さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6c5691af6ae9728e3ef211fdf658bc3e
<転載開始>
法律アナリストって、こんな程度なのだ、、何のためにやっているのかわからないらしい、、まさにハエのように死んでいる、、

Pfizer’s experimental mRNA vaccine takes out famous CNN legal analyst who celebrated the jab
ファイザー社の実験的なmRNAワクチンが、このワクチンを賞賛したCNNの有名な法律アナリストを打ち負かす Tuesday, April 13, 2021 by: Lance D Johnson
https://www.naturalnews.com/2021-04-13-pfizers-experimental-mrna-vaccine-takes-out-legal-analyst.html




(ナチュラルニュース) ミッドウィン・チャールズ[Midwin Charles]という著名な法律アナリストが、ファイザー社のcovidワクチンを接種した後に亡くなりました。彼女は、実験的なcovid-19ワクチンを接種した後、数日から数週間の間に亡くなったとされる数千人の仲間入りをしたのです。
ミッドウィン・チャールズは47歳の若さで亡くなりました。彼女は、CNNやMSNBCのレギュラーコントリビューターでした。彼女は、3月1日にファイザー社の実験的なmRNAワクチンの初回接種を受け、ソーシャルメディアでいち早くワクチンを宣伝しました。ツイッターでチャールズは、ワクチン接種の効率の良さを自慢し、「Let's do this!」と言って、他の人たちに並んで自分の役割を果たすことを勧めました。



疑いなくCNNは彼女の死を「偶然の一致」と報じ、他の人たちにcovid安楽死注射を打ち続けるように勧めるでしょう。


Covidワクチンを接種した若い女性が突然死亡

VAERS(Vaccine Adverse Events Reporting System)では、covidワクチン発売後の3カ月間に、covidワクチン投与後のアナフィラキシーショックが228件以上記録されています。人は、自分の体がアレルギーを起こすものに触れた後、数秒から数分でアナフィラキシーを起こすことがあります。アナフィラキシーは、生命を脅かす可能性のある重篤なアレルギー反応です。多くの人は、自分の体が何にアレルギーを持っているのか、あるいはワクチンに含まれる多くの化学物質の一つにアレルギーを持っているのかを知りません。メイヨークリニック[Mayo Clinic]によると、アナフィラキシーショックは、「免疫系が化学物質を大量に放出し、血圧が急に下がり、気道が狭くなって呼吸が妨げられる・・・アナフィラキシーがすぐに治療されなければ、致命的になる可能性がある」とのことです。

ソーシャルメディアへの投稿によると、ミドウィン・チャールズは予防のためにワクチンの予約にエピペン[EpiPen]を携帯していました。ワクチン接種を賞賛した後、彼女は自分がピーナッツに対して致命的なアレルギーを持っていることを認めました。彼女は、「アナフィラキシス(ママ)ショックになった時のために 」エピペンをワクチン接種のクリニックに携帯したと言いました。医療機関では、アレルギーや自己免疫疾患の持病がある人には、covid-19のワクチン接種の際とその後にエピペンを携帯することを勧めています。


ミッドウィン・チャールズは、正面からアナフィラキシー発作に見舞われたわけではありませんが、彼女の体には疲労感や腕の痛みなどの軽い症状が現れました。彼女のインスタグラムアカウントでは、より深刻な症状である息切れを報告していました。これは、より深刻な問題が起こる前兆でした。(訳注:いつもの血栓でしょうね)


Covidワクチンによる不当死亡事故は、アナフィラキシーショックだけではない

ワクチン接種の候補者は誤解されられており、十分なインフォームド・コンセントが得られていません。多くの人は、ワクチンの重篤な副作用は非常に稀で、アナフィラキシーのみであると言われています。カルチャーアイコンのイーロン・マスクは、最近、ワクチンを支持するツイートをしましたが、どんな副作用も稀であり、エピペンで簡単に対処できると無知なまま宣言していますマスクは、「はっきり言って、私は一般的なワクチン、特にcovidワクチンを支持しています。科学的に見ても明らかです。ごくまれにアレルギー反応が出ることがありますが、これはエピペンで簡単に対処できます」と述べています。

真実は、ワクチン接種、特にこれらの新しい実験的なmRNAプログラムに関連した2ダース以上の深刻な健康問題があるということです。エピペンも、必ずしもその人の命を救うとは限りません。イーロン・マスクは、これらのワクチンに関連した多数の深刻な健康問題について世間を欺いた著名人の長いリストに加わりました。実際、これらの実験的なワクチンに関連する有害事象が非常に頻繁に発生していることから、CDCはワクチンクリニックに挿管器具を常備することを強く推奨しています。CDCは、「アナフィラキシーの症状を認識して治療する資格を持った訓練を受けたスタッフが、すべてのワクチン接種場所に常に待機しているべきである」と勧告しています。

カンザス州の68歳の女性、Jeanie M. Evansさんは、ワクチンを接種した直後に亡くなりました。5児の母であるこの女性は、ワクチンクリニックでアナフィラキシー反応を起こしました。エピペンはその反応に対抗することができず、女性はその翌日にストームント・ベイル病院で亡くなりました。

わずか3ヶ月の間に、ファイザー社のmRNAワクチンだけで、28,046件の被害が報告されており、そのうち1,131件は注射後に死亡しています政府や規制機関は、このワクチンによる公衆衛生上の危機や集団虐殺に対処する代わりに、ワクチンメーカーが子どもたちに注射を試すのを支援し、全米の学校で(違法な)強制的なワクチン政策の準備を進めています。


Sources include:

LifeSiteNews.com

Twitter.com

NaturalNews.com

Twitter.com

MedAlerts.org

NaturalNews.com

++
これでウイルスで死ぬ心配も無くなったじゃん、ていう、、


<転載終了>