大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

歴史&古代史

★グラハム・ハンコック:数万年前のアメリカ大陸に超高度文明が存在!

タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-17816.html
<転載開始>
トカナ:「数万年前のアメリカ大陸に超高度文明が存在」グラハム・ハンコック完全復活、TVで暴露連発! 真実隠蔽の理由と令和予言も…!2019.05.07より転載します。
貼り付け開始

https://tocana.jp/2019/05/post_94240_entry.html

 日本では『神々の指紋』(翔泳社、1996年)で知られるイギリス人作、グラハム・ハンコック氏が新著『America Before: The Key to Earth’s Lost Civilization(前アメリカ史:失われた古代文明への鍵)』を先日、イギリス、アメリカで相次いでリリースした。今回の出版に際し、ロシア政府メディア「RT」のインタビューに応じ、新著の内容はもとより、これまでメインストリームの歴史学で“隠蔽”されてきたものを包み隠さずに語り尽くしている。

続きを読む

【武田邦彦 歴史】真実の日本の歴史 江戸時代の終わり~明治時代にかけて NHKが正しく伝えない明治維新の真実!【歴史講座】

【武田邦彦 歴史】真実の日本の歴史 江戸時代の終わり~明治時代にかけて NHKが正しく伝えない明治維新の真実!【歴史講座】
https://www.youtube.com/watch?v=wq0ZPZDjnV8

武田邦彦まとめチャンネル
2018/09/10 に公開



続きを読む

捏造の明治:画像で見る「神武天皇陵」でっち上げの経緯  読む・考える・書く +

さてはてメモ帳さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b434d21203f3e554380dda03a9efdbf5
<転載開始>
画像で見る「神武天皇陵」でっち上げの経緯  読む・考える・書く 2016-04-23
http://vergil.hateblo.jp/entry/2016/04/23/133823

式年祭についての記事でも書いたように、現在の「神武天皇陵」は、幕末の文久2(1862)年、恐らく神武の埋葬地ではない「ミサンザイ」に決定された。その後、明治から昭和にかけて、このミサンザイは巨大で荘厳な「天皇陵」に作り変えられていくことになる。

まず、この地が神武陵に比定される前はどうだったか。「文久の修築」前の状態を示す絵図が残っている[1]。


当時のミサンザイは、田圃の中の小さな塚に過ぎない。そこには榎一本と茨のような灌木が一株生えていた[2]。ちなみに、旧洞村の古老の話によると、ここはもともと糞田(くそだ)と呼ばれており、牛馬の処理場だったかも知れない[3]、という。
続きを読む

日米地位協定を結んだのは岸信介

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12413738603.html
<転載開始>
忌まわしい日米地位協定を結んだのは「あの男」だった!
http://www.asyura2.com/18/senkyo252/msg/573.html
5. 空っぽの愛国君[41] i_OCwYLbgsyIpI2RjE4 2018年10月22日 16:10:58 : XC4kc1n7Fs : rO6WZTH90ng[42]
きっと岸だと思ったら やっぱり外道の岸だった

で、1952年2月 28日に前身の「日米地位協定」に調印した時の首相は吉田茂。

これに関わった二人のその孫二人が今のニホンのトップ・ツー。ずごいぞニッポン!!

6. 2018年10月22日 16:19:15 : F6TOVBz3jP : MC46ER3FgIk[1]
パチンコ屋とズブズブだったり、北朝鮮とズブズブだったり、
どの角度から見ても売国奴である安倍晋三を、
なぜか、右翼や保守を自称する珍ドン屋の乞食が熱烈支持する政権が安倍政権です。
その意味するところは、日本には元々右翼なんていなかったか、
右翼を自称する売国奴しかいなかったということです。

7. 2018年10月22日 16:28:40 : 0Okx7fnt5A : NmL52H@Hrfs[4]
日本をアメリカ軍の下部組織に貶めて来た張本人は安倍晋三の家系だった。

9. 地下爺[3138] km6Jupbq 2018年10月22日 17:25:51 : ygnIofYuD6 : wi1STPEnmmE[-62]
   これか?



上は事実ではあるが表面的な見方で、下が人間らしい右往左往する姿と言うか・・・
私のスタンスは、事実に対し忠実かどうか。


続きを読む

子供は母親の言葉を覚える

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2018/10/post-14162.html
<転載開始>
鳥取の遺跡から出た大量の人骨を分析したら、縄文人との混血が進んでいない大陸のDNAだった、というんだが、弥生時代後期、1-2世紀だそうで、それくらいの時期には、まだ大陸からの集団移住があったというわけだ。大陸からの集団移住は、もっと以前から継続的にあったんだろうが、古墳時代になると集団での移住はなくなる。個別に、散発的に、渡来人としてやって来るようになる。送り出す側の大陸での情勢が変わったのか、日本側の水稲栽培適地が飽和状態になって、集団を受け入れる余地がなくなったのか。まぁ、その両方だろう。南朝鮮を倭人の国が支配していたので、そこでくい止めていたのもあるだろう。

鳥取市にある青谷上寺地遺跡で出土した大量の人骨は、1世紀から2世紀の弥生時代後期になって新たに大陸から渡来した人々だった可能性のあることが、国立科学博物館などのDNA分析でわかりました。
まとまった数の弥生人のDNA分析から渡来人の集団の実態に迫る研究は初めてです。
国立科学博物館や山梨大学などの研究グループがおよそ40点の人骨の「ミトコンドリアDNA」を分析したところ、ほとんどの人骨のDNAの特徴が中国や朝鮮半島の人のものと共通していることがわかりました。
人骨は1世紀から2世紀の弥生時代後期のものとされ、それより前から日本列島で暮らしてきた縄文系の人々との交わりもある程度、進んでいたと考えられる時期ですが、DNAにそうした特徴は見られず、研究グループは、新たに渡来した人の集団だった可能性があるとみています。

この遺跡そのものは、山からすぐに海に至るところなんだが、近くには河口の扇状地があって、今でも水田が広がっている。戦乱の中国大陸から逃れて移住して来た人たちが住み着いたんだろうね。
続きを読む

安倍ちゃん ロシアとの平和条約 ここまでちゃんと理解してるかな?www

donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12406567959.html
<転載開始>

そもそもが何で北方領土問題が

生まれたんだろうね?

最近の事実確認で

以下のことが分かったよね

 

ロシアにアメリカが

北方領土上陸をアラスカで訓練させて

対日用に戦艦まで貸していたんだよ

つまりソ連とアメリカが緊密に連絡し合って

北方領土の占領が行われたという事だよ

 

ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も

【根室】1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米国の強力な軍事援助が四島占領の背景にあったことが浮かび上がった。

振興局の調査結果によると、樺太南部の返還と千島列島の引き渡しと引き換えに、ソ連の対日参戦が決まった45年2月のヤルタ会談の直後、ともに連合国だった米ソは「プロジェクト・フラ」と呼ばれる合同の極秘作戦をスタートさせた。

米国は45年5~9月に掃海艇55隻、上陸用舟艇30隻、護衛艦28隻など計145隻の艦船をソ連に無償貸与。4~8月にはソ連兵約1万2千人を米アラスカ州コールドベイの基地に集め、艦船やレーダーの習熟訓練を行った。コールドベイには常時1500人の米軍スタッフが詰め、ソ連兵の指導に当たったという。

【北海道新聞 2017.12.30.】

続きを読む

日米合作だった「日本降伏」

逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/59d85624ade2af8dd2487798feceb925
<転載開始>
2018年09月21日 | 社会・歴史
渡邉英徳‏ @hwtnv
73年前の今日。1945年8月19日,沖縄・伊江島を経由し,正式降伏受理の打ち合わせのため,マニラに向かう日本の使節団。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。
(沖縄県伊江島で日本軍の白色緑十字の一式陸攻から降りてアメリカ軍の用意していたダグラスDC-4に乗り換えるところ)


伊江島に着陸する白色緑十字の一式陸攻の一連の画像はアメリカ軍によってカラーフィルムで撮影されていた

続きを読む

73年前の9月2日ミズーリ号の日本降伏調印

逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/ada21fb4b6db964560e4cbe05d29c6b9
<転載開始>
2018年09月02日 | 社会・歴史
渡邉英徳‏ @hwtnv
73年前の今日。1945年9月2日,戦艦ミズーリで行なわれた日本の降伏調印式に合わせて,上空を飛行するF4UコルセアとF6Fヘルキャットの編隊。白黒写真のニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。

続きを読む

1923年9月1日,95年前の関東大震災

逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/753e05ffb9c4998c30779dc3cd6570af
<転載開始>
2018年09月01日 | 社会・歴史
渡邉英徳‏ @hwtnv
 95年前の今日。1923年9月1日,関東大震災。神奈川県・東京府を中心として,千葉県・茨城県から静岡県東部までの広い範囲に甚大な被害をもたらした。写真は上野駅。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正


こちらが元の白黒写真。

続きを読む

満蒙開拓団の性接待事件

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2018/08/post-13758.html
<転載開始>
満蒙開拓団の悲劇については以前からちょくちょく語られていて、この「ソ連兵相手の性接待」についても森繁久彌が語っていたらしいね。彼は満州放送のアナウンサーだった。色々知っていただろう。

 「『(夫が)兵隊に行かれた奥さんたちには、頼めん。あんたら娘が犠牲になってくれ』と言われた」
 今月10日、岐阜市民会館であった証言集会。元黒川開拓団員で、終戦当時20歳だった佐藤ハルエさん(93)=岐阜県郡上市=が話し始めると、空気はピンと張り詰めた。
 「白川町誌」などによると、黒川開拓団は1941年以降、600余人が吉林省陶頼昭周辺に入植した。敗戦後、旧日本軍に置き去りにされ、現地住民らによる暴行や略奪を受け、隣の開拓団は集団自決した。
 当事者の証言によると、黒川は開拓団幹部が近くの旧ソ連軍部隊に治安維持を依頼。17~21歳の未婚女性15人前後を「接待」に出した。45年9~11月ごろだった。一時期、中国兵の相手もさせた。
 都内在住の女性(90)は当時17歳。初めは飲酒の接待と思っていたという。ふとんが多数敷かれた仕切りもない部屋で、他の女性たちと共に暴行された。
 逃げようとしたこともあったが、相手にスコップの柄で打たれた。当時のメモを書き写したノートには、「乙女ささげて数百の命守る」「女塾で学んだ大和魂 音をたてて崩れ落(おち)る」などとある。自分たちを差し出した大人が許せず、帰国後、旧黒川村には2回しか行っていない。

日本敗戦。関東軍のお偉いさんは、とっとと飛行機で日本に帰ってしまった。武器を捨てさせられた兵隊と、最初から武器を持たない満蒙開拓団だけが残された。戦争中に岸信介の隣家に住んでいた人の話によると、岸信介の息子と、その家の息子は同時期に招集されたんだが、岸信介の息子は一ヶ月で退役して戻ってきたそうで、その家の息子は3年半、戻れなかった。

私の父は戦中淀橋(今の新宿)に住んでいました。隣が岸信介でした。父は岸の息子と一緒に戦争に行きました。父は3年半で、帰りましたが、岸の息子はたった一か月で帰ってきたと、叔母が話していました。

先祖代々、そういう卑劣な家系です。
続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場