大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

宇宙関係

ネイチャーに掲載された論文で「月が縮んでいる」ことが判明。さらには「月面での地震《月震》を起こしている原因は地球」であることも

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/moon-shrinking-and-moonquake-caused-by-this-earth-gravity/
<転載開始>
投稿日:
2019年5月24日の科学メディアの報道より


rdmag.com

続きを読む

[衝撃] 太陽は地球を含む太陽系の惑星に支配されていた : ドイツの科学機関が、《太陽活動が金星 - 地球 - 木星の惑星直列にコントロールされている》ことを科学的に裏付ける

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/the-planets-might-control-the-suns-activity/
<転載開始>
投稿日:

太陽系ではすべての惑星と恒星が共生しているかもしれない

2019年6月4日の科学メディア「ニューサイエンティスト」より


The planets might control the sun's activity - and it's not astrology

続きを読む

★深宇宙から飛来する謎の反復電波

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-18032.html
<転載開始>
深宇宙から飛来する謎の反復電波 < newsNueq-2059 >より転載します。
貼り付け開始

 AFP
 深宇宙から飛来する「反復する」電波、科学者らは当惑

 -------------------------------------------------------
 https://www.afpbb.com/articles/-/3205794
 2019年1月10日 11:11

 < 抜粋 >

 カナダの天文学者チームが、天の川銀河外部のはるか遠方から
 複数回にわたり連続的に放射された謎の電波を検出した。
 英科学誌ネイチャーに9日、2件の研究論文が発表された。

 この反復する「 高速電波バースト(FRB)」は、新たに建設された、
 「 CHIME(カナダ水素密度マッピング実験)」を2018年夏に試運転した際に検知された。
 世界で最も高性能の電波望遠鏡で、アンテナの面積はサッカー場ほどある。
続きを読む

★惑星配列が太陽11年周期ポールシフトの原因!

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-18031.html
<転載開始>
惑星配列が太陽11年周期ポールシフトの原因! < newsNueq-2058 >より転載します。
貼り付け開始

 GigaZine
 地球など太陽系の惑星が太陽活動の周期に影響を与えていると判明
 ---------------------------------------------------------------------
 https://gigazine.net/news/20190605-sun-follows-rhythm-of-planets/
 2019年06月05日 16時00分

 < 抜粋 >

 太陽黒点の数や太陽フレアといった太陽活動の周期は、およそ11年であることが知られています。
 そんな太陽活動の周期が、地球をはじめとする太陽系の惑星によって
 左右されていることを、ドレスデン・ロッセンドルフ研究所(HZDR)の研究者らが突き止めました。

  A Model of a Tidally Synchronized Solar Dynamo | SpringerLink
  --------------------------------------------------------------------
  https://link.springer.com/article/10.1007/s11207-019-1447-1

  The Sun follows the rhythm of the planets
  - Helmholtz-Zentrum Dresden-Rossendorf, HZDR
  --------------------------------------------------------------------
  https://www.hzdr.de/db/Cms?pNid=99&pOid=58444

続きを読む

存在しないはずの場所で新たな惑星が発見され、「禁断の惑星」と名付けられる

ライブドアニュースより
http://news.livedoor.com/article/detail/16540299/
<転載開始>
年5月30日 14時0分



Richard West博士が率いるウォリック大学の天文・天体物理学グループが、恒星からの強い照射を受ける「ネプチュニア砂漠」と呼ばれる領域の中で、海王星よりも小さく、地球の約3倍大きい惑星を発見しました。通常、ネプチュニア砂漠では、高温照射により惑星は表面のガスが蒸発してしまい岩石の核部分だけが残ってしまうのですが、新しく発見された惑星はガスを表面に留めたままネプチュニア砂漠に存在するという、非常に珍しい惑星だそうです。

続きを読む

発生要因不明の「惑星間空間衝撃波」が地球を直撃していた。そして、この現象が「宇宙線を生成していた」ことが独自調査により判明。同じ日に起きたペルーの大地震との関係は?

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/interplanetary-shock-wave-hit-earth-and-this-phenomenon-maybe-make-cosmic-rays/
<転載開始>
投稿日:
2019年5月27日 惑星間空間衝撃波が発生した時のデータ


NASA

続きを読む

二ビル(ネメシス系)を隠しきれなくなっています。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52040679.html
<転載開始>
アラスカやカナダに設置されている(連邦航空気象)カメラに映る太陽は中心に黒い点が見えていますが、これはサンシミュレーターの装置と言われています。この黒い点はサンシミュレーターが太陽に向かって放射している光の影になっています。通常はこの黒い点は見えません。カメラからサンシミュレーターが直角の位置にある場合に見えるそうです。
支配層は、惑星X系或は二ビル系(複数の惑星が存在)の存在を隠すために空に大量のケムトレイルを撒いてはっきりと見えなくさせています。またサンシミュレーターで太陽の本当の光や太陽周辺に見えるこれらの惑星を隠しています。しかし、うっすらですが上空にこれらの惑星が見えるようになりました。
サンシミュレーターが原因なのかどうかはわかりませんが、最近は紫外線がかなり強くなっているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(↓こちらはアラスカとカナダに設置されたカメラがとらえたサンシミュレーターと二ビル=ネメシス系について)
https://www.youtube.com/watch?v=lnRFe3IhFME

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://beforeitsnews.com/v3/space/2019/2516435.html 
5月25日付け
 

 

過去において惑星X系(二ビル)に関する情報は陰謀論と片付けられていましたが、今は違います。惑星X系の存在が主要メディアでも取り上げられるようになりました。そしてにエスタブリッシュメントのプロパガンダ用のサイトでも惑星Xについて話し合われています。
これは、惑星X系がもうじき地球に最接近することに対して大衆の感覚を鈍らせるための情報操作なのでしょうか。



<転載終了>

戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向

In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/what-is-going-now-and-future-in-new-solar-cycle-25/
<転載開始>
投稿日:
2019年5月20日 コロナホールによりボコボコになっているように見える太陽


NASA

続きを読む

太陽フレアの影響により、地球で過去2年で最強のG3級の磁気嵐が発生

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/strong-geomatic-storm-hit-earth-may-2019/
<転載開始>
投稿日:
2019年5月14日の英国エクスプレスより


express.co.uk

続きを読む

活動極小期の太陽で「直径20万キロメートル」に及ぶ巨大なフレアが発生。複数のコロナ質量放出による磁気嵐が地球に接近中

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/multiple-solar-cme-s-are-coming-now/
<転載開始>
投稿日:
2019年5月12日 太陽黒点AR2741(中央)が爆発した時の様子


Spaceweather

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場