大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

預言・予言・予知・予測

ブルガリア政府が国家機密を解除し公開された「ババ・バンガの2015年の予言」の内容と公開の背景

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/409484809.html
<転載開始>


vanga-top-2.gif

▲ 2014年11月22日のロシアのメディア Zagopod より。



これまでブルガリア国家最高機密として公開されていなかったババ・バンガの予言の一部が公開へ

このババ・バンガ( Baba Vanga / 1911年-1996年)という方は、ブルガリアで、というより、現代で最も有名な予言者のひとりだといえる人で、バンガに関しては様々な予言の言葉とされるものが残されています。

そして、その言葉の多くは公開されて残っているものだと私は思っていたのです。
ところが、先日、上のニュースを見たのでした。

この記事の中には、

晩年のバンガの予言はブルガリア安全保障当局が記録し、それらの予言は「国家最高機密」扱いとされた。

とあり、バンガの多くの予言は「非公開」だったということになります。

続きを読む

核爆発で横浜・横須賀・銀座壊滅?!

tacodayoのブログさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/7608311.html
<転載開始>
image
1995年作イルミナティカード
imageAmazonで購入できます。
image
このカード・ゲームを製作したアメリカのゲームデザイナー、スティーブ・ジャクソン

続きを読む

私たち人間は「機械化人間」を目指すのか、それとも「生命としての人間」を目指すのかという選択

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/396955013.html
<転載開始>


man-computer.jpg

▲ 次の時代のブレイクスルーを 先端科学者が語る「発明家レイ・カーツワイル - コンピューターに魂がやどり、人間は機械化する」より。


昨日はとても長い記事を書きましたので、今日は短めにします。

その昨日の、

人工 DNA から生命が作られる物質科学の時代に考え直したい 100年前にシュタイナーが唱えた「人類が高次へ移行する方法」
 2014年05月12日

という記事の最初に、「科学者たちは人工的に作った DNA から初めて生物を作り出した」という報道をご紹介しました。

DNA-03.gif


実は上のニュースを読んで、昨日のシュタイナーの件とは別に、もうひとつのことを思っていました。




続きを読む

アストロロジャー予見「2014年春分-2015年春分の出来事」

カレイドスコープさんのサイトより
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2803.html
<転載開始>
20100706-1.gif

……このグローバルな大転換は、本質的に金本位制度への回帰につながっていくだろう。


この記事以外のコンテンツは有料メルマガで。
初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です。

mailmagazine-banner.png


ドルが崩れ始め、新しい「国際通貨」が見えてくる


以下は、アストロロジャーが、(それなりの理論に基づいて)2014年に起こるであろう出来事を予想したものです。


続きを読む

「ウラジミールの栄光」や「ロシアのアラスカ編入」のキーワードから連想するババ・バンガの言葉や、お釈迦様の予言や、マザーシプトンの隠された予言

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/392376528.html
<転載開始>

ru-alaska-01.gif

▲ 2014年3月22日のロシア Omsk Press より。




ウラジミールの栄光の意味

ババ・バンガ(Baba Vanga)という1996年に亡くなったブルガリアで最も有名だった女性の予言者がいますが、彼女の 1979年の予言の中に以下のような言葉があります。


「すべてのものが、氷が溶けるように消え去るが、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光は残る唯一のものである。ロシアは生き残るだけではなく、世界を支配する」



この、ウラジミールという名詞は、現在のロシアの大統領の名前そのものなんですが、今の世界状況を見ていると、なるほど「確かに台頭してんなあ」とは思います。

ru-putin.jpg

▲ Google 検索 ウラジミール・プーチン より。

続きを読む

桝添当選は天の仕組みが働いた結果であると

東海アマさんのTwitterより
https://twitter.com/tokaiama
<転載開始>
私のニセモノに注意 @tokaiama 17分

今も怒り狂って電話をかけてきた人に言ったが、桝添当選は天の仕組みが働いた結果であると東京は滅亡する だから最後に地獄の使者が立った【『荒らす憎むべき者』が、聖なる所に立つのを見たならば人々は山へ逃げなさい】東京から逃げよと 天が示しているのだ

私のニセモノに注意 @tokaiama 10分

聖徳太子の予言 私の死後二百年以内に一人の皇族がここに都を作る壮麗な都になり戦乱を十回浴びても栄え千年の間都として栄える一千年の時が満ちた時には黒龍により都は東に移される二百年過ぎた頃クハンダが来てその都を汚す東の都は親と七人の子供のように分かれる

続きを読む

スズさんが見た大災害の夢

大地震の予知と天変地異さんのサイトより
http://eien.mie1.net/e481981.html
<転載開始>

2013年12月23日

富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性

富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性

スズさんが見た大災害の夢

災害

最下段に管理者の気になる地震の最新情報をお伝え致しています。↓




http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20130310/yume


昨日書いた下記の記事の続編。

富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性

http://d.hatena.ne.jp/nmomose/touch/20130309/suzu


このハピズムの記事は、掲載1日にして人気記事
ランキング1位(PC版モバイル版とも)になり、

TwitterでのRTも多く、かなり反響を呼んでいる
ようだ。


スズさんが私へのメールで書いてくれた夢の内容は、
この記事では字数制限のため全ては紹介できなかった。

このブログでそのまま転載して良いという許可を
ご本人から得たので、ここで紹介することに。


夢だけでなく、スズさんご自身のことも少し書かれて
いるが、公開しても差し支えないと判断してそれも
含めることにする。


1回目のメールよりざっくりですが、ここ数年
みた夢をご紹介します。

続きを読む

クレムナの予言 ミタール・タラビッチ

In Deepさんの過去記事の中から
http://oka-jp.seesaa.net/article/351478731.html#more
<転載開始>
Prophecy from Kremna - Mitar Tarabich

クレムナの予言 ミタール・タラビッチ


tarabich-m2.gif


父よ、ふたつの大きな戦争の後、世界が平和になり人々が豊かに暮らすようになると、それがすべて幻想であることがはっきりするだろう。

なぜなら、人々は神を忘れ、人間の知性のみを崇拝するようになるからだ。
しかし、神の意志からみると人間の知性などはとるにたらないものだ。
神が海なら、人間の知性ななど一滴の海水にもならない。

人間はさまざまなイメージが見える箱のような装置を作る。このイメージの箱は、向こう側の世界にとても近いところにある。それは、髪の毛と頭皮との距離くらいに接近している。

このイメージ装置のおかげで人々は世界中で起こっていることを見ることができるようになる。

人間は地中深くに井戸を堀り、彼らに光とスピードと動力を与える黄金を掘り出す。

そして、地球は悲しみの涙を流すのだ。

なぜなら、地中ではなく地球の表面にこそ光と黄金が存在するからだ。
地球は、自らに開けられたこの傷口のために苦しむだろう。

人々は畑で働くことをやめ、あらゆる場所を掘削する。

だが、本物のエネルギー源は地中ではなく自らの周囲にあるのだ。そのエネルギー源は人間に話しかけてくれるわけではないので、人間がこのエネルギー源の存在を思い出し、地中に多くの穴を開けたことがいかに馬鹿げていたのか後悔するようになるまでには大変な時間がかかる。

そして実はこのエネルギー源は人間の中にも存在しているのだ。

しかし、人間がそれを発見し取り出す術を獲得するには長い歳月がかかる。なので人間は自分自身の本来の姿を知ることなく長い年月を生きることになる。

高い教育を受けた人々が現れる。彼らは本を通して多くのことを知り、考え、そして自分たちが何でもできると思い込んでしまう。これらの人間の存在は、人間が自分自身の真の姿に気づくことの大きな障壁になる。

だが、人間が一度この「人間の真の姿への気づき」を得ると、こうした教育ある人々の言葉に聞き入っていた自分自身がいかに大きな錯覚に陥っていたのか自覚するようになる。

この人間の本来の姿の真の知識はあまりにも単純なことで、なぜこんなことをもっと早く発見しなかったのかと後悔するだろう。

それまで、人間は、何も知りもしないのに自分を全能だと思い込み、あらゆる馬鹿げたことをおこなうだろう。

東洋に賢者が現れる。

この人物の偉大な教えは海を越え、国境を越えて世界に広がる。しかし、人々はこの真実の教えを虚偽と決めてしまい、長い間信じることはない。

人間の魂は悪魔にのっとられるのではない。
もっと悪いものにのっとられるのだ。

その頃の人間の信じているものには真実などいっさいないのに、自分たちの信じる幻想こそが真実だと思い込むのである。

続きを読む

「クリミヤ隕石」と言う名の小惑星が2032年に地球に衝突するであろう可能性はどれくらいあるのか?

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1662.html
<転載開始>
ロシアのドミトリー・ロゴジン副首相は、クリミヤの天文学者らによって発見された400メートルの小惑星が、2032年に地球と衝突する危険性があることについて、ロシアの宇宙学にとっての至上目標であると指摘したが、 アメリカの「NASA地球近傍天体研究所」のドナ・イオマンサ氏によれば、「クリミア隕石」と呼ばれるこの小惑星が2032年に地球に衝突するであろう可能性は、ほぼゼロであると述べている。
外れる確率は99.99%だと言われているが、残り0.1%の可能性は残っている。


この惑星は2013年10月8日に発見されたばかりの若い小惑星だ。

七曜新ブログを既に知られている方は判っておられると思うが、「2034年」の地球の未来を説明していると思う。
これは、彼ら・・・宇宙の友から教えられた情報だ。

2032年と時期が早まっているのか・・・・それとも回避出来るのかはかなり微妙なところでもある。
時間の流れが速くなってきている事は皆様も重々承知であると思われる。

この破滅的未来を起こさない様に、出来るだけ私達自身が変わっていくべきなのだろうと思っている。


もし、その時がきた時は、前回も書いた様に、それぞれがそれぞれの未来を選んで頂きたいと思う。


続きを読む

ビートたけしの”世界遺産・富士山、大研究 ・大噴火20xx ゛~ 松原照子も”予言゛

光軍の戦士達さんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11621536223.html
<転載開始>
ビートたけしの
”世界遺産・富士山、大研究 ・大噴火20xx ゛
~ 松原照子も”予言゛



$wantonのブログ






「たけしの富士山大研究大噴火20XX」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130809-1170349.html

テレビ朝日系列24局ネット
 2013年9月22日(日)14:00~


ビートたけし(66)が、富士山噴火を研究する
テレビ朝日系特別番組で司会を務めることが8日、分かった。
世界文化遺産登録に沸く富士山だが、今も火山活動が続いている。
番組では最後の噴火となった約300年前の宝永大噴火と
同規模の噴火をCGで映像化するなど、たけしの司会で
「21世紀の富士山大噴火」を追求する。
9月22日(関西は23日)に放送する。

― 中略 ―

 番組では最後の噴火となった1707年の宝永大噴火が
現在発生した場合を想定した映像も制作。
当時は火山灰が江戸にまで降下したことから、
ライフラインが寸断される首都圏の様子などを伝える。

<引用終わり>

続きを読む

続編ー311を予言したロン・バードが、9月関西の大災害を予言

光軍の戦士達さんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11606447798.html
<転載開始>
続編ー311を予言したロン・バードが、
   9月関西の大災害を予言





311を予言したロン・バードが、
9月関西の大災害を予言
~8日、奈良の不可解な震度7の誤報

大手新聞の怪しい暗号記事~9月○○日



ロンバードの予言 -fs-prophecy-

   ロンバード


■Profile
ロン・バード(Ronald H. Bard)1959年10月22日生まれ
米国カリフォルニア ロサンジェルス在住、全米最強の超能力者。
世界でただ一人著名な「フォーブス」誌に掲載された超能力者
でもあります。ハリウッドスターから日本の財界人まで幅広く
リーディングを行い、サイキックアドバイザーとして、
度々各種メディアに登場して話題になっている。
彼の予言(サイキック)能力を決定づけたのが、9.11テロに言及した
リモートビューイング実験だ。プリンストン大学のブライアント・
オレリー教授が行った、物質の「残留意思」からさまざまな事象を
読み取る実験で、彼はニューヨークにおけるテロ事件を予言。
数年後、細部まで予言どおりに事件が起こり、彼の能力は
完全に証明された。これまで3.11やビンラディンの死など
数々の予言を的中させてきた。
彼の予知・予言はオカルトという言葉で語る事はできない。

<引用終わり>


続きを読む

Qの日

煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2587.html
<転載開始>
怪しい予言者ロンバード氏がツイートでいう日本で起きる9~10月度の壊滅的な自然災害。この自然災害について、いろいろ考えられているが、、、

日本なら今の時期は地震だろうな、、、しかも大きいやつ。

それにオマケ(津波・原発過酷事故)が洩れなく付いてくるといった感じか、、、週間現代の記事には、ロンバード氏には「戦争状態よりも酷い光景」が見えていて、福島以上の災害が都市で起きるが、それは「関西」であるというと書かれれているという。
※ソースは未確認だが、、、

一方、ロシア地震学者のアレクセイ・リュブーシン氏は2013年秋~2014年春に南海トラフでM9地震があると予測しているが、南海トラフは伊豆半島まで伸びているので「関東」もありかなと思う。また沖縄カミンチュ(琉球信仰の神職者)の比嘉良丸氏も同様に「10月に関東、(その2週間後に)南海トラフで“ヤバイ”地震が起こる」と神託を下している。

以上からは「3.11東北→関東→関西」という南下の流れになる感じです。もしこうならば、南海トラフと平行に日本列島を縦走する「中央構造線」がその衝撃を伝える媒体となっているのかもしれない。

科学的予測も霊能も神託も同様に、この秋口の災害を指摘している点で、ここは謙虚に聞いた方がいいかもしれない。オイラもニビル来訪用にとシンクロ観測気球(「X」の記号をある製品に使用)をブチ上げたが(爆)、9/9に全部まるっと入れ替わってしまうとういう事態が発生することから、これは9/9頃に何かあるという暗示だろうと睨んでいるから尚更だ。

続きを読む

ビリー・マイヤー予言

AAAさんより
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1796696.html#comments
<転載開始>
  • http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1498.html
     
    ビリー・マイヤー予言1
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-48.html
     
    ビリー・マイヤー予言2
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-49.html
     
    ビリー・マイヤー予言3
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-50.html
     
    ビリー・マイヤー予言4
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-51.html
     
    ビリー・マイヤー予言5
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-52.html
     
    上記のサイトではビリー・マイヤー氏の予言が掲載されています。
    プレアデス星人と接触して未来を見てきたと主張する彼は、インターネットの普及や中国の領土侵略に伴う日中関係の悪化なども予測しており、極めて的中率が高い予言です。
    予言では移民による暴動などでイギリスのウェールズやアイルランドでは内戦状態、フランスはEU政府の権限強化やイスラム系移民の問題で騒乱状態になると書かれている恐ろしい予言です。
    第三次世界大戦など、移民問題以外の予言も書かれていますので一見の価値は有ると思います。

  • 続きを読む

    中国の李鵬

    終末と太陽の検証サイト
    http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n440001/n440031.htm
    <転載開始>

    その他の予言_中国の李鵬 Ⅰ NO n440031

    ----コメント 2013/08/12----

    {新44_その他の予言_中国の李鵬_01}
    -----------------------
    0816・日本という国は20年後には消えてなくなる:中国の首相だった李鵬の予言:ジョンタイタ-の予言:奴らの日本民族の消滅は 彼らの奴隷資産の破壊の罰である
    --------------------
    コメント:
    最近、「中国の首相だった李鵬」が「日本という国は20年後には消えてなくなる」と語ったが、その年代の2013年から2015年が近づいたので、その実現性について幾つか情報が流れ居るので少し吟味してみた
    何故なら、中国の首相がオストラリアの元首に「日本という国は20年後には消えてなくなる」と言ったことである
    何かの背景情報が無い限り、元首同士が一国の消滅を予言的であれ語らないからである
    この場合、「中国の首相だった李鵬」が予想・予測したのか予言・預言したのか明確でないので、預言・予言の検証材料として耐えるのかというところが問題である
    ---
    この問題を考察する時、「やつらは 日本を消滅させるし、させなければならない理由ある」ことを理解しておかなければならない
    既に、奴らが何をしようとしているかその目的を案内している
    分かり易く言えば、金融貴族として世界制覇をしたが、それから脱皮して完全世界制覇・世界征服を完成なければならないからである
    そこには 白人主義と有色人種の完全奴隷制の適性人口数への削減などの管理システム構築にある
    この企みの前に立ちはだかるものたち、日本民族の本人達が認識しているがしないかに関わらず日本民族が立ちはだかり、この民族を消滅させない限り完成しないからである

    解りにくいかもしれないので例えで簡単に説明しよう
    奴らは 世界中の有色人種の国家を植民地化=経済的奴隷化してしまう計画で、明治維新の頃完成したと考えていた
    インド・中国とアジアの大国もアヘンなどの麻薬漬けにして植民地化完了した
    その頃、地球上で残っていたのは 日本国・日本民族だけであった
    奴らは ほとんど完成したと考えていた

    ところが、奴らにとって想定外の存在があらわれた
    ある面で識字率など、当時としてダントツの進化社会を日本民族は完成していた
    問題は 当時の科学と技術レベルだけであった
    当時の日本民族は上手く立ち回り始めるとともに、奴らの想定外の進歩を開始し完成間近と思われたのに、抵抗にあうことになった
    分かり易く言えば、驚くほどの速度で進歩して、日清戦争では眠る大国と思われていた中国との日清戦争で勝利、大国のロシアとの日露戦争に至っては 艦隊を殲滅するに至った
    その日本民族が、人種差別反対を言い出し、奴らが長い年月をかけて完成間近の人種差別化=植民地化=経済的奴隷化を破壊して、奴隷制のうまみを横取りし始めた
    それだけでなく、ひとたび奴隷化した民族に教育・自国軍の兵士の訓練を開始して独立の為の基礎訓練を開始し実行しはじめた

    その結果、日本民族は 奴らの庶民地・奴隷システムの破壊を開始し、奴らの代理人のアメリカ・イギリス・フランスなどなどとの解放戦争を開始して、打ち破り、奴らが奴隷化することによって奪った資産を奪い返した
    この明治維新からのことを良く理解していると、奴らにとっては 自らの資産を簒奪・植民地民に返却させられると言う屈辱を日本民族に味合わされたことを意味していて、それだけで地上から日本民族は抹殺に値するということである
    加えて、もっと致命的なことは 日本民族こそ真性ユダヤ人の末裔であり、アシュケ-ナジ人たち疑似・偽物のユダヤ人である構図になっていて、奴らが世界征服の後に作りたいと考えていた社会構造を既に江戸時代に完成していたということすら認識せざるをえなかったことである
    分かり易く言えば、日本民族がこの地球上に存在していることは 疑似ユダヤ人たちにとっては自らの立場を危うくすることを意味している
    が故に、奴らにとっては いかなる過程があっても最終的には 日本民族を消滅させなければ、自らの立場を危うくすることを意味しているから、壊滅させる手立てを組み込み進行形で実施をしていることを認識しておく必要がある
    予言的に言えば、遠い未来には疑似ユダヤ人達の存在の予言は見られなくなる
    それは 陰の金融貴族の地位が破壊されることを意味していて、その破壊の張本人達が日本民族であることが語られていて、疑似ユダヤ人達にとって日本民族は 天敵とでも言うべき存在と言うことが解ると思うし、現在も日本民族消滅の手立てが仕掛けられていることを認識しておく必要がある

    続きを読む

    「明治時代の新聞が予想した100年後の未来」:結構あたっているナア!?

    井口博士のサイトより
    http://quasimoto.exblog.jp/20839894/
    <転載開始>
    みなさん、こんにちは。

    いや〜〜、これは結構面白い。偶然見つけた「明治時代の新聞が予想した100年後の未来」というものをここにもメモしておこう。以下のものである。
    明治時代の新聞が予想した100年後の未来wwwww

    1901(明治34)年「報知新聞」
    無線電話で海外の友人と話ができる
    いながらにして遠距離のカラー写真が手に入る

    野獣が絶滅する
    サハラ砂漠が緑化して文明がアジア・アフリカに移る
    7日で世界一周ができるようになる
    空中軍隊や空中砲台ができる

    蚊やノミが滅亡する

    機械で温度を調節した空気を送り出す
    電気の力で野菜が成長する
    遠くの人間と話ができる
    写真電話(テレビ電話)ができる
    写真電話で買い物ができる
    電気が燃料になる
    葉巻型の列車が東京・神戸間を二時間半で走る
    鉄道網が世界中に張られる

    台風を一ヶ月以上前に予測して大砲で破壊できる

    人の身長が180センチ以上になる
    医術が進歩し薬が廃止され、電気で無痛に手術できるようになる
    馬車がなくなり、自転車と自動車が普及する

    動物と会話でき、犬が人間のお使いをする
    無教育な人間がいなくなり、幼稚園が廃止され、男女ともに大学を出る
    琵琶湖の水で起こした電気を国内に輸送する
    はずれ、部分的に当たり、大当たり)
    続きを読む

    インディアンの大予言

    なわ・ふみひとさんのサイトより
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1307-17.html
    <転載開始>
    インディアンの大予言
       
    サン・ベア&ワブン・ウインド・著  加納眞士/三村寛子・訳  扶桑社  1994年刊
    聖なる方法で

      かなり昔、1953年ごろ、ハワイから来たカフナ族のメディスンマンのダディ・ブレアは、地球の変化が起こるとき、2つの火山が同時に噴火するだろう、と告げた。そして、1984年にマウナ・ケア火山とキラウェア火山が同時に大噴火を起こしたのである。
      さらに、ヒンズー教の年老いた僧侶が、自分の国にも予言があり、木が死に始めたら地球の変化の始まりであると私に話してくれた。これは、全ヨーロッパで今起こっていることだ。ドイツでは国内の半分以上の森林がすでに死滅したか、死につつある。アメリカやカナダのかなり広い範囲でも、森林がどんどん死んでいるのだ。酸性雨やそのほかの汚染物質で、木の高い部分からどんどん死んでいるのである。
      予言の別の言葉に、空気中の有害物質のために人々が家から出られなくなるときがやってくるというのもあった。私は、旧ソ連で起こったチェルノブイリ原発事故のときドイツにいたが、まさに予言どおり、放射性降下物のために家の外には出ないように警告されたのだ。
      チェルノブイリ災害から2年後の1988年の冬、旧ソ連とヨーロッパで記録的な最低気温が観測された。この2つの出来事は関連している。我々人間が自然と一緒になって地球の変化を起こしているのだ。人類もまた、地球の一連の変化の一部である。
      すべての聖なる教えは、私たちが確実に今の地球の大きな変化のまっただ中に入っていこうとしていることを示している。予言が実現されようとしているのだ。私たちは一つの時代の終わりと新しい時代の始まりの真ん中にいる。地球の変化は予言された経過の一部なのだが、その中で役割を果たす人間によって、それがいっそう速まってきたのだ。このころになると、母なる地球が人間の手による破壊から自らを守るのが難しくなってくる。地球はその歴史の中で大きな変化をいくつも経験してきた。だが、現在起こっている変化との違いは、変化のスピードと苛酷さをエスカレートさせている人間の影響にある。
      私たちインディアンは、この偉大なる変化の時を浄化と前進の時代と見なしている。人類は、自覚と目覚めという大きな難関突破の偉大なチャンスを与えられているのだ。変化から生き残る人々は、私が理解しているところでは、より高いレベルの目覚めと、より聖なる方法で歩きだせる意識に到達した人々である。そして、現在を第四の世界として、私たちが第五の世界と呼んでいる、変化の次の段階に入ったとき、そこに到達できた聖なる方法に従って生きる人たちが、輝ける日々の一員になるだろう。
      第五の世界では、私たちは地球や人間ともっと調和を保って生きられるようになる。これが変化によって、そして今も私たちの中にいる多くの師によって、準備されつつある世界なのだ。第五の世界には、地球や互いを破壊するためだけにあくせくしていた人々はもはや存在しないのである。
      私には、世界の人口の約四分の一の人々が生き残るのが見える。生き残る人々はすべて高尚な意識に目覚めるだろう。私の仲間も偉大なる霊的な指導者たちが現れると信じている。何人かはすでにここにいる。この指導者たちが変化の時代を通して人間の意識を導く手助けをしてくれるだろう。その後、私たちはすべてに対してまったく違う意識を持つようになるだろう。これがあらゆるレベルの浄化の時であり、浄化か完了されたときには、今ある多くのものがもはやこの世に存在しなくなるだろう。

    続きを読む

    6.11再びについて

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1670.html
    <転載開始>
    さて、これはいつもの妄想地震ネタなので健全なる読者の皆様は気にしなくて良いです。
    今、新ブログのデザインを整えたりと準備中です。本日中には新ブログを告知できるでしょう。
    その間、まったりと予言をお楽しみください。

    それにしてもこのような地震が来るなどと。
    神出鬼没の女子高生に気をつけながら書かなければなりません。

    ガサッ、ゴソッ。
    ぇっ?

    そうこうしているうちに案の定。
    女子イノシシがワタスの庭に侵入して来たようです。

    やらせはせん!
    シッシッ。アッチイケ!
    ここにオスはいないよ!ワタスはこう見えても人間のオスだよ!

    先ほどそうやって発情した女子イノシシを追い払っていたところです。

    ふー。
    とかなんとか。

    さて、以下はいつもの如く大外れの予言ですが、ちょっとだけ気になったので張ります。
    昔流行った、臨終予言と呼ばれるものですね。
    臨終間際の男性が見たビジョンというものですた。
    続きを読む

    アロイス・アールメイヤによる「第三次世界大戦の予言」の壮絶な描写

    In Deepさんのサイトより
    http://oka-jp.seesaa.net/article/354797860.html
    <転載開始>


    alois-2013-04-10.jpeg

    ▲ ドイツ人のアロイス・アールメイヤ(Alois Irlmaier) さん。生年月日はわかりません。
    --



    やたらとキナ臭い、桜も散った春4月ですが、今回は久しぶりに「予言」の翻訳です。

    過去にいろいろな人がいろいろと「第三次世界大戦の予言」のようなことを語ったりしていて、様々に紹介されていました。

    それらを読んでいる中でのキーワードには、ロシアがあったり、「東」というキーワードがあったり、いろいろなんですけれど、「なんとなく共通項もあるような気もしないでもない」という部分は感じるものも多いです。


    そんな中で、ふとしたキッカケで、ドイツ人のアロイス・アールメイヤ(Alois Irlmaier)という人が 1950年代に語った予言を目にしました。


    検索してみると、このアロイス・アールメイヤという人が日本語で紹介されているものはなかったので、ご紹介しておこうと思います。

    ちなみに、このドイツ語での名前の読み方は正直これで正しいのかどうかわかりません。アロイス・イルマイルとも読めそうだし、アーロイス・イルルメイヤというのもありそうですが、とりあえずここでは、アロイス・アールメイヤということで統一いたします。




    ヨーロッパの予言によく出てくる「東」は、どこなのか?


    なお、ドイツ人の予言者といえば、19世紀のアイラート・ジャスパーという人が下のように言っています。


    アイラート・ジャスパーの1833年の予言

    東からこの戦争は起こる。
    私は東が恐ろしい。
    この戦争は急に起きる。


    Visions from Central Europe より。


    というもので、今回のドイツのアロイス・アールメイヤさんの予言に出てくる表現とも、何となく似ています。ただ、 1950年代という年代もあるのでしょうが、アロイス・アールメイヤさんの「東」は「ロシア」(当時のソ連)を想定しているようです。

    ロシアという単語も実際に出てきます。
    続きを読む

    2013年6月6日 ~ 『未来の私からの警告』

    光軍の戦士達さんのサイトより
    http://ameblo.jp/64152966/entry-11508452290.html
    <転載開始>

    2013年6月6日 ~ 『未来の私からの警告』




    t02200188_0544046612495014994


    一部の人は御存知の事と思いますが、去年の暮れから2月にかけて、

    少し体調を崩してしまいまして、ある読者の方からも、ちょっと休むよう

    に進言されました。

    人生においては、日頃から、何事にも意味があると考える私は、この際

    、日記として書き留めて置くことにしました。


    もしかしたら、未来の私からの警告かもしれないと感じ続けていました。

    体調を崩した期間が長かった所為もあります。

    過去も現在も未来も、今起こっていると記事にもしました。

    これが、何かの勘違いであれば、それはそれで良い訳ですが、

    何かの啓示であるのであれば、少し考えなければなりません。


    ただ、これは私だけのことに止まりません。

    多くの人にとっても意味のある事のように思いますし、

    だからこそ、余計に記事にすべきと考えました。


    以前より、動物には、予知能力があると聞かされて来ました。

    熱帯の草原では、大きな火事が起こる時、たくさんの動物が、

    事前に察知し、大挙して避難行動に走ると云われています。

    船が沈没することを何時間も前に察知したネズミは、船から海に

    飛び込んで脱出するそうです。最も、それで助かるとは思えません

    が、沈没後に浮かんだ残骸にでも乗るつもりかもしれません。

    犬や熊などは、相手が恐怖心を持つと瞬時に感知して、直ぐ様、

    身体が攻撃的に変わるそうです。


    目に見えない何かがあるのは間違いないのですが、残念ながら、

    感覚が退化した現代の人間には、それを感知することは出来ません。

    ただ、極一部の人間にはまだ残っているようです。

    いや、一部かどうかは良くは分かりません。

    「嫌な予感」、「虫の知らせ」、「殺気を感じる」、「行く末を予感した」

    など、深く考えないだけで結構あるのかもしれません。


    続きを読む

    富士山噴火と巨大地震は来月4月?

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    まぁ、予言の類は話半分。
    ネットをちょっと探せばいろんな予言が出てきます。
    来月と言ってる予言がいくつかあります。
    もしかしたら5月とか6月で探せばいろいろと出てくるのかもしれませんが。

    ワタスは富士山と箱根山、水噴火や富士五湖の水位が下がり、河口湖が干上がってる今の状況。
    もう完全に秒読みだと思ってるのですが。

    なので以下の予言が非常に気になってます。
    教えてもらいますた。

    ジョンポールジャクソンさんというアメリカ予言者さんの予言です。
    この方は聖書を予言で解釈するキリスト教団体を作っている方のようです。
    詳しくはwikiをお読み下さい。
    http://en.wikipedia.org/wiki/John_Paul_Jackson

    テレビのインタビューで富士山噴火について語っています。




    日本については具体的にいくつかビジョンが来ています、その中で、富士山は噴火します、3つのサイン(予兆)があります
    there would be 3 different plumes of smoke and steam were come out of volcano as a waring sign、
    噴火前に、3回にわたって(蒸気)噴煙があります、
    After the third one、then it erupts、
    3回目の噴煙が起こった後、噴火が起こるでしょう。

    続きを読む

    大地震災害の警告、聖母マリア予言

    大地震の予知と天変地異さんのサイトより
    http://eien.mie1.net/e442920.html
    今日の日に転載するのは気が引けるのですが
    万が一を考えると載せざるをおえませんでした。
    ただ、聖母マリア様が予言するとは思えませんので、予告では??と思います。
    <転載開始>
    明日の日本はどうなるのか関東地方は2度の大地震で崩壊し、また3連動大地震で大災害が到来するのか!




          
    聖母マリア様の緊急警告、
    予言記事


    日本で今後に発生する大地震の予言を申し上げておきましょう。千葉県の沖合いで今月3月14日頃までに房総半島沖合い20km地点でM7の後半からM8前後の大地震が地下10km位の場所で発生します。津波は

    最大で約15m高が関東地方沿岸を襲いますし多くの建造物が破壊されます。関東地方は此れとは別の2回目の大地震が3週間以内に神奈川県、三浦半島付近でM8,5前後の大地震が発生し関東地方は大火災と構造物の

    倒壊、大津波等で数千万人の人命が失われます。これ等から逃れますには千葉県沖の大地震が発生しましたなら一目散に日本海側の地方へ逃れて下さいますように御願い
    致します。それから日本は国難とも言えますが3連動

    大地震が今日より2ヶ月以内に東海、東南海、南海大地震が発生します。これ等も同様な被害が発生します。糸魚川~静岡線~太平洋のフィリピン大断層が一度に破壊します(M8の後半~M9位の規模)。何れにしまして

    も巨大な大津波が起き家々の倒壊が大規模に発生致しますので御承知おき下さい。事前の御避難が命を救う事となります。

    さて地球のポールシフトの発生の時期つまりスイッチが入ります時期は今年の3月10日から数えまして1ヶ月半以内に起こります。
    続きを読む

    何これ? 3千万人死亡という火山予言

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    まぁ、このブログでは散々予言の類を載せて来たのですが、当たった試しがありません。
    いつものごとく話半分ですが。。

    これは2年前の2011年3月、震災直後にネットの掲示板に書き込まれた予言です。

    良くネットの掲示板は過去に書かれたと偽って、現在の状況を書きこんでは
    当たった当たったなどとデマが書かれたりします。
    これもその類だろうと思ったのですが。
    見るとちゃんと過去に書かれたもののようです。ログが残っていますた。
    http://archive.2ch-ranking.net/occult/1300914350.html

    467: 本当にあった怖い名無し [sage] 2011/03/27(日) 23:49:23.96 ID:Y9lX11m30
    今回の震災、その後の水騒動など全てを予知していました。
    ただこれは公式に発表してませんし、日付の残る場に記してませんので意味がありません。
    しかし、再び予知を得ましたので今度は前もって警告しておきたいと思います。

    それは震災2周年を迎え、政府による復興宣言がなされた日より2か月後のことです。
    既に警戒されていた箱根山で噴火が始まります。
    一度に二ヵ所の噴火口が現れるという珍しい噴火だそうです。
    大量の溶岩が溢れ出しますが、噴石による被害等は特にありません。
    しかしその二日後、富士山の宝永噴火口の西側より大爆発がおこります。
    さらにその半日後、木曽御嶽山でも大噴火が起こります。
    海外メディアはこれを「日本の噴火火山ファミリー」と呼んで大騒ぎします。
    箱根の二つの噴火口は「箱根の双子姉妹」と呼ばれているようです。
    箱根山噴火直後から恐れられていた東海~南海地震は起こりません。
    しかし噴火に伴う火山性の地震は頻発します。
    1週間後、3火山による噴火で直接的被害は死者行方不明者合わせて2千人を超えます。
    そのニュースを見ていたときです。テレビ画面が突然おかしくなり画像が途絶えてしまいます。
    大量の噴出物が電気回路に障害を与え、関東を中心に大混乱となります。
    火災が多発し、ネットワークは至る所で障害をおこし使い物になりません。
    都市機能を維持できず、東京は放棄されることになりますが、疎開トラブルでの死者は毎日数百人以上出ています。
    私が九州の親類宅に疎開した日に見たニュースでは、死者行方不明者合わせて20万人を超えると報じられてました。
    1ヵ月の間に首都圏を脱出できたのは僅か42%、水や食料が不足したり呼吸器障害での死者が予想されると報じていました。
    そして数日後に聞きなれない言葉を目にします「避難ドミノ累災」です。
    あまりに大量の避難民が発生したため、避難先での食料が極度に不足し、飢餓や暴動が多発して秩序が失われます。
    既に広島まで自治体機能が失われました。
    関門大橋とトンネルの閉鎖が決定され、無理に突破しようとした車両や人は容赦なく攻撃されたそうです。
    最期に見たのは「犠牲者3千万人以上、地球規模の火山の冬到来か?」という活字です。



    犠牲者3千万人?
    ガクガクガクガク
    続きを読む

    「オリーブの栄光」が過ぎた後は???:「聖マラキの予言」+「聖母マリアの予言」

    井口博士のサイトより
    http://quasimoto.exblog.jp/19846874/
    <転載開始>
    聖マラキの予言
    最終112教皇の欄の言葉

    ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマの人ペテロが法王の座に就く。ローマの人ペテロは多くの苦難のさなか、子羊(キリスト教徒)を司牧する。この苦難が去ると七つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下される。おわり。


    みなさん、こんにちは。

    手塚治虫の「鉄腕アトム」の時代
    、まだ20世紀も中盤過ぎた頃で、21世紀は夢のまた夢、さぞすごい世界が待っているだろうと思っていた。また、1970年の大阪万博の姿を見て、21世紀にはきっとあんな建物で世界中が覆われて、我々人類も世界平和を実現し、太陽系を自由自在に飛び回るに違いないと思っていたものである。

    あれから40年。

    はて? 何が変わったか?

    実際は、そんな世界からはまったく異なり、むしろ逆行した世界に住んでいる。ここ徳島でもまったく40年間変化も進歩もなく、私が育った40年前の関東の姿がそこにあるだけのことであった。

    いったいどうしてこんなことになってしまったのだろうか?

    おそらく、手塚治虫先生もきっと残念な思いにかられつつ、この世を去ったのだろう。

    先日ここにメモした本
    フリーエネルギーの挑戦
    には、そんな未来の科学技術を実現しそうなものが紹介されていた。
    続きを読む

    ロシア隕石とヒルデガルドの予言

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2504.html
    <転載開始>
    ロシアの隕石に関する分析が続々と出てきています。

    今回のロシア隕石の特徴は、、、

    1)侵入角度が非常に浅い
    2)ソニックブーム(衝撃波)でガラス破損


    侵入角度が浅いことから、長い距離に隕石が移動した為、広範囲(100Km)に衝撃波が押し寄せ、ガラス破損..等の被害が出たという。

    ただ不思議なことに、湖に落ちて出来たとされる隕石孔からはこれだという隕石破片が発見されず、ロシア当局も早々と調査を中止した点。また被害に遭った地帯はロシアの核再処理工場が集中する工業地帯だという点。この面妖な展開に、実は米軍の新兵器「神の杖」やファルコンHTV2」ではないか>という意見が出てきている。

    神の杖
    (神の杖 6m弱の金属棒を宇宙空間から地表に射出 まるでロンギヌスの槍)

    ファルコンHTV2
    (ファルコンHTV2 の貨物を運搬出来る無人機 大気圏を滑空するグライダー) 

    ただし、これらはまだ完成していないシステムなので、今回のロシア隕石とは違うだすな。

    あるとすれば、、、CSM
    ※註 Conventional Strike Missile 「非核攻撃ミサイル」

    続きを読む

    地震予測情報:HAARP、磁場、電子数、海水温などの各種データで高い数値を観測!中規模地震に警戒

    正しい情報を探すブログさんのサイトより
    http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11472491584.html
    <転載開始>
    各種データで地震の前兆を観測していたのでご紹介します。全体的に太平洋中部で高い数値を観測しており、太平洋プレート沿いで強い地震が発生する可能性が考えられます。

    以下、最新の各種データです。


    ☆NASA世界電子数情報
    URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

    ↓NASAの電子数データではソロモン諸島周囲や東南アジア、日本の南部沖などで高い数値を観測しています。
    正しい情報を探すブログ


    続きを読む

    教皇と預言

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2499.html
    <転載開始>
    ローマ教皇の辞任ニュースでマラキの預言(歴代教皇に関する大司教聖マラキの預言)に俄然注目され、今は「最後の教皇=ローマ人ペトロ」になるのは一体誰なのかに注目が集まっています。

    ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう。
    ローマびとペトロ 、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。
    そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。
    終わり。


    後任の最有力候補の1人は伊ミラノの大司教アンジェロ・スコラ枢機卿(71)、あるいはガーナのピーター・コドボ・アピアウ・トゥルクソン枢機卿(64)が挙がっています。また、選出されてもこの預言が教会の最後を意味するものである限り、ペトロという教皇名は絶対名乗らないと思われる。
    ※註 宗教とは意外と狂信者ばかりであり、神の国を近づける為に敢えて名乗るかもしれないが、、、(滝汗)

    しかし、オイラはコンクラーベは紛糾し教皇が選出さないままとなると予想。その間、ベルニーニ作の「サン・ピエトロ大聖堂祭壇天蓋」の地下深くにはバチカンの守護聖人で初代教皇でもある「使徒ペトロ」の墓がありますが、教皇空位の状態が続く為、信者たちはミサでは使徒ペトロを崇める状態となり、文字通り、最後の教皇「ローマ人ペトロ」とは使徒ペトロになるだろうと予測している(ふふふふ)。

    lrg_27437590.jpg
    (この下に次教皇のペトロが眠っている。)

    この突然の辞任の背景には、ベネディクト16世(ジョセフ・ラッツインガー)に対し、人間に対する犯罪と犯罪実行指令という罪で逮捕状を発行する段取りになっていて、逮捕状は2013年2月15日(金曜日)に発行されることになっていて、ラッツインガーが関係国に入国したら拘束する段取り。2013年2月4日(月曜日)にバチカン国の国務長官タルチシオ・ベルトーン宛に逮捕状が発行され、バチカン当局が逮捕要請する外交文書を発行。このベルトーン宛のこの外交文書には回答が無く、6日後に法王ベネディクトは辞職した。更に、ジョセフラッツインガーの後継の法王も同じ罪で告発、逮捕を行うべきことが決定されているという。またイースターまでの間にバチカンの資産の先取特権が認められるという見通しによってだとも云われる。

    http://www.asyura2.com/12/kokusai7/msg/314.html

    二ビル最接近が2/14でなければならない理由は、こういうことからだったのか?(爆)

    続きを読む

    聖マラキの予言とファティマの第3の予言

    天下泰平さんのサイトより
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51847158.html
    <転載開始>
    01

    ローマ法王、28日に退位 「高齢」が理由(CNN)
    ローマ(CNN) ローマ法王ベネディクト16世(85)は11日、「高齢のため」今月28日に退位すると表明した。法王が存命中に退位するのは約600年ぶり。
    法王はローマ法王庁(バチカン)を通し、「この数カ月間、必要とされる心身の力が衰え、職務が十分に果たせないことを自覚するようになった」と、退位の理由を説明した。
    バチカンの報道官によると、枢機卿らが28日以降に後継者を選ぶ。3月末の復活祭までには新たな法王が誕生する見通しだ。
    同報道官によれば、法王自身は後継者選びに関与しない。ただ、現在の枢機卿118人のうち法王から任命されたのが67人と多数を占めることなどから、法王の影響力が表れるのは必至とみられる。
    後継者を途上国から選ぶべきだとの声もある。専門家の間では、次期法王がどこの出身であろうと、人工妊娠中絶や避妊、離婚といった問題に対する保守的な立場を受け継ぐだろうとの見方が強い。
    同報道官は、法王が熟慮の末に出した結論だと述べた。退位後は教会運営にかかわらず、バチカンの修道院で思索と祈りの日々を送るという。法王の生前退位は、1415年のグレゴリウス12世以来初めて。このようなケースは珍しいため、退位後の肩書きがどうなるかは未定だ。
    ベネディクト16世はドイツ生まれ、05年、78歳で法王に即位した。在任中に聖職者による性的虐待問題が相次いで発覚し、対応に追われた。(転載終了)

     新時代へと切り替わるが進む中、その中で最も重要な要素の1つである「宗教」の分野において大きな動きが出始めました。

    ご存知の通り、現在のローマ法王であるベネディクト16世が突然の退位を発表しました。

    生前退位は、約600年ぶりとのことなので、これが単なる「高齢のため」という理由では済まされない、何か大きな力が裏で動いていることは、誰でも容易に推測できるかと思います。

    01
    ※退位発表の夜、サン・ピエトロ大聖堂に雷落ちる

    この退位を発表した日の夜、カトリック教会の総本山であるサン・ピエトロ大聖堂には大きな雷が落ちたようで、やはり、この一件は、これから始まる大転換のきっかけを予兆する出来事であったと思います。

    02

    まず、すでにご存知の方が多いように、今回退位するベネディクト16世を始め、歴代のほとんどのローマ法王どころか、このバチカンという国、そしてカトリック教会そのものは、いわゆる闇の勢力の傘下であるのは今となっては有名なことです。
    続きを読む

    團十郎と成田不動

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2493.html
    <転載開始>
    2/3節分の日に市川團十郎丈(3日午後9時59分、66歳)がお亡くなりになりました。團十郎丈は海老蔵襲名披露公演の際に体調を崩され、結局、楽しみにしていた公演で見ることができませんでした。ここにご冥福をお祈りいたします。

    オイラが記事中で頻繁に「睨む」という用語を使った書き方をしていますが、それはこの市川團十郎家の三宝を左手に掲げ、右手を胸元に忍ばせ客席をきゅと睨む独特の「見得」を念頭に書いているのだす(ふふふふ)。

    NIRAMI.jpg
    (睨みの見得)

    さて、團十郎丈の死去の報に際して、ネットでは以前に勘三郎丈の死去時に噂された下記の予言が再びクローズアップされ始めてきた。

    **************************************************
    889 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:03:34.87 ID:CfNyLwIV0

    歌舞伎界の大物が去り
    一週間後千葉に大きな地震
    首都完全麻痺

    津波が襲い死者数20万人

    この影響で大企業が次々倒産するので
    生き残っても辛い辛い人生になる
    全然関係ない地方だが夕張みたいになる

    農家だけは食べ物を確保でき安全

    **************************************************

    続きを読む

    伊豆諸島でM5.3とM5.1の地震発生!関東東方沖で高まる巨大地震発生の可能性!本番は夏~秋?

    正しい情報を探すブログさんのサイトより
    http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11463415240.html
    <転載開始>
    伊豆諸島で強い地震が観測されています。先日はマグニチュード5.5の地震を観測し、今日はマグニチュード5.3の地震とマグニチュード5.1の地震を観測しました。


    ☆USGS地震情報
    URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000f0pp#summary

    o0783056412405023391

    o0783055512405023390




    ☆HINET高感度地震観測網
    URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?LANG=ja

    o0800084912405024264



    この前の北海道マグニチュード6.5地震が発生してから伊豆諸島周囲で地殻変動が妙に活発化しています。伊豆諸島は当ブログで昨年から予測しているM9クラス巨大地震の発生予測場所であり、今回観測されたM5クラス地震は長期的な前兆現象であると考えられます。

    続きを読む

    ギリランド氏の2013年予測

    本山よろずや本舗さんのサイトより
    http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htm
    <転載開始>
     今回は、年の初めにふさわしい、その年の予測です。
     スピリチュアル月刊誌『アネモネ』(ビオ・マガジン社)、2013年2月号からジェームズ・ギリランド氏による2013年予測を抜粋して紹介したいと思います。
     ジェームズ・ギリランド氏は、作家、エネルギーヒーラーとのことで、「国際的なTVニュースやインターネット、ウェブ・ラジオ番組でも取り上げられている著名人」なんだそうです。でも私は今回の『アネモネ』で初めて、その名を知りました。
     少しギリランド氏を紹介すると、3度の臨死体験で次元間を移動できるようになり、聖書でエゼキエルとして知られる存在、カゼキエルにサポートされているとのことです。現在はUFOコンタクトのメッカとして有名なアメリカ・ワシントン州南部にあるアダムス山のふもとにあるスピリチュアル・リトリートセンター「ECETI(イーセティ)」の代表を務めるとあります。

     ギリランド氏は、カゼキエル以外にも様々な知的生命体とのコンタオクトがあり、そうした存在から瞑想を通じてメッセージを受け取るそうです。
     今回紹介するのは、5次元のシリウスの猫族「バギート」という存在から受け取ったメッセージだそうです。
     このシリウスの猫族は地球の古代から関わりがあり、古代エジプトでは「セクメト」、古代インドでは人間を守る役割を持つ「ナルシュリーンガー」と呼ばれていたそうです。その容姿は人間の女性と猫が合わさったようだということで、イラストが載っていたので紹介します。





     これから紹介するのは、2013年に起こると伝えられたものだそうです。


     ・・・<『月刊アネモネ』2013年2月号、p9~p11から抜粋開始>・・・

     太陽フレアによる送電網のダウン

     最初のテーマは、送電網です。
     2013年に入ると、太陽フレアの直撃が続き、コンピュータが次々とダウンする可能性があります。
     そうなると、地球全体の送電網が崩壊することでしょう。
     これは、活発な太陽活動によるものであり、今や、磁極のポールシフトが起こりつつあります。
     送電システムがダメージを受けると、送水や下水のポンプが作動しなくなります。
     銀行のATMも使えなくなるでしょう。
     そして、発電により成り立っているビジネスは機能しなくなります。
     ガソリン・スタンドのポンプでさえ、バックアップシステムがなければ作動しません。
     私たちの必要とする量を充分に満たし、クリーンで効率の良い代替エネルギーがすでにこの地球上に存在しているので、直ちに公表され、導入されなければなりません。

    続きを読む
    livedoor プロフィール
    記事検索
    情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
    人気ブログランキングへ
    RevolverMaps
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    最新記事
    カテゴリ別アーカイブ
    最新コメント
    [ひふみ祝詞]
    天津祝詞
    祓祝詞
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    楽天市場
    • ライブドアブログ