タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17491.html
<転載開始>
ウォーカーさん、集団ストーカーを解決する方法を、何度でも考えてみる!2019-01-09 11:16:23より転載します。
貼り付け開始

https://ameblo.jp/syuusuto-memo/entry-12431719634.html
集団ストーカーを解決する方法を、再考する!
 
集団ストーカーシステムは世界的な犯罪であり、解決は不可能だというデマが流れています。果たして本当にそうでしょうか? 私は解決可能だと断言します! 過去を振り返ってみると、解決不可能と思われながら、解決した歴史的事件はいくらでも存在します。
 

 
そこに共通するのは、強い理想と意志を持って行動する人間の存在と、ちょっとばかしの運です。世界支配層は、思考は現実化しうることを知っています。私たち、集団ストーカー(新世代型秘密警察ネットワーク)被害者は、まずこの犯罪を解決するという強い理想と意志を持ち、その上で、現実的解決手段を考える必要があります。
集団ストーカーを終わらせるには、システムの運用リスクを高める必要があります!
 
集団ストーカーシステムを停止させるには、システムによって得られる権力や利益を減少させることが大切です。例えば、直接的な植民地政策や、奴隷労働が近代になって大きく縮小された理由は、利益とリスクが大きく関係しています。一見完成された、永久に破壊されることのない様に見えるシステムも、そのシステムで得られる利益が赤字になり、運用リスクが高まれば、世界支配層は、意外なほどあっさりシステムを手放すのです。
 
また、加害者側のリスクを高めるために、世論を味方につけることが大切です。そして、集団ストーカーに関与している個人・組織のステルス性を排除して、この犯罪に関与した個人・組織の信用が、長期的に損なわれる様にすることが大切です。
 
集団ストーカーの解決を考えるには、加害者側の視点が何より重要です。加害者は何より、自己の保身と利益を最優先させます。ここが重要なポイントです。
この犯罪は、ばれてしまえば関与した個人・組織の信頼性が半永久的に損なわれて、このまま運営すれば、自分たちの素性と犯罪がばれると、認識させることが何より大切です。
 
 
集団ストーカーを解決するための、行動を提案します!

 
 
・集団ストーカーシステムに関する情報を集めた ライブラリーの作成
 
集団ストーカーに関する情報を集めて、誰でも見られるようなライブラリーを作ることです。ここでは誰が犯人かという仮説は一切取り除き、具体的に証拠のある資料だけ淡々と載せていきます。そして、どんな被害者でも気軽に引用できるようにします。また、一般の方々が見ても、一目で集団ストーカーの全体像が見られるような整理された分かりやすいサイトにします。そして、サイトのURLをポスティング用のチラシに載せます。
 
集団ストーカーに興味を持った人がいても、ネット上の情報は完全に情報操作されているので、これを見れば集団ストーカーのすべてが分かるという、情報ライブラリーサイトは必須です。
 
・総体としての集団ストーカー被害者の、証拠収集能力の強化
 
この犯罪の証明には、証拠が必要です。証拠を取る技術は、誰でも学習できます。証拠を取る方法を学ぶためのセミナーを開き、その様子を撮影し、動画教材としてYouTubeで流します。また、証拠を取るための資料をPDFにまとめ、ネット上に公開します。
 
・被害者の活動を抑制しない、集団ストーカー被害者団体の設立
 
現存する被害者団体は、何故か非行動的な組織が多かったりします。中には、似非右翼や極左活動家と繋がっている団体も存在します。
 
どんな被害者団体にも、工作員が紛れ込むのは仕方がないですが、せめて理性的で自発的かつ行動的な被害者さんの活動を抑止しない被害者団体が必要です。
 
集団ストーカー被害者団体の話を聞いていると、OSSの「Simple Sabotage Field Manual」の手法が使われているのではないかとさえ、思えてきます。小規模でいいので、理性的な被害者さんが集まった被害者組織の存在が必要です。そして、有力者と接触し、この犯罪を止めるように圧力をかけ、交渉します。
 
・被害者の長期的な持続的行動の維持・拡大
 
集団ストーカー被害者の中には、非常に優秀かつ理性的な人が多く存在します。
残念なことに、優秀な方ほど、自らの人生や家族を守るために、集団ストーカーを解決するための行動を途中でやめてしまうケースが多いです。
 
マイペースでもいいので、持続的に活動する被害者を増やすことが必須です。
 
・海外の被害者・団体との協力
 
集団ストーカーは世界中で行われています。その手口も共通しています。情報量も、圧倒的に海外の方が多いです。翻訳者は、この犯罪解決の一つの鍵です。どうしても翻訳者が現れない場合は、翻訳ソフトも有効な手段です。今の時代、海外の被害者とコミニケーションを取ることは容易です。翻訳作業に協力してくれる、一般の方を募集するのもいいでしょう。
 
・人材の育成、被害者の基礎能力の強化
 
集団ストーカー被害者には、実に様々な職種の方がいます。一流大学卒の方や、技術者も多いです。これを活かさない手はありません。様々なスキルを持った被害者さんが協力し合うことが出来れば、この犯罪の解明や認知は飛躍的に進みます。
 
・一般人向け説明会 及び 一般人向けの資料作成
 
一般人向けの集団ストーカー説明会について、最初は誰も来ないかもしれませんが、その場合は、動画を撮影して、YouTubeに流せばいいのです。説明会は、理性的な被害者さんが行う必要があります。回を重ねるごとに、少しずつ出席する一般の方も増えていきます。
 
また、この犯罪を一般の方々に知ってもらうための、資料を作る必要があります。
 
 
・一般の方々が、何故集団ストーカーに興味を抱かないか…。その理由は、所詮他人事であり、関わると面倒臭そうだからでしょう。ですが、実際には他人事ではありません。すべての日本人と関係する問題とリンクさせて、集団ストーカーという犯罪を理性的に説明することで、誤解が解け、認知も広がります。
 
 
・憲法・法律を正しく学び、共有する
 
日本は一応、法治国家といわれています。集団ストーカーの中には、あらゆる犯罪が含まれています。法律に詳しい被害者さんの協力を元に、集団ストーカーに関する法律を正しく学べるサイトを作ります。その情報を、共有することで、犯罪として立証可能な部分が浮き上がってきます。
 
・個人、集団で証拠を取り、裁判を起こす!
 
例えば、同じ都道府県の複数の被害者に、同じ組織や人物が関わっていることが証明できれば、集団訴訟が可能です。個人で裁判を起こすのもいいです。集団ストーカーの中には、家宅侵入を始め、あらゆる犯罪が含まれます。実際に裁判を起こし、関与した企業に賠償金を払わせた被害者さんもいます。
 
・集団ストーカーに関与している勢力の闇の部分を、世に明らかにする
 
集団ストーカー加害勢力は、疑似テロを始めあらゆる非合法犯罪に関与しています。加害者側の視点から見れば、集団ストーカー以外の自分たちの犯罪に言及する被害者は、非常に厄介な、リスクが高い存在です。集団ストーカー被害者は、集団ストーカー以外の、様々な問題にも関心を寄せましょう。
 
・ポスティングの様な、じわじわ効果のある具体的行動を新たに見つける

 
集団ストーカー被害者の、ポスティング活動を否定する被害者もいますが、私は肯定します。加害者側から見れば、これほど厄介なものはありません。こういった、誰でも可能な単純な活動手法が増えれば、加害勢力のリスクは、さらに高まります。
 
・システム上層部の権力者に直接働きかける
 
集団ストーカーは、基本的に終わりません。ごくわずかな例外は、権力者との関わりです。
日本の本当の権力者に、直接働きかけることにより、何か変化が生まれる可能性は0ではありません。その際は、礼儀と節度を忘れない様にしましょう。
 
・シンクタンクの創設
 
集団ストーカーとは何か、集団ストーカーを解決するにはどうすればいいか、理性と知性を持った被害者が集まり、シンクタンクを形成します。ここで、集団ストーカー解決のための方法も模索し、その後、実行に移します。優秀な人材が3人集まるだけでも、かなりのアイデアと行動力が生まれます。
 
集団ストーカー被害者の中には、日本や海外の一流大学の大学院卒業者も少なくありません。優れた人材が協力し合えば、必ずこのシステムの解明は飛躍的に進みます。
 
・外部協力者の会得

 
法律の専門家や、指向性エネルギー兵器の専門家などに働きかけ、協力を得る。集団ストーカー被害者は基本的にただの一般人なので、専門的知識が不足しています。複数の外部協力者が会得できれば、大きな力になります。
 
・被害者が自然と集まれる空間を、日本中に創る
 
集団ストーカー被害者は、分断工作を行われています。各都道府県に、被害者が気軽に利用できる施設を用意します。さらに、集団ストーカーに関わる活動以外に、様々なイベントも用意して、被害者が気軽に集まれる機会を増やします。これは、意外とこの犯罪解決の鍵となるかもしれません。
 
・本、映画などで犯罪を周知する
 
集団ストーカーに関する正しい情報を、本や映画にして公開します。
作品の質が高ければ、一挙にこの犯罪の認知が広がり、一般の方の理解も得られやすくなります。
 
・デマを潰す
 
集団ストーカー宇宙人説や統合失調症説、ロスチャイルドやロックフェラーが、集団ストーカー被害者の味方をしているなど、明らかなデマが広がらない様に対策をします。
 
注意すべき点は、集団ストーカーの被害内容は被害者ごとに大きく異なる点です。自分の被害に当てはまらないからといって、他の被害者の主張を、デマと決めつけるのはやめましょう。
 
・被害者全体の意識を高める
 
集団ストーカーという犯罪が解決できるかどうかは、被害者の意識と行動にかかっています。被害者に対しては、意識低下のためのあらゆる情報工作が行われています。それに騙されることなく、この犯罪を必ず解決するという強い意識を共有して、それぞれが無理の無い範囲で行動を続けることが大切です!
 
 
集団ストーカーの解決法を、みんなで考えてみましょう!
 
集団ストーカーの解決法は、被害者みんなで考えた方がいいです。
知恵を出し合うことで、新たな可能性も開けます。私は、集団ストーカーの解決法について必死で考えていますが、やはり個人では限界を感じています。
 
私の記事は未熟ですが、その中でも、誰かに何かを与えれたらいいと思います。この記事をきっかけに、1人でも多くの方が、集団ストーカーの解決方法を考え始めてくれたら嬉しいです音譜
 
 
ツイッターより引用
 
・1つだけ確かなのは、集団ストーカーという超法規的犯罪は、個人で解決できるものではない。被害者同士が協力し合い、一般市民と協力し合うことが何より大切です。加害勢力はこれを何より知っているので、分断工作に非常に力を入れているのです。
 
・大丈夫です、すでに集団ストーカーの真実は表に出始めています。 人々も行動を自発的に始めています。水車は回り始めました。 この流れを止めない限り必ず解決に結びつきます。
 
・何より重要なのは、被害者総体の理性と人間性だ。 加害勢力の情報工作に惑わされ、疑似右翼や極左運動家と共にヘイトスピーチを行い、洗脳され意味不明な言動を繰り返せば、被害者総体の信頼性が低下するとともに、この犯罪の実在性すら疑われてしまう可能性がある。
 
・集団ストーカーの加害者から見て、システム運用のリスクが増し、利益が減り、長期的な妨げになる現象とは何か? その最大は、多くの日本人が、この犯罪を取り上げ、議論し始めることだろう。
 
・集団ストーカーシステムを無視して、日本は独立をすることは出来ない。それほど重要なプログラムだと、多くの人々には知らなければならない。このシステムの実在を無視する陰謀論者は、真実を知る能力が無いか、バランサーの可能性が高い。
 
・「監視」を「見守り」と呼び 「新世代型秘密警察ネットワーク」を「集団ストーカー」と呼ぶ。 本質を見落とすように仕込まれた、情報工作だ。
 
・希望は、絶望の中での思考の継続の中に眠っている。考える事をやめてはいけません。思考を停止した時、私たちの人生が敗北する時でしょう。逆に、強い意志と理想を持ち、思考を続け、行動を起こし試行錯誤を続ける限り、私たちに真の敗北は無く、つねに解決の可能性は開かれます。
 
・■「不思議な力とヴィジョンはつねに準備のできた人間を捜し求めている。」【チェロキー族】
 
 
関連記事
 
 
 
 
 
 
 

貼り付け終わり、


*貴重な提言ですね!
・開き直って、同〇やアイ●のごとく大きな✖✖団体へと発展させよう!


<転載終了>