弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/sumioka-teruaki
<転載開始>


【貧困】純丘曜彰 大阪芸大教授「バカ貧困層ほど他人の物事を追い、プロスポーツやアイドル、漫画、アニメ、スマホにハマる。」 
1 :スタス ★ :2019/06/24(月) 12:13:33.14 ID:mJ1VFkjz9
バカの貧困
http://www.insightnow.jp/article/9402
自分自身の現実の生活の貧しい者ほど、他人のものごとを追い、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホにはまる。 
日本は、資源が無い。そう昔から言われてきた。それで、戦前は侵略大国に、戦後は加工大国、高付加価値大国になった。 そして、いま、文化大国を目指しているらしい。それで、あれもこれも、 政府に、補助しろ、カネを出せ、と喧しい。だが、その文化と言われているものが、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホか。 
 祭りも年に1回。あれも、麻薬やギャンブルと似た昂奮を伴う。たまにならいいが、常習化すれば、まともな生活が破綻する。 ところが、いまやプロスポーツイベントは、年中、隙間がないほど。 プロスポーツなんて、やればだれかが勝つのだから、かならずニュースになる。 それで、あれはもともと新聞やテレビがネタ切れにならないように販売促進で始めたもの。 政治なんかに関心をもって庶民が騒がないように、報道番組の半分も使って、国民を中毒にしている。アイドルも、夢を売る、 と言えば聞こえがいいが、もてないブサたちが余計なことをしないように、 夢だけを味合わせ、カネを巻き上げ、力を奪い、去勢する。 
 マンガやアニメも似たようなもの。海外でも人気だ、などというが、それはウソ。基本的には、あくまで子供のもの、 それも悪質と見なされている。というのも、あれらは単純記号化するまで徹底的に複雑な情報を削ぎ落し、 その一方で、刺激的な色や音、暴力とエロの寸止め挑発で、ギャンブルやスポーツ、アイドル同様、内的な昂奮を誘発する。 バカでもわかるし、バカでも楽しめる。薬ではないとはいえ、 麻薬同様の中毒性がある。ましてスマホは、つねにサイコロを振っているのと同じ。開けばなにか、いい話が出てくる、かもしれない、と、開いては閉じ、開いては閉じ。 
貧乏人を見てみろ。収入も少なく、衣食住もまともにできていないくせに、家賃の高い町中に住みたがり、 部屋の中はガラクタだらけ。これこそが、現代の典型的なバカ貧困層。自分自身の境遇がみじめであればあるほど、 他人のものごとを追いかけ、身の回りはわけのわかないブランド品、 スポーツファングッズ、アイドルグッズ、アニメグッズが溢れかえる。そして、生活費の中で突出した通信費。 次から次へと新機種に乗り換える。ちょっと前まではパチンコだったが、 そのカネと時間の消費がプロスポーツやアイドル、 マンガやアニメ、スマホにシフトしただけ。生活経営能力が無く、稼いだ以上に支出してしまっている。 
純丘曜彰 教授博士 
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授 
美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、 東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。 
抜粋、詳細はソース

twitter.com→純丘曜彰 @prof_dr_sumioka

www.hi-ho.ne.jp/sumioka-info/→純丘曜彰教授博士オフィシャルサイト/ Prof.Dr. SUMIOKA official site


あ、バカだわw









<転載終了>