マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-38d8d7.html
<転載開始>

2019年6月22日
Paul Craig Roberts

 このウェブサイトに寄付して、年4回のお願い、6月分の成功に寄与願いたい。

 一般大衆には信憑性を確認しようがないニュース報道によれば、狂気のアメリカ政府は、中東で、全員にとって大惨事になるはずの本格的戦争を始める10分前だったという。

 ボルトンやポンペオやペンスらの愚かな戦争屋高官と、連中のイスラエル・ロビーのご主人はイランと戦争すると固く決意しており、連中の作戦を断念していない。もちろん、ウソつき連中は、イランは自国領土を守ることに対する罰をだまって受け入れ、戦争にはならないと言う。だがイランはそうは言っていない。私はイランを信じている。

 今でも思考することが可能なごくわずかな欧米人の中には、常軌を逸した計画をトランプが中止したのを後悔している人々がいる。史上最悪の二つの政府、サウジアラビアとイスラエルが破壊され、アメリカとヨーロッパへの石油が遮断され、その結果生じる不況が、欧米の戦争屋政府の打倒を引き起こす結果になっていただろうと彼らは考えている。彼らは、アメリカの大敗こそ、世界が平和に戻れる唯一の方法だと考えているのだ。

 言い換えれば、トランプが攻撃を中止させたのは、我々を救ったか、あるいは我々を万事休するようにしたのかは明確ではないのだ。イスラエル圧力団体と、連中の手先のネオコンは痛い目に遭わなかったのだ。ほとんど戦争を勃発させようとしたかどで、トランプはボルトンとポンペオを解雇せず、愚かな副大統領をしかりつけなかった。だから、それはすべて再び起き得るのだ。

 そして、その可能性は高い。ボルトンとイスラエルが学んだ教訓は、日本人に否認された、日本の貨物船に対するイラン攻撃についてのフェイク・ニュースは、イランを攻撃することで、トランプが「面子を立てる」よう余儀なくさせるのに十分ではなかったということだ。だから、より大規模挑発の画策を覚悟願いたい。ボルトンとイスラエルは、連中のために欧米の売女マスコミがウソを言ってくれるのを知っている。攻撃以外の代案をトランプに許さない挑発を警戒願いたい。

 ワシントンによる軍事攻撃を開始するためのフェイク・ニュースと偽旗攻撃の利用には長い歴史がある。21世紀に、我々はその集中的利用を目にしている。サダム・フセインの大量虐殺兵器、アサドの化学兵器、イランの原子力発電所、ロシアによる侵略、自国民を飢えさせるマドゥロ、カダフィにまつわる果てしない嘘。そう、私は更にもっとあるのを知っている。私は百科事典ではなく、記事を書いているのだが。

 ワシントンはウソを口実に外国を攻撃しても何のとがめもうけないのに慣れている。だから、イスラエルロビーとそのワシントン傀儡が、イラン攻撃に備えるのを思いとどまらせるものは何もない。成功は不注意を引き起こすのだ。対イラク攻撃は、国連で、信用できるアメリカ国務長官によって演出された。対リビア攻撃は、だまされたロシアと中国が阻止し損ねた国連決議に演出された。そのような状況では、ワシントンはその戦争犯罪のための認可を得ることを画策した。だが、ワシントンは対イラン攻撃のために認可を得る画策に失敗した。更に、イランはイラクやリビアより軍隊が一層強力で、イランに対するロシアと中国による支援の強さの程度を、ワシントンは知らないのだ。

 もしイスラエルが、ワシントン傀儡にイランを攻撃させるのに成功すれば、イスラエルとその手先のネオコンは、連中の狙いの失敗を歓迎するまい。彼らは一層危険な動きをして、失敗しないように戦うだろう。狂信者が、世界を破壊して、ロシアと中国に何らかの最後通牒を出すか、イランに対して核を使用して、トランプの「面目が立つ」ようにするのを私は容易に想像できる。

 無頓着なアメリカ国民、実際、無頓着な欧米国民は、故意に気付かないようされているのだ。人々に与えられる説明を支配するのが、売女マスコミの機能なのだ。アメリカ議会は、イギリスとヨーロッパの最も重要な政治家と同様、イスラエル圧力団体に買収され、金を貰っている。私があなたにお話しているのは、狂信者がアルマゲドンを作り出すのは非常に容易だということだ。

 スティーヴン・コーエンや私やと少数の生き残っている他の人々は、20世紀の冷戦を切り抜けたのだ。近年我々二人は、現在、核戦争の脅威は、冷戦時より遥かに高いと再三語ってきた。一つの理由は、冷戦中は、アメリカとソ連のリーダーが緊張を緩和し、信頼を築くべく働いたことだ。それと対照的に、クリントン政権以降、アメリカは緊張を作るために首尾一貫して働いている。レーガン/ジョージ・H・W・ブッシュ政権後の全ての政権が追求している緊張を高める活動を、コーエンも私も何度も列挙している。

 もはやロシアはワシントンを信頼しておらず、中国もワシントンを信頼していない。21世紀、ワシントンは、ロシアに対し、ロシアに関し、余りに頻繁に嘘をついたため、ロシアのワシントンに対する信頼が消耗してしまった。ロシア政府が、どれほどワシントンを信頼したいと望んでいようと、ロシア政府はあえてそうしない。

 アメリカが彼らを破壊するつもりだということをロシア政府に確信させてしまっているので、ワシントンの阿呆連中によるごくわずかの計算違いでも、ロシアの致命的反撃を引き起こしかねない。

 民主党と軍安保複合体と連中の売女マスコミによるロシアゲート画策は、スティーヴン・コーエンが強調する通り、トランプ大統領に、自衛本能から、ロシアや他の「従順でない」政府に対するネオコン姿勢を採用するよう強いたのだ。この態度は、絶好調時期でさえ十分危険だ。何年ものウソと濡れ衣で信頼が破壊された後、それは非常に危険だ。

 おそらく、トランプ政権には、誰か危険な状況を理解する知性があり、トランプから信頼されている人物がいるだろう。だがその人が誰か私は知らない。

 我々はアルマゲドンに直面しながら、欧米にはリーダーがいない事実に直面しなければならないのだ。

 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2019/06/22/as-we-face-armageddon-the-western-world-is-leaderless/

----------

 東京新聞6月22日夕刊の一面記事は

女性の生きづらさ国境越え共感
「82年生まれ、キム・ジョン」
韓国小説異例ヒット

 残念ながら、『ウラミズモ奴隷選挙』異例ヒット という話は聞いていない。

 東京新聞6月24日朝刊の一面記事は

知事辺野古断念求める
首相は推進姿勢変えず

そして、山内玲奈さんの平和の詩全文が掲載されている。