井口博士のサイトより
https://quasimoto2.exblog.jp/239312702/
<転載開始>
これは粘菌
a0348309_1441378.png



みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。
笑う門には福来る。
あまりの恐怖で笑う他はない。
笑いは本物に限る。
偽笑いは吉本におまかせ。

以下は大人の辛ジョークである。決して信じないでくださいヨ。
本気にしないことが肝心。

e0171614_11282166.gif

あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどですナ。

さて、最近は年金と老後の2000万円の話が独り歩きしているらしいネ。俺も一言メモしておきたい。

というのも、住友セ、富士通、理研で働いた俺の年金は、たったの2万円/年らしいからである。

たぶん、スーダンの砂漠かナイジェリアの山奥あたりじゃないと暮らせないナ。


そこで、あまり一般の日本人が知らない話をメモしておこう。


(あ)多重国籍の年金

元ミンス党、いまの立件ミンス党の蓮舫
a0348309_1445675.jpg
が多重国籍なのは周知の事実だろう。こういう志那工作員を逮捕収監できないのも日本が敗戦したからだ。

この蓮舫は一説では、志那、朝鮮、台湾、日本、ひょっとしたらシンガポール、米国と国籍をもっている疑惑があるらしい。最低でも共産チャイナ、日本、台湾。

さて、こういう多重国籍者はなぜ多重国籍でいたいのか?

まだわからないの?→察しが悪すぎ。


要するに、多重国籍だと、老後年金が多重に受給できるからだ。

もしあなたが日米の国籍を持てば、老後年金は日本とアメリカの両方からもらえるわけだ。

日本国は、昔から意地が悪いから、そうはさせじと重国籍を禁止している。年金欲しければ、日本かアメリカのどっちかにしろってヨ。

ところが、欧州人の場合、多重国籍大歓迎だから、それは個人の問題であって、年金は国のサービス義務の話だから別問題ということになって、もしオランダと米国の二重国籍がある場合は、オランダからもアメリカからも満額の年金が手に入るという。

しかも、ほぼ働いていたときの給料の額だとか。

日本で一番これに近いのが力士。お相撲さんの給料は「最高位」のときのまま。だから、これが死ぬまで年金として手に入る。

議員年金というのもすごいし、国家公務員年金も結構これに近い。

ようするに、一般人の日本人が一番低くされているわけですナ。


(い)配偶者の年金

同様に、配偶者の年金も欧米は優遇されているようだ。

一説では、夫と10年連れ添えば、その後どうなろうが、その夫(Xハズバンド)がもらうはずの満額年金と同額の年金をとっくの昔に離婚した妻ももらえるというのである。

むろん、主夫の場合もこの逆だろう。

だから、アメリカ人は結婚離婚を繰り返す。

そのたびに年金がつくんだとか。

スピルバーグやゲイツやジョブズと離婚すれば、彼ら並みの年金がもらえるわけだ。


(う)ベテランズ年金

欧米は軍隊がある。だから兵役について、サービスした軍人さんたちの年金、および死後の墓地。こういうものはすべて規定通りに決っている。

だから、軍人さんはそれぞれ生前に自分が入るべき墓地が予約済みだとか。

かのアーリントン墓地とか、無数にある墓地に埋葬されるのである。

日本のように、生前に自分の墓を買っておくとか、そういう経費が一切ない。

そして、退役軍人のことをベテランズというが、そういう退役軍人の年金も結構しっかりと良いらしい。


(え)遺産相続

ついでに米国の遺産相続をメモしておくと、たしか一般人は両親が2億円未満の遺産を持っている場合、その遺産の相続税はゼロ
a0348309_1416249.png


(お)だから白人は優雅な老後を暮らせる

というわけで、この地球は白人支配、白人天国なのだ。

だから、白人であれば、自殺でもしない限り、普通の老後を迎えれば、大型クルーズできるし、世界中どこでも旅できるし、どこにも住める。

日本にもそこら中に白人旅行者がいるだろ。

別に日本だけじゃない。世界中にいるわけだ。


まあ、表向きは人種差別や白人至上主義とかそういうものはないことになっている。がしかし、現実を見れば、あらゆる点で白人優遇されているわけだ。

一番わかり易いものは、JRパスというものですナ。

白人なら(名誉白人となった米国籍人ならだれでも)、日本へ来たときにJRパスを数万円で買える。

一度これを得れば、日本全国どこへ行こうが、何回新幹線に乗ろうが、全部ただ=0円
a0348309_1416249.png


一方、我々日本人は片道何万円、どこへ言っても高額料金をとられる。

いったいこの国は誰の国なんだ???

アメリカの大学の授業料は、地元優遇になっている。つまり、割引がある。

なぜか?

それは地方税を払っている市民がその恩恵をうけるのは当たり前ということになっているからだ。

外から来た学生は満額支払わされる。

だから、普通になら、インフラ整備のための税金を支払った=日本国にとって株主のような役を果たした国民の料金が割り引かれ、何もせずいいとこ取りを狙いに来た害人旅行者からたくさんの料金を取らねければフェアでないわけだ。


(か)国会議員の場合

まあ、我が国の国会議員や首相の場合は、また優遇されている。

国会銀は議員年金。普通の会社員の重役以上の年金。

首相の場合は公式にはそういうものがあるが、それ以外に闇年金が入る。

この闇年金とは、安倍晋三がフィリピンの公共事業に数千億円のODAを国にはらわせると、引退後にその一部がキックバックされるわけだ。いわゆるリベートとは違うが、関連団体からご褒美としてもらえる。あるいは、自分の作った公益団体や財団に寄付してもらえるらしい。

元ミンス党の場合は、東日本大震災のときのどさくさに紛れて国から盗んだ2000億円の闇資金があり、それを山分けしたようだ。

枝野がでかい顔してたられるのも、小沢一郎がなにもしていないのに高額所得者でいるのも、そういう事情である。

盗人がはびこる世界というわけだ。

真面目な人はこの地球には必要ないらしいゾ!


だから、俺は、地球人類は一度単細胞生物からやり直せ、と言っているわけですナ。


まあ、信じる信じないはあんたのおむつ次第、じゃなかった、おつむ次第というやつですナ。ジョークのたぐいだから、真に受けないことを切に願う。


ところで、いよいよ大雨がやってきた。

暴風雨にご注意を!

これも線状降雨帯というやつですナ。

いやはや、世も末ですナ。




<転載終了>