日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52054248.html
<転載開始>
日々、米国が大変な状況に置かれていることを肌で感じるようになりました。
トランプの命も危ないかもしれません。
中国共産党と戦っているトランプ政権は国内の共産主義者たちとも戦わなければならず体がいくつあっても足りないでしょう。暴動、殺人、略奪、破壊、占領が起きているのは民主党が統治する都市ばかりです。
民主党(中国共産党、ソロス、グローバリスト、ディープステート、他)は民主党が統治する都市を拠点に共産主義革命を米国で勃発させました。もはや手に付けられない状況です。このままコロナ感染者も増え、多くの都市が破壊され、アンティファやBLMに占領されてしまったなら。。。原因は全て民主党なのに、全てはトランプの力不足と思われてしまうでしょう。
日本にとってもこれは対がんの火事ではないですね。
日本の(特に政界、財界、教育界、メディア)の状況を見ていると、日本はオーストラリア以上に中国の浸透工作が完成しているのが解ります。既に日本はあらゆる面で中国共産党に侵略されてしまっています。日本には200万人の中国人が暮らしていますが、彼らの中には人民解放軍の兵士が多く紛れ込んでいます。不動産が爆買いされた北海道、反米の沖縄、中国人だらけの大阪などは中国共産党の影響下で独立運動が盛り上がるかもしれません。また、南北朝鮮の有事が起こったり、中国の飢饉により、大量の難民が日本に上陸してしまうかもしれません。そうなると日本列島は完全に共産主義勢力に侵略されます。
平和ボケから覚めない日本人が多くいるなら、日本はあっという間に共産主義勢力に侵略され、自治区の住民となった日本人はウイグル人のような拷問を受ける恐れもあります。そうならないためにも日本の親中政治家(政治家の殆ど)に共産主義の恐ろしさを解らせ日本が危機的状況だということをわからせる必要がありますね。今、トランプは国内問題でちょっと弱気になっています。民主党政権が誕生すると最初に犠牲になるのは日本だと思います。今日本人にとっても危機的な状況だと思います。

https://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2020/06/we-are-heading-into-very-dark-days-prepare-for-whats-to-come-great-video-3530459.html
(概要)
6月28日付け

米国が闇の時代に突入しました。差し迫る危機に備えてください。


戦前のドイツのヒンデンブルグ大統領(1925年 - 1934年)はドイツで起きていた市民暴動を沈静化しナチスの活動を阻止しようとしましたが、結局はヒットラーをドイツ首相に任命しナチスに権力を与えました。
そして今、同じことが米民主党によって行われています。民主党はヒンデンブルグ政権と同じです。民主党は過激な共産主義集団に暴動を起こさせ彼らに権力を与えています。。しかし過激な共産主義集団は最終的には民主党を飲み込んでしまいます。しかしもう遅いのです。民主党は既に彼らに権力を与えてしまいました。このやり方はナチス政権が誕生した時と同じです。
共産主義集団は作為的に簡単にパペットとして操られる頭のボケたバイデンを民主党の大統領候補にしたのです。そしてバイデンが大統領になったなら彼を完全に操ります。
コロナ渦中でも、過激な共産主義集団(犯罪者たち)は規則を破りこの国を破壊しています。彼らは米国民を拷問にかけるためにこのような破壊活動を行っています。
我々は目の前で彼らが我が国を破壊しているのを何もできずに眺めているだけです。これは強盗があなたの家に押し込みあなたを力づくで椅子に縛り付けた上であらゆるものを破壊し強奪していくのと同じです。それと同じことが今我が国で起きているのです。
まさか自分たちの国を共産主義者らが乗っ取るわけがないだろうなどと考えている米国民もいます。
以前から私は共産主義集団に我が国が侵略されると警告してきましたが、その通りになっています。彼らによる侵略は、ポリティカル・コレクト、ジェンダーフリー、名前の変更、歴史的モニュメントの破壊、歴史の書き換えから始まります。
同じことがベネズエラでも起きています。アヤトラがイランを乗っ取ったときも同じことが起きました。キューバでも同じです。世界中の国々が暴力的な共産主義集団によって侵略されています。今起きていることは、国家破壊、国家侵略のための共産主義革命なのです。
我が国の主要メディアは我が国には共産主義集団は存在しないと言っています。しかし共産主義集団は彼らの暴力行為に巨額の活動資金が与えられています。。彼らが逮捕されても、ジョージ・ソロスの賄賂によって罪から逃れられます。これはゲシュタポのやり方と同じですが、今回はゲシュタポよりもうまくやっています。なぜなら主要メディアが彼らの存在を否定しているからです。(メディアは彼らを平和的なデモ隊と呼んでいる)
つまりこのようなモンスターを作り出した主要メディアがモンスターなど存在しないと言っているのです。その間、彼らは人々を攻撃し暴力的に我が国を乗っ取ろうとしています。
トランプの選挙集会も彼らの攻撃の的になっています。共産主義集団がトランプの選挙集会に攻めてきます。彼らは、彼らと考え方が違うトランプの支持者、保守派、愛国者を攻撃します。我々が彼らに立ち向かうときに警察が介入し法律が執行されます。しかし民主党は米国の法執行機関を政治的に兵器化しているのです。彼らは法執行機関を操り、法執行機関にはトランプの支持者、保守派、愛国者のみを逮捕させているのです。
これこそが民主党の共産主義クーデターです。
トランプは米国の歴史的モニュメントを守るための大統領令に署名しました。
先日、ナンシー・ペロシが姿を現し「民主党の法案が可決されていたならジョージ・カービー(フロイドという名を忘れた)は殺されてはいなかっただろう。共和党員はフロイドを殺害しても罪を逃れようとしている。」と述べたのです。
主要メディアも共和党員がフロイドを殺害したと報じています。過激な共産主義集団(暴徒)が破壊活動を続ける中で、彼らは我々を笑って見ているのです。
暴動、殺害事件、破壊活動が起きている州や都市は全て民主党が統治している州や都市です。民主党はこれらの州や都市を何十年も前から統治しています。それなのにナンシー・ペロシは民衆の前に立ち、「民主党の法律によりこれらの問題は解決できる。」などと言い放ったのです。
そして嘆かわしいのは、多くの人々が、民主党がこれらの都市を統治していることすら知らないほど白雉化しているのです。彼らは民主党マルクス主義者らとしばらくの間は連携していくでしょう。民主党は権力を与えられています。そしてメディアの報道をコントロールしています。
もしジョー・バイデンが勝利したなら、我が国は終わります。彼らは我が国を飲みこみます。着実に彼らは計画を実行していきます。彼らは必ず我々保守派を追跡し探し出します。しかし多くの人々はこのような恐ろしいことが起こることについて全く気が付いていません。犯罪者の共産主義集団は我々を囲みどこにも逃げられないようにします。我が国では法執行機関が保守派のみを標的にしているのですからもう終わっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我々の先祖たちは米国の惨状を嘆き悲しんでいることでしょう。なぜなら米国民はもはや自ら立ち上がって戦おうとしないからです。多くの米国民は、ただソーシャルメディアで不平不満を言っているだけであり、大統領選後にはこのような混乱は収まるだろうと呑気なことを言っているだけです。私は、何もせずに偉大な共和国が内部から破壊されているのを傍観している米国民には失望しています。

私も夫もジョー・バイデンについて「バニーズ危ないウィークエンド」のような感じだとバカにしていましたが本当にそうなっているのですから不気味です。


しかし残念なことに、このビデオを視聴し真実を知るべき人たちは絶対にこのビデオの情報に耳を傾けません。もう何が解決策なのかもわからなくなりました。

このビデオこそ絶対に視聴すべきビデオなのです。
真実を知ろうとしない人たちはワニに餌をやりながらワニに食われてしまう人たちなのです。


共産主義過激派に資金を提供している人(ソロス)は第二次世界大戦で台頭したナチスからトリックを学びました。当時、ソロスは自国民を裏切りました。そして今米国でも同じことを行っています。

ソロスのトリックに利用されたジョージ・フロイドは今でも生きています。
しかし米国で起きている破壊活動に対するトランプの対応がこのまま続くなら、次期大統領にはなれないでしょう。そして我々が生きているこの世界は終わってしまいます。
                               ↓


https://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2020/06/warning-devastating-events-to-take-place-against-us-citizens-be-ready-great-video-3530427.html
(概要)
7月28日付け

米国民に対する破壊的出来事が起こされようとしています。


米国を破壊している共産主義集団はキリスト教徒を攻撃すると宣言しました。彼らはキリスト教を象徴するものは全て破壊すると言っています。彼らは我々の生き方、宗教、神を信じる心を破壊するための戦争をしていると言っています。彼らは、キリスト教徒はこの国には邪魔な存在だと言っています。そして彼らはキリスト教徒の目の前でキリスト教を破壊すると脅しています。
我々が生きている社会システムはあまりにも腐敗しすぎています。共産主義集団は米国の権力を掌握しました。彼らは民主党を支配しメディア、教育制度を支配しています。彼らは米国の教育制度を通して何世代にもわたり、米国民を共産主義者に育てあげたのです。その目的は民主主義の米国と我々が信じているものを全て内部から破壊するためです。
皆さんに知っていただきたいことがあります。それは、コロナ・パンデミックを利用したもう一つの策略の存在です。コロナ感染者の接触者追跡機関に怒り爆発の民主党員や共産主義者らがフルタイムで雇われています。接触者追跡作業とは感染者を監視し感染者の行動を追跡し誰と接触したかを記録しCDCのガイドラインに従っているかをチェックし隔離させるための作業です。スタッフは全て民主党員であり、一日中米国民の行動をスパイしています。
主要メディア、民主党、共産主義集団は、トランプの支持者、保守派、共和党員がコロナウイルスの感染を拡大させていると批判しています。そのため怒り爆発の民主党員が接触者追跡スタッフを担当しトランプの支持者、保守派、共和党員を追跡、監視、スパイしています。
オバマ政権下の国税庁が保守派の国民を追跡、監視、スパイしていましたが、これと同じことが接触者追跡機関で行われているのです。彼らは敵を探し出します。彼らは、共産主義革命の一環として、共産主義過激派のアンティファやBLMを使い、保守派、キリスト教徒を敵とみて攻撃し破壊しています。この国には法律はもはや存在しません。今あるのは政治的正当性であり刑事司法ではありません。
このような犯罪者集団や暴力的革命から自らの身を守るためには彼らのルール、法律、司法に従わないことです。従ったなら負けです。なぜなら彼らは司法を巻き込み保守派、キリスト教徒のみを攻撃対象にしているからです。。民主党が統治する都市では司法が彼らと連携しているため暴徒らが何をやっても一切罪に問われません。
我々は新しい時代に突入しました。隣人らとコミュニティを作り連携して動くべきです。そして必ず自分の身を守れるようにしておいてください。必ず、米憲法、第一修正案、第二修正案を守ってください。我が国は危機に瀕しています。今は民主党が統治する都市が破壊されていますが、もうじき彼らは共和党が統治する近隣の都市を破壊しにやってきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オバマは現在米国で起きている共産主義革命を何年も前から計画してきました。オバマはジョージ・フロイドを利用することを考えていたのです。つまり、オバマは、ジョージ・フロイドの殺害事件をでっちあげ、ネット上に彼が殺害されているところを映した(捏造)映像(画像)を投稿、拡散させることを考案していました。
もうじきオバマは国連のトップに君臨し、オバマをマハディと崇めるオバマの友人らのジハード(イスラム聖戦士)に米国を侵略させるつもりです。これはオバマが何年も前から計画してきたことなのです。
もうじきトランプ大統領は彼らに攻撃され大統領選で戦えなくなってしまうでしょう。
我々が彼らに権力を与えてしまったために彼らは権力を持つことができたのです。我々こそが我々自身にとっての最悪の敵なのです。
マスクをかけたバカな人たちが当局に自粛を解除しないようにお願いしていますね。我々は自業自得なのです。

彼らはキリスト教の教えや規則に反するものは何でも利用します。



以下省略


<転載終了>