大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

黎明編

ビルダーバーグ倶楽部

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1302-22.html
<転載開始>
ビルダーバーグ倶楽部
ダニエル・エスチューリン・著  山田郁夫・訳  basilico
マイクロチップヘのシナリオ
  「キャッシュレス社会」の誕生には、これに対応する購買システムを開発し、市民に適当なチップを持たせることが欠かせない。それには、タビストック研究所の行動分析手法で開発した暗示法をメディアに載せて各家庭に流し、そのチップの購入が必要だと思わせることだ。米国でテスト中のシナリオでは、この過程は次のように展開する。
  テックス・マーズはこう述べている。「人類は個人を識別するための国際コンピュータシステムに否応なく組み込まれるだろう。このシステムを使えば銀行との取引関係、信用状況、就業状況など、数値化された個人情報に瞬時にアクセスすることができる。そのためにまず、全人類一人ひとりに対し、最先端のIDカードが発行される。それから間をおかず、既存のIDカード、キャッシュカード、運転免許証、クレジットカードが先進技術を使った多目的スマートカードに一本化される。スマートカードは表面に集積回路チップを搭載したもので、そこに電子マネー情報や個人を特定するための諸情報が記録される。このとき、社会はキャッシュレス状態に置かれ、流通貨幣は非合法とされていることだろう。そうなると、売買にはコンピュータ上でやりとりされる金を使うしかないが、その金はもはやサイバースペースに漂う数字でしかない」
  現金がなくなり、スマートカードが行き渡ってシステムが完成すると、システム内にさまざまな問題を発生させることができる。例えば、コンピュータ・エラーによって、あるはずの金が消えることもあるだろう(コンピュータにはエラーの発生がつきものであることも、それを意図的に発生させられることも、ともによく知られた事実だ。しかし、われわれ全員が、最終段階つまりはマイクロチップの移植に進むのが必然と思うようになるのなら、先に述べたシナリオがあって当然だ)。そして何カ月か後に電話が鳴り、思いがけず見つかった金が、法的措置によって銀行から正当な所有者に「返却」される旨が伝えられる。それとともに、スマートカードは紛失しやすく、また簡単に盗まれる可能性もあるが、もしそうなると金銭取引も、生活や仕事もままならなくなるとの説明を受けるのだろう。
  調査会社のアライド・ビジネス・インテリジェンスでは、スマートカード用マイクロチップの国際市場は2008年までに32億ドルを超える規模にまで成長すると予測している。
  フランスでは、85万人の消費者がスマートカードを常用している。日本ではプリペイド電子マネーの「エディ」カードが65万枚発行されている。フランスの「モネオ」カード(このスマートカードは電子マネーをデータとして持ち、パーキング・メーター、自動販売機、あるいは店頭での支払いに使われる。カードと情報読み取り機とのデータのやりとりは暗号化することで保護される)は、カード上の集積回路チップを既存のクレジットカードに搭載することもできる。
  最終段階にくると、スマートカードの問題点を解決する方法として、人とカードを直接結びつけるやり方が示される。例えば、カードの代わりに手の皮下への注入が可能な、バイオチップ送受信機とも呼ぶID装置を受け入れるように仕向けられる。それがないと、物を買うことも売ることもできない。
  こうして、人間の皮膚下にチップが埋め込まれ、スキャナー機能によって所要な個人情報を読み取る準備が完了する。そして、政府が個人を管理するのに必要なデータがそろえば、人間一人ひとりの制御ができるようになる。

もっと読んでみたい方はこちらをどうぞ → ビルダーバーグ倶楽部
続きを読む

12月22日(土)には何かが起こる?

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki20121218.html
<転載開始>
  前回の更新からちょうど3カ月が過ぎてしまいました。あと数日で、私が終末の大峠になるのではないかとみていた12月22日が訪れます。
  大峠に起こることについてもいろいろな文献に基づいてご紹介してきました。もっとも激烈な予言としては、日月神示(ひふみ神示)の「陸が海となり、海が陸となる」といった内容ですが、それ以外にも拙著『2012年の黙示録』(たま出版)では、終末の大峠(世の終わり?)までに起こる出来事として次のようなものをご紹介しています。

  ① 光の尾を引いた星が現れる。
  ② 暗黒の三日間が訪れる。
  ③ 味方同士が殺し合い、大きい声で物が言えない時がくる。
  ④ 住む家も、着る物も、食べる物もなくなる。
  ⑤ 一日に十万の人が死ぬようになる。

  ……などです。
  これらが終末の大峠までに必ず起こる前兆現象だとすれば、あと4日間で起こってしまうことは考えられませんので、12月22日(21日説や23日説もあるようです)は終末の大峠とはならないということです。つまり、12月22日は私たちがこの地球と一緒に次元上昇を迎える日ではないということになります。

  「2012年12月22日が終末の大峠になる」という説を唱えてきた当サイトの管理人としましては、これから12月22日まで(あるいはそれ以降も)、そのことの“落とし前”をつけていく責任があると考えています。

  ということで、最初にご紹介します一文は、去る10月21日に、当サイトの読者の方からBBS「百匹目のサル」にいただいた投稿です。

本当にアセンションあるのか?  投稿者: TUKADI  投稿日: 2012年10月21日(日)23時47分

あと2ヶ月で「その日」ですけど何も起きる気配は感じませんね。
何事も無く、来年を迎えるなんてウンザリです。

このサイトに参拝している方々もそうだと思っています。

「2012年の黙示録」も何事も無く「その日」を過ぎれば近所のブックOFFに売りに出されしまいます。
それとも「なわさん」の「新書」が発売されるのでしょうか?

そんなことはあって欲しくない。

自分としては、最後の2ヶ月間は大混乱の渦中を楽しみながら新しい世界を迎えたいと思っています。

今までの希望が10年間に渡る妄想で終わることのないよう祈りたいと思います。


  この投稿に対して、「この件につきましては、当サイトでこれから私の見解を述べてまいります。ご期待ください」とお答えして、約2カ月の月日が流れてしまいました。これからはそのことに対するお詫びの気持ちも込めまして、精力的に“落とし前”をつけてまいります。

  では、これから私がつぶやいていこうと考えている内容のアウトラインをご紹介しておきます。まだ何一つ文章化はしてはいないのですが、頭の中に構想はまとまっていますので、以下の内容に沿って記述していく予定です。

 (1) 来る12月22日に大がかりな終末現象が起こると考えているのか。
    ―― これにつきましては、現時点の結論は「NO」です。

 (2) 何も起こらないとすれば、そもそも今が終末とは見ていないのか。
    あるいは、「終末論」そのものが間違いだと考えるのか。
    ―― このことに対する結論も「NO」です。

 (3) では、終末の大峠はいつになると考えているのか。
    ―― 現時点では「わかりません」と答えるしかありません。
        が、くどくど解説(言い訳?)をしてまいります(笑)。

 (4) では、いま何を備えればよいのか。(なにかをする必要があるのか)
    ―― ここが申し上げたいことの結論部分となります。
        答えのヒントは「目を覚ましていること」です。

 (5) 12月22日以降、当サイトは閉鎖(店じまい)するのか。
    ―― このことの結論も「NO」です。
        理由はのちほど……。

  以上です。これから上記(1)~(2)の順番に毎日つぶやいていきますので、ご注目をいただきたいと思います。

<転載終了>

日本「霊能者」列伝

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1006-1.html#13
<転載開始>
日本「霊能者」列伝
別冊宝島編集部・編  宝島文庫  2008年刊
オカルトの魅力にハマった文豪たちと作品群
  文明開化が叫ばれ、科学合理主義が行き渡っていく一方で、こっくりさんや催眠術が大流行した明治時代。科学が世の中の規範として広く認められていった時代だが、この時期には、心霊的な世界を科学の方法によって明らかにしていく試みや、超常能力を目覚めさせることができると宣伝された催眠術、さらにオカルト的な知も紹介されていった。こうした状況に対して、文学者たちも多様な反応を示している。

漱石と鴎外
  たとえば、夏目漱石。イギリス留学時代から心霊研究の書籍に目を通していた漱石は、『吾輩は猫である』(1905~6)でテレパシーや催眠術を話題にし、『琴のそら音』(1905)では、死の直後に遠く離れた夫の元に姿を現した妻の話を描いている。『行人』(1912~13)に登場するのは、妻の心のうちを知りたくてテレパシー実験に熱中する、大学教授の長野一郎である。やがて彼は「死後の研究」にも興味を示し、メーテルリンクの神秘的著作などを読み耽るものの、心霊研究と同様、つまらぬものであると嘆息する。
  漱石と並び称される文豪、森鴎外には、催眠術をテーマにした『魔睡』(1909)という作品がある。また彼の代表的な史伝に『渋江抽斎』(1916)があるが、抽斎の七男である渋江保は高橋五郎と並ぶ、日本での心霊学普及の功労者だった。同時期に心霊学に関心を示した作家としては、岩野泡鳴、柳宗悦などがいる。ちなみに明治天皇崩御の日、よりによってこっくりさんに興じていたのは、志賀直哉と武者小路実篤である。志賀には、精神感応をあつかった『焚火』(1920)という作品がある。
  (中略)
芥川の原点
  さて、心霊学にとどまらず、妖怪、怪談にも深い関心を抱いていたのは、芥川龍之介である。若き日の芥川は『遠野物語』の影響下、さまざまな怪異譚を収集し、書きとめていた。『二つの手紙』(1917)、 『妖婆』(1919)、『黒衣聖母』(1920)、『奇怪な再会』(1921)など、近代の怪異を描いた作品も多い。その芥川が横須賀の海軍機関学校に勤務していたときの同僚に、E・S・スティーブンソンがいる。彼は20世紀最大のオカルト的知である神智学(セオソフィー)の、日本における最初の紹介者である。芥川はこのスティーブンソンと関係があったらしい。
  『保吉の手帳から』(1923)という作品に、スティーブンソンと思われる人物が登場している。保吉は学校へ通う往復の車中でしばしば彼といっしょになり、煙草の話や学校の話や幽霊の話で盛り上がる。彼はセオソフィストで、魔術や錬金術やオカルトサイエンスの話になると、必ずこう言ったという。「神秘の扉は俗人の思う程、開き難いものではない。寧ろその恐ろしい所以は容易に閉じ難いところにある。ああ云うものには手を触れぬが好い」。芥川の英米怪奇小説に対する膨大な知識のなかに、オカルト的な知が入り込んでいることは間違いなさそうだ。


続きを読む

停電対策

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-3050.html

youさんのメール

各位さま、 youです。

家庭用の非常用電源の作り方について、実践いたしましたのでご理解できる方は参考にされて下さい。

A、最初にこの必要性について考えます。 3月11日の震災の時、また台風などにより電力会社からの電源がストップしたと想定します。


(一般の停電状態ですね)

また、長時間かつ夜間などては危険な時もあります。

その時、自動で立ち上がり必要な電力を家庭で作り出す事とします。

B、どんな電源か。 ①停電に至った時、蓄電池からAC100V電源のインバータが間髪入れず立ち上がり、必要なセクタ(家庭では部屋)に代替供給する。


②停電でない通常時は、蓄電池を管理し、常にフル充電状態としてくれる。

③インバータは中古であり、誰でも低価格で入手できる。

④インバータに内臓されいる蓄電池は中古製品なので信頼性がない。

よって、車用品店に行き12Vの一番低価格な蓄電池を2個購入した。

⑤内部蓄電池は取り外してしまうが外部の蓄電池に接続する電線がない。

よって取り外した蓄電池に接続されていた電線に、2系統の電線をせつぞくし外部に出す。

その電線を2つの購入してきた蓄電池に接続する。

⑥設置は家庭の電線をいじる必要がありますので、導入される方は自分の責任でお願いいたします。

ちなみに、遮断器盤の契約している遮断器は電力会社の物ですが、それより後の遮断器からは個人の持ち物となっていますので、回路の変更については問題ありません。

但し、法律から電気工事士の免許が必要となります。

⑦ここまで大きな作業をしなくとも、セクタ(部屋単位)を負荷とせず、例えば電球一つを負荷とすれば、通常のコンセントから電気を貰う程度で出来ます。

C、回路図は此処に入れました。 http://younan.dip.jp/123sinji/img/dengen/4.jpg


D、設置した写真。 http://younan.dip.jp/123sinji/img/dengen/1.jpg


http://younan.dip.jp/123sinji/img/dengen/2.jpg

http://younan.dip.jp/123sinji/img/dengen/3.jpg

接続箱には、端子台を取り付けて、各機器が分離できるようにしています。

直に取り付けると、トラブルが発生した場合、交換作業に手間取ったりすることのないようにしています。

E、その他。 此処まで、大規模にする必要は無いかも知れませんが、最終的には、蓄電池の充電回路を太陽電池パネルから直に行なうようにDC-DCコンバータを製作し、セクタ(部屋)毎に電力会社から切り離す予定です。


東電に接続される最後の機器はAC200Vのエアコンのみと考えています。

それ以外の電力は自分の家庭で作り出す。

今回はその最初の一歩として、非常用インバータ、蓄電池、家庭に設置しました。

まだ、蓄電池を固定していませんので、完成はしていませんが、時間があり次第据え付けなども手を入れる予定です。

①、太陽電池パネルの活用は何も電力会社にいつまでも接続されている必要は無いと考えます。

②、蓄電池の寿命は、電力会社に接続されている限り、予想では7年。

車用品店では、車以外で使用することから保証書を出してくれませんが、低価格の車様の蓄電池は2年が保障期間です。

今回はフル充電が確保されることてら、その3.5倍は持つと勝手に思い込んでいます。

③、電線は、家庭に接続する物はFケーブルです。

蓄電池に接続される電線は何でも良いと思いますが、車用品店で扱っている太い物が良いでしょう。

考え方として、1sqあたり10Aを超えないようにして下さい。

図面では1sqあたり5Aで作っています(実際にそうしています)。

④蓄電池に接続する電線は絶対に極性を間違えないで下さい。

一瞬でインバータが焼損します。

以上、報告ですが、参考にされて下さい。

尚、インバータなどはYahooオクで安く入手できます。

またハードオフでも更に安く売られています。

機種については、多種多様あり12Vの蓄電池から供給されている物であれば、大抵どんな物でも使えるでしょう。


千成のメール

youさん、停電対策情報ありがとうございます。

いざという時は電気が頼りですが、ひょっとしたら今年の夏は、停電があるかもしれませんね。

そういう時、youさんの情報を参考にして造られる方が大勢おられると思います。



原発反対運動はしない方がよい?

なわ・ふみひとさんのサイトより
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki20120104.html
<転載開始>
  昨年、当サイトの読者の方(Aさんとしておきます)から次のようなご質問をいただきました。個別のご質問にその都度メールでお答えするだけの時間的余裕がありませんので、他の方にも参考になると思われるご質問については当欄で採り上げ、回答させていただきます。では、そのご質問の内容をご紹介します。(冒頭のご挨拶文は割愛)

  ひとつ疑問があります。
  私は福島の原発の問題を恐ろしく感じ、原発反対運動に参加していますが、こんな事をしているとまたどこかで原発が爆発するということなんでしょうか。

  動物問題などについてもあまりの悲惨な状況に、何とかならないものかとあれこれ署名などして動いていますが、こんな事をしていると、またどこかでそんな不幸な動物が出てくると言うことでしょうか。

  すべては受け入れるだけで、何も思わないで自然のままに任せておくほうが良いのでしょうか。
  「良いと思うことをすぐに実行するだけ」と言うことは、動いて良いと言うことで、「ありのままに受け入れるだけ」と言うことと結びつけて考えることができなくて悩んでいます。


  今回の原発事故を通じて明らかになったことがあります。
  一つは、この国の政府(政党、政治家、官僚組織)は国民を守ることができないこと。その最大の原因は、政権中枢がアメリカをフロントとする外国勢力のコントロール下に置かれているためです。たとえ首相という肩書きを持ったとしても、個人の判断で政治を行なうことはできないメカニズムになっているのが見て取れます。決して政治家の資質の問題だけではないのです。
  まじめに国益を大切に考える政治家は失脚させられたり、(自殺や病気を装って)殺されたりしますので、そのことを知らされた段階でどのような政治家も手なずけられてしまうのです。
  政権末期に突然「脱原発」を唱えて首相職の延命を試みた前首相の菅さんがあっさり放擲されることになったのを見てもそれがよくわかります。この間、問題はあったにせよどちらかと言えば国益派に属していた安部、麻生といった自民党出身の首相に対してのマスコミの攻撃ぶりと、アメリカや中国のいいなりになっている民主党の首相に対するマスコミの風当たりの違いから見てもそれが感じられます。(ご質問の内容とは直接関係がありませんので、この件は稿を改めて綴ります)
 
  今回の原発事故に関して、あえてプラスの面を見るとすれば、(直接犠牲になった福島の皆様には申し訳ない言い方になりますが)電気をはじめとするエネルギーに過度に依存する今日の社会のあり方に警鐘を鳴らし、多くの人の気づきのきっかけを与えてくれたことを挙げるべきでしょう。また、政府や行政、東電といった公益を重視するはずの組織が、国民の命よりも自らの立場を守ることを優先するという事実も確認することができました。
  何よりも、早くから「トイレのないマンション」と言われ、処理のめども立っていない危険な核廃棄物を子供たちに残すことになる原発を、目先の便利さのために意識することもなく使い続けてきた私たちの暮らしのあり方にも問題があったのです。解決できないとわかっていながら問題の先送りをしてきたことのツケが、今回の事故によって一気に表面化し、多くの人に気づきのきっかけを与えることになったと見るべきでしょう。
  それでもなお、原発推進をやめることができない人たち(原子力村の人たち)がいるのは残念というよりお気の毒と申し上げるしかありません。その人たちを憎み、断罪する必要はありません。いずれは「カルマの清算」という形で、他人に危険な物を押しつけて自らが得をするという道を選んだ「我善し」のツケを払わされることになるのは間違いないからです。

  今回の原発の事故によって、現時点でもっとも悲惨な状況に置かれているのは福島県とその周辺に住む人たちであるのは言うまでもありません。私は、昨年の12月5日~6日に、仕事の関係で飯舘村や南相馬市などの被災地を見て回りました。
  バスで通過した飯舘村では、地震による被害が見られず無傷の状態の家々が並んでいるのですが、人影は全くなく、ひっそりと静まりかえっていました。目に見えない放射能の恐怖を実感させられました。バスの中でも約3μシーベルト/時という高い線量率が計測されました。(他のエリアではほぼ1μシーベルト/時以下でした)
  原発事故による放射能汚染のために、生活の基盤が町ごと、故郷ごと奪い去られてしまっているのです。
  しかしながら、放射能の影響は日本全国に及びますので、少なくとも日本の国土の上で生活している限り、その影響から逃れることはできないのです。福島第一原発の事故は、食べ物を通じて、あるいは汚染した瓦礫の処理を通じて、日本全土を放射能汚染列島にしてしまいつつあります。

  さて、Aさんのご質問は、「原発事故を恐れて反対運動をしていると、そのことが新たな原発事故を引き寄せることになるのだろうか」ということだと思います。
  また、「動物のように人間に比べて弱い立場の生き物を救うための活動をしていると、そのことでますます悲惨な目に遭う動物ができてしまうのではないか」というご心配もされています。
  そして、結論として「心配になるようなことは何もしない方がよいのか」というご質問です。
  それでは、以上のご質問に対して、私の考えを申し上げます。言葉にすると次の二つで言い尽くされます。

  「善いと思ったことは実行に移してください」
  「しかし、そのことによって起こることもすべて必要なこととして受け入れてください」


  私たちの行動には動機(目的や目標)がありますから、ある結果を期待しています。「この国から原発をなくしてしまいたい」という目標を持って反原発の運動を進めた場合、理想とするのは政府や電力会社が原発を止めてすべて廃炉にし、大量に生み出されている危険な核廃棄物を将来的にも安全な状態で適当な場所に保管してくれることでしょう。
  しかしながら、産業としての原発に依存している勢力や関係者にとっては、それは死活問題となることですから、さまざまな抵抗や反撃が行なわれる可能性が高いと思われます。何しろ、彼らは私たちが無条件に払わされる電気料金によって潤沢な資金を手にしていますので、そのお金で政治家(政治資金)やマスコミ(広告料)、学者(研究費)などの権力や権威を手なずけることができるからです。
  反原発の声はさらに強めていく必要はありますが、その運動に参加することによる挫折感やいらだちなどが心の習慣になることは避けなければなりません。そういう意味で、自分にできる最大限の努力はしても、結果について悲観したり、恨んだりすることはしない、という心構えが大切です。それは、「結果などどうでもよい」という気持ちでテキトーにやればよいと言うことではありません。「全力を尽くすが、結果は神様に任せる」という考え方です。
  ここで大切なことは、行動を起こす動機が何かということです。「我善し」の気持ちでなく、全体利益のために行動しているかどうかがポイントになります。「善いと思ったこと」という場合の「善い」「悪い」の判断は個人に任されていますが、大きく分類しますと次のように定義することができます。

  ●「善い」と判断する物差し
  ① 他者(人に限らず)の幸せに貢献すること。
  ② 自己の成長・進化に資すること。


  「善くない」はその逆ということになりますが、あえて表現するならば次のようになるでしょう。

  ① 他者の迷惑は考慮せず、ただ自分(家族などの身内も含む)の利益のために行
    なうこと。(我善し)
  ② 苦労を避け、現在の自分が楽をする道を選択すること。(刹那主義)


  少し解説をしておきますと、「善い」の①にある「他者」とは、まずは「自分の家族や身内、恋人など」から始まり、住んでいるマンションの人たち、勤務先の仲間、地域社会の人、日本国民、世界の人びと、地球の生き物や自然、……と広がっていきます。どこまでを自分の一部として実感することができるかが、魂の磨かれた度合いと見ることができます。
  基本的には、より遠くにある存在を自分と同一視して大切に考えられるようになることが進化のバロメーターと言ってよいでしょう。原発に反対する動機も、単に自分の今の暮らしが壊されるからという場合と、日本の子供たちの未来の安全な生活のために行動する場合では動機に微妙な違いがあります。さらに、この地球の自然や生き物たちを放射能の汚染から守りたいという広い心を持つことができれば、その動機はさらにレベルの高い物になり、本物の「善」と言えるでしょう。
  しかしながら、普通の人にとって地球の自然や生命を自分の今の暮らし以上に大切に考えることは難しいと思いますので、スタートは「自分の家族や住んでいる町や村のため」という動機でもよいのです。いずれにせよ「善い」と思ったら、自分のできることから実行に移していくべきだと思います。
  その上で、結果については自分の思惑通りにならなくても、そのことで悲観したり、失望したりしないほうがよいのです。最大の努力の結果が自分の期待した内容と違っていたとしても、それは「天の配剤」ということで、必ず意味のあることなのだと信じることです。
  「受け入れる」ということの意味は、「精いっぱいの努力をしたうえで、その結果については不満に思わずに受け入れる」という意味に解釈すべきです。
  まだ言い尽くせない部分もありますが、とりあえずAさんのご質問に対する回答とさせていただきます。

  次回も読者の方からのご質問に答える形で綴ってまいります。ご質問の内容は以下の通りです(抜粋)。ご期待ください。

●もし2012年に転換期があるとするならちょっと新世界を生きる合格者になるには点数不足かな?思う面もありますし、自分磨きをもっと意識しないとならないですが‥ただこれだけアメリカに毒された歪みきった常識内で愚痴や不満を言わずに生きる方法ってあるのでしょうか‥それをご存知なら是非コツをお教えください。

<転載終了>

十六の八の四の二の一目出度や目出度やなあ

「大摩邇」サイト考察についての一部です。
サイトを一人でやるのは良くないと書いてあり、本来の目的から離脱していて、これで良いのかと悩み中です。
http://www51.tok2.com/home/slicer93190/5-355.html

雨の巻 第17帖 (351)

天地の先祖、元の神の宇宙の大神様である天詞(てんし)様が王の王として現われなされます。

王の王である太陽(ミロク)は太陽(ミロク)原理を示して御現われなされるのです。

天詞(てんし)様とは、太陽(ミロク)の存在を最終的に説明する『大摩邇(おおまに)サイト』を意味しているのかもしれません。


礼拝の仕方 書き知らします。

節分から始めて下さいよ。

先ず太陽(ミロク)原理を『宇宙の真相サイト』の中で整理して、しばし目をつむり心を開いて一拝二拝八拍手しなさい。

又太陽(ミロク)原理を整理して一二三四五六七八九十(ひとふたみよいつむゆななやここのたり)と言(こと)高く宣りなさい。

又太陽(ミロク)原理を整理してひふみを三回宣りなさい。

太陽(ミロク)原理は喜びの舞であり、 清めの舞であり、 祓の歌なのです。

『世界の民の会』の臣民 皆太陽(ミロク)原理を宣りなさい。

『終末と太陽の検証サイト』も『宇宙の真相サイト』も一つになって、太陽(ミロク)原理を宣り歌い舞いなさい。

『終末と太陽の検証サイト』と『宇宙の真相サイト』全体で理解するのです。

終って又太陽(ミロク)原理を整えて一二三四五六七八九十、 一二三四五六七八九十百千卍(ももちよろず)と言(こと)高く宣りなさい。

『大摩邇サイト』は、『終末と太陽の検証サイト』と『宇宙の真相サイト』と合体して太陽(ミロク)の書かれるもの(百千卍(ももちよろず))と合体させて作るようです。


神気整へて『終末と太陽の検証サイト』弥栄ましませと更新しなさい。

これは更新するのです。

『黎明編』弥栄ましませ弥栄ましませと更新しなさい。

終ったら八拍手しなさい。

『終末と太陽の検証サイト』と『黎明編』が2011年(八の年)に合体するようです。


次に雨の神様、風の神様、 岩の神様、 荒の神様、 地震の神様、 百々(もも)の神様、 世の元からの生神様、 産土(うぶすな)の神様に御礼を言ってください。

終ってから神々様より太陽(ミロク)原理の話を頂きなさい。

太陽(ミロク)原理の頂き方は前に知らしてあるでしょう。

太陽(ミロク)原理は、何よりの臣民人民の生(いき)の命の糧(かて)でなのです。

病なくなる元の元の太陽(ミロク)原理です。

八度繰り返せと言ってあるでしょう。

八の年は、2011年です。

この年に『大摩邇サイト』を作るように上で説明しているようです。

大摩邇サイトについては Chapter 866を参照してください。



しばらくこのように拝みなさい。

神代になる迄にはまだ進むのです。

それまではその様にしなさい。

太陽(ミロク)の言う様にすればその通りになるのです。

お蔭さまで苦しみなくて「都市攻撃」や「ノアの大洪水」の大峠を越すことができます。

大峠とは各国の王を無くすのです。

太陽(ミロク)の心となれば太陽(ミロク)原理が判ります。

太陽(ミロク)原理の誠とはマとコトです。

マ=○、コト=ゝ=太陽(ミロク) で、○とゝを合体させるとになります。


神と人民 同じになれば神代です。

神代になれば太陽(ミロク)は隠身(かくりみ)になり、人民が 『終末と太陽の検証サイト』に立ってこの世が治まるのです。

雀の涙程の物を 取り合い へし合いして何しているのですか。

自分のものとまだ思っているのですか。

御恩とは五つの音の事です。

御音(恩)を返さなければなりません。

この事をよく考へて間違わない様にして下さいよ。

この巻は雨の巻です。

次々に知らしますからサイト相当に整理して知らしてやりなさい。

太陽(ミロク)原理を基本に解読して一二三(ひふみ)として知らせてあげるのもよいのです。

役員皆に手柄を立てさせたいのです。

臣民人民 皆にそれぞれに手柄を立てさせたいのです。

太陽(ミロク)は、待たれるだけ待っているのです。

一人で手柄の独占は悪です。

分けあってやりなさい。

協力してやりなさい。

『大摩邇サイト』の作成には、仕組に参加する多数のメンバーが全員参加して作り上げるようにと言っています。


『宇宙の真相サイト』がもの言います。

『宇宙の真相サイト』は太陽(ミロク)原理と神示の関係に気がつきます。

十六の八の四の二の一目出度いことです目出度いことです。


上の数字の暗号は『大摩邇サイト』に関係する数字のようです。

太陽(ミロク)の仕組が世に出てきました。

なんと清々しいのでしょう。

なんと面白いのでしょう。

五の年(2008年)から十の年(2013年)にかけてひふみの仕組が展開していきます。

その後「都市攻撃」や「ノアの大洪水」を経て生き残った人々皆が太陽(ミロク)の言われていたことを理解し、良い宇宙人である神々の仲間入りをして弥栄となります。



続きを読む

玄米をペットボトルにぎゅうぎゅに入れて保存するとコクゾウムシが身動きできなくなって死ぬ

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-3043.html

千成記

東海アマ新サバイバル掲示板 で見つけた内容です。

わたしも、やっていますが、ペットボトルにぎゅうぎゅうに玄米を押し込むとコクゾウムシが身動きがとれなくて死んでしまいます。


玄米を炊く時に、普通は、玄米を炊飯器のおかまに入れて水で洗いますが、 その時、死んだコクゾウムシは水面に浮き上がってきます。


そこで、水を流すと、水と一緒に死んだコクゾウムシを流し去ることができます。

玄米は真空パックやペットボトルに入れないで、 何年も長期保存すると さすがに酸化臭がしますが、一晩水につければ大丈夫かと。 ということを書かれた方もおられました。

玄米保存法

投稿者:青葉城 投稿日:2011年 8月29日(月)20時38分4秒

現在2Lペットボトルに22年度産玄米の詰め替え作業をしています。

この時期になり、やはり結構な数のコクゾウムシが米袋内に発生し始めています。

詰め替え時、目についたコクゾウムシは可能な限り取り払っておりますが、それでも必ず何匹かはペットボトルに入ります。

ただ中に入っても、その後移動を続けて悪さをしない様にすれば被害は無いと思います。

実際、先日外側から見える位置にいたコクゾウムシは、玄米に挟まれて身動きとれず、ただ手足をジタバタさせながら数日後にはご臨終の様子。

ペットボトルでは完全な酸欠保存は出来ないかもしれませんが、可能な限り玄米を押し込んで、コクゾウムシの自由を奪ってしまえば、かなりの効果が期待出来ると思います。

ただしペットボトルには滑り止めの溝が多数あり、そこに玄米が引っ掛かって上部はパンパンでも下部は意外に余裕があったりします。

上下にトントン、側面を平手、ゲンコツ、プラハンでパンパン、注ぎ口を親指でギュー、1本満足いく仕上がりまで15分以上を要します(笑)

冷凍でコクゾウムシは死滅するらしいのですが、一度冷凍した玄米はその後の長期保存にどうなのかしらん。


日本ポリグルのレスキューセットと活性炭

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-3042.html

まるまるまるたさんの初めてのメール

千成 さん

HP拝見しております「まるまるまるた」と申します。

初めてメールさせていただきます。

すでにご存知かも知れませんが、ご参考まで。

日本ポリグルから、池の水を飲用水にかえるレスキューセットが販売されております。

http://www.poly-glu.com/poly-glu_rescue.html

不純物を取り除いた後も、若干の臭いは取れにくいと思いますので、その場合は活性炭と併用することで、安全な水を川・池から調達できます。


千成のメール

まるまるまるたさん、情報ありがとうございます。

日本ポリグル情報は以前にもサイトに紹介させていただきましたが、まるまるまるたさんの以下の内容が参考になりました。

不純物を取り除いた後も、若干の臭いは取れにくいと思いますので、その場合は活性炭と併用することで、安全な水を川・池から調達できます。

ということは、活性炭を用意しておいて、臭い取り去るべきなのですね。

まるまるまるたさん情報と非常時に漂白剤で水を浄化する方法  を両方利用すると水の問題は少し楽になりますね。

あ、もう一つ、ペットボトルに水を入れて日光に当てて殺菌するという方法もありましたね。

わたしは、昨日車を運転しながら、仕事場を名古屋から多治見に移動させたり水を浄水出来るように大量の炭と洗い砂を買った勘の鋭い身内の人々 の情報を思い出していました。

炭は買ってあるけれども、「洗い砂もいるなぁ」 「それに、砂利もあればもっといいなぁ」と考えていました。


情報助かります。



オートミールの注文のしかた

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-3041.html

youさんのメール

・千成さん you です。

いつもレアな情報ありがとうございます。

先日発表させていただいたオートミールですが、私は前年までコストコ会員のため1箱1100円程度で購入していたのですが、現在は会員が切れたことから、一般の方々が購入する場合どうなるのかを自ら試してみました。

一つの店を伝えると回し者と思われますが一切そんな事ありません。

楽天で 「 買いドキ 」 との店がございます。

楽天検索で 「 買いドキ オートミール 」 で一発で出ます。

多分一番安い値段で扱ってくれてます。

もしかすると一般の主婦のような方々の店かもしれません。

私はコストコでの販売価格を知っているのでその額に一番近い事からここに決めました。

合計30箱を発注。

発送は1カートンに6箱らしい。

1カートンの配送料は950円なので合計5カートンで4750円。

合計 34800 + 4750 = 39550 円でした。

これでとりあえず穀物の確保は完了です。

我が家は5人家族なので、これでも足りないかもですが、その時は節制して凌ぎます。

写真を添付します。

http://younan.dip.jp/123sinji/img/123456789download.jpeg

手前にある玄米は同じくコストコで販売されていた真空パックの物ですが、これは長期保存用として少しだけ確保しています。

しかし生米のままではとても食べられませんので、で別の手立てを考えたのです。

以上、参考になれば幸いです。


千成のメール

youさん、オートミール情報ありがとうございます。

youさんにオートミールのことを紹介していただいて、わたしもさっそく市販のものを探してみました。

遠くにある超でっかいスーパーに行ってお店の従業員のおばさんに「オートミールはどこにありますか?」と尋ねたら おばさんは、オートミールを知りませんでした。

日本人には、あまりオートミールという物は知られていないのですね。

そのおばさんは、親切にも店長を呼び出して聞いてくれました。

さすが店長です、少しの間店の中を探し回って、ちゃんと見つけてくれました。

そのお店では10袋置いてありました。

わたしも購入して、試しに食べてみました。

オートミールってパン粉そっくりですね。

生で食べられるというyouさん情報を試してみました。

はい、味もかすかにあって、空腹の時なら、おいしく食べられそうです。

もし、砂糖などをかけたら空腹でなくても子供もパクパク食べてくれるかも。

youさんが惚れ込むのも当然かもと感じました。

youさん、良い情報とっても助かります。



長期にテントを張る場合はテントの下にパレットを!

http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-3040.html

柿さんのメール

千成さんへ お疲れ様です。

先日より東北に長期ボランティアに行っている知り会いより良いアイデアを教えていただきましたのでメールいたします。

テントを長期張る時グラウンドマットじかにテントを張るよりその下に木製のリフトの運搬で使うパレットを下に置いてからテントを張ったほうがよいとのこと。

そうすると多少の水たまりは平気なので寝ている時快適だそうです。

そしてテントの下に風の流れができるので湿気対策にも良いらしいです。

テントの入口にもパレットを置くと尚良いとのことです。

↓パレットの専門サイトがありましたので実物をご覧ください。

http://www.yokoshin-co.jp/cgi/eco_pallet/index.html

近場に工場や運送会社等があると運が良ければタダでもらえたりする事もあるらしいので良いかもしれません。

買っても一枚1000~1500円程度なのでテントのサイズに合わせて数枚買っても負担には成らないと思います。

ただ、避難の時一緒に持って行くのはかさばりますので事前に避難場所に置いておく事が出来る方だけになりそうですが…

ではでは、失礼いたします。


千成のメール

柿さん、良いアイディアありがとうございます。

パレットをテントの下に敷くなんてよく考えましたね。

入り口にも便利だとは!

な~るほどです。

パレットが無ければ、ホームセンターで安い“すのこ”を買っていくのもいいかもですね。

“すのこ”だと軽いし 安いタイプは1枚250円くらいで売っています。



プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場