井口博士のサイトより
https://quasimoto2.exblog.jp/239320559/
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

いや〜〜、昨夜の山形新潟地震は全く兆候なしだったナア。

このところ地震電磁波の強いものは出ていなかったからである。だいたいこんな感じ。
カナダモニター群
a0348309_21151568.png

a0348309_7575523.png


また、

GEONET 準リアルタイムGPS全電子数マップ

にもそれに対応するような予兆はなかったと考えている。

震源地地下10km

これが怪しいところである。

つまり、HAARP照射による加熱で起こされた人工地震の可能性もある。

というのも、これまでちょっと理由がわからなかったものに、こんなパターンがしばしば現れる時がある。

a0348309_8184824.jpg


これがおそらく人工的な電磁照射のある場合のパターンかもしれない。今後、こういう場合は地震電磁波が出ていなくても要注意ということになる。


果たしてなぜ今なのか?

おそらく、米イラン戦争を計画しているトランプ政権のBチームが、これを阻止ししたい日本の安倍晋三政権に脅しをかけた可能性が高い。

トランプ政権にトランプ大統領が掌握するAチームと、それに反対するボルトン率いる、戦争屋チームのBチームがあると言われている。

安倍晋三首相と対談したイランの首脳ハメネイ師の口からもBチームの仕業と主張した。

イラン最高指導者ハメネイ師のツイッター
a0348309_8595547.jpg



また、攻撃された方の我が国の国華のタンカーの社長も、現地の目撃情報では、ミサイルによる爆撃だったと証言した。

a0348309_901574.jpg


だいたいタンカーを運行する前に日本の会社は全てマニュアル通りに安全確認してから出航するわけだ。

だから、船の船体の側面に異常があれば、出航しないでまずはそれを調べるわけだ。

おそらく、米軍産複合体の今回の司令部の連中は、あまりそういう事情を知らなかったに違いない。

というのも、アメリカはイランから石油輸入していないからである。

こういう事情や状況証拠からすると、あまりイランからの石油輸入事情に詳しくない国の仕業だったと考えられる。

すでにその筋の情報では、米海軍のプレデターがこの作戦に使われたそうだ。
無人攻撃機 MQ-1プレデター & MQ-9リーパー - UCAV MQ-1 Predator & MQ-9 Reaper


さて、そういうBチームは実質上いわゆるDeep State=影の米政府=MJ12の方だから、日本がイランから石油輸入することは、イランへのサンクション(=経済封鎖)を課している、英米イスラエル連合からすれば、許しがたいことに感じたわけだろう。


こうして、安倍晋三こと李晋三首相の「八方美人外交」のせいで、新潟が被災したということだろう。

911は日本の菅直人と枝野幸男と仙谷由人および小沢一郎と鳩山由紀夫の民主党時代に、福島第一原発の第4号機からプルトニウムを抜き取り、それを密かに朝鮮経由でイランへ輸出した。

この事実がイスラエル当局の知るところとなった。これに対するその報復として起こされたものである。

だから、小沢一郎の故郷の岩手と福島が狙われたわけだ。

これはジム・ストーンの著書等にある事実である。(拙著「ニコラ・テスラが〜〜2」参照)


人工地震は政治的恐喝として起こされる。

彼ら米軍産複合体のユダヤ人に取り、異民族は単なる「ゴイム」に過ぎない。ゴイムあるいはゴイというのは、家畜という意味である。彼らにとって異民族は家畜に過ぎないのである。

実際、イスラエル人のモサド、デーブ・スペクターが、テレビの討論番組で、911は偽旗作戦だという宇野先生の主張に対して、「このゴイが〜〜!」と怒鳴りつけたのは有名な話である。


まあ、その犠牲になる方はたまったものではない。


しかし、まあ、それが白人、それが偽ユダヤ人なのだ!


彼らにはエンパシー(=共感)能力がないという話である。

日本人にわかりやすく言えば、とてつもなく前頭葉が発達し頭の良い、それでルックスもハンサムの「悪ガキ」のジャイアンのような人間である。

ドラえもんの出来杉くんのルックスのジャイアント+スネ夫の性格の人間というべきかナ。

だからタチが悪い。基本的に残虐なのだ。

まあ、それが白人文化というやつですナ。


かつてハワイに数ヶ月住んだことがあったが、その家の近くに子供たちがたくさん住んでいた。子供達で色々遊ぶのだが、中に白人の2、3歳の子供がいた。その子は、家の周りにある木の根元にハワイのカエルが住んでいた。それを捕まえて遊ぶのはいいのだが、その遊び方は、日本人の子供なら絶対にしないものだった。

なんと捕まえたカエルを他人の家の壁に投げつけて殺して喜んでいたのである。

その親もなんとも思っていなかった。

我々はこの子が大人になったらどういう感じの大人になるのか想像するだけで違和感を感じたものだ。

見た目は日本のテレビCMの赤ん坊に出ているような、典型的な金髪碧眼の綺麗な顔をした可愛い男児だった。

まあ、トランプもこういう子供だったはずである。


これは遺伝子の、つまり、ハード遺伝子とソフト遺伝子の問題だから、変えようがない。


まあ、我々日本人は他民族のこういった遺伝子レベルの特徴まで見越して政治や経済や教育を行わねばならないわけである。


いつまでも、戦後のバブル崩壊前の高度成長期に染み付いた「バラ色の世界」から脱却すべきときだろう。

世界を良くしよう、世界を変えよう、などとこれっぽっちも考えるべきではない。

むしろ、専守防衛、自己防衛、唯我独尊で、まずは保守に頼るべきである。

3無い運動である。三猿の能動型である。

見せない、教えない、関わらない。(能動型)

見ざる、言わざる、聞かざる。(受動型)


まあ、日本の政治家どもとおばか官僚どもはまさにこの逆をやっているわけだから、日本の寿命ももうそろそろ尽きるだろう。

まあ、俺にはどうでもいいがナ。



備えあれば憂いなし。


被災された方々の心中お察し、お見舞い申し上げます。



いやはや、世も末ですナ。

<転載終了>