神戸製鋼所に置き、その後、彼を典型的なスパイの偽装である日本外務省の仕分けが不明瞭な仕事に置いた。 オウム真理教の彼の同僚たちは1986-87年というずっと後の退職の日付を言及していた。なぜなら、安倍晋三は神戸製鋼において、村井秀夫(1987年4月退職)という名の輝かしい新入社員の研究マネージャーだったからだ。 その大阪大学・宇宙物理学の卒業生は、まもなく、オウム真理教のいわゆる科学技術省大臣として悪名高くなるだろう。

村井は、伝えられるところでは、アインシュタインよりもIQが高いと言われているが、彼の家族のカーストの地位はブラクミン(屠殺、製革、火葬などの汚い作業に割り当てられている下位階級)である結果、東京大学や他のエリート大学から拒絶された(訳注:就職の時でしょうか、訳者には不明)。 その階級システムは彼の場合特に、その最も聡明な人物を非難し、結局は最善でも、自民党の愚かな大酒飲みによって孵化された異様に邪悪な潜入作戦の中に終わらせる運命であった。

安倍晋三が村井に割り当てた鉄鋼関連の実験技術のひとつは、旧ソ連から密かに手に入れられていた。 「冷間鋳造」として知られている電磁(EM)ビーム発生器は、小型の歯車などの微小部品に成形するために鋼の粒子を液化することができる。 コールドキャスティングは、飛行中の弾道ミサイルを破壊するためにも使用できるため、軍事・民間共用の技術である。

村井が後に私たちの記者たちに真剣な科学的な報道で語ったように、同じ集束型EMエネルギービームのもう一つ別の応用は、1995年その年の初め1月に神戸を破壊した地震機械のためのものであった。 それは、この回顧的シリーズの次回の記事中で再訪する予定の主題である。(訳注:米国の海底掘削船ジョイデス・リゾリューソン号についても触れなければネ)

人為的に誘発された地震で神戸が破壊されたことに、安倍晋三は責任があったか? 阪神(淡路)地震は、人間に対する意図的な犯罪か、あるいは偶然の出来事か?


今や、福島での核兵器関連災害についても同様の疑問が提起される可能性がある。福島はまた、安倍の脂ぎった指紋で覆われている。(訳注:いつものアメリカ・イスラエルのインサイダーたちの指紋もですネ)







1995年3月のオウム真理教に対する警察の弾圧に果敢に抵抗して、村井秀夫は「私は(地下鉄のガス攻撃と以前のオウム反対派の殺人について)無罪だ」と述べ、我々の記者団に対し、2週間以内に「すべて」を公表すると語った 予定されていたその公開のちょうど1日前、山口組ヤクザグループで徐裕行という名の朝鮮族に属する暴力団員が、長いナイフを握りながらやすやすと警察官たちをすり抜けて、テレビのニュースカメラの前で村井を刺し殺した。



4月23日の夕方のプライムタイムに、日本の視聴者たちは、その暗殺のテレビ放映を居間で見守っていた。自民党の陰謀団は日本の公衆にメッセージが持ち込まれることを意図した:これは、暗闇(闇の権力者たち)にあえて挑戦するもの誰にでも起こることである。 村井を沈黙させることは、とりわけ、安倍晋三の当然の報いからの回避と権力の座への登壇を助けた。(訳注:言うまでもないが、石井紘基刺殺事件の「伊藤白水」や、元厚生事務次官宅連続襲撃事件の「小泉毅」についても構造は同様である。石井紘基氏の場合は、オウム真理教については「オウムは統一教会をラジカルにしたもの」、「オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中がどうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった」と発言していたそうだ)

DARPAをハッキングする

1987年頃、安倍はニューヨーク市の日本貿易振興機構(JETRO)事務所に表れた。 我々のジュニアエディタの一人がジャパンタイムズを辞任し、彼の事務所で翻訳者として働いていた。 東京を出発する前に、彼女はオウム真理教の隠れ信者に改宗し、東京大学コンピュータゲームクラブのリーダーであった同じ教派の会員と結婚した。 彼らの使命は、ペンタゴンの国防総省国防高等研究事業局(DARPA)のコンピュータをハックすることであった。

CIAとFBIの共同幹部たちは、地下鉄ガス攻撃を受けてサム・ナンに率いられた地震技術を含むハイテクテロリズムに関する上院委員会でのCIA、DIA、FBIのオウムの兵器取り扱いに関する情報の「完全な欠如」によって示されるように、平和な小さな同盟国に「騙されて」いた(訳注:いわゆるディープ・ステートのインサイダーたち以外は、という注釈がいるようですネ) いかにして犯罪の証拠とともに逃げ去るかという安倍の強みは、監視人たちが寝ているか、携帯電話で映画を見ているという認識に加え、二枚舌である。


他方、統一教会の安倍の共同信者でオウム真理教の建設大臣に新たに任命された早川紀代秀は、ヴォルヴォグラド兵器工場のサリンガス前駆物質20貨物を平壌に移した50人の武器密輸チームを率いていた。 そのサリンは、エリツィンと自民党の間の秘密同盟のもとで移管された。


ソ連崩壊の混乱の中で、エリツィンの国家安全保障担当顧問オレグ・ロボフ[Oleg Lobov]は、ソ連兵器設計者に対するオウム運営募集センターとして露日大学(日ロ国際大学とも)を設立するため、3人の日本の政治家代表団と会った。


露日大学の創設者には、自民党の石原慎太郎、公明党の草川昭三、元外務大臣にして統一協会後援者の安倍晋太郎(晋三の父)などが含まれていた。



ロボフと彼の日本の客人たちは、潜在的に米国と提携している中国の上昇が日本とロシアの主要な戦略的脅威として浮上しているという結論に達した。 多国籍軍の防衛産業(日本、ロシア、台湾、韓国)による共同の先制攻撃は、中国を言い争う領土に分裂させるために必要だった。人民解放軍に対する軍事的な成功は、サリンガスの十二分な供給に依存していた。 こうして、オウムは崩壊するまでに、日本の民間化学産業からのサリン前駆物質を200億人を撲滅するに十分なほど蓄積していた。


早川は、サリンのための化学成分を、ボルガ地方から、北朝鮮のエリツィンの軍事勢力仲間に届けた。この移転は、金日成(キム・イルソン)最高幹部の何ヶ月もの入院期間中の政治的空白のために可能であったと伝えられている。 オウム施設に対する国家警察の監視が強化されて、戦争計画が中断されると、その宗派とそのスポンサーたちは地下鉄のガス攻撃から始まり、東京でクーデターを開始した。

オウムを作り出すための論理的根拠

オウム真理教は人工的で折衷的な宗教であり、日本の諜報機関によって他の宗派の断片的要素から組み立てられたものである。 その中核組織は、崇教真光、創価学会要素、そして阿含宗から来たものである。

崇教真光:霊気あるいはエネルギーによる治療を実践している真光運動の三つの分派の一つ、崇教真光は、日本と韓国、モンゴルの支配階級のユダヤ人起源と、(異星人?御親元主真光大御神)の先祖(それが「神」である)からの民族起源のオカルト理論を主張している。
週間ジャパンタイムズとArchipelagoウェブサイトによる暴露後、元崇教真光活動家のGarry Greenwoodは、そのオーストラリアでのマインドコントロール活動と、それが第2次世界大戦の退役軍人である右翼の岡田光玉によって1954年に設立されたことを暴露した。

崇教真光は、岡田が北半球の腐敗した文明を消滅させるために核爆弾を秘かに埋設することを唱道したことから、オーストラリアを生存主義者の避難所として「入植地化」している。


人々が、安倍晋三は、福島で爆発したような原子炉をUAE、インド、トルコ、そしてベトナムに売却することによって、岡田アジェンダを実行に移していることを悟るとき、事実は小説より奇なりである。


創価学会:その日蓮宗の分派にして世界の最大の仏教運動は、週刊ジャパンタイムズに対し、熊本を見下ろす阿蘇山の火山カルデラ内のロータスビレッジ(波野村、現在は阿蘇市東部に造ったようだ)と呼ばれる最初のオウム本部を設立する際の役割を明らかにしたことで、脅迫的な嫌がらせ行為に従事した

その当時の知事は、細川護熙[Morihiro Hosokawa]であった。彼は、十五世紀の新仏教運動の信者との内戦、流血沙汰の応仁の乱の期間、日蓮運動と同盟を結んだ管領家の御曹司である。

創価学会の池田大作代表は、オウムの設立における彼らの役割をきっぱりと否定したが、「我々の会員数が非常に多く、外部のエージェントや狂信者がグループに侵入して何らかの秘密の細胞を確立する可能性はある」と認めた。 しかしながら、創価学会は、公明党の古株である草川がオウムの露日大学設立に果たした役割についての我々の質問には決して答えなかった。

阿含宗:崇教真光や創価学会と比べると、阿含は海の中の単なる塵であった。その炎の祭典(護摩法要)で知られる山岳信仰の密教的宗教は、シヴァ・ヒンドゥー教と密教(タントリック仏教)の影響を受けている。 その心酔者の1人、浅原彰晃がオウム真理教の指導者に任命された。 彼の視力障害は彼を政府のハンドラーたちの管理下に置いていた。そして彼は、CIAのMK-ULTRAプログラムと類似した、薬物、頭皮電極、1ヵ月間の独房監禁黙想試練などのしばしば致死的なマインドコントロール実験に素直に従った。

誠実な報告はリスクを伴う

オウム真理教の背後にいるボスたちを追跡することは、自分たちの生命への絶え間ない脅威に直面しながら調査を続けた我々の記者たちと彼らの情報筋にとって、まったくケーキなどではなかった。 3月20日の攻撃に引き続く1年間、公共施設、特に鉄道駅施設で毒物放出が日常的に発生した。国家警察庁長官国松氏に対する危うく命を落とすような銃撃事件を含めて、少なくとも一ダースもの謎めいた殺人事件やニアミスが発生した。

少なくとも私が知っている一連の不審な死の最後のものは、彼の頭蓋骨の後部を砕かれ自宅の玄関前で死んでいるのを発見された私の直属の上司で元編集長であった。

これらの後続の殺人事件は、地下ガス攻撃で死亡したと報告された12人の死者に加えて、警視庁としても知られている首都の政治的執行者たちや自民党内のボスたちと緊密に連携しながら、ヤクザによって行われた。


福島の核強打を担当しているニュース制作者や記者の謎の「自殺」でも同様の傾向が再び起こっている。 再び、血の痕跡が同じ容疑者たちに繋がる。


正義は追いつく

犯罪者たちと監獄への拒否への絶え間ない公的圧力への捜索は、ついに、編集者の壁に釘付けにされた二名の首級をもたらした。調査ジャーナリズムは、自民党の諜報主任山口敏夫の投獄、国会議員石原慎太郎の突然の辞任、そして幾人か他の重鎮たちの政治生活からの引退をもたらした。

高官殺害予定者リストを持つ失敗に終わったクーデターへの動きの遅い公式の審問は、トップ容疑者、自民党の陰の実力者橋本龍太郎の時ならぬ崩壊を促した。

オウム真理教と自分自身の関係を彼のキャリアの未来のために恐れた臆病者安倍晋三は、彼のイメージを消毒するために広報チームを雇い、彼の汚い経歴記録を消し、そして彼の中傷者たちに賄賂を払った。(訳注:#けちって火焔瓶、もありましたネ) メディアタレント、知識人、そして外国人たちの多彩な乗組員が募集されたが、その多くはオウムの武器貿易における彼の手(助力)を何も知らずにいた。

安倍晋三が死刑囚監房に入る判決で刑務所に服役していない唯一の理由は、オウム真理教の創設の背後にある三人の首謀者の一人である父晋太郎が地下鉄ガス攻撃の4年前に死亡したことだ。 感傷的な日本の当局は、めそめそした行儀の悪い息子に対して寛大さという愚かな過ちを犯した。

安倍晋三は、東京での大量殺人事件の犯罪的関係者であることをよくわかっている。 彼の罪は、2007年のシンガポールでのアセアン[ASEAN]会合の間にテレビで放映されたインタビューで、私がオウムの武器取引を彼が助力したことを暴露したときに明白になり、そのことはウラジミール・プーチンとの予定された首脳会談のキャンセルにつながった。 第一次内閣首相辞任に終わった彼の引き続いての「腹痛」は、カルト信仰と神経ガスの地下鉄サンドイッチによる重度の消化不良に起因することに疑いはない。



安倍晋三は第二次内閣に首相として復帰したが、しかし、ボクシングチャンピオンのジョー・ルイスのように再び言うなら:逃げることは出来ても隠れることはできない。(訳注:そのまんまですネ)

終局

東京地下鉄ガス攻撃は、世界的首都の中心部での都市テロの先例となった。それは、ニューヨークのダウンタウンにおける911の6年前、そしてロンドン地下鉄爆破事件の10年前に起こった。 オウムの政治的スポンサーに対する公式の隠蔽は、福島核の誤誘導宣伝のためのテンプレートを産んだ。(訳注:今や自明だが、みんな自作自演)

地下鉄ガス攻撃と福島事件との間には直接的な繋がりがある。 1995年12月、麻原が法廷で殺人罪で告発された後、私は深夜に宝島誌の編集者によって電話をかけられた。それは、英語でタイプされたグルの釈放を要求するテロリストのメッセージを解読するために彼らの事務所に急行することを要請するものであった。 そのメッセージの一部は、原子力発電所に対する攻撃を実行すると脅していた。 引き続いて、東海村の原子力発電所で「ヒューマンエラー」による火災が2件発生し、その2回目の事故で東京東部に放射性物質の降下をもたらした。

我々の日刊新聞のエネルギーレポーターは、核施設内のオウムの共感者についての私の質問に肯定的に答えた。 原子力産業は、最終戦争のための麻原の呼びかけを全面的に支持していた。 そのぞっとする発見は、東京の北東にある秘密の核兵器製造施設についての捜索を私に開始させた。この長年の疑惑は、第一福島での311爆発と報告されざる近くの地下兵器研究所の破壊によって、疑いなく答えられた。地下鉄ガス攻撃へのその核繋がりについては、今後の記事「Foundation(s) Revisited」で議論する予定である。

オカルト最終戦争予言と秘密兵器技術の酔いしれた融合体は、春の晴れた日に東京を閉鎖し、そして今や関連する核災害が北半球の大部分を住めないようにし始めている。 政府、法執行機関、検察、マスコミは、ちょうど20年前そうしたように、現在の危険を無視している。彼らが目を覚ますまででは、子供たちが幼くして死んでしまって手遅れとなるだろう。1995年に東京で、2011年に福島で起こったことは単なる事故ではなく、人類に対する戦争の壊滅的な行為である。













Yoichi Shimatsu, general editor of The Japan Times Weekly at the time of the subway gassing, is an independent science journalist involved in radiation research inside the Fukushima exclusion zone.

元記事は

Tokyo Subway Gassing Was Abe’s First Strike By Yoichi Shimatsu 3-19-15
https://rense.com//general96/tokyosub.html
https://www.abeldanger.org/rethinking-fukushima-lords-of-darkness/

ブッシュやブレアと同様、世界には知れ渡っているのですよネ



関連

311 11
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b10f0462befc6e2bac50ce6c212bc2a3

1995年3月11日、「ガメラ 大怪獣空中決戦」が公開される。
https://youtu.be/cQMCzgc_R4o

・・3部作最後の「ガメラ3 邪神覚醒」。
https://youtu.be/tCsKMTwcpgs

この映画では、渋谷がガメラによって壊滅。

神経ガスによるマインドコントロール 1 松本サリン事件
http://satehate.exblog.jp/7729962/ 

松本サリン事件 当時の報道 in松本市
http://www.valley.ne.jp/~ichinose/kohno_aum.html

■その他情報
D_11:一ノ瀬の記憶,731部隊展,94/06/26,松本勤労者福祉センター
{ 森村誠一『悪魔の飽食』で有名になった、石井四郎氏が創設した第731部隊(関東軍防疫給水部)を支えていた軍医学校が、昭和20年始めに 長野県の様々な地域へ疎開してきている。出典資料は展示パネルで手元に今無い。}

阪神大震災の謎 + こいつは悪魔だ
https://satehate.exblog.jp/16113833/

神経ガスによるマインドコントロール 3 地下鉄「サリン」事件
http://satehate.exblog.jp/7739630/ 

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 1
https://satehate.exblog.jp/16795099/

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 2
https://satehate.exblog.jp/16795126/

酒鬼薔薇事件 初期新聞報道メモ
https://satehate.exblog.jp/8937874/ 

『絶歌』の正体
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8b065d78f28d949046bc7a69a355f522 

儀式殺人とか U・ェ・Uノ ちわわのひとりごと 2009.03.28 Saturday
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=18 

①オウムの闇・露日大学 ~●山口敏夫 ●安倍晋太郎・晋三 ●上祐史浩 ☆Dancing the Dream ☆2015年03月30日(月)
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12008227770.html

②オウムの闇・本営による隠蔽工作  ~●城内康光 ●石原慎太郎・延啓 2015年04月01日(水)
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12007326360.html

③オウムの闇・生き残る分子 ~●後藤組・後藤忠正 ●早川組・早川紀代秀 2015年04月03日(金)
https://ameblo.jp/et-eo/entry-12009941858.html

島津論文と石井紘基 2015年03月07日(土)
https://ameblo.jp/et-eo/entry-11998475136.html 

2つのShimatsu(島津)論文をファイル化しました さとう内科循環器科医院 2015年3月 5日 18:09
http://satouclk.jp/2015/03/shimatsu.html 

島津論文  福島の爆発  オームとアベ 闇の正体は 偽ユダヤ (グローバリズム) 2017.01.18 Wednesday 10:29
http://mazeranmisogi.jugem.jp/?eid=1148 

戸締まり用心
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6c1570272c3db2dc58b031aa42149c5c




東北、九州、北海道と来たわけだから・・次は?


原発事故“予言”の広瀬隆が再び警告「近く大事故が起こる」その場所は…〈週刊朝日〉
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0c17c186cbdfd9d92c8159e49dded574

日本地図から四国が消滅
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/07289a362386ff58335c83a9f94a4f57

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
https://satehate.exblog.jp/15912246/

・・なぜ、その子どもはわずか30年の寿命を持つのか? 彼は本当にそんな不運だったのか、あるいはすべての白衣が作り出した、この美しい新しい楽園を阻害するだろう汚染と他の恐怖が、彼の寿命を減らすのか? いくつかの新しいチェルノブイリ災害が、2010年と白衣のヴァルハラが誕生するまでの間に起こるだろうか?それとも、それはまさに、ヴィンセントの母親の卵子を破損する、携帯電話タワーからの電磁波放射か?

さあ、私には見当がつかないよ。

ほか




https://twitter.com/chomoppi/status/1064551123137089536

やっぱり、ハンバーグ化だネ


日本から水道をフランスのヴェオリアに売る 内閣府推進室にまでヴェオリアが入り込んでいた donのブログ 2018-11-30 23:36:11
https://ameblo.jp/don1110/entry-12422771773.html?frm=theme
もう利益供与は確定的だな
ロスチャイルド傘下の企業に
日本の水道を売り渡そうとしている
内閣推進室までエヴォリアが入り込んでいる
水道民営化法案即!廃案ですよ

ロスチャイルド・パリ家傘下
仏ヴェオリア・エンバイロメント社営業本部PPP推進部
内閣府PPP・PFI推進室政策委員
伊藤万葉氏
パリ家デホングループ フレデリック・デホン氏の妻 麻生太郎の娘 麻生彩子デホン氏
傘下ラファージュ社資本提携 麻生セメント



https://www.asahi.com/articles/ASLCY6F37LCYULBJ018.html

<転載終了>