タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17266.html
<転載開始>
トカナ【陰謀論の現実化】「特定の人にだけ音声を送れるレーザー」MITが開発! 「秘密遠隔コントロールや洗脳」マジ開始!2019.01.29より転載します。
貼り付け開始

https://tocana.jp/2019/01/post_19520_entry.html

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らが、レーザーを使ってイヤホンなどの受信機なしに特定の人にだけ音声信号を届けられる技術を開発したという。一体どのような技術なのか?

0128photoacoustic-1.jpg
イメージ画像は「Getty Images」より引用

■レーザーで届くメッセージ

「これは目や肌に完全に安全なレーザーを使って、どのような状況下でも特定の人物にのみ可聴信号を送れる最初のシステムです」

 そう語るのはMITリンカーンラボラトリーで開発チームのリーダーを務めるチャールズ・ウィン氏である。ウィン氏らがアメリカ光学会の会報「Optics Letters」に発表した論文によると、新技術は音声信号を含むレーザービームを当てて、受信者の耳に直接音声を送信するものだ。騒がしい環境でも、音楽や会話など様々な音声を受信者に届けることができるという。

 スピーカーを使って特定の場所にのみ音声を届ける技術はすでに存在しているが、スピーカーからあまり遠く離れられなかったという。だがレーザーを使った手法なら、スピーカーを使うより長距離に音声を届けることができるのだという。

 この技術を可能にしたのは光音響効果という現象だ。物質に光を当てると、物質は光のエネルギーを吸収して音波を発生させる。そこで、ウィン氏らは1.9マイクロメートルのツリウムレーザーを使い、空気中の水蒸気に光を吸収させて音を作り出すシステムを開発したのである。受信者の周囲にある水蒸気がレーザーによって励起され、受信者にのみ聞こえる音声を発生するという仕組みである。

「水に強く吸収されるレーザー波長を使えば大量の水を必要としないことがわかりました。吸収が強いほど音が大きくなることが鍵です」(ウィン氏)


0128photoacoustic-2.jpg
画像は「Optics Letters」より引用


 研究チームは二つの方法を試している。一つは変調器を通したレーザーで2.5メートル離れた受信者のマイクロフォンに音声を送信する方法、そしてもう一つが鏡を使った動的光音響分光法という方法でレーザーを音速で前後に揺らし、受信者に音声を届ける方法である。結果、前者のマイクロフォンを使った場合の方がより忠実な音声を送信できるというが、後者ではより大きな音声を届けることができるという。

 またこの技術のユニークな点として、送信機から一定の距離でしか信号の音声が聞こえないことが挙げられる。レーザーが受信者に届く前にもし他の人に当たってしまっても、その相手が適切な距離にいない場合は音声として再生されないのだ。

 現在のところ、2.5メートルほどの距離に60デシベル(普通の会話位の音)の音声を送信できるという。だが、ウィン氏らはその距離と音量をさらに伸ばせると考えているようだ。また、現時点では室内でのみ実験が行われているが、今後は屋外での実験も予定されているのとことだ。

 自分にだけ聞こえる囁き声というのは不気味な気もするが、もしこの技術が発展すれば、エンターテインメントをはじめ、様々な用途に使われるだろう。これまでは陰謀論のように語られてきた「遠隔コントロール」が現実化することにもなり、人々を精神的に追い込む目的で悪用される恐れもある。また、今自分の目の前にいる人物が本当に“自分の言葉”を語っているのかさえ疑わしくなってしまうかもしれない。何とも先行きが恐ろしい技術である。

(編集部)

参考:「Science Alert」「OSA」「Optics Letters」ほか

貼り付け終わり、



>自分にだけ聞こえる囁き声
・この記事では完成途上の様に受け取れたが、
 集団ストーカーで使われている方が進んでいるのか?

<転載終了>