さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/96bfcbb89770d33f6d4e36995b328b50
<転載開始>
France May Stop COVID-19 Vaccine Rollout After Hospital Staff Unable To Work With Numerous Side-Effects
フランスは、病院スタッフが多数の副作用で働けなくなった後、COVID-19ワクチンの展開を停止する可能性がある February 25, 2021
https://greatgameindia.com/france-hospital-staff-unable-work-vaccine/

フランスは、COVID-19ワクチンによる多数の副作用のために病院のスタッフが働けなくなった後、ワクチンの展開を遅らせる計画を立てている。ワクチン接種後、半数の職員が病気で休職しているため、国の様々な地域の病院でも職員不足に直面している。(訳注:パスツールの国の、愚かなワクチン盲信者たちも身を挺して役立ってくれたのだ)


アストラゼネカの実験的なCOVID-19ワクチンが多くの保健ワーカーに投与されている。フランスでCOVID-19のワクチンを接種された人々は、多数の副作用に直面せねばならなかった。

フランスのワクチン接種タスクフォースは、同じ単位で働く人々のためのワクチン展開を遅らせることを検討している

保健ワーカーたちは、頭痛、筋肉痛、高熱のような副作用に直面してきている。

このような症状のために、彼らは仕事を中断せざるを得なかった。ワーカーたちがワクチンを接種された国内の多くの病院で多くの事件が登録されている。

多くの病院では、すでにCOVID-19ユニットとICUの不足に直面しており、現在、国の様々な場所にあるこれらの病院では、ワーカーの半数がワクチン接種後に病気休暇を取っているため、スタッフの不足にも直面している。

ワクチン運動が始まって以来、同じ状況に直面しているという。

製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大学が、週末にSARS-CoV-2ウイルスをHEK-293細胞株で培養して開発したワクチン。HEK-293は、流産した赤ちゃんの腎臓に由来するものだった。(訳注:このSARS-CoV-2とは何者なのかと思いますネ。実は、オックスフォードは合成ウイルスを以前から持っていたのか?とか、、)

オックスフォード・ワクチンセンターは、これらのウイルス培養物を「数回精製して細胞培養物を除去する」と主張し、「これにより最終的なワクチンにヒト由来の物質が残る可能性は低い」と付け加えている。

2月5日に開始されたこのキャンペーンは、最初の1週間は肯定的な反応を得ることができなかった。

ブルターニュ地方のブレスト[Brest in Brittany]の大学病院では、ワクチン接種を受けた15~25%の労働者が副作用に直面し、仕事を中断しなければならないという問題に直面した。病院当局は予防接種の中止を決定しなければならなかった。

ブルターニュの他の病院も同じような状況に陥っていた。ワクチンを受けた後、20%以上の医療従事者が休職していた。

2月11日、サン・ロ[Saint-Lô]病院では、50人の労働者のうち10人がワクチン接種後に副作用を経験したため、ワクチン接種を中止せざるを得なかった。彼らは吐き気や発熱などの副作用に苦しんでいた。

これまでに149件の「ファーマコビジランス宣言」が提出され、10,000本の予防接種が医療従事者に届けられた。

地元メディアの報道によると、病院で働く人々はドルドーニュ地方でのワクチン接種を望んでいないという。病院の「衛生安全委員会」によると、ワクチン接種を受けた後、4~7割の人が重い副作用を経験しているという。

2021年2月16日までに、最近予防接種を受けた医療従事者の間で約363件の有害事象が報告されている。

これらの医療従事者の年齢層は平均して31歳から50歳となっている。有害事象の多くは、ワクチン接種を受けた医療従事者が高強度の「疑似インフルエンザ症候群」を発症したものであった。

2021年2月16日までに、最近予防接種を受けた医療従事者の間で約363件の有害事象が報告されている。

これらの医療従事者の年齢層は平均して31歳から50歳となっている。有害事象の多くは、ワクチン接種を受けた医療従事者が高強度の「疑似インフルエンザ症候群」を発症したものであった。

このワクチンの有効率は62~70%に過ぎない(訳注:会社の怪しい言い分で)。また、30~50歳の年齢層では、COVID-19感染症と比較して非常に重篤な症状を引き起こしている。

また、アストラゼネカ社のジャブがCOVID-19の感染を抑制する効果があるかどうかは、試験中にワクチンを接種した人からウイルスが検出されたため不明である。

驚くべきことに、フランスは、このワクチンがこのような深刻な副作用を引き起こしている唯一のヨーロッパの国であるように見える。

「人が高齢者であればあるほど、免疫系のワクチンへの反応が遅くなるので、デフォルトでは、高齢者は、免疫系があまりにも弱く反応するので、ワクチンからの副作用が少なくなります」とエリック・ビリー[Eric Billy]は説明した

逆に、若い人たちは「非常に反応性の高い免疫システムを持っており、このような副作用があることはむしろ心強いことであり、免疫反応があることを示しています」と彼は言った。

彼が回答しなかった質問は、免疫力が弱っている75歳以上の人にワクチンを与えることについての質問である。これは役に立つのでしょうか?危険なこともあるのか? (訳注:ご存じ、早死にさせる役には立つ)

一方、欧州の多くの国が、アストラゼネカ社のCOVID-19ワクチンを65歳以上の人には使用しないことを決定している。(訳注:バレたら一応止まるのだ)

この決定は、高齢者における有効性に関するデータが不足しているためです。(訳注:大体、恒例の季節性インフルエンザ相手に、「コロナワクチン」打っても仕方が無いでしょう)

For latest updates on the outbreak check out our Coronavirus Coverage
.
Send in your tips and submissions by writing to us directly. Join us on WhatsApp for more intel and updates.

We need your support to carry on our independent and investigative research based journalism on the Deep State threats facing humanity. Your contribution however small helps us keep afloat. Kindly consider supporting GreatGameIndia.



関連

フランスの感染症専門家、COVID-19ワクチンの副作用の多さにショックを受ける Jeanne Smits
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/935673475256468bc3d02675442a1f61 

リークされたフランス政府の文書は、新世界秩序が計画したグレート・リセットを確認している Cesare Sacchetti
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c92c69bca2a7e1eb7c118a54bdd3876e


<転載終了>