donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12439541420.html
<転載開始>

豊洲市場で天井崩落 基準130倍超ベンゼン検出に続く大惨事




昨年10月に開場した東京都の豊洲市場。
7日には、地下水から環境基準の
最大130倍超の有害物質ベンゼンが
検出されたことが発覚。
不安の種は尽きないが、
また新たな問題が発生した。
ナント、建物内の天井が崩落して
ドデカイ穴がポッカリと開いたというのだ。
■「ドーン」と大きな音が

 天井が崩落するという重大事故が
発生したのは7日夜から8日未明で、
卸売場棟と仲卸売場棟を1階部分で結ぶ
「連絡通路」だ。
現場を目撃した市場関係者はこう言った。

「連絡通路は、ターレ(小型トラック)や
フォークリフトが常に行き交うので
ガチャガチャとうるさいんです。
しかし、7日夜中は突然、『ドーン』と
ひときわ大きな音が響き渡ったので
驚きました。
何事かと見に行くと、天井に大穴が開いて
鉄骨が露出していましたよ。
穴の大きさは縦2メートル弱、
幅は1メートルくらい。
床には天井から落ちて
バラバラになった破片が散乱していた。
人にぶつかったら大事故ですから、怖かった」

日刊ゲンダイの調べで、
この連絡通路の天井が崩落したのは
7日夜の1回だけではないことが分かっている。
ある買い出し人は、
「開場直後にも連絡通路天井に
大きな穴が開いていた」と
打ち明けていたからだ。
実際、都によると、7日夜を含めて、
これまで計6回、
連絡通路の天井が崩落していた。
月1回以上のハイペースだから、
働いている業者は
おちおち仕事していられないだろう。

 連絡通路の天井の高さは約3メートル。
市場関係者の間では「フォークに高く積み上げた荷物が天井に当たったのか」との声が上がるが、詳しい原因は分からない。

 そこで日刊ゲンダイが都に問い合わせると、「フォークリフトの荷物を積載する部分の
『ツメ』を高く上げたまま走行し、それが天井に引っかかったとみられます」
(豊洲市場管理課)と返答。
さらに「原因が分かっている場合は、
当事者に弁償してもらっている。
これまでも、事故が起こるたびに
フォークリフトの運用について、
厳重に注意喚起している」
(同管理課)と説明したのだが、
まるで業者が悪いと言わんばかり。

「都にも責任」

 この都の対応に対し、
「その言い分はおかしい」と言うのは
建築エコノミストの森山高至氏だ。

「フォークのツメを下げたまま走行すると、
人や障害物に衝突する危険があります。
ですから、市場のみならず
一般的な工事現場でも、
荷物を積んでいないのであれば、
ツメを高く上げた状態で走るのが常識。
天井が高かった築地時代から
フォークを使っている業者であれば、
ツメを下げて走る危険性を意識している
でしょう。
連絡通路を高く設計することができなかった
都にも責任はあると思います」

「築地を守り、豊洲を生かす」――は、
2017年の都議選直前に小池都知事が言ったスローガンだが、
少なくとも今のところ豊洲を「生かす」ことはできていない。
むしろ、すでに「瀕死」状態に近いと言っていい。
いい加減、すべての責任をきちんと取らせるべきだ。




<転載終了>