日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52041466.html
<転載開始>
何年か前に、政府の訪日外国人誘致と同時にマスコミは医療ツーリズムを誘致するよう促していましたが、医療ツーリズムのお客の殆どがずるい中国人ですから、日本の医療機関が彼らに騙されるのは想定内です。
外国人(特に中国人はずる賢い奴が多い)が日本の医療サービスを受けに日本に入国する際は、まず旅行保険に入っていない人は入国を拒否すべきです。また、医療サービスを受けに来た外国人にはそれが分かるようにバスポートに医療ツーリズムとわかる印を付けること。
それと医療サービスを受ける前に受付で費用を前払いさせるべきです。未払いのまま逃げてしまった外国人は
出国前に空港で逮捕。詐欺ですから。逮捕後は留置。その後、医療費と同時に罰金を払わせ強制送還。もちろん二度と入国できないようにすること。
これくらいやらないと医療ツーリズムが流行れば流行るほど日本の医療サービスは崩壊します。

http://nstimes.com/archives/144256.html

外国人観光客の医療費未払いが続出

厚労省が3月に公表した調査結果によると、外国人観光客の医療費未払いの総額は1億円近くになる。国別に見ると、中国籍の人が多かったという。2020年には東京五輪が開催され、多くの外国人観光客が訪れるため、対応が急務となっている。

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20190613/pol/00m/010/004000c

「日本はお人よしの国ではない」医療費未払いは入国拒否」

2019年6月16日  
自見英子氏=須藤孝撮影 
自見英子氏=須藤孝撮影

 
 自らも小児科医の経験を持つ自見英子参院議員は自民党の外国人観光客に対する医療プロジェクトチームで問題に取り組み、提言をまとめた。

 提言では国が希少言語への対応を支援することや、医療費の悪質な未払いがある場合は再上陸拒否もできるようにすることなどを求めた。

 ◇ ◇

 外国人観光客に対する医療プロジェクトチームで5回のヒアリングを終え、6回目に取りまとめに入った。その際の萩生田光一座長のごあいさつが、実に的を射ていると思う。

 「日本はおもてなしの国だが、お人よしの国ではない」、「国として整備することは当然させていただくが、…


<転載終了>