さてはてメモ帳さんのサイトより
ケベック州の何かがひどく間違っている、別名COVID地獄 Vigilant Citizen
<転載開始>

Something is Terribly Wrong in Quebec aka COVID Hell

https://vigilantcitizen.com/latestnews/life-in-quebecs-covid-hell/ 

カナダのケベック州は、世界で最も高いワクチン接種率を誇っている。そしてもうひとつ、世界で最も厳しい監禁と抑圧的な衛生措置という称号も持っている。そんなケベック州の今をご紹介する。

January 24, 2022 By Vigilant Citizen

私の家族は40年以上前、レバノン内戦から逃れるためにカナダに移住してきた。この広大で寒冷な国は、すべての人が活躍できるような、歓迎と機会のある素晴らしい場所であることがわかった。私はカナダで生まれ育ち、この事実を常に誇りに思い、感謝している。実際、国歌を聴くたびに、この一節を聞くと少し寒気がするのである。

神よ、我らの土地に栄光と自由を守りたまえ!

ところが、COVIDがヒットした。そして、カナダがその栄光の一部を失うのに、そう時間はかからなかった。そして、その自由の大部分も。これは、特にある特定の州で顕著である。ケベック州である。

世界中のほとんどの州がCOVIDの厳しい規制に対処しなければならない中、ケベック州はその規制の厳しさにおいて常に世界をリードしていた。ケベック州は、「世界の羨望の的」である豊富な資金を持つ国民皆保険制度にもかかわらず、過去22ヶ月のうち13ヶ月を、ほとんどのビジネスが閉鎖され、ほとんどの社会的交流が禁止された厳しいロックダウン状態で過ごしたのである。

2022年、国民の9割がワクチン接種を受けているにもかかわらず、事態は悪化するばかりで、危険な前例が作られつつある。ケベックの今の生活をご紹介したい。

COVID地獄

2020年にCOVIDがケベック州を襲ったとき、ケベック州は(世界のほとんどの地域と同様に)大規模かつ全面的なロックダウンで対応した。学校と企業は、「カーブを平らにする」ために2週間閉鎖された。この数週間が数カ月になった。この間、民主主義を停止し、政令で統治し始めた政府によって、国民に数々の措置が課された。これは現在でも同じことが言える。

政令による統治とは、一個人または一団体による迅速で議論の余地のない法律の発布を可能にする統治スタイルであり、主に独裁者や絶対君主、軍事指導者によって用いられる。

20211月、ケベック州の全住民は5カ月間続く夜間外出禁止令にさらされた。その間、午後8時以降に家の外で捕まった人々は警察に止められ、罰金を科された。日が長くなるにつれ、人々は日が昇っている間、家の中に隠れるという不条理な生活をしなければならなくなった。

一方、ワクチンは用意された。このワクチンを打てば自由になれる、普通になれると言われた。そして、接種率が70%になれば、群れに対する免疫ができるとも言われた。ケベック州民は、この非常識な対策に嫌気がさし、腕まくりをした。その結果、ケベック州のワクチン接種率は90%に達し、世界でもトップクラスになった。

では、ケベック州はワクチン接種の成果を上げたのだろうか。いや、デルタが来たのだ。そして、10人中9人がワクチン接種を受けたにもかかわらず、政府はバー、レストラン、ジムなど、ほとんどの「必要でない公共の場」でワクチンパスポートを課した。このパスポートの導入に先立ち、ほぼすべての「ニュース」メディアとジャーナリストがこの措置を支持する大規模なメディアキャンペーンが行われた。反対する人たちは黙殺され、検閲された。

  

「ワクチンパスポートは自由」 パスポートの賦課に先立ち、多くのオーウェル的なニュースの見出しの一つである。

では、このパスポートはケベック州を自由へと導いたのだろうか?いや、この論争の的となった措置が社会に強制されたわずか数カ月後、ケベックは再び厳しい締め付けにさらされることになった。またしてもすべてが閉鎖されたのだ。なぜ?オミクロン。

20211231日、ケベック州は世界で唯一、全住民に再び夜間外出禁止令を課した場所になった。外出禁止令がパンデミックに実際に影響を与えることを証明する科学を求めたところ、政府は「証拠がない」と答えるだけだった。危険な前例だ。

大晦日の午後645分、人々がオーウェル的悪夢の中に住んでいることを忘れようとしているとき、州内のすべての電話が大きな恐怖の音を発した。それは、「自宅の外に出ることは禁じられています」という政府から発信された「緊急警報」であった。

大晦日にケベック州政府が発信した「緊急警報」。

それだけでは物足りないのか、そのメッセージはテレビ画面にも同じように恐ろしい音とともに飛び込んできた。ケベック州の歴史上、最もディストピア的な瞬間だったことは間違いない。さらに悪いことに、この警報のせいで、「バグ」のために数時間テレビサービスが中断された。これは作り話ではない。要するに、大晦日の夜、人々は家に閉じこもり、オーウェル的な政府の警告によってテレビが動かなくなったのである。

2022

言うまでもなく、2022年はケベック州のスタートが悪かった。オミクロンはこれまでの変異株よりずっと弱いという研究結果が出ていたにもかかわらず、ケベック州は規制を倍加させたのである。今現在、ケベック州で実施されている措置のいくつかを紹介しよう。

  • 個人的な集まりはすべて禁止
  • スポーツイベントを含む、すべての公共イベントの中止
  • レストラン、バー、カジノはすべて閉店
  • すべての礼拝堂は閉鎖(葬儀は25名まで)。
  • 体育館はすべて閉鎖、課外活動も中止、スポーツ活動もほとんど禁止
  • 117日まで全校休校。青少年スポーツは禁止
  • スパ、サウナはすべて休業
  • 公共の場ではすべてマスク着用義務化。歳の小学生は、体育の時間を含め、学校では常にマスク着用が義務付けられている。
  • スキー場ではワクチンパスポートを義務付け

ワクチンは自由につながると言われ、その後、ワクチンパスポートは自由につながると言われた後、ワクチンを接種した人々はまだ自由になっていないのである。そして、ワクチン未接種の人々は、数ヶ月間、二流市民として生活している。

批判の高まりに直面し、政府は最も冷笑的な戦略をとった。スケープゴート化である。こうして、すべての責任は、病院のベッドを多く占拠しているワクチン未接種者に負わされることになった。そして、いつものように、この憎悪と分裂のキャンペーンは、私がこれまで目撃した中で最悪のプロパガンダの試みによって支えられていた。次の例では、ケベック州のテレビ番組が子どもたちを使って全面的なワクチン接種の義務付けを押し付けている。

ビデオの中で、ある女の子は、政府はワクチン未接種者の人生を徐々に破滅させることによって「罰する」べきだと言っている。そして、それはまさに今起こっていることなのだ。実際、ケベック州政府は現在、非常に危険な道を進んでいるのだ。懲罰的措置。

衛生的な措置から懲罰的な措置へ

2022年までの衛生対策は、「ウイルスの蔓延を抑える」ことがほとんどであった。しかし、2022年からは、ウイルスの感染拡大に全く影響のない対策が追加で導入された。これらの対策は、あくまでもワクチン未接種者を罰するために存在するものである。

まず、政府は州内のすべての酒屋とマリファナ薬局に、ワクチンパスポートを課した。ケベック州では、これらの事業は政府所有の独占企業である。したがって、ワクチン未接種であれば、どこでも酒を買うことはできない。さらに、批判者たちはすぐに、この措置が実際には麻薬の売人を助けるものであることを指摘した。ファイザーも含めて。

数日後、政府は食料品店と薬局を除くすべての大型店(1,600平方フィート以上)でワクチンパスポートを課した。食料品店や薬局があるにもかかわらず、ワクチン未接種の人はウォルマートやコストコへの出入りが禁止される。また、大型の金物店、自動車販売店、イケアなどの家具店などにも立ち入りが禁止されている。

この措置は、ワクチン未接種者を「罰する」ことを目的としているが、完全準拠のワクチン接種者こそ、店に入るたびに店の前に並び、QRコードを提示しなければならない。

しかし、それだけではない。政府はさらに、ワクチン未接種者には「相当額」の「健康税」を課すと発表したのだ。ケベック州はすでに地球上で最も税金のかかる場所の一つであるにもかかわらず、文字通りポケットからさらに金を巻き上げることによって、未接種者を罰するつもりである・・・それはさらに彼らを弾圧するために使われるのであろう。

しかし、それだけではない。政府はワクチン未接種の人々に注射を受けるよう説得するために、一人一人に接触するつもりである。これは郵便、電話、あるいは直接会って行われるかもしれない。

上記の2つの対策には、1つの重要かつ厄介な要素が必要である。それは、ワクチン未接種者のすべての情報とコミュニケーションの試みを含むデータベースの作成である。

ケベック州はまた、ワクチン接種の有無に基づく判例の設定でも先導的な役割を担っている。以下の見出しを読んで、これが狂気でないと言ってほしい。特に、現在のワクチンがオミクロンの蔓延を防げないというよく知られた事実を考慮すれば、なおさらである。

 おわりに

本稿では、2020年から民主主義が保留され、公開討論もなく、メディアの全面協力のもと、基本的な自由が削り取られているカナダのケベック州にズームインした。専門家がこれらの措置が国民の精神的・肉体的健康に悲惨な影響を及ぼすと警告しているにもかかわらず、措置は・・・健康目的のために積み重ねられ続けているのである。さらに悪いことに、最新の対策はパンデミックに何の影響も与えない。ワクチン未接種者を罰するためだけに存在しているのである。

世界には、もっとひどい状況になっているところもある。例えば、オーストリアでは、ワクチン接種の義務化が進められている。警察による「定期的な紙上検診」を利用して実施される予定だ。これは警察国家がやることだ。

パンデミックが収まるにつれ、人々はこうした措置が完全になくなることを望んでいる。しかし、一部の政府は、自由と民主主義に対するこれらの裏切りを恒久的なものにしようとしている。

もしあなたが、実際に自由と民主主義を大切にしている場所に住んでいるのなら、どうかその状態を維持するようにしてください。もしあなたがケベック州のようなコヴィディアンの悪夢に住んでいるのなら、そろそろ目を覚ます時であろう。

神よ、私たちの土地に栄光と自由を守りたまえ!


<転載終了>