世界の裏側ニュースさんのサイトより
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12495432309.html
<転載開始>

【記事の背景】

 

Facebook上に「Storm Area 51, They Can't Stop All of Us(エリア51に押しかけよう。政府も私たち全員を止めることはできないだろう)」というイベントページが作成されました。

 

 

イベントの詳細(日本語訳):「 エリア51のエイリアン・センターという観光名所で集合して、どうやって侵入するか考えよう。もしNARUTO(ナルト)のように走ったら、あいつらの弾丸よりも速く動けるはず。エイリアンに会おうぜ!」

 

イベント日時:2019年9月20日

 

というイベントなのですが、このイベントに100万人以上が参加予定とクリックしてしまったので、ニュースでも騒がれています。
ちなみに7月18日現在では参加予定164万人、興味あり125万人となっています(笑)

 

 

 

https://www.facebook.com/events/area-51/storm-area-51-they-cant-stop-all-of-us/448435052621047/

 

**********

 

空軍の警告を無視して「エリア51奇襲」作戦に100万人が「参加予定」
Crowd of UFO fans seeking to ‘raid Area 51’ hits 1 MILLION despite US Air Force warning

 

 

 

(画像:「エリア51奇襲からの帰り道の俺と友達」)

 


7月15日【RT】

砂漠の真ん中にある秘密の施設から「エイリアン」を自由に解放することを目的に、UFOマニアのごく一部が終結しただけだとしても、この「エリア51」ジョークはアメリカ史上最大級の市民の不服従のイベントとなりうるリスクをはらんでいる。

冗談のような内容のイベントであるが、今や100万人以上のエイリアンが好きな人たちがこのイベントに「参加予定」として登録し、さらに同じ数の人が「興味あり」にしているのだ。そのためアメリカ空軍が、前代未聞の非武装の市民と対決する羽目になる可能性が出てきた。

米国空軍の広報官は以前、「このエリアに来ようとすることは、勧められない」と話し、軍事施設への違法侵入を試みることは笑い事ではないことをUFO好きの人たちに理解してもらうよう期待していると考えを明らかにしている。

本当に大規模な侵入があった場合には、政府当局も実力行使をせざるを得なくなるかもしれない、という非常に真実味のある脅威にもかかわらず、特殊ミーム隊は、アメリカ政府が抱えている秘密を暴きたいという切実な願いからか、あるいは単に退屈しのぎか、#Area51memesというハッシュタグを盛り上げるのに必死になっている。



 

「殺されるとわかっていながら、バスに乗ってエリア51に向かう俺」

https://twitter.com/RichHomie_Cooks/status/1149896503978287104/photo/1

— Keith Stone (@RichHomie_Cooks) July 13, 2019

 

https://twitter.com/RichHomie_Cooks/status/1149896503978287104 htt https://twitter.com/RichHomie_Cooks/status/1149896503978287104 ps:/

/twitter.com/RichHomie_Cooks/status/1149896503978287104

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

「侵入しようとしている人たちを眺めているエリア51の警備員 #Area51」

(動画・GIFはこちらから→)pic.twitter.com/9lHgvHbkPZ
    — Barbara (@ImBarbaraPool) July 12, 2019

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 
「タイムトラベラーが2029年からやってきた。

俺:じゃあ、本当にみんな、エリア51に行ったのか?

タイムトラベラー:それって、エリア51の大虐殺のこと?

それを聞いた俺の顔」

 

 

https://twitter.com/MisterEninja04/status/1149689810870779906?ref_src=twsrc%5Etfw

 

 

 


【参考】https://www.rt.com/usa/464171-area-51-raid-million-people/

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【コメント】

 

 

 

https://twitter.com/kevinjonas/status/1150579504399581184

 

「奇襲おつかれパーティーで踊り狂う、エリア51から救出されたエイリアン」

 

 

 

 

https://thetab.com/uk/2019/07/15/area-51-memes-explained-111926

 

「ママがエリア51に行かせてくれなかったから、家でがっかりしている俺」

 

 

 

 

 

看板:「エリア51 警告:侵入禁止」

 

「あいかわらず期待を裏切らないシンプソンズ」

 

(英米で人気アニメ「シンプソンズ」は、これまでに何度も未来を予知した、と言われています。

【参考】:https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12006029013.htm

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

と、エリア51奇襲をネタにしたミームが大量に作られています。

 

しかし中には、この現象を見て、この勢いをもっと真剣な方向に向かわせたらよいのでは?という動きも一部にあります。

 

たとえばアノニマス。

 

「エリア51は忘れて、ワシントンDCに奇襲をかけよう・100万人以上のマスクマーチ」

Forget Area 51, Let’s Storm Washington D.C. – 1,000,000+ Mask March

https://www.anonews.co/forget-area-51-lets-storm-washington-d-c-1000000-mask-march/?fbclid=IwAR325CLCZdDHFAOTUZmeqH4Xyllzm23YtnkhWWzLutJj-1rUYg8VgBQPgXI

 

 

アノニマスは、何年にも渡って11月5日に「100万人のマスクをつけた行進」イベントを行っていますが、とても100万人には程遠いですしね。。(汗)記事からの一部引用です。

 

 

「それでも、最近のエリア51ブームで大事な真実が一つ明らかにされています。つまり、『私たちが団結して、システムに対抗しようとした場合には、彼ら(政府など)は『私たち全員を止めることはできない』ということです。

 

じゃあ、やらない理由なんてないですよね。

 

私たちの声を聴いてもらおうとしないのは、なぜでしょう?

 

みんな、ジョークを言うことにしか興味がないのでしょうか?それとも、世界をより良い場所に変えたいと期待しているのでしょうか?」

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
他にも色々な、「エリア51は忘れて、〇〇しよう」シリーズも流行っています。
 
 
「エリア51奇襲なんてどうでもいいよ。
 
みんな同時に、税金を支払わないようにしよう。
 
政府は文字通り、何にもできないだろうよ」
 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

わざわざエリア51に行かなくても、もっと近くに問題の施設があるからそこを攻めたらよいのでは?という考えも広がってきています。

 

こちらはバチカンを奇襲しよう、というFacebookのイベントページです。

 

 

 

https://www.facebook.com/events/saint-peters-square-and-the-vatican/storm-the-vatican/433576770530997/

 

 

 

「エリア51はどうでもいいよ。

 

それよりもバチカンを奇襲しようじゃないか」

 

バチカンには、どんな秘密が隠されているのでしょう?!

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

「誰が # エリア51なんて気にするものか。

本当の真実はここにある・・・

 

 

 

バチカン奇襲作戦

 

みんなで行けば、あいつらも俺たち全員をレ〇プすることはできないだろう」

 

 

 

 

 

 

欧州では他に、EUの本部のあるブリュッセルなども標的になるかもしれないですね。

 

 

<転載終了>