あかいひぐまさんのサイトより
https://note.com/akaihiguma/n/nb8de6cadd8c2
<転載開始>

ウクライナのために戦った外国人は有罪を認める

8 Jun, 2022  HomeRussia & FSU

英国人2名とモロッコ人1名が傭兵としてドネツクの裁判所で裁判にかけられた。

画像
ドネツク人民共和国のドネツクで行われた法廷審問に出席するイギリス人のエイデン・アスリンとショーン・ピナー、モロッコ人のサードゥン・イブラヒム。© Sputnik / Konstantin Mihalchevskiy

ウクライナ軍のために戦った3人の外国人は、水曜日にドネツクの裁判所で多くの罪を認めました。英国人のショーン・ピナー、エイデン・アスリン、モロッコ人のイブラヒム・サードゥンは、マリウポリ市周辺でドネツク人民共和国(DPR)軍に捕まった後、一連の容疑(そのうちのいくつかは死刑の可能性がある)に直面している。

2月にロシアによって承認されたDPRは、旧ウクライナのルガンスク州とドネツク州の領有権を主張している。キエフは依然としてこの地を自国の領土の一部とみなしている。

アスリン、ピナー、サードゥンの3人は、「テロ活動を行う目的で訓練を受けた」として、DPRコード第232条に基づき有罪の主張をしました。ピナーは323条の「力による権力奪取行為」の罪も認めました。

3人とも、武力紛争における傭兵(430条)や共謀(34条)に参加したことについては無罪であるとした。ドネツク人民共和国(DPR)の最高裁判所での彼らに対する審理は、月曜日に始まった。

DPRは、キエフで米国が支援したクーデターを受けて2014年に初めて独立を宣言したこの離脱国家に対するウクライナの軍事的侵略を非難している。両英国人は2018年以降、ウクライナ側で戦ってきたという。

DPRの法律の下では、権力の強制奪取は12年から20年の禁固刑に処せられるが、戦時中の加重状況により死刑に格上げされる可能性もある。傭兵になると、3年から7年の実刑判決が下される。

ピナーとアスリンは4月にマリウポルで捕らえられた。ロシアと民主共和国の部隊が、彼らが所属していたウクライナの海兵隊旅団を切り離したからである。ネオナチの「アゾフ」過激派は、5月20日に降伏するまで、黒海の港町の工業団地でさらに1カ月間持ちこたえました。

ロンドンは、アスリンとピナーをジュネーブ条約に基づく戦争捕虜として扱うよう要求している。しかし、DPR民主主義人民共和国は、同条約は国軍の制服組にのみ適用され、外国人傭兵には適用されないと指摘している。


<転載終了>