Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12423480920.html
<転載開始>









米国防総省、空軍機撮影のUFO映像を公開
2017年12月19日 BBC
https://www.bbc.com/japanese/video-42407609
米国防総省はこのほど、米カリフォルニア州サンディエゴ付近で空軍戦闘機が2004年に撮影した未確認飛行物体(UFO)の映像を公開した。パイロットたちが見て驚いた物体がなんだったのか、最終的な特定がされたのは明らかになっていない。

米紙ニューヨーク・タイムズは16日、国防総省が「高度航空宇宙脅威識別プログラム」と呼ばれる取り組みでUFOの調査を2012年まで5年間行っていたと報じた。今回公開された映像も調査の対象だった
去年公開されたようですが、まず、映像は空軍が撮影した本物でしょう。
写っているモノは不明=未確認飛行物体。
パイロットのコメントから、自然現象ではなく、遠隔操縦のドローンか、何者かが乗って操縦している可能性が高いと。
政府は、市民を化かしながら、大真面目に調査・研究をしてます。


UFOが飛んでいると言うことは、反重力(重力制御システム)や、機体サイズに収まる新動力源が、既に存在する可能性が高く、反重力技術を民生に開放すれば、トラックの運ちゃんも大助かり(笑)、新動力源(フリーエネルギー機器の可能性が高い)の技術を開放し、機器を自作できれば、誰もが、燃料代タダ・電気代タダを手に入れることになる。

公開の意図から、すでに、ディスクロジャーの地ならしに入っているようにも見える。



米国防総省、空軍機撮影のUFO映像を公開
https://www.youtube.com/watch?v=xRs4IfP6LMc


<転載終了>