日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52034952.html
<転載開始>
フランスで勃発した市民の抗議デモや暴動は背後からイルミナティが(やはり)操作しているのかもしれません。
表向きはいかにも市民が彼らを苦しめ続けているグローバルエリートに立ち向かい戦っているかのように見えますが、ロスチャイルド(フランス)のパペットのマクロンはデモに加わりそうな学生らを一斉検挙し弾圧しています。フランスの若者集団(権力に立ち向かうことができる)を刑務所に拘留し自由を奪うには今回のデモは良い口実となります。そのうち、戒厳令が敷かれ、フランスや他の国々の人々は政府の弾圧に苦しめられることになります。
抗議デモはソーシャルメディアを介して呼び掛けられたそうですから、誰がデモを扇動しているかは特定されませんから、イルミナティ側である可能性があります。
フランスで市民による革命が起きるとするなら、背後で操っているのはいつもの通り共産主義左翼のグローバリスト=イルミナティでしょうね。これまでも世界中で起きた革命を操ってきたのは常に彼らです。
抗議デモでマクロンを大統領の座から引きずり下ろすことは良いと思いますが、マクロンがいなくなっても政府を支配し操作している者たちが居続け、不正選挙で自分たちのパペットを大統領にするのですからどうしようもありません。強力な悪魔崇拝者集団と彼らに力を与えている悪魔がこの世界に跋扈している間は。。。人類の苦難は続くような気がします。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3651089.html
(概要)
12月7日付け

フランスでは革命が起きているのでしょうか?
 
ブレキシット(EU離脱)のサガが続いていますが、イギリスでは2度目の住民投票が行われる可能性もあります。そうなると国民の意思が覆されメイ首相が失脚することになり、住民投票の結果を覆したい社会主義の労働党政権が誕生するでしょう。しかしイギリスで再び住民投票が行われるということは有権者らへの侮辱を意味します。
トランプ大統領も、イギリスとEUの取り決めは悪い結果となると言っています。

現在、複数の権力闘争が進行中です。
イギリスの環境大臣は、住民投票の再実行は、住民投票をやっても国民は適切な決断ができないと言っているようなものであり、この国の民主主義をひどく侵害すると言っています。
しかし住民投票の再実行がないなら、EU離脱を止めるか、EUと取り決めをせずに強制的にEUを離脱するかの選択しかありません。そうなると、やはり住民投票の再実行をやらざるを得ないかもしれません。

12月6日の大規模デモに先駆けてフランス政府は89000人の保安要員を配備しました。
・・・・・
別の記事によると、フランスが残忍な警察国家であることを世界に見せつけています。マクロン政権は権威主義国家の対策を強化しデモに参加すると思われる学生らを犯罪者として一斉検挙しています。
マクロンのドラコニアン的なやり方はマクロン内閣の閣僚たちをも驚かせています。多くの学生が警察に検挙され、彼らの両手を頭の後ろに置かせひざまずかせている光景を目にした教育大臣はマクロンがやりすぎているとしてショックを受けています。マクロンはフランスの学生らを恫喝し無理やり従わせようとしています。

・・・・・・・


さらには、憲兵隊が所有する10台の装甲車両も配備されます。このような事態になるのは2005年にパリ郊外で起きた暴動以来です。
デモの参加者は車で通勤し家族を養っている人たちが多く、小さな会社の経営者、独立請負人、農家、家事手伝い、看護師、トラックの運転手などが含まれます。
彼らは田舎町や大都市の郊外で働き生活していますが食べるだけで精一杯の収入しかありません。

11月30日にブリュッセルでも高い税金
と物価高に腹を立てている数百人の黄色いジャケットを着た抗議者らが警察と衝突しました。
数週間前にフランスで始まった草の根抗議運動がベルギーでも勢いを増し、数十人が拘留されました。

2018年10月24日にロスチャイルド&カンパニーは自社のトラスト(世界中の資産管理事業とトラストサービス事業)を売却することに合意しました。
ロスチャイルドの資産管理事業の営業所は、フランスのエクサンプロバンス、ブリュッセル、フランクフルト、ジュネーブ、フランスのグルノーブル、イギリスのガーンジー管区、香港、ロンドン、マンチェスター、マルセイユ、モナコ、ミラノ、ニューヨーク、パリ、ネバダ州リノ、シンガポール、チューリッヒにあります。ロスチャイルドの財産・資産管理事業部の資産は690憶ユーロ以上に上ります。

中略








EUは徐々に形勢が不利になっているようです。ヨーロッパの植民地主義が世界の運命を支配するのは自分たちだと思わせてきたのです。そのよい例がナチス至上主義です。
イルミナティはヨーロッパを彼らの本拠地にしており、ナチスの血統による影響力を拡大させました。しかし植民地主義は崩壊しナチス・ドイツも崩壊しました。
メルケルはトルコのエルドアンと連携してヨーロッパにISISテロリストらを大量に流入させましたが、それも失敗に終わりました。メルケルは次の指導者選挙には出馬しないと約束しました。またメルケルの学友であるイギリスのメイ首相も辞めさせられることになるでしょう。

IMFは世界中で借金奴隷を作り出すための機関ですが、世界の国々がIMFよりもBRICSに支援を求め始めています。ユーロが新しい世界通貨になるはずでしたが、中国の人民元が世界通貨になろうとしています。

ヨーロッパの銀行のマネーロンダリングに対する犯罪訴追手続きが秘密裡に行われていますが、その結果、永遠に自分たちの物であると思っていたエリートや王族の資産が目減りしています。
突然、王室や政治家が一文無しになり庶民に頼りながら資金集めをお願いするようになるかもしれません。
ヨーロッパの選挙では不正が横行していますが、EUの権力者らは選挙で選ばれた人たちではないため、大衆の頼みを聴くはずがありません。

歴史的なフランス革命はヨーロッパ全体そしてアメリカへドミノ式に影響を与えました。その後、ヨーロッパの王族の権力が崩れましたが、彼らは地下に潜り、そこでイルミナティとナチスの根本原理が形成されました。どのようなことがあっても権力を握り続けたいエリートは大衆の意思に従おうとはしません。
戒厳令は人々の同意がないと敷かれるべきではありません。

https://beforeitsnews.com/v3/prophecy/2018/2501588.html
(概要)
12月7日付け

12月10日は世界にとって非常に不吉な日となるでしょう!

フランスやヨーロッパ諸国で起きている抗議デモや暴動は1871年8月にアルバート・パイクが描いた計画に基づいて起こされています。

フランスで勃発した黄色いベストを着た抗議者による大規模抗議デモは当初は増税や格差拡大に抗議するためのものでした。デモはフランスからヨーロッパの他の国々にまで拡大していきました。


世界中の人々の生活は益々(経済的に)困難になる一方で、世界中の腐敗政府は税金の無駄遣いと横領を繰り返し世界中の人々を苦しめています。

南アフリカでも、政治家が権力の座を獲得するには背後にいる支配者のアジェンダに従うことを誓わなければなりません。
以下の画像の通り、南アフリカの現大統領もイエズス会のガウンをまとっています。つまり大統領は、大統領にさせてくれたイエズス会の命令に従うことになっています。



ネルソン・マンデラもイエズス会のガウンをまとっていました。



このように、どの国のリーダーも支配者の命令に従わなければならないのです。

世界中の人々が権力者に抵抗し反乱を起こすのは有益であり正しいことのように見えます。
しかしこのような反政府運動は何年も前にアルバート・パイクが計画したものでした。
そして今回のフランスの抗議デモは、彼の計画の最終段階を意味しています。

数週間前にフランスで始まりヨーロッパの国々に拡大している抗議デモ或は暴動については、1871年8月にアルバート・パイクが彼の同僚(Giuseppe Mazzini氏)に宛てた手紙の中に記されています。

・・・・
パイクの計画通りにパリの大規模抗議デモ或は暴動が実行に移される前、グローバリスト(ロスチャイルドなど)配下のメディアは大衆に暗号メッセージを送っていました。
以下の2016年のエコノミスト誌の表紙をご覧ください。
ここには2017年に世界がどうなるかについての予言が描かれていました。この中のHERMITカードには黄色い色のデモ隊(黄色いベストを着たデモ隊)が描かれていました。もちろん、このようなデモが行われることは当時は予想もされていませんでした。


 さらにHERMITカードに描かれた星座と月の配置は2018年12月1日と2日を示しています。

これは獅子座ですが、その右側には三日月が描かれています。このことからも12月1日と2日を指していることがわかります。

 
12月8日に計画されている抗議デモに関して、デモ隊は予定通り、武器を持ち、マクロンを殺害するために大統領官邸のエリゼ宮に向かうと伝える記事がありました。

抗議デモはソーシャルメディアを介して呼びかけられ組織化されましたが、世界の誰でもソーシャルメディアを介して大衆に影響を与えることができるようになっています。今回の一連の流れの背後にはパイクの計画を実行に移そうとしているイルミナティがいる可能性があります。
以下のイルミナティ・カードにも、税制改革と繋がるギロチンが描かれているのです。黄色いベストを着たデモ隊が抗議しているのもガソリン税の増税です。

イルミナティ・カードは、大衆を操作し命を奪い取っているエリートが望んでいる結末を描いたものです。
ここに描かれた絵は今月8日にデモを計画しているデモ隊の結末を示しているのでしょうか。
フランスやヨーロッパ諸国の民衆は立ち上がり自国の政府を転覆させ、貧乏人が稼いだお金を搾取している支配層エリートを殺害することになるのでしょうか。

Wheel of Fortuneと書かれたカードを見ると、特定のリーダーがフランス国旗の車輪に繋がれているのがわかります。これは革命が次の世界大戦へと導くことを意味しています。


<転載終了>