ひかたま(光の魂たち)さんのサイトより
http://shindenforest.blog.jp/archives/78293843.html
<転載開始>
抗生物質


自己治癒のできない細菌感染に
有効な治療法の一つです。

でも、
無差別に飴玉のように処方される現代医療では

耐性菌の出現や
さまざまな副作用の問題、
新しい病気の発現を誘発、
正常な細菌叢を破壊するなど

いろいろな有害性も指摘されています。


pill-1884775_1280

今まで
抗生物質の悪影響については
主に
腸内細菌叢の変化に重点が置かれていましたが
最近になって
全身の影響が知られるようになり、
研究されるはじめています。



そして今回
ドイツの研究チームによって

抗生物質は
大脳辺縁系の一部である海馬にある若い脳神経細胞の成長を阻害する
可能性があることが判明しました。




fresciencedaily.com




この海馬は
脳の記憶や空間学習能力に関わる脳の最も重要な器官の一つです。

アルツハイマー病における最初の病変部位でもあり、
うつ病で最も影響を受ける部位でもあります。


海馬のダメージを防ぐには

必要な時にだけ適切な量と適切な期間、抗生物質を服用する
プロバイオティックスを飲む
適度な運動をする

ことが推奨されています。



<転載終了>