大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 拡散はご自由に!

預言・予言・予知・予測

私たち人間は「機械化人間」を目指すのか、それとも「生命としての人間」を目指すのかという選択

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/396955013.html
<転載開始>


man-computer.jpg

▲ 次の時代のブレイクスルーを 先端科学者が語る「発明家レイ・カーツワイル - コンピューターに魂がやどり、人間は機械化する」より。


昨日はとても長い記事を書きましたので、今日は短めにします。

その昨日の、

人工 DNA から生命が作られる物質科学の時代に考え直したい 100年前にシュタイナーが唱えた「人類が高次へ移行する方法」
 2014年05月12日

という記事の最初に、「科学者たちは人工的に作った DNA から初めて生物を作り出した」という報道をご紹介しました。

DNA-03.gif


実は上のニュースを読んで、昨日のシュタイナーの件とは別に、もうひとつのことを思っていました。




続きを読む

アストロロジャー予見「2014年春分-2015年春分の出来事」

カレイドスコープさんのサイトより
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2803.html
<転載開始>
20100706-1.gif

……このグローバルな大転換は、本質的に金本位制度への回帰につながっていくだろう。


この記事以外のコンテンツは有料メルマガで。
初回月(毎月1日からその月の末日まで)は無料です。

mailmagazine-banner.png


ドルが崩れ始め、新しい「国際通貨」が見えてくる


以下は、アストロロジャーが、(それなりの理論に基づいて)2014年に起こるであろう出来事を予想したものです。


続きを読む

「ウラジミールの栄光」や「ロシアのアラスカ編入」のキーワードから連想するババ・バンガの言葉や、お釈迦様の予言や、マザーシプトンの隠された予言

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/392376528.html
<転載開始>

ru-alaska-01.gif

▲ 2014年3月22日のロシア Omsk Press より。




ウラジミールの栄光の意味

ババ・バンガ(Baba Vanga)という1996年に亡くなったブルガリアで最も有名だった女性の予言者がいますが、彼女の 1979年の予言の中に以下のような言葉があります。


「すべてのものが、氷が溶けるように消え去るが、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光は残る唯一のものである。ロシアは生き残るだけではなく、世界を支配する」



この、ウラジミールという名詞は、現在のロシアの大統領の名前そのものなんですが、今の世界状況を見ていると、なるほど「確かに台頭してんなあ」とは思います。

ru-putin.jpg

▲ Google 検索 ウラジミール・プーチン より。

続きを読む

桝添当選は天の仕組みが働いた結果であると

東海アマさんのTwitterより
https://twitter.com/tokaiama
<転載開始>
私のニセモノに注意 @tokaiama 17分

今も怒り狂って電話をかけてきた人に言ったが、桝添当選は天の仕組みが働いた結果であると東京は滅亡する だから最後に地獄の使者が立った【『荒らす憎むべき者』が、聖なる所に立つのを見たならば人々は山へ逃げなさい】東京から逃げよと 天が示しているのだ

私のニセモノに注意 @tokaiama 10分

聖徳太子の予言 私の死後二百年以内に一人の皇族がここに都を作る壮麗な都になり戦乱を十回浴びても栄え千年の間都として栄える一千年の時が満ちた時には黒龍により都は東に移される二百年過ぎた頃クハンダが来てその都を汚す東の都は親と七人の子供のように分かれる

続きを読む

スズさんが見た大災害の夢

大地震の予知と天変地異さんのサイトより
http://eien.mie1.net/e481981.html
<転載開始>

2013年12月23日

富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性

富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性

スズさんが見た大災害の夢

災害

最下段に管理者の気になる地震の最新情報をお伝え致しています。↓




http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20130310/yume


昨日書いた下記の記事の続編。

富士山噴火や東京大地震の夢を見る女性

http://d.hatena.ne.jp/nmomose/touch/20130309/suzu


このハピズムの記事は、掲載1日にして人気記事
ランキング1位(PC版モバイル版とも)になり、

TwitterでのRTも多く、かなり反響を呼んでいる
ようだ。


スズさんが私へのメールで書いてくれた夢の内容は、
この記事では字数制限のため全ては紹介できなかった。

このブログでそのまま転載して良いという許可を
ご本人から得たので、ここで紹介することに。


夢だけでなく、スズさんご自身のことも少し書かれて
いるが、公開しても差し支えないと判断してそれも
含めることにする。


1回目のメールよりざっくりですが、ここ数年
みた夢をご紹介します。

続きを読む

クレムナの予言 ミタール・タラビッチ

In Deepさんの過去記事の中から
http://oka-jp.seesaa.net/article/351478731.html#more
<転載開始>
Prophecy from Kremna - Mitar Tarabich

クレムナの予言 ミタール・タラビッチ


tarabich-m2.gif


父よ、ふたつの大きな戦争の後、世界が平和になり人々が豊かに暮らすようになると、それがすべて幻想であることがはっきりするだろう。

なぜなら、人々は神を忘れ、人間の知性のみを崇拝するようになるからだ。
しかし、神の意志からみると人間の知性などはとるにたらないものだ。
神が海なら、人間の知性ななど一滴の海水にもならない。

人間はさまざまなイメージが見える箱のような装置を作る。このイメージの箱は、向こう側の世界にとても近いところにある。それは、髪の毛と頭皮との距離くらいに接近している。

このイメージ装置のおかげで人々は世界中で起こっていることを見ることができるようになる。

人間は地中深くに井戸を堀り、彼らに光とスピードと動力を与える黄金を掘り出す。

そして、地球は悲しみの涙を流すのだ。

なぜなら、地中ではなく地球の表面にこそ光と黄金が存在するからだ。
地球は、自らに開けられたこの傷口のために苦しむだろう。

人々は畑で働くことをやめ、あらゆる場所を掘削する。

だが、本物のエネルギー源は地中ではなく自らの周囲にあるのだ。そのエネルギー源は人間に話しかけてくれるわけではないので、人間がこのエネルギー源の存在を思い出し、地中に多くの穴を開けたことがいかに馬鹿げていたのか後悔するようになるまでには大変な時間がかかる。

そして実はこのエネルギー源は人間の中にも存在しているのだ。

しかし、人間がそれを発見し取り出す術を獲得するには長い歳月がかかる。なので人間は自分自身の本来の姿を知ることなく長い年月を生きることになる。

高い教育を受けた人々が現れる。彼らは本を通して多くのことを知り、考え、そして自分たちが何でもできると思い込んでしまう。これらの人間の存在は、人間が自分自身の真の姿に気づくことの大きな障壁になる。

だが、人間が一度この「人間の真の姿への気づき」を得ると、こうした教育ある人々の言葉に聞き入っていた自分自身がいかに大きな錯覚に陥っていたのか自覚するようになる。

この人間の本来の姿の真の知識はあまりにも単純なことで、なぜこんなことをもっと早く発見しなかったのかと後悔するだろう。

それまで、人間は、何も知りもしないのに自分を全能だと思い込み、あらゆる馬鹿げたことをおこなうだろう。

東洋に賢者が現れる。

この人物の偉大な教えは海を越え、国境を越えて世界に広がる。しかし、人々はこの真実の教えを虚偽と決めてしまい、長い間信じることはない。

人間の魂は悪魔にのっとられるのではない。
もっと悪いものにのっとられるのだ。

その頃の人間の信じているものには真実などいっさいないのに、自分たちの信じる幻想こそが真実だと思い込むのである。

続きを読む

「クリミヤ隕石」と言う名の小惑星が2032年に地球に衝突するであろう可能性はどれくらいあるのか?

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1662.html
<転載開始>
ロシアのドミトリー・ロゴジン副首相は、クリミヤの天文学者らによって発見された400メートルの小惑星が、2032年に地球と衝突する危険性があることについて、ロシアの宇宙学にとっての至上目標であると指摘したが、 アメリカの「NASA地球近傍天体研究所」のドナ・イオマンサ氏によれば、「クリミア隕石」と呼ばれるこの小惑星が2032年に地球に衝突するであろう可能性は、ほぼゼロであると述べている。
外れる確率は99.99%だと言われているが、残り0.1%の可能性は残っている。


この惑星は2013年10月8日に発見されたばかりの若い小惑星だ。

七曜新ブログを既に知られている方は判っておられると思うが、「2034年」の地球の未来を説明していると思う。
これは、彼ら・・・宇宙の友から教えられた情報だ。

2032年と時期が早まっているのか・・・・それとも回避出来るのかはかなり微妙なところでもある。
時間の流れが速くなってきている事は皆様も重々承知であると思われる。

この破滅的未来を起こさない様に、出来るだけ私達自身が変わっていくべきなのだろうと思っている。


もし、その時がきた時は、前回も書いた様に、それぞれがそれぞれの未来を選んで頂きたいと思う。


続きを読む

ビートたけしの”世界遺産・富士山、大研究 ・大噴火20xx ゛~ 松原照子も”予言゛

光軍の戦士達さんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11621536223.html
<転載開始>
ビートたけしの
”世界遺産・富士山、大研究 ・大噴火20xx ゛
~ 松原照子も”予言゛



$wantonのブログ






「たけしの富士山大研究大噴火20XX」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130809-1170349.html

テレビ朝日系列24局ネット
 2013年9月22日(日)14:00~


ビートたけし(66)が、富士山噴火を研究する
テレビ朝日系特別番組で司会を務めることが8日、分かった。
世界文化遺産登録に沸く富士山だが、今も火山活動が続いている。
番組では最後の噴火となった約300年前の宝永大噴火と
同規模の噴火をCGで映像化するなど、たけしの司会で
「21世紀の富士山大噴火」を追求する。
9月22日(関西は23日)に放送する。

― 中略 ―

 番組では最後の噴火となった1707年の宝永大噴火が
現在発生した場合を想定した映像も制作。
当時は火山灰が江戸にまで降下したことから、
ライフラインが寸断される首都圏の様子などを伝える。

<引用終わり>

続きを読む

続編ー311を予言したロン・バードが、9月関西の大災害を予言

光軍の戦士達さんのサイトより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11606447798.html
<転載開始>
続編ー311を予言したロン・バードが、
   9月関西の大災害を予言





311を予言したロン・バードが、
9月関西の大災害を予言
~8日、奈良の不可解な震度7の誤報

大手新聞の怪しい暗号記事~9月○○日



ロンバードの予言 -fs-prophecy-

   ロンバード


■Profile
ロン・バード(Ronald H. Bard)1959年10月22日生まれ
米国カリフォルニア ロサンジェルス在住、全米最強の超能力者。
世界でただ一人著名な「フォーブス」誌に掲載された超能力者
でもあります。ハリウッドスターから日本の財界人まで幅広く
リーディングを行い、サイキックアドバイザーとして、
度々各種メディアに登場して話題になっている。
彼の予言(サイキック)能力を決定づけたのが、9.11テロに言及した
リモートビューイング実験だ。プリンストン大学のブライアント・
オレリー教授が行った、物質の「残留意思」からさまざまな事象を
読み取る実験で、彼はニューヨークにおけるテロ事件を予言。
数年後、細部まで予言どおりに事件が起こり、彼の能力は
完全に証明された。これまで3.11やビンラディンの死など
数々の予言を的中させてきた。
彼の予知・予言はオカルトという言葉で語る事はできない。

<引用終わり>


続きを読む

Qの日

煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2587.html
<転載開始>
怪しい予言者ロンバード氏がツイートでいう日本で起きる9~10月度の壊滅的な自然災害。この自然災害について、いろいろ考えられているが、、、

日本なら今の時期は地震だろうな、、、しかも大きいやつ。

それにオマケ(津波・原発過酷事故)が洩れなく付いてくるといった感じか、、、週間現代の記事には、ロンバード氏には「戦争状態よりも酷い光景」が見えていて、福島以上の災害が都市で起きるが、それは「関西」であるというと書かれれているという。
※ソースは未確認だが、、、

一方、ロシア地震学者のアレクセイ・リュブーシン氏は2013年秋~2014年春に南海トラフでM9地震があると予測しているが、南海トラフは伊豆半島まで伸びているので「関東」もありかなと思う。また沖縄カミンチュ(琉球信仰の神職者)の比嘉良丸氏も同様に「10月に関東、(その2週間後に)南海トラフで“ヤバイ”地震が起こる」と神託を下している。

以上からは「3.11東北→関東→関西」という南下の流れになる感じです。もしこうならば、南海トラフと平行に日本列島を縦走する「中央構造線」がその衝撃を伝える媒体となっているのかもしれない。

科学的予測も霊能も神託も同様に、この秋口の災害を指摘している点で、ここは謙虚に聞いた方がいいかもしれない。オイラもニビル来訪用にとシンクロ観測気球(「X」の記号をある製品に使用)をブチ上げたが(爆)、9/9に全部まるっと入れ替わってしまうとういう事態が発生することから、これは9/9頃に何かあるという暗示だろうと睨んでいるから尚更だ。

続きを読む

ビリー・マイヤー予言

AAAさんより
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1796696.html#comments
<転載開始>
  • http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-1498.html
     
    ビリー・マイヤー予言1
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-48.html
     
    ビリー・マイヤー予言2
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-49.html
     
    ビリー・マイヤー予言3
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-50.html
     
    ビリー・マイヤー予言4
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-51.html
     
    ビリー・マイヤー予言5
    http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-52.html
     
    上記のサイトではビリー・マイヤー氏の予言が掲載されています。
    プレアデス星人と接触して未来を見てきたと主張する彼は、インターネットの普及や中国の領土侵略に伴う日中関係の悪化なども予測しており、極めて的中率が高い予言です。
    予言では移民による暴動などでイギリスのウェールズやアイルランドでは内戦状態、フランスはEU政府の権限強化やイスラム系移民の問題で騒乱状態になると書かれている恐ろしい予言です。
    第三次世界大戦など、移民問題以外の予言も書かれていますので一見の価値は有ると思います。

  • 続きを読む

    中国の李鵬

    終末と太陽の検証サイト
    http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n440001/n440031.htm
    <転載開始>

    その他の予言_中国の李鵬 Ⅰ NO n440031

    ----コメント 2013/08/12----

    {新44_その他の予言_中国の李鵬_01}
    -----------------------
    0816・日本という国は20年後には消えてなくなる:中国の首相だった李鵬の予言:ジョンタイタ-の予言:奴らの日本民族の消滅は 彼らの奴隷資産の破壊の罰である
    --------------------
    コメント:
    最近、「中国の首相だった李鵬」が「日本という国は20年後には消えてなくなる」と語ったが、その年代の2013年から2015年が近づいたので、その実現性について幾つか情報が流れ居るので少し吟味してみた
    何故なら、中国の首相がオストラリアの元首に「日本という国は20年後には消えてなくなる」と言ったことである
    何かの背景情報が無い限り、元首同士が一国の消滅を予言的であれ語らないからである
    この場合、「中国の首相だった李鵬」が予想・予測したのか予言・預言したのか明確でないので、預言・予言の検証材料として耐えるのかというところが問題である
    ---
    この問題を考察する時、「やつらは 日本を消滅させるし、させなければならない理由ある」ことを理解しておかなければならない
    既に、奴らが何をしようとしているかその目的を案内している
    分かり易く言えば、金融貴族として世界制覇をしたが、それから脱皮して完全世界制覇・世界征服を完成なければならないからである
    そこには 白人主義と有色人種の完全奴隷制の適性人口数への削減などの管理システム構築にある
    この企みの前に立ちはだかるものたち、日本民族の本人達が認識しているがしないかに関わらず日本民族が立ちはだかり、この民族を消滅させない限り完成しないからである

    解りにくいかもしれないので例えで簡単に説明しよう
    奴らは 世界中の有色人種の国家を植民地化=経済的奴隷化してしまう計画で、明治維新の頃完成したと考えていた
    インド・中国とアジアの大国もアヘンなどの麻薬漬けにして植民地化完了した
    その頃、地球上で残っていたのは 日本国・日本民族だけであった
    奴らは ほとんど完成したと考えていた

    ところが、奴らにとって想定外の存在があらわれた
    ある面で識字率など、当時としてダントツの進化社会を日本民族は完成していた
    問題は 当時の科学と技術レベルだけであった
    当時の日本民族は上手く立ち回り始めるとともに、奴らの想定外の進歩を開始し完成間近と思われたのに、抵抗にあうことになった
    分かり易く言えば、驚くほどの速度で進歩して、日清戦争では眠る大国と思われていた中国との日清戦争で勝利、大国のロシアとの日露戦争に至っては 艦隊を殲滅するに至った
    その日本民族が、人種差別反対を言い出し、奴らが長い年月をかけて完成間近の人種差別化=植民地化=経済的奴隷化を破壊して、奴隷制のうまみを横取りし始めた
    それだけでなく、ひとたび奴隷化した民族に教育・自国軍の兵士の訓練を開始して独立の為の基礎訓練を開始し実行しはじめた

    その結果、日本民族は 奴らの庶民地・奴隷システムの破壊を開始し、奴らの代理人のアメリカ・イギリス・フランスなどなどとの解放戦争を開始して、打ち破り、奴らが奴隷化することによって奪った資産を奪い返した
    この明治維新からのことを良く理解していると、奴らにとっては 自らの資産を簒奪・植民地民に返却させられると言う屈辱を日本民族に味合わされたことを意味していて、それだけで地上から日本民族は抹殺に値するということである
    加えて、もっと致命的なことは 日本民族こそ真性ユダヤ人の末裔であり、アシュケ-ナジ人たち疑似・偽物のユダヤ人である構図になっていて、奴らが世界征服の後に作りたいと考えていた社会構造を既に江戸時代に完成していたということすら認識せざるをえなかったことである
    分かり易く言えば、日本民族がこの地球上に存在していることは 疑似ユダヤ人たちにとっては自らの立場を危うくすることを意味している
    が故に、奴らにとっては いかなる過程があっても最終的には 日本民族を消滅させなければ、自らの立場を危うくすることを意味しているから、壊滅させる手立てを組み込み進行形で実施をしていることを認識しておく必要がある
    予言的に言えば、遠い未来には疑似ユダヤ人達の存在の予言は見られなくなる
    それは 陰の金融貴族の地位が破壊されることを意味していて、その破壊の張本人達が日本民族であることが語られていて、疑似ユダヤ人達にとって日本民族は 天敵とでも言うべき存在と言うことが解ると思うし、現在も日本民族消滅の手立てが仕掛けられていることを認識しておく必要がある

    続きを読む

    「明治時代の新聞が予想した100年後の未来」:結構あたっているナア!?

    井口博士のサイトより
    http://quasimoto.exblog.jp/20839894/
    <転載開始>
    みなさん、こんにちは。

    いや〜〜、これは結構面白い。偶然見つけた「明治時代の新聞が予想した100年後の未来」というものをここにもメモしておこう。以下のものである。
    明治時代の新聞が予想した100年後の未来wwwww

    1901(明治34)年「報知新聞」
    無線電話で海外の友人と話ができる
    いながらにして遠距離のカラー写真が手に入る

    野獣が絶滅する
    サハラ砂漠が緑化して文明がアジア・アフリカに移る
    7日で世界一周ができるようになる
    空中軍隊や空中砲台ができる

    蚊やノミが滅亡する

    機械で温度を調節した空気を送り出す
    電気の力で野菜が成長する
    遠くの人間と話ができる
    写真電話(テレビ電話)ができる
    写真電話で買い物ができる
    電気が燃料になる
    葉巻型の列車が東京・神戸間を二時間半で走る
    鉄道網が世界中に張られる

    台風を一ヶ月以上前に予測して大砲で破壊できる

    人の身長が180センチ以上になる
    医術が進歩し薬が廃止され、電気で無痛に手術できるようになる
    馬車がなくなり、自転車と自動車が普及する

    動物と会話でき、犬が人間のお使いをする
    無教育な人間がいなくなり、幼稚園が廃止され、男女ともに大学を出る
    琵琶湖の水で起こした電気を国内に輸送する
    はずれ、部分的に当たり、大当たり)
    続きを読む

    インディアンの大予言

    なわ・ふみひとさんのサイトより
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1307-17.html
    <転載開始>
    インディアンの大予言
       
    サン・ベア&ワブン・ウインド・著  加納眞士/三村寛子・訳  扶桑社  1994年刊
    聖なる方法で

      かなり昔、1953年ごろ、ハワイから来たカフナ族のメディスンマンのダディ・ブレアは、地球の変化が起こるとき、2つの火山が同時に噴火するだろう、と告げた。そして、1984年にマウナ・ケア火山とキラウェア火山が同時に大噴火を起こしたのである。
      さらに、ヒンズー教の年老いた僧侶が、自分の国にも予言があり、木が死に始めたら地球の変化の始まりであると私に話してくれた。これは、全ヨーロッパで今起こっていることだ。ドイツでは国内の半分以上の森林がすでに死滅したか、死につつある。アメリカやカナダのかなり広い範囲でも、森林がどんどん死んでいるのだ。酸性雨やそのほかの汚染物質で、木の高い部分からどんどん死んでいるのである。
      予言の別の言葉に、空気中の有害物質のために人々が家から出られなくなるときがやってくるというのもあった。私は、旧ソ連で起こったチェルノブイリ原発事故のときドイツにいたが、まさに予言どおり、放射性降下物のために家の外には出ないように警告されたのだ。
      チェルノブイリ災害から2年後の1988年の冬、旧ソ連とヨーロッパで記録的な最低気温が観測された。この2つの出来事は関連している。我々人間が自然と一緒になって地球の変化を起こしているのだ。人類もまた、地球の一連の変化の一部である。
      すべての聖なる教えは、私たちが確実に今の地球の大きな変化のまっただ中に入っていこうとしていることを示している。予言が実現されようとしているのだ。私たちは一つの時代の終わりと新しい時代の始まりの真ん中にいる。地球の変化は予言された経過の一部なのだが、その中で役割を果たす人間によって、それがいっそう速まってきたのだ。このころになると、母なる地球が人間の手による破壊から自らを守るのが難しくなってくる。地球はその歴史の中で大きな変化をいくつも経験してきた。だが、現在起こっている変化との違いは、変化のスピードと苛酷さをエスカレートさせている人間の影響にある。
      私たちインディアンは、この偉大なる変化の時を浄化と前進の時代と見なしている。人類は、自覚と目覚めという大きな難関突破の偉大なチャンスを与えられているのだ。変化から生き残る人々は、私が理解しているところでは、より高いレベルの目覚めと、より聖なる方法で歩きだせる意識に到達した人々である。そして、現在を第四の世界として、私たちが第五の世界と呼んでいる、変化の次の段階に入ったとき、そこに到達できた聖なる方法に従って生きる人たちが、輝ける日々の一員になるだろう。
      第五の世界では、私たちは地球や人間ともっと調和を保って生きられるようになる。これが変化によって、そして今も私たちの中にいる多くの師によって、準備されつつある世界なのだ。第五の世界には、地球や互いを破壊するためだけにあくせくしていた人々はもはや存在しないのである。
      私には、世界の人口の約四分の一の人々が生き残るのが見える。生き残る人々はすべて高尚な意識に目覚めるだろう。私の仲間も偉大なる霊的な指導者たちが現れると信じている。何人かはすでにここにいる。この指導者たちが変化の時代を通して人間の意識を導く手助けをしてくれるだろう。その後、私たちはすべてに対してまったく違う意識を持つようになるだろう。これがあらゆるレベルの浄化の時であり、浄化か完了されたときには、今ある多くのものがもはやこの世に存在しなくなるだろう。

    続きを読む

    6.11再びについて

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1670.html
    <転載開始>
    さて、これはいつもの妄想地震ネタなので健全なる読者の皆様は気にしなくて良いです。
    今、新ブログのデザインを整えたりと準備中です。本日中には新ブログを告知できるでしょう。
    その間、まったりと予言をお楽しみください。

    それにしてもこのような地震が来るなどと。
    神出鬼没の女子高生に気をつけながら書かなければなりません。

    ガサッ、ゴソッ。
    ぇっ?

    そうこうしているうちに案の定。
    女子イノシシがワタスの庭に侵入して来たようです。

    やらせはせん!
    シッシッ。アッチイケ!
    ここにオスはいないよ!ワタスはこう見えても人間のオスだよ!

    先ほどそうやって発情した女子イノシシを追い払っていたところです。

    ふー。
    とかなんとか。

    さて、以下はいつもの如く大外れの予言ですが、ちょっとだけ気になったので張ります。
    昔流行った、臨終予言と呼ばれるものですね。
    臨終間際の男性が見たビジョンというものですた。
    続きを読む

    アロイス・アールメイヤによる「第三次世界大戦の予言」の壮絶な描写

    In Deepさんのサイトより
    http://oka-jp.seesaa.net/article/354797860.html
    <転載開始>


    alois-2013-04-10.jpeg

    ▲ ドイツ人のアロイス・アールメイヤ(Alois Irlmaier) さん。生年月日はわかりません。
    --



    やたらとキナ臭い、桜も散った春4月ですが、今回は久しぶりに「予言」の翻訳です。

    過去にいろいろな人がいろいろと「第三次世界大戦の予言」のようなことを語ったりしていて、様々に紹介されていました。

    それらを読んでいる中でのキーワードには、ロシアがあったり、「東」というキーワードがあったり、いろいろなんですけれど、「なんとなく共通項もあるような気もしないでもない」という部分は感じるものも多いです。


    そんな中で、ふとしたキッカケで、ドイツ人のアロイス・アールメイヤ(Alois Irlmaier)という人が 1950年代に語った予言を目にしました。


    検索してみると、このアロイス・アールメイヤという人が日本語で紹介されているものはなかったので、ご紹介しておこうと思います。

    ちなみに、このドイツ語での名前の読み方は正直これで正しいのかどうかわかりません。アロイス・イルマイルとも読めそうだし、アーロイス・イルルメイヤというのもありそうですが、とりあえずここでは、アロイス・アールメイヤということで統一いたします。




    ヨーロッパの予言によく出てくる「東」は、どこなのか?


    なお、ドイツ人の予言者といえば、19世紀のアイラート・ジャスパーという人が下のように言っています。


    アイラート・ジャスパーの1833年の予言

    東からこの戦争は起こる。
    私は東が恐ろしい。
    この戦争は急に起きる。


    Visions from Central Europe より。


    というもので、今回のドイツのアロイス・アールメイヤさんの予言に出てくる表現とも、何となく似ています。ただ、 1950年代という年代もあるのでしょうが、アロイス・アールメイヤさんの「東」は「ロシア」(当時のソ連)を想定しているようです。

    ロシアという単語も実際に出てきます。
    続きを読む

    2013年6月6日 ~ 『未来の私からの警告』

    光軍の戦士達さんのサイトより
    http://ameblo.jp/64152966/entry-11508452290.html
    <転載開始>

    2013年6月6日 ~ 『未来の私からの警告』




    t02200188_0544046612495014994


    一部の人は御存知の事と思いますが、去年の暮れから2月にかけて、

    少し体調を崩してしまいまして、ある読者の方からも、ちょっと休むよう

    に進言されました。

    人生においては、日頃から、何事にも意味があると考える私は、この際

    、日記として書き留めて置くことにしました。


    もしかしたら、未来の私からの警告かもしれないと感じ続けていました。

    体調を崩した期間が長かった所為もあります。

    過去も現在も未来も、今起こっていると記事にもしました。

    これが、何かの勘違いであれば、それはそれで良い訳ですが、

    何かの啓示であるのであれば、少し考えなければなりません。


    ただ、これは私だけのことに止まりません。

    多くの人にとっても意味のある事のように思いますし、

    だからこそ、余計に記事にすべきと考えました。


    以前より、動物には、予知能力があると聞かされて来ました。

    熱帯の草原では、大きな火事が起こる時、たくさんの動物が、

    事前に察知し、大挙して避難行動に走ると云われています。

    船が沈没することを何時間も前に察知したネズミは、船から海に

    飛び込んで脱出するそうです。最も、それで助かるとは思えません

    が、沈没後に浮かんだ残骸にでも乗るつもりかもしれません。

    犬や熊などは、相手が恐怖心を持つと瞬時に感知して、直ぐ様、

    身体が攻撃的に変わるそうです。


    目に見えない何かがあるのは間違いないのですが、残念ながら、

    感覚が退化した現代の人間には、それを感知することは出来ません。

    ただ、極一部の人間にはまだ残っているようです。

    いや、一部かどうかは良くは分かりません。

    「嫌な予感」、「虫の知らせ」、「殺気を感じる」、「行く末を予感した」

    など、深く考えないだけで結構あるのかもしれません。


    続きを読む

    富士山噴火と巨大地震は来月4月?

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    まぁ、予言の類は話半分。
    ネットをちょっと探せばいろんな予言が出てきます。
    来月と言ってる予言がいくつかあります。
    もしかしたら5月とか6月で探せばいろいろと出てくるのかもしれませんが。

    ワタスは富士山と箱根山、水噴火や富士五湖の水位が下がり、河口湖が干上がってる今の状況。
    もう完全に秒読みだと思ってるのですが。

    なので以下の予言が非常に気になってます。
    教えてもらいますた。

    ジョンポールジャクソンさんというアメリカ予言者さんの予言です。
    この方は聖書を予言で解釈するキリスト教団体を作っている方のようです。
    詳しくはwikiをお読み下さい。
    http://en.wikipedia.org/wiki/John_Paul_Jackson

    テレビのインタビューで富士山噴火について語っています。




    日本については具体的にいくつかビジョンが来ています、その中で、富士山は噴火します、3つのサイン(予兆)があります
    there would be 3 different plumes of smoke and steam were come out of volcano as a waring sign、
    噴火前に、3回にわたって(蒸気)噴煙があります、
    After the third one、then it erupts、
    3回目の噴煙が起こった後、噴火が起こるでしょう。

    続きを読む

    大地震災害の警告、聖母マリア予言

    大地震の予知と天変地異さんのサイトより
    http://eien.mie1.net/e442920.html
    今日の日に転載するのは気が引けるのですが
    万が一を考えると載せざるをおえませんでした。
    ただ、聖母マリア様が予言するとは思えませんので、予告では??と思います。
    <転載開始>
    明日の日本はどうなるのか関東地方は2度の大地震で崩壊し、また3連動大地震で大災害が到来するのか!




          
    聖母マリア様の緊急警告、
    予言記事


    日本で今後に発生する大地震の予言を申し上げておきましょう。千葉県の沖合いで今月3月14日頃までに房総半島沖合い20km地点でM7の後半からM8前後の大地震が地下10km位の場所で発生します。津波は

    最大で約15m高が関東地方沿岸を襲いますし多くの建造物が破壊されます。関東地方は此れとは別の2回目の大地震が3週間以内に神奈川県、三浦半島付近でM8,5前後の大地震が発生し関東地方は大火災と構造物の

    倒壊、大津波等で数千万人の人命が失われます。これ等から逃れますには千葉県沖の大地震が発生しましたなら一目散に日本海側の地方へ逃れて下さいますように御願い
    致します。それから日本は国難とも言えますが3連動

    大地震が今日より2ヶ月以内に東海、東南海、南海大地震が発生します。これ等も同様な被害が発生します。糸魚川~静岡線~太平洋のフィリピン大断層が一度に破壊します(M8の後半~M9位の規模)。何れにしまして

    も巨大な大津波が起き家々の倒壊が大規模に発生致しますので御承知おき下さい。事前の御避難が命を救う事となります。

    さて地球のポールシフトの発生の時期つまりスイッチが入ります時期は今年の3月10日から数えまして1ヶ月半以内に起こります。
    続きを読む

    何これ? 3千万人死亡という火山予言

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    まぁ、このブログでは散々予言の類を載せて来たのですが、当たった試しがありません。
    いつものごとく話半分ですが。。

    これは2年前の2011年3月、震災直後にネットの掲示板に書き込まれた予言です。

    良くネットの掲示板は過去に書かれたと偽って、現在の状況を書きこんでは
    当たった当たったなどとデマが書かれたりします。
    これもその類だろうと思ったのですが。
    見るとちゃんと過去に書かれたもののようです。ログが残っていますた。
    http://archive.2ch-ranking.net/occult/1300914350.html

    467: 本当にあった怖い名無し [sage] 2011/03/27(日) 23:49:23.96 ID:Y9lX11m30
    今回の震災、その後の水騒動など全てを予知していました。
    ただこれは公式に発表してませんし、日付の残る場に記してませんので意味がありません。
    しかし、再び予知を得ましたので今度は前もって警告しておきたいと思います。

    それは震災2周年を迎え、政府による復興宣言がなされた日より2か月後のことです。
    既に警戒されていた箱根山で噴火が始まります。
    一度に二ヵ所の噴火口が現れるという珍しい噴火だそうです。
    大量の溶岩が溢れ出しますが、噴石による被害等は特にありません。
    しかしその二日後、富士山の宝永噴火口の西側より大爆発がおこります。
    さらにその半日後、木曽御嶽山でも大噴火が起こります。
    海外メディアはこれを「日本の噴火火山ファミリー」と呼んで大騒ぎします。
    箱根の二つの噴火口は「箱根の双子姉妹」と呼ばれているようです。
    箱根山噴火直後から恐れられていた東海~南海地震は起こりません。
    しかし噴火に伴う火山性の地震は頻発します。
    1週間後、3火山による噴火で直接的被害は死者行方不明者合わせて2千人を超えます。
    そのニュースを見ていたときです。テレビ画面が突然おかしくなり画像が途絶えてしまいます。
    大量の噴出物が電気回路に障害を与え、関東を中心に大混乱となります。
    火災が多発し、ネットワークは至る所で障害をおこし使い物になりません。
    都市機能を維持できず、東京は放棄されることになりますが、疎開トラブルでの死者は毎日数百人以上出ています。
    私が九州の親類宅に疎開した日に見たニュースでは、死者行方不明者合わせて20万人を超えると報じられてました。
    1ヵ月の間に首都圏を脱出できたのは僅か42%、水や食料が不足したり呼吸器障害での死者が予想されると報じていました。
    そして数日後に聞きなれない言葉を目にします「避難ドミノ累災」です。
    あまりに大量の避難民が発生したため、避難先での食料が極度に不足し、飢餓や暴動が多発して秩序が失われます。
    既に広島まで自治体機能が失われました。
    関門大橋とトンネルの閉鎖が決定され、無理に突破しようとした車両や人は容赦なく攻撃されたそうです。
    最期に見たのは「犠牲者3千万人以上、地球規模の火山の冬到来か?」という活字です。



    犠牲者3千万人?
    ガクガクガクガク
    続きを読む

    「オリーブの栄光」が過ぎた後は???:「聖マラキの予言」+「聖母マリアの予言」

    井口博士のサイトより
    http://quasimoto.exblog.jp/19846874/
    <転載開始>
    聖マラキの予言
    最終112教皇の欄の言葉

    ローマ聖庁が最後の迫害を受ける間、ローマの人ペテロが法王の座に就く。ローマの人ペテロは多くの苦難のさなか、子羊(キリスト教徒)を司牧する。この苦難が去ると七つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下される。おわり。


    みなさん、こんにちは。

    手塚治虫の「鉄腕アトム」の時代
    、まだ20世紀も中盤過ぎた頃で、21世紀は夢のまた夢、さぞすごい世界が待っているだろうと思っていた。また、1970年の大阪万博の姿を見て、21世紀にはきっとあんな建物で世界中が覆われて、我々人類も世界平和を実現し、太陽系を自由自在に飛び回るに違いないと思っていたものである。

    あれから40年。

    はて? 何が変わったか?

    実際は、そんな世界からはまったく異なり、むしろ逆行した世界に住んでいる。ここ徳島でもまったく40年間変化も進歩もなく、私が育った40年前の関東の姿がそこにあるだけのことであった。

    いったいどうしてこんなことになってしまったのだろうか?

    おそらく、手塚治虫先生もきっと残念な思いにかられつつ、この世を去ったのだろう。

    先日ここにメモした本
    フリーエネルギーの挑戦
    には、そんな未来の科学技術を実現しそうなものが紹介されていた。
    続きを読む

    ロシア隕石とヒルデガルドの予言

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2504.html
    <転載開始>
    ロシアの隕石に関する分析が続々と出てきています。

    今回のロシア隕石の特徴は、、、

    1)侵入角度が非常に浅い
    2)ソニックブーム(衝撃波)でガラス破損


    侵入角度が浅いことから、長い距離に隕石が移動した為、広範囲(100Km)に衝撃波が押し寄せ、ガラス破損..等の被害が出たという。

    ただ不思議なことに、湖に落ちて出来たとされる隕石孔からはこれだという隕石破片が発見されず、ロシア当局も早々と調査を中止した点。また被害に遭った地帯はロシアの核再処理工場が集中する工業地帯だという点。この面妖な展開に、実は米軍の新兵器「神の杖」やファルコンHTV2」ではないか>という意見が出てきている。

    神の杖
    (神の杖 6m弱の金属棒を宇宙空間から地表に射出 まるでロンギヌスの槍)

    ファルコンHTV2
    (ファルコンHTV2 の貨物を運搬出来る無人機 大気圏を滑空するグライダー) 

    ただし、これらはまだ完成していないシステムなので、今回のロシア隕石とは違うだすな。

    あるとすれば、、、CSM
    ※註 Conventional Strike Missile 「非核攻撃ミサイル」

    続きを読む

    地震予測情報:HAARP、磁場、電子数、海水温などの各種データで高い数値を観測!中規模地震に警戒

    正しい情報を探すブログさんのサイトより
    http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11472491584.html
    <転載開始>
    各種データで地震の前兆を観測していたのでご紹介します。全体的に太平洋中部で高い数値を観測しており、太平洋プレート沿いで強い地震が発生する可能性が考えられます。

    以下、最新の各種データです。


    ☆NASA世界電子数情報
    URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

    ↓NASAの電子数データではソロモン諸島周囲や東南アジア、日本の南部沖などで高い数値を観測しています。
    正しい情報を探すブログ


    続きを読む

    教皇と預言

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2499.html
    <転載開始>
    ローマ教皇の辞任ニュースでマラキの預言(歴代教皇に関する大司教聖マラキの預言)に俄然注目され、今は「最後の教皇=ローマ人ペトロ」になるのは一体誰なのかに注目が集まっています。

    ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう。
    ローマびとペトロ 、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。
    そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。
    終わり。


    後任の最有力候補の1人は伊ミラノの大司教アンジェロ・スコラ枢機卿(71)、あるいはガーナのピーター・コドボ・アピアウ・トゥルクソン枢機卿(64)が挙がっています。また、選出されてもこの預言が教会の最後を意味するものである限り、ペトロという教皇名は絶対名乗らないと思われる。
    ※註 宗教とは意外と狂信者ばかりであり、神の国を近づける為に敢えて名乗るかもしれないが、、、(滝汗)

    しかし、オイラはコンクラーベは紛糾し教皇が選出さないままとなると予想。その間、ベルニーニ作の「サン・ピエトロ大聖堂祭壇天蓋」の地下深くにはバチカンの守護聖人で初代教皇でもある「使徒ペトロ」の墓がありますが、教皇空位の状態が続く為、信者たちはミサでは使徒ペトロを崇める状態となり、文字通り、最後の教皇「ローマ人ペトロ」とは使徒ペトロになるだろうと予測している(ふふふふ)。

    lrg_27437590.jpg
    (この下に次教皇のペトロが眠っている。)

    この突然の辞任の背景には、ベネディクト16世(ジョセフ・ラッツインガー)に対し、人間に対する犯罪と犯罪実行指令という罪で逮捕状を発行する段取りになっていて、逮捕状は2013年2月15日(金曜日)に発行されることになっていて、ラッツインガーが関係国に入国したら拘束する段取り。2013年2月4日(月曜日)にバチカン国の国務長官タルチシオ・ベルトーン宛に逮捕状が発行され、バチカン当局が逮捕要請する外交文書を発行。このベルトーン宛のこの外交文書には回答が無く、6日後に法王ベネディクトは辞職した。更に、ジョセフラッツインガーの後継の法王も同じ罪で告発、逮捕を行うべきことが決定されているという。またイースターまでの間にバチカンの資産の先取特権が認められるという見通しによってだとも云われる。

    http://www.asyura2.com/12/kokusai7/msg/314.html

    二ビル最接近が2/14でなければならない理由は、こういうことからだったのか?(爆)

    続きを読む

    聖マラキの予言とファティマの第3の予言

    天下泰平さんのサイトより
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51847158.html
    <転載開始>
    01

    ローマ法王、28日に退位 「高齢」が理由(CNN)
    ローマ(CNN) ローマ法王ベネディクト16世(85)は11日、「高齢のため」今月28日に退位すると表明した。法王が存命中に退位するのは約600年ぶり。
    法王はローマ法王庁(バチカン)を通し、「この数カ月間、必要とされる心身の力が衰え、職務が十分に果たせないことを自覚するようになった」と、退位の理由を説明した。
    バチカンの報道官によると、枢機卿らが28日以降に後継者を選ぶ。3月末の復活祭までには新たな法王が誕生する見通しだ。
    同報道官によれば、法王自身は後継者選びに関与しない。ただ、現在の枢機卿118人のうち法王から任命されたのが67人と多数を占めることなどから、法王の影響力が表れるのは必至とみられる。
    後継者を途上国から選ぶべきだとの声もある。専門家の間では、次期法王がどこの出身であろうと、人工妊娠中絶や避妊、離婚といった問題に対する保守的な立場を受け継ぐだろうとの見方が強い。
    同報道官は、法王が熟慮の末に出した結論だと述べた。退位後は教会運営にかかわらず、バチカンの修道院で思索と祈りの日々を送るという。法王の生前退位は、1415年のグレゴリウス12世以来初めて。このようなケースは珍しいため、退位後の肩書きがどうなるかは未定だ。
    ベネディクト16世はドイツ生まれ、05年、78歳で法王に即位した。在任中に聖職者による性的虐待問題が相次いで発覚し、対応に追われた。(転載終了)

     新時代へと切り替わるが進む中、その中で最も重要な要素の1つである「宗教」の分野において大きな動きが出始めました。

    ご存知の通り、現在のローマ法王であるベネディクト16世が突然の退位を発表しました。

    生前退位は、約600年ぶりとのことなので、これが単なる「高齢のため」という理由では済まされない、何か大きな力が裏で動いていることは、誰でも容易に推測できるかと思います。

    01
    ※退位発表の夜、サン・ピエトロ大聖堂に雷落ちる

    この退位を発表した日の夜、カトリック教会の総本山であるサン・ピエトロ大聖堂には大きな雷が落ちたようで、やはり、この一件は、これから始まる大転換のきっかけを予兆する出来事であったと思います。

    02

    まず、すでにご存知の方が多いように、今回退位するベネディクト16世を始め、歴代のほとんどのローマ法王どころか、このバチカンという国、そしてカトリック教会そのものは、いわゆる闇の勢力の傘下であるのは今となっては有名なことです。
    続きを読む

    團十郎と成田不動

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2493.html
    <転載開始>
    2/3節分の日に市川團十郎丈(3日午後9時59分、66歳)がお亡くなりになりました。團十郎丈は海老蔵襲名披露公演の際に体調を崩され、結局、楽しみにしていた公演で見ることができませんでした。ここにご冥福をお祈りいたします。

    オイラが記事中で頻繁に「睨む」という用語を使った書き方をしていますが、それはこの市川團十郎家の三宝を左手に掲げ、右手を胸元に忍ばせ客席をきゅと睨む独特の「見得」を念頭に書いているのだす(ふふふふ)。

    NIRAMI.jpg
    (睨みの見得)

    さて、團十郎丈の死去の報に際して、ネットでは以前に勘三郎丈の死去時に噂された下記の予言が再びクローズアップされ始めてきた。

    **************************************************
    889 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:03:34.87 ID:CfNyLwIV0

    歌舞伎界の大物が去り
    一週間後千葉に大きな地震
    首都完全麻痺

    津波が襲い死者数20万人

    この影響で大企業が次々倒産するので
    生き残っても辛い辛い人生になる
    全然関係ない地方だが夕張みたいになる

    農家だけは食べ物を確保でき安全

    **************************************************

    続きを読む

    伊豆諸島でM5.3とM5.1の地震発生!関東東方沖で高まる巨大地震発生の可能性!本番は夏~秋?

    正しい情報を探すブログさんのサイトより
    http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11463415240.html
    <転載開始>
    伊豆諸島で強い地震が観測されています。先日はマグニチュード5.5の地震を観測し、今日はマグニチュード5.3の地震とマグニチュード5.1の地震を観測しました。


    ☆USGS地震情報
    URL http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000f0pp#summary

    o0783056412405023391

    o0783055512405023390




    ☆HINET高感度地震観測網
    URL http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?LANG=ja

    o0800084912405024264



    この前の北海道マグニチュード6.5地震が発生してから伊豆諸島周囲で地殻変動が妙に活発化しています。伊豆諸島は当ブログで昨年から予測しているM9クラス巨大地震の発生予測場所であり、今回観測されたM5クラス地震は長期的な前兆現象であると考えられます。

    続きを読む

    ギリランド氏の2013年予測

    本山よろずや本舗さんのサイトより
    http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htm
    <転載開始>
     今回は、年の初めにふさわしい、その年の予測です。
     スピリチュアル月刊誌『アネモネ』(ビオ・マガジン社)、2013年2月号からジェームズ・ギリランド氏による2013年予測を抜粋して紹介したいと思います。
     ジェームズ・ギリランド氏は、作家、エネルギーヒーラーとのことで、「国際的なTVニュースやインターネット、ウェブ・ラジオ番組でも取り上げられている著名人」なんだそうです。でも私は今回の『アネモネ』で初めて、その名を知りました。
     少しギリランド氏を紹介すると、3度の臨死体験で次元間を移動できるようになり、聖書でエゼキエルとして知られる存在、カゼキエルにサポートされているとのことです。現在はUFOコンタクトのメッカとして有名なアメリカ・ワシントン州南部にあるアダムス山のふもとにあるスピリチュアル・リトリートセンター「ECETI(イーセティ)」の代表を務めるとあります。

     ギリランド氏は、カゼキエル以外にも様々な知的生命体とのコンタオクトがあり、そうした存在から瞑想を通じてメッセージを受け取るそうです。
     今回紹介するのは、5次元のシリウスの猫族「バギート」という存在から受け取ったメッセージだそうです。
     このシリウスの猫族は地球の古代から関わりがあり、古代エジプトでは「セクメト」、古代インドでは人間を守る役割を持つ「ナルシュリーンガー」と呼ばれていたそうです。その容姿は人間の女性と猫が合わさったようだということで、イラストが載っていたので紹介します。





     これから紹介するのは、2013年に起こると伝えられたものだそうです。


     ・・・<『月刊アネモネ』2013年2月号、p9~p11から抜粋開始>・・・

     太陽フレアによる送電網のダウン

     最初のテーマは、送電網です。
     2013年に入ると、太陽フレアの直撃が続き、コンピュータが次々とダウンする可能性があります。
     そうなると、地球全体の送電網が崩壊することでしょう。
     これは、活発な太陽活動によるものであり、今や、磁極のポールシフトが起こりつつあります。
     送電システムがダメージを受けると、送水や下水のポンプが作動しなくなります。
     銀行のATMも使えなくなるでしょう。
     そして、発電により成り立っているビジネスは機能しなくなります。
     ガソリン・スタンドのポンプでさえ、バックアップシステムがなければ作動しません。
     私たちの必要とする量を充分に満たし、クリーンで効率の良い代替エネルギーがすでにこの地球上に存在しているので、直ちに公表され、導入されなければなりません。

    続きを読む

    世界の終焉、そして日本の終焉 

    天下泰平さんのサイトより
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51844282.html
    <転載開始>
    01
    ※都市で震度7を記録した阪神・淡路大震災

     昨日で1995年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」から18年が経過しました。この震災は死者・不明者6434名、負傷者4万3792名、避難者31万名以上という大災害となりましたが、実際の地震の規模はM7.3であり、これはつい先月に三陸沖で起こった地震とまったく同じ大きさです。

    そう考えると、いかに都市直下型地震というものが通常の地震とは違い、近代人類にとっては大きな脅威となる地震であるかがわかります。

    02
    ※週刊プレーボーイ 2010/7/12号

    昨年にもお伝えしましたが、この「阪神・淡路大震災」については、いまでも人工地震説が流れています。いわゆる地震兵器や核爆弾による意図的な攻撃によって地震が起こされたという話です。

    特に有名なのが、地震の震源地が「明石海峡大橋」の真下であり、この「明石海峡大橋」のボーリング工事を行ったのは、世界最大のゼネコン企業である「ベクテル社」であることです。
    続きを読む

    2013年前半の地震について

    天下泰平さんのサイトより
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51841576.html
    あらららら・・・
    1月8日ですかぁ~!!
    <転載開始>
    24)
    ※2012年12月29日の琵琶湖大地震は1月8日へ修正

     今からちょうど10日前に【12月29日に琵琶湖周辺でM7.8地震】という記事で週刊誌「FRIDAY」で紹介されていた「12月29日の琵琶湖大地震説」をご紹介しましたが、本日がその予測日となります。

    週刊誌とはいえ、表のメディアが報道したこともあって、年末に関西へと帰省する人々から不安の声も上がっていましたが、どうやらこの説を打ち出した地震予測家の串田嘉男氏の最新情報によると、予測の修正が行われたようです。

    串田氏が予測する近畿圏地殻大型地震の前兆は、2012年12月25日時点でも継続中で終息が認められないとのことで、当初予測されていた2012年12月29日前後に発生する可能性を完全に否定し、今は2013年1月8日前後の可能性が強いとのことです。

    より詳しい根拠を知りたい方は、以下の串田氏が発表した内容をご覧下さい。

    No.1778 長期継続特殊前兆 原稿校了後の前兆変化について 続報 No.006

    ただし、もし1月8日になるとしたら、年明けの1月2日頃に観測しているFMラジオ電波に前兆現象が起こるようなので、逆に1月2日頃にも前兆現象が起こらなければ、1月8日の発生可能性もまた修正されるかと思います。

    いずれにしても、実際のところ1月8日という日に地震が起こる可能性はあるのでしょうか?

    13)
    ※モノポール(磁気)の流れ

    そんな矢先に「地震のエネルギーは太陽から供給される磁気量である」と考えるNPO法人日本地震予知協会が発表する「シャク暦」の2013年度版が発表されました。
    続きを読む

    キルショット

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2474.html
    <転載開始>
    2013年は五黄の年ですので、何かありそうではあります。実際、クッシー(串田氏)の年末の琵琶湖M7地震も1/8以降に先送りされましたしね。そして、結構当たっていると評判の『地球核力激震10年』(2006年発刊)の2013年の未来予測にはこうあります。

    ■2013年の予測
    ・超大型地震の大脅威
    ・【5】型10年期(2004~)の終年で激しい締め括りがある一年
    ・10月から次の10年期の灯が灯る。
    ・この年は近代史上に残る社会激動、天変地異の1年

    「3月4日~4月4日」
     伝染病の脅威

    「7月7日~10月7日」
     超大型地震、極めて重大な政治経済局面、天変地異、カタストロフィー、テロ、暴動警戒
      ☆5月10月はテロ、暴動に注意。

    「9月7日~11月6日」
     この年の前後動向そ指し示す重要なサインと結論がある。
     政治経済の政策変換、株、レートに明らかな変化がおきる。



    まぁ、これが起きるのもマヤ暦でいう第六太陽期に入ったからでしょう。世間ではマヤ暦最終日を過ぎたのでもう終末はないと安心しきっているだすが、これはとんでもないことだす。実は、これからが本番。

    マヤ暦についての誤解がある。暦上の冬至という一番日照時間が短い日が年間最低気温の日をピンポイントで差し示しているわけではなく、実際には最も寒い日はそこから後方にズレている。これはそれまでに作られた寒気団が上空に滞留しているからですが、このように暦と実際の生活感覚の間にはタイムラグが生じるのです。これは第五太陽期の文明の終焉についても同様です。マスゴミや一部の者が鬼の首を取ったかのように「マヤ暦最終日デマ」とラベリングしていますが、これは暦という性格を知らないものの発言だすな。マヤ暦は暦であって決して予言書ではないのだす~。

    で、今はロスタイム(アディショナルタイム)なのだす。(ふふふふ)

    続きを読む

    ホピ 宇宙からの予言

    なわ・ふみひとさんのサイトより
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse0912-2.html#24
    <転載開始>
    ホピ 宇宙からの予言
    ルドルフ・カイザー・著  林 陽・解説  徳間書店
    現世界終末の前兆――灰のつまったヒョウタンが空から落ちた時
      ホピの予言は、ここ20年ばかりの間に世界の注目を集め始めた。広島と長崎への原爆投下が、彼らの予言の中に記録されていたという話は有名だ。
      むろん、「原爆」という言葉がホピの用語の中にあったわけではない。「ヒロシマ」、「ナガサキ」といった言葉が予言に記されていたのでもない。「灰のつまったヒョウタン」がいつか発明されて、それが空から落ちたとき、海は煮え立ち、陸は焼け尽くされ、長いこと生命が育たなくなる。そう予告されていただけである。実際に原爆が開発されるまで、その意味するところを知る者はだれもいなかったのだ。
      ホピにとって、これらの「予言」はむしろ「前兆」だった。それは、われわれが生きている「第四番目」の世界が終わり、次の「第五番目」の新世界が出現するときに起こるという「大浄めの日」の前兆なのである。

    現世界終末“九つの前兆”――最後の前兆は天の住居が完成した時
      ホピは自分たちのもつ歴史と予言によって、第四世界も今や終わりに近づいていることを知っている。かつての三つの世界は、いずれも創造主の掟を忘れ、人類が物質主義、利己主義に陥ったことによって自滅した。そして、今の第四世界もまた、かつての世界と同じ末期症状を呈している。
      われわれの地球がふたたび浄められる日が遠くないことを知った彼らは、それまで秘密にされてきた予言と創造主の教えをあかるみに出し、世界に対して最後の警告者の役目を自ら担うことになった。第四世界の浄めの日の前兆について、彼らは幾つもの興味深い予言を提示している。
      フェザーという名のホピの長老はこういった。「第四の世界はまもなく終わり、第五の世界が始まるだろう。どこの長老も知っていることだ。その前兆は長年の間に成就してきた。もう、ほとんど残されていない」。
      老人は全部で九つの前兆を話した。その第一は、白い肌の者たちが大陸にやってきて、雷で敵を打つというもの。これは銃を下げた白人のことだった。二番目の前兆は、「声で一杯になった木の糸車の到来」。これは白人の幌馬車隊だった。第三は、「バッファローに似ているが、角の長く大きい獣」の登場。これは、白人が連れてきた牛だった。第四の兆しは「鉄の蛇が平原を通る」というものだったが、鉄道が大陸を横断したときにこの予言は成就した。五番目の兆しとして老人が挙げたのは「巨大な蜘蛛の巣が地上をおおう」というものである。やがて電線がアメリカ全土を蜘蛛の巣状におおった。「大地に石の川が交差する」という第六の前兆は、ハイウェーが建設されるに及んで成就した。
      老人は、次に、未来の予言として三つ列挙した。第七の前兆は「海が黒く変色して、それによって沢山の生物が死ぬ」というもの。第八の前兆は「ロングヘアーの若者が部族国家に加わり、インディアンの生き方と知恵を学ぶ」というものだ。そして、最後の九番目の兆しはこうである。「あなたは天の住居のことを耳にするだろう。それは大音響とともに落ちてくる。それは青い星のようにみえるだろう。これが落ちてまもなく、わが民の儀式は終わるのじゃ」。
      第七の予言は、70年代初頭に世界各地で頻発した大規模な石油流出事故。これによって海洋は黒く汚染され、多くの生物が死んだ。そして、第八の予言は70年代中頃に若者の間で盛んになったヒッピー文化である。
      残る第九番目の前兆について、現在のホピ族の多くは、アメリカの宇宙計画に関係したものととらえているようだ。

    ★ひとくちコメント ―― マヤの暦に基づいたとされる2012年12月21日(22日)の「世の終わりの日」は、世界中で話題になりつつも、何事もなく平穏に過ぎ去りました。ノストラダムスの予言に続き、予言が外れたことで安堵の胸をなで下ろした人がいる反面、そのような予言に惑わされた人を批判したり、嘲笑したりする人が現れています。
      私は、マヤの暦に基づく終末説とは別の視点に重きを置いて2012年12月を終末の日と考え、拙著や当サイトを通じて情報を発信してきました。そういう意味では、多くの人を惑わした側に立つ人間です。当サイトを訪ねていただいている皆様に惑わしの情報を提供したことは申し訳なかったと反省しています。
      しかしながら、私が強調してきましたのは、「終末の日がいつになるか」ということではなく、「なぜこの世に終末の日が訪れるのか」という意味や「終末の日に備えて、今どのような生き方をすべきか」ということにポイントを置いてきたつもりです。その意味では、私の説に惑わされて困ったという方は少ないと思っています。(居直っているわけではありませんが)
      私自身は今もなお、この現代文明社会に終わりの日が来ること、そして、それは決して遠い未来の話ではないことを、固く信じています。今回の「2012年終末説」は外れましたが、現文明の終末説そのものが否定されたとは思っておりませんので、これからも性懲りもなく(笑)、そして根気よく、それにちなんだ情報を発信してまいります。
      本日ご紹介したホピの予言には「世の終わり」の日がいつになるかは示されておりません。しかし、その日が訪れるまえに起こることとして、九つの予兆について触れています。そのうちの八つはすでに起こったと見られ、残されている第九番目の予兆は、「天の住居(宇宙ステーション?)が大音響とともに落ちてくる」となっています。これなら、世界中の人にわかる明らかな予兆となるでしょう。頭の隅には留めておきたいと思います。

    もっと読んでみたい方はこちらをどうぞ → ホピ 宇宙からの予言
    続きを読む

    而二不二

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2473.html
    <転載開始>
    徐福東渡2222年の今年ももう残り僅かとなってしまいました。

    石巻山頂で奉納した「江南スタイル」が妙にカミサンが気に入ってしまい、家で事あるごとに毎日聞いている状態。数ヵ月前はPSYの顔が嫌いだと言っていたのに、、、(汗)。やはり360度見渡しが効く山頂という場所が、意識に何らかの影響を与えるのでしょうか?

    さてさて、この「2222」は「而二不二」(ににふに)という意味だと思っています。これは大乗仏教の重要な概念の1つで「ものごとには裏と表があり、それらは一体である」という意味。煩悩(迷い)と菩提(悟り・智慧)は「而二不二」であり「煩悩即菩提」とも言われますが、この言葉はブログの最初に書いているように「煩悩フル」のネーミングの由来でもあるのだす。

    つまり、煩フル自体が「2222」を体現していたのだす~っ!!

    で、これと同じタイトルの映画「NINIFUNI」(而二不二)がありますが、これがなんとあかりん脱退する前の6人構成時のももいろクローバーが出演していたのですね。しかも、そのDVD発売日が2012/12/21だった、、、(滝汗)



    フルスロットル(全力)、変態的変調、和をモチーフ(和至上主義)、ももいろ(の4つ葉の)クローバー=サクラ、もも=不老長寿の果実=エデンの園の「生命の木」の実、そして、而二不二(2222)、、、これらは全てももクロと煩フルに共通する内容。

    オイラがももクロに引き寄せられた理由も分かった気がする(ふふふふ)。

    後は紅白初出場を心から祝うばかりです。

    今年は21日に第六太陽期を迎える家族パーティをしたため、既にクリスマスしたような感じになってしまい、24日が近いというのに何故か気分的に盛り上がらない。666企業から頂いた褐色のニビル(半球モンブラン)も既にお腹の中に入り、九尾妖狐同様、ニビルも人柱力化した(爆)。

    続きを読む

    12月29日に琵琶湖周辺でM7.8地震

    天下泰平さんのサイトより
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51840479.html
    <転載開始>
    02

    「12月29日に琵琶湖周辺でM7.8地震」!? またぞろ「独自予報」で不安の声(J-CASTニュース)
    2012年12月7日にマグニチュード7.4、最大震度5弱の東北地震が発生して以来、「地震予知」「予報」がまたぞろ話題になっている。
    そんな中、「12月29日に琵琶湖周辺でマグニチュード7.8の直下型地震が起こる可能性がある」と予測する研究家が現れた。琵琶湖の隣には大飯原発やもんじゅなど原子力発電所が立地していることもあり、不安の声が上がっている。

    「こんなに長期間の異変は初めて」
    2012年12月14日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に、FMラジオ電波を使って地震予測をしている串田嘉男氏(55)のインタビューが掲載されている。串田氏によると、「早ければ12月29日に琵琶湖の周辺を中心とした近畿地方で、M7.8~7.9レベルの巨大地震が起こる可能性がある」という。
    12年11月に発行された串田氏の著書「地震予報」(PHP新書)によると、「FM電波予測」とは、普段は届かない他地域などのFM放送局の電波が、地震の発生前に震源の上空で散乱し、受信強度に変化が現れることで地震が予測できるという仕組みらしい。
    この予測では、複数のFM放送局からの電波をとらえた場合、それぞれのFM局を中心にドーナツ状の円を描いて重複した部分が「予測震央域」となる。また受信強度が変化している時間、変化の大きさで規模が把握できるという。変化が現れ始め、受信強度が最大になり、変化が終息してから地震が発生するまでの期間に一定の法則があることから発生時期を推測できる。場所、規模、時期の3つが予測可能というのだ。
    FRIDAYの記事では、現在FM電波の異変が4年5か月も継続して見られており、こんなに長期間の異変は初めてと書かれている。長期間の異変の後は、地盤がひずむ速度が遅い地域に震源があるという法則がある。これとFM放送局を中心としたドーナツ円の重複とを照らし合わせると、ちょうど琵琶湖周辺が残る。規模については、串田氏が導き出した計算式に、異変が継続した時間を当てはめると、マグニチュード7.8前後になるという。


    3.11予報できず「顔をあげて人前に出られなかった」
    今回長らく続いている電波の異変では受信強度が変化し始め、最大になり、静穏化し、また最大になるという周期を繰り返しているという。現在その異変が「第4ステージ」を迎えており、串田氏は地震発生日を12月29日前後と導き出した。しかしその頃に再び受信強度が変化すれば、地震は先延ばしになる。それで「早ければ」12月29日に、という予測になっているのだ。
    串田氏は11年3月11日の東北地震を予報できなかった。これは今も起こっている長期間の異変と東北地震の前兆の異変を混同してしまったためといい、著書で「取り返しがつかない人生最大の失敗」「しばらく顔をあげて人前に出ることもできなかった」と振り返っている。
    しかしそれ以降の大きな余震において、串田氏の予報は6回的中している、という。例えば4月7日に発生したマグニチュード7.2の宮城県沖の地震では、4月6日前後、マグニチュード7.0前後、宮城県沖~岩手県沖が震央域。4月21日に発生したマグニチュード6.0の千葉県東方沖の地震では、4月21日前後、マグニチュード5.9前後、千葉県沖~茨城県沖が震央域と予報しており、ほぼパーフェクトと言える。
    もし今回の予測が当たった場合、琵琶湖近くには敦賀原発や大飯原発、高速増殖炉もんじゅなど5か所の原子力発電所があり、万が一が心配だ。帰省ラッシュと重なれば交通事故なども予想できる。
    インターネット上では、「バリ怖いやん もぉ時間ないやん」「そんなん起こったら、家崩壊してしまう」「大飯だけじゃなくて福井の原発銀座もやばそうで怖くなった…」など、「不安だ」という書き込みが多く見られる。
    一方「なんで大地震の起きる日付が判るんだよww?未来人かよww」「3.11を予測できなかった時点で俺はこの人を信じてない」とはなから信じていない人もいる。(転載終了)

     12月7日の三陸沖のM7.3地震以来、再び日本でも地震が注目されていますが、その中でも最近話題になっているのは、週刊誌「FRIDAY」で紹介されている「12月29日の琵琶湖大地震説」です。
    続きを読む

    「琵琶湖周辺で大きな地震の準備がされている」

    カレイドスコープさんのサイトより
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1751.html
    伊吹山が動くのかな??
    <転載開始>
    20121217-1

    FRIDAY(フライデー)2012年12月28日号に、「12月29頃に琵琶湖周辺でM7.8の地震が発生する可能性がある、とFM電波の地震予報家が警告している」という記事が掲載されています。
    また、「大飯原発、敦賀の活断層、新幹線が危ない!?」という見出しもつけられていて、「当たるも八卦」とはいえ、おだやかでありません。

    いえいえ、「当たるも八卦」ではありません。


    「内陸直下型地震-近畿で大きな地震の準備をしている可能性がある」

    このことについては、おなじみ栃木のアマチュア地震研究者のサイトに書かれています。

    緊急特集:12月29日ころ、琵琶湖周辺で、M7.8地震の可能性;その4
    フレーム有り(今日だけ) フレームなし

    転載禁止とのことなので、サイトに行ってご覧ください。

    琵琶湖の湖底からガスが噴出しているというニュースは、これまでも何度か報道されていました。

    私も数年前から気になってはいたものの、だからといって、突然、こうした見出しに触れると困惑します。(と、言っておきます)
    とはいえ、琵琶湖の湖底で異変が起きていることは確かなことです。

    もしフライデイが報じているように、起こる可能性が高いのであれば、年賀状を書きながら、防災用具の点検ということになりそうなのですが…。

    まずは、下の動画をご覧ください。この動画は2012年3月28日に放送されたものです。10分程度動画です。

    20120328 琵琶湖の異変 地殻変動の謎を追う



    《動画のポイント抽出》

    琵琶湖の北西の高島沖の湖底からガスが噴出している。
    1kmごとに、
    2009年12月は、1ヶ所の噴出し。
    2010年12月は、10ヶ所に増え、
    2012年1月には、20ヶ所に倍増。

    この急激に吹き出しが増えている原因は何なのか--

    続きを読む

    ホワイトホール・イン・タイム

    なわ・ふみひとさんのサイトより
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse0912-1.html#13
    <転載開始>
    ホワイトホール・イン・タイム
    ピーター・ラッセル・著  山川紘矢・亜希子・訳  地湧社
    黙示録が指しているのは今か
      多くの歴史上の予言者たちが、私たちがいま直面している危機について予告しています。たとえば、北アメリカのホピ・インディアンによって何世紀も前に行なわれた予言があります。彼らは、東から白人がやってくるのを、それよりもずっと前から知っていました。「白人が馬のいらない乗り物を発明し、空の道を伝わって旅する能力を持つ」と予言していました。
      “ホピの予言”の中で、第二次世界大戦と国際連合の設立を予言していると思われる箇所もあります。別の部分では、白人がもたらすであろう大量死と破壊、土地への冒涜について詳しく語っています。
      また、核兵器をほのめかしているのではないかという箇所もあります。
      「“灰色のひょうたん”が空から落ちてきて、海を沸騰させ、地を焼き尽くし、何年も草一本だに生えないだろう」とも言っています。これは、最終段階が近づきつつあることを示しているのでしょうか。「人は月に旅し、空に都市を建設するが、その後はそれ以上は行かない」とも記されています。
      愚かさの頂点に達した時、偉大なる知恵が東方より戻ってきます。もし、人がその知恵に耳を傾ければ、意識改革が起こり人類は生まれ変わります。もしそうでなければ、すべての命にとって終わりが来るでしょう。
      この最後の部分には特に注目する必要があります。ホピの予言は、決まった未来を予告しているのではなく、私たちが選択権を持つ未来を語っているのです。そして、その選択には、精神的な変革が絡んでいるのです。
      「東方より知恵がやってくる」という考え方は、チベット仏教にも見られます。8世紀、パドマ・サムババは、「鉄の鳥が空を飛び、馬が車輪の上を走るとき、ダルマ(教え)が西へと伝わってゆく」と予言しています。
      ユダヤ・クリスチャンの伝説にも、同じような予言があります。旧約聖書の多くは苦難の時代と到来を予告しています。その中のイザヤ書、ヨエル書では、「大地はあれはて、空は闇となって、月も太陽も見えなくなる“神の日”の到来」について書かれています。これは核による大量殺りくや、油田火災、あるいは何らかの自然破壊のことを言っているのかもしれません。
      新約聖書では、イエスがオリーブ山で行なった予言があります。そこでは多くの戦いや戦争の噂、飢饉、疫病、地震の時代と、女神ウラニアの力が危うくなることが予言されています。こうした出来事は、この時代が終わろうとしているサインになるでしょう。地震の回数が最近増加しているかどうかは明らかではありません。しかし、年ごとの戦争の数は以前より増加しています。また、各地を以前よりひどい飢饉が襲っています。新しい伝染病が広がって、人々の心と保険会社を恐怖に陥れています。そして、ウラニウムの力は野放しにされていて、確かに危険が増しています。
      このような現象を、“裁きの日”が近い、あるいはイエスの言葉を引用すれば、「これらのことがすべて起こるまで、滅びることはない」というサインであると信じている人はたくさんいます。
      他の言葉で言えば、物事が熟し始めたときには急激にそうなるだろう、ということです。しかし、イエスが、将来の困難や宗教的な迫害、にせ予言者、にせキリスト等について警告したとき、彼はこの世の終わりについて語ったのではなく、“産みの苦しみ”について語ったということを思い起こすべきでしょう。その向こう側に光がある、と彼は言ったのです。


    もっと読んでみたい方はこちらをどうぞ → ホワイトホール・イン・タイム
    続きを読む

    地震情報 株の動きと地下鉄について

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    まぁ、金曜の昼頃。
    ワタスは都内の建設会社の株価が急騰してるので株の動きが変だ。
    地震注意!とツィートしていますた。
    その直後、三陸沖M7.3が来たのですが。

    皆様は、三菱グループというのは岩崎弥太郎さんが作ったのはご存じですよね。
    岩崎弥太郎さんといえばNHK龍馬伝を見ていた人なら知ってるでしょう。
    香川照之さんが熱演していますた。
    yatarou_tosa


    土佐の坂本龍馬さんがやっていた海援隊。
    それが土佐の九十九(つくも)商会となって、岩崎さんがそれを譲り受けて三菱商会になる。

    弥太郎さんはジャーディーンマセソン商会の社員、あのトーマス・グラバーさんの手下ですた。あの坂本龍馬さんもそうでしたが、龍馬さんの方は途中で裏切って暗殺されてしまいますた。
    長崎のグラバー亭は有名ですよね。
    グラバー亭の石柱にはこのように奴らのマーク。
    grabar_meson


    ジャーディーン・マセソン商会とはその当時の上海を拠点にする麻薬会社です。
    あのアヘン戦争で大儲けした奴らの会社ですた。

    後に明治政府を作った伊藤博文さんなどの長州の侍達はマセソン・ボーイズと呼ばれていたぐらいです。
    middle_1310093305

    middle_1310093357


    今の学校など嘘ばっかり教えていますが、明治維新は日本人の手によって成し遂げられた。
    薩長の勤王の志士によって成し遂げられたとか。
    バカバカしいにもほどがある話です。
    だからワタスは昔から学校に行くと馬鹿になるから行くなと何度も言っています。
    嘘を教えて馬鹿にするのが学校の役目だからです。

    続きを読む

    日米の地震予測サイト-ともに「最高レベルの警戒を」

    カレイドスコープさんのサイトより
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1741.html
    <転載開始>

    民間の地震予知サイトが、「最高レベルの警戒」を警告

    昨日、気象庁は12月7日に起こった地震をM7.3からM7.4にへ変更しました。
    また、アウターライズ地震と発表していたものを、「複数の複雑な断層の破壊が相乗したもの」と表現を変えました。

    12月7日以来、地震発生が心配される地域は全国に広がりました。

    ネットの東スポ(失礼)、ロケットニュース24では、(株)麒麟地震研究所(NPO法人IAEP国際地震予知研究会が「最高レベルの警戒が必要」と警告しています。

    場所を特定するまでには至っていないようですが、発震直前に異常現象が顕著になるので、いわゆる宏観現象が起きたら、全国のアマチュア地震予知研究者に情報を寄せてくれるよう呼びかけています。
    麒麟地震研究所のtwitter

    12月7日前に、何人かのアマチュア地震予知研究者が、東北沖地震(12月7日に起こった余震)を予知していました。

    栃木の研究者
    さんもそうですが、「技術屋!BOPPOのブログ」の主宰者さんも、その一人です。閲覧者の方から教えていただいたのですが、なるほど確かに予知していました。

    こうしたサイトには、よく「無断転載禁止」の断り書きがあるのですが、主宰者の心情を考えると理解はできるものの、やはり使い勝手はよくありません。

    ネット上の約束事では、一度公開したら著作権に触れない限り(特に禁止事項などの断り書きがない場合は)、ソースを示せばどのように引用しても原則自由なのですが、地震予知となると、予知の数行の部分だけが一人歩きして、それを曲解する人が大勢出てくるのです。

    しかし、これは紙媒体でも電波媒体でも同じことです。ネットの拡散の速さと範囲が、それより何倍も広がりやすいという特徴はあるにしても。

    地震の危険を善意で広く知らせたいと思っても、リンクを張ることしか許可しないというのは、不可解であり、少なくとも良いことではありません。

    こうした地震予知を世の中に役立てて欲しいと本心から考えているのであれば、どちらが公益に資するのか、正確に広げることができるように、ひと工夫すべきです。それは主宰者側でしか、できないことだからです。

    状況は3.11を境に激変しました。

    続きを読む

    【緊急】首都圏大地震の前兆か?なぜか東京にある建設企業株の出来高が急増!!東急建設、三井住友建設の株価20%急騰!危険日の最有力候補は「12・12・12」か!?

    News U.S. さんのサイトより
    http://www.news-us.jp/article/306068455.html
    <転載開始>

    【緊急】首都圏大地震の前兆か?なぜか東京にある建設企業株の出来高が急増!!東急建設、三井住友建設の株価20%急騰!危険日の最有力候補は「12・12・12」か!?



    笹子トンネル事故の前週に関連株が急上昇したことはお伝えしました。


    北朝鮮による拉致事件が多く発生する「大町ルート」という経路が存在しますが、
    首都圏~山梨~新潟を結ぶこのルート、笹子トンネル付近をモロに通過します。
    山梨と言えば悪しき日教組のドン輿石山教組(山梨県教組)による独裁支配が続いています。

    山梨は北朝鮮スパイの巣窟と言えるかもしれません。






    大町ルート:拉致ルート
    http://nyt.trycomp.com/takano/oroot.html
    日教組、教育界の「北朝鮮」
    http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogdb_h21/jog607.html



    笹子=3+3+5=11、とカバラ数字が含まれているとも噂になっていますが
    北朝鮮の巣窟であるこの地域でテロが起きたとしても、何の違和感もありません。
    テロでないというのならば、「事故」とやらの発生原因を明確にすべきです。
    全国至る場所に同様の吊り天井があるわけで、ドライブの1つもままならない状況です。


    なぜ原因究明もないままに天井を早々に撤去する判断に踏み切ったのか?
    余程都合が悪いのか?


    そして今度は、都内のゼネコン系の株価が急騰しているというのです。

    続きを読む

    踊る馬

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2463.html
    <転載開始>
    ノストラダムスの予言の中に、

    「踊る馬が9つの円を描く時、静かな朝から終末が来る」
    (From the calm morning, the end will come when of the dancing horse the number of circles will be 9)


    と2012年12月の地球滅亡を予言したしていたという。

    この「踊る馬」とはPSYの「江南(カンナム)スタイル」の“馬ダンス”を意味し、また9つの円は9個の「0」である10億を示し、「静かな朝」は「韓国」を意味しているという。つまりYouTubeでMVの再生回数が10億回を突破する時、世界が韓国から滅ぶということなのだす~。

    http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1957592



    このまえ6億回超えたばかりだと思っていたが、、、(滝汗)

    10億回再生が封鎖できましぇ~ん

    続きを読む

    地震予知連絡会の教授:「M10までは起こる可能性がある」

    カレイドスコープさんのサイトより
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1730.html
    <転載開始>
    20121209-6

    画像はこちらの記事から。

    観測史上最大の地震、「チリ地震」(1960年 M9.5)。


    国は地震予知は行わない。民間の信頼できる研究者を探し当てるしかない

    12月7日に起きた三陸沖の地震は、アウターライズ地震でした。

    関東でも、2~3日前から地鳴りや、体に感じるか感じないかの小さな揺れがときどき起こっていたので、「もしや」と警戒していたのですが、案の定でした。

    震源の近くに住んでいる人たちは、地震が近くなると、頭痛や瞬間的なめまいを起こしたり、人体が地震の前兆現象を感知するようになる、という話はよく聞きます。

    これは地殻変動によって地下の岩盤が破壊されて、大気中にプラスイオンが放出され、それを呼気から吸い込むことによって、血中の赤血球と結合するからだという根強い説があります。

    赤血球は健康な状態では、ほんのわずかにマイナスの電荷を帯びています。
    そのことによって赤血球同士が反発して、滞りなく血液が流れるのですが、これがプラスイオンに触れることによって電気的に中和してしまうと、赤血球同士が固着して、いわゆるドロドロ血のような状態になる人がいるのです。

    すると、とたんに憂鬱な気分になったり、人によっては、体のあちこちが痛くなったり、膝に持病を抱えているような人は、じくじく痛むというような症状が出てくることがあります。

    こうした症状を赤血球の流れが悪くなることに原因を求めて、体質改善を指導している人たちが多くいます。

    アマチュア地震研究家の中には、こうした地下の岩盤の破砕によって放出されるプラスイオンを検知して地震予知に利用している人は意外に多くいるようです。

    今回の地震について記者会見した斎藤誠・地震情報企画官は、「アウターライズ地震だった、と説明。今後同様の地震が発生する可能性については、はっきりとしたことは言えない、と話した」ということですから、相変わらず国の発表は役に立ちません。

    地震が起こると、「地震予知連絡会」という組織の名前が新聞やテレビによく出るようになるのですが、この会議は、地震を予測するものではありません。

    地震予知連絡会は、地震予知に関する調査・観測・研究結果等の情報の交換の場に過ぎないので、本当に地震に備えるというのであれば自分で勉強するか、有料で情報提供を行っている地震予知情報サービス会社に登録するしかありません。
    それでも、「当たる確率が高くなる」程度です。

    あるいは、自宅に大きな水槽を作って、ナマズを飼うとか。

    続きを読む

    12月12日

    煩悩くん フルスロットルさんのサイトより
    http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2462.html
    <転載開始>
    昨日17:18分に宮城沖で地震がありましたが、発生が3.11の時と同じ場所で旧・豊葦原国(東三川)でも揺れが感じられる程の長周期地震でした。すわサードインパクト発生か?と一瞬焦りましたが、何もなくて良かったです。

    ただ、この地震で俄然注目が浴びたのが、以下の歌舞伎予言だす。

    *************************************************
    889 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:03:34.87 ID:CfNyLwIV0

    歌舞伎界の大物が去り
    一週間後千葉に大きな地震
    首都完全麻痺

    津波が襲い死者数20万人

    この影響で大企業が次々倒産するので
    生き残っても辛い辛い人生になる
    全然関係ない地方だが夕張みたいになる

    農家だけは食べ物を確保でき安全


    ■( ´^A^)予言、預言、予知夢、直感など総合302
    http://www.log-ch.net/read.cgi/toro/occult/1352864342/
    *************************************************

    この大物は「中村勘三郎」だとされていますが、12/5日に亡くなったことから1週間後は、、、

    2012年12月12日

    こ、これは、、、「1111」と「2222」の融合の日!!!

    この日は9.11+3.11=12.22というマヤ予言を補強する解釈のできる日でもあるが、3.11→9.11→12.11という「デスイレブン」的解釈では12/11だという説もある。

    続きを読む

    12月22日ついて

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    さて、このような記事を書いても影響されないように。
    ワタスは不安や恐怖を感じたら必ず現実的な対処することにしてます。
    それで自分の不安を消すことができる。
    そもそも不安や嫌な感覚を受けるのは何らかのサインです。
    対処をした後は、自分は大丈夫。守られてる。
    気持ちを切り替えて、いつも楽しい気分でいることを選んでいます。
    そうすると本当に大丈夫なのですた。

    さて、今、世間は選挙、選挙でいろいろ騒がしいようです。
    しかし、なぜ何のメリットも無いのに解散をしたのか。
    今、解散すれば民主党は惨敗だと分かりきっているのに。
    ワタスはどうも野田さんの突然の解散がひっかかってます。

    現在、円安になっているのも気になっています。
    以下のチャートを見るとボトムから反転の兆しが見えます。
    今後は円安にもっと振れるような感じです。
    2012a0f12i4xo92z83x000339


    金も上がって来ている。先物の動きもいろいろとおかしい。

    昨日、このようなニュースがありますた。

    20121202-221202007-200


    96958A9C93819695E2E1E2E2868DE2E1E3E0E0E2E3E09F9FE2E2E2E2-DSXBZO4910435003122012000001-PN1-12.jpg

    トンネル崩落、復旧のメド立たず 死者9人
    2012/12/3 9:59 (2012/12/3 13:03更新)

     山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故で、県警などは一夜明けた3日も救助作業を続けた。下敷きになったレンタカーのワゴン車から5人の遺体を発見するなど、確認された死者は計9人となった。県警は他に巻き込まれた車両はないとみている。中日本高速道路会社によると、通行止めとなった一部区間の復旧の見通しは立っていない。国内の物流や観光にも影響が出る可能性はある。
    中央自動車道上り線の笹子トンネル出口付近。左は下り線(3日午前、山梨県大月市)=共同

     中日本高速道路は3日午前の記者会見で、事故現場でトンネル最頂部と天井板を支えるつり金具をつなぐボルトが抜け落ちているのが見つかったことを明らかにした。ボルトの脱落が大規模な崩落につながった可能性があり、同社は「老朽化が(脱落の)大きな要因」とみている。
     県警は近く、中日本高速道路などを業務上過失致死傷容疑で家宅捜索する方針を固め、定期点検に問題がなかったかなどを調べる。
     県警などによると、ワゴン車の5遺体は、自力で脱出した神奈川県三浦市の女性銀行員(28)の同行者で、東京都在住の20代の男性3人、女性2人とみている。
     別の乗用車からも3人の遺体を確認。山梨県在住の60~70代の男性1人、女性2人とみられる。冷凍冷蔵トラック内では1人が死亡しており、山梨県甲斐市の男性会社員(50)と判明した。

     羽田雄一郎国土交通相は3日午前、現場を視察。中日本高速道路の金子剛一社長も現場に向かった。
     中央道は上り線が一宮御坂―大月ジャンクション(JCT)間、下り線が大月JCT―勝沼間で通行止めになっている。
     事故は2日午前8時ごろに発生。東京側出口から約1.7キロ付近で、コンクリート製の天井板が110メートル以上にわたり崩落した。



    ここは、東京の人が長野方面に来るために必ず通る、高速道路です。
    東京、神奈川、静岡がやられた場合、長野方面に逃げたくてもこれでは逃げられません。

    ここから完全にワタスの妄想です。興味のない人はスルーして下さい。
    前にも書きましたよね。

    続きを読む

    チリ人の予言 Ⅱ

    終末と太陽の検証サイトより
    http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n440001/n440030.htm
    <転載開始>

    その他の予言_未来から来たチリ人 Ⅱ NO n440030

    ----コメント 2012/11/26----

    {新44_その他の予言情報_未来から来たチリ人_02}
    -----------------------
    0677・未来から来たというチリ人の奇妙な事件:タイムトラベラ-の予言:2ヶ月遅れかも:都市攻撃は12月か?:ノアの大洪水は12月か?:「箱舟」の用意終わりましたか?
    --------------------
    コメント:
    「8/26チリ人の予言」<未来から来たというチリ人の奇妙な事件:タイムトラベラ-の予言::2ヶ月遅れかも:都市攻撃は12月か?:ノアの大洪水は12月か?:「箱舟」の用意終わりましたか?>
    http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n440001/n440029.htm
    において、「1. 2012年10月にアメリカ大統領が、無人宇宙探査の結果として、火星で太古の文明の遺跡を発見したという発表を世界に向けて行う」という内容があった
    その一連の予言は 大変に興味をそそる内容であったので、チェックしていたが該当する2012年10月には無かった

    仕方が無いので継続案件として監視していたら、もしかすると!とも思える内容が3項<NASA が 12月7日前後に行うと思われる「火星の生命についての歴史的発見」の報道を見て:「火星での大発見」についての会見準備を進める:2012年11月25日>にあったので案内する
    発表期日については 次のような内容で遅くとも12月7日頃までには実施されそうである

    {・・・・
    ● 11月20日に、NASA の無人探査機キュリオシティの火星土壌分析結果から「極めて重大な発見があった可能性がある」ということが非公式に発表されたのです
    「非公式」というのは、慎重に発表するというような意味で、12月3日から開催されるアメリカ地球物理学連合の会議後に記者会見をおこなうそうです● 詳細については12月3日から7日に開催される米国地球物理学連合(American Geophysical Union:AGU)の学会で記者会見を行うと述べた
    非常に影響力のある結果なので、研究チームはチェックを重ねているとのことだ
    ● それはともかく、 NASA は火星の生命の発見か、それに準ずることに関しての発表を12月7日前後に行うことになると思います
    ・・・・}

    3項に添付されている画像をみると、「なにやら遺跡・遺物の様な物」が幾つもある
    問題は チリ人の予言では 「火星で太古の文明の遺跡」であり、この項の発表内容が解らないが火星土壌分析結果に基づいているようで、マッチングがとれていないように思えることである
    発表内容は 現段階では明確でないが、予言が指摘した探査衛星の調査結果であることは共通するので、予言と現実が、予言の期日より二ヶ月遅れであるがヒットしそうである

    発表主体がアメリカ大統オバマであれアメリカ軍のNASAであれ、チリ人がチリからみればアメリカとしか解らないかもしれないが、このことも後10日位待てば良いのであるから興味津々でチェックしていきたいと思っている
    --------------------
    チリ人の予言:
    2012年10月にアメリカ大統領が、無人宇宙探査の結果として、火星で太古の文明の遺跡を発見したという発表を世界に向けて行う
    NASAの発表:
     11月20日に、NASAの無人探査機キュリオシティの火星土壌分析結果から「極めて重大な発見があった可能性がある」ということが非公式に発表されたのです
    「非公式」というのは、慎重に発表するというような意味で、12月3日から開催されるアメリカ地球物理学連合の会議後に記者会見をおこなうそうです

    詳細については12月3日から7日に開催される米国地球物理学連合(American Geophysical Union:AGU)の学会で記者会見を行うと述べた
    非常に影響力のある結果なので、研究チームはチェックを重ねているとのことだ

    チリ人の予言が2012年10月にアメリカ大統領の発表、12月3日から7日頃のNASAの発表、と発表ポジションが異なるが、他は ほとんど同じである

    続きを読む

    # 海岸沿いで発生する地球規模の出来事をWebbotが予言している

    ケムログさんのサイトより
    http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993612
    <転載開始>
    皆さま、ご無沙汰しております。
    なかなか陰謀系のページを見る時間が作れなくて未更新のまま数ヶ月が経過してしまいましたが、本日はウェブボットの予言をご紹介します。
    更新をサボっている間にも12月21日が刻々と近づいていますが、それとの関連も気になるところです。
    おそらくは、何も起きずにクリスマスを迎えてしまうと思いますので、そうなれば何かサプライズでもご用意したいと思います。
    では、短い記事ですけれどご覧下さい。



    Webbot Predicts a Global Coastal Event

    Webbot Predicts a Global Coastal Event

    海岸沿いで発生する地球規模の出来事をWebbotが予言している

    2012年11月28日(水)

    Webbotは、地球規模の海岸沿いでの事象、あるいは津波の発生と無政府状態を予言している

    政府があなたに知らせていないことに関して内密の情報がある。2年分の食料の確保と場所がカギとなる。私はオザークス(Ozarks)にしようと思っている。ニビルは12月になると見えるようになるだろう。ニビルは、ケムトレイルの無い場所で赤いフィルターを通して見ることが可能となる。ウェブサイトのpoleshift.ning.comに行ってみるといい。最低でも6人からなるグループを作ることだ。残された時間は非常に少ない。彼らが「見ている」のは真実かもしれない。問題は、誰が私たちに小惑星を送り込もうとしているのか?なのだ。フォン・ブラウンが話した嫌なことの一つが、異星人の侵略がマスコミに取り上げられることだ。またあなたは信じないだろうが、彼はこうも言っている。私は信じないが、小惑星は異星人の工作によるものか、或いは自然発生するのだという。それが起こるとすれば、手立てはたった1つしか残されていない。エリート達は既に自らの掩蔽壕を用意している。調べれば分かる事だが、ジョージア・ガイドストーンには世界の人口を5億人に減らすと記されているのだ。

    <転載終了>

    「東海大地震の危機」を予想する人々:それはあのカードにあった!?

    井口博士のサイトより
    http://quasimoto.exblog.jp/19250444/
    ひと月程前に見た夢と被ってしまいました。
    夢の方が3日早いのですが!??
    <転載開始>
    みなさん、こんにちは。

    私は最近「アダムスキー型円盤」で有名なジョージ・アダムスキーの本を読んでいるが実に興味深い。しかしこの話はまたいつかにしておいて、今回はこれまた実に眉唾もの、トンデモナイ、怪しい代物をメモしておこう。今回は妄想の類いだから、良い子の皆様や普通の人々はスルーパスを。


    ––––––––––––––

    まず、東海地震がいつ来るか、という米シオニストNWOによって引き起こされると目されている巨大地震を警告する人々がいる。以下のものである。それぞれ一部のみ拝借引用しておこう。本文はそちらを見て欲しい。
    2012年11月22 東海大地震の危機とは
     “国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」”2012年11月15日『野田解散の背景』
     なぜ、野田が本当に解散に踏み切るかを予測できていたかといえば、それは、東海大地震と関係がある。
     株の売買高を見ると、9月26日以降、急激にふくらみ、空売りが激増していた。ということは、ある勢力の人たちは半年以内に、大きくJR東海の株価が下がる、つまり東海大地震が起こり、株価が大幅に下がるだろうと予測している人たちがいるということである。

     詳しくは、ほかの株価なども見ればわかるが明らかに、東海地方に大震災が半年以内に起こることを前提とした奇妙な動きがある。
     ということは、このメルマガでもあつかってきたが地震は人為的にも引き起こせることから、ある勢力は、そうすることを決めていると思われる。となると来年の3月末までにその大地震が起こるとすると、米・イ○ラ○ルは今のうちに政権交代をさせておかないといけない。なぜかというといざ大地震がおきたら、もう衆議院解散などできないからである。

     そして、その大地震がおきたときに、陣頭指揮をするのは政治的には政権をもっている政党である。テレビの露出度が高くなるため、人気が出る可能性がある。
     であるから、地震を引き起こす軍事力をもつ国は、野田に「解散しろ」と強く命令するだろう。
     だから今回は、本当に野田は解散をするのだ。
     『国際情報の分析と予測』2012年11月14日付「TPPとオスプレイ:犯罪国家米国と犯罪組織国際金融資本に大東亜共栄圏はどのような罰を与えるべきか?」

     米国政府はTPP加盟強要・軽自動車規格廃止・米国製自動車輸入枠設定・簡保などの問題で日本側に理不尽な要求を突きつける。特にTPPは日本の国家主権を米国に譲渡するに相応しく、もし日本がTPPに加入したらISD条項によって日本の国民皆保険や鉄道輸送などの制度・システムは崩壊させられるだろう。多くの政治家が反対の声を上げている。しかし、野田首相・橋下大阪市長らはTPP賛成の意思を表明している。彼らはなぜこのような愚かな行動を取るのだろうか?

     その答えは簡単である。国際金融資本及び米国の国際金融資本系の有力者が、「TPPに加入しないと地震兵器などで日本人を大勢殺すぞ」と脅迫しているのだと思われる。寄生先の米国が破綻状態なので新たに日本に寄生することを狙っているのだ。もし日本人がNOと言えば、東日本大震災・阪神大震災・日航123便事故(地下鉄サリン事件も?)・SARS・HIV(ともに有色人種の人口を減らすための生物兵器)などの卑劣なテロを彼らが起こすことは目に見えている。
     しかし、日本の首相らがTPP賛成の意思を表明している限り、国際金融資本は自らのシンパを攻撃することはないので日本は安全である。

     いかがだろうか。妄想と一笑に伏していいものかどうか…。
     私は3・11の東日本大震災は、地震兵器によるものと思っている。直接にはアメリカが、その背後ではユダ金が諮ったものであろう。
     同じ「国際情勢の分析と予測」のコメント欄に主宰者氏が以下のように追加でしたためておられる。
     
    「911って日本を狙ったものではないですか?」との質問に、

     「何度もこのブログで述べてきましたが、
     1995/01/17 05:46 (阪神大震災)
     2001/09/11 08:46 (アメリカ同時多発テロ)
     2011/03/11 14:46 (東日本大震災)

     西暦の奇数年、月日が奇数と11と0、時間が3で割って2余る数、分が46という奇妙な共通点があります。偶然このようなことが起きるのは一万分の一以下の確率です。恐らく同一犯行グループ(国際金融資本・イスラエル連合)による犯行声明だと私は考えています。」


     「なぜ国際金融資本がこれほどまでに全世界でテロ活動を繰り返しているのか? それは、彼らの存立基盤である米国経済が傾いているからに他ならない。恐らく米国政府の心ある人は日本やドイツやロシアや中国や北朝鮮などの反国際金融資本勢力と組んで、自国を一度崩壊させることで自国に寄生した国際金融資本を根絶することを狙っているのだと私は想像している。そして、その暁には国際金融資本の悪行が世界に公表され、彼らは全員が処刑されることだろう。それを恐れているからこそ彼らは今全世界でテロ活動を繰り返して脅迫を続けているのだと思われる。」(2011年11月28日付)

     「国際情報の分析と予測」氏は、日本は国際金融資本への抵抗の旗頭であるからこそ、彼らからの攻撃を受ける、というわけなのだろう。
     もしユダ金が崩壊するなら誠に願わしいことではあるが…。
     とはいえ、日本が地震兵器で狙われる危機が去ったわけではない。

    こんな怪しい予測をしている人たちがいる。
    続きを読む

    予言と予告

    天下泰平さんのサイトより
    http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51836628.html
    <転載開始>
    01
    ※イスラエルとアラブ諸国の対立が激化

     さて、少し更新が空いてしまいました。更新が遅れると「何かあったのでは?」と有り難いことに心配をして下さる方々も多くいらっしゃるのですが、たまたま忙しい日々が続いており、特に体調も崩しているわけでもないのでご安心下さい。

    ところで、ご存知のとおり最近はやたらと中東情勢が慌ただしくなっています。いわゆる犬猿の仲と云われているイスラエルと周辺アラブ諸国(エジプト、サウジアラビア、イラク、トランスヨルダン、シリア、レバノンなど)での抗争が激化しており、すでに四度も中東戦争を勃発させているのに、再び大きな戦争にまで発展しそうな勢いです。

    ちなみに「イスラエルとアラブの戦争」というキーワードを聞くと、今年の夏あたりにネット上で流行ったある人物を思い出します。

    それは「ソーマ」と名乗る自称日本人タイムトラベラーであり、自分の未来で起こった出来事を、こちらの現実世界のタイムラインにおける2チャンネルの掲示板で述べて、その一部のいわゆる予言めいた発言が的中したことで一気に話題の人物となった方です。

    本来であれば、こんな予言話は特に扱わないのですが、パラレルワールドの現実というのはありえる話でもあり、また実際にパラレルワールドが統合してきている事態も発生しているようなので、1つの参考情報としてご覧頂けたらと思います。


    続きを読む

    世界大戦を予見するトップ・エコノミスト・アドバイザーたち

    ROCKWAY EXPRESSさんのサイトより
    http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/843/
    <転載開始>

    世界経済の悪化で世界は戦争へ・・・

    ◆11月20日

     ヨーロッパの経済は悪化している。中東ではいくつかの国で戦争が進められている。南シナ海や東シナ海では緊張が高まっている。アフリカ大陸や南米大陸でも戦争がある。そして世界のトップの経済専門家らが口をそろえて、世界経済の悪化は戦争に繋がる、と見ているのだ。

     日本に関して言えば、それはやはり東シナ海の尖閣諸島問題であろう。中国経済は鈍化し始めている。住宅バブルもはじけそうだ。年10万件を超える騒動・デモが起きている中国である。そこに持ってきて経済がますます悪化すれば、民衆の不満は爆発寸前にまで増大するであろう。その時、尖閣諸島に対する中国の侵略行為が発動される公算は大きい。

     そのためにこそ、今回の衆議院選挙は日本の命運をかけるような選挙になるのである。これは2013年、2014年を乗り越えていける政権を樹立させるために必要な選挙であり、アメリカとの連携と対中国外交姿勢を考慮して選挙に臨むべきである。これは世界の覇権をかけての戦争になる可能性があるから、気安く考えてはいけない。日本の命運が掛かっている、と考えるべきである。
     
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ●世界大戦を予見するトップ・エコノミスト・アドバイザーたち
    http://www.globalresearch.ca/top-economic-advisers-forecast-world-war/5312194
    【11月18日 

     カイル・バス、ラリー・エデルソン、ジム・ロジャーズ、マーク・ファーバーらは戦争の危機を予見している。

     カイル・バスは以下のように書いている:数兆ドルの負債は、再構成されることだろう。そして何百万もの慎重な節約家らは実際の購買力の多くの部分を失うことになるだろう。ただし、世界が終わるわけではないが、浪費国家群の社会組織は伸びきり、いくつかのケースでは崩壊することだろう。
     悲しいことに、経済史を振り返れば、戦争とは単純な経済エントロピーの論理的帰結としての出来事なのだ。
     我々は現在の世界経済の状況の避けがたい結果は戦争である、と見ている。

     ラリー・エデルソンは読者に対する、「『戦争のサイクル』が2013年に対しては言っていること」というタイトルの電子メールでで、以下のように書いている:1980年代から、私は所謂「戦争のサイクル」と言われている事柄について研究してきた。これは自然的リズムのことであり、社会を混沌、嫌悪、そして内戦や国際的戦争へと仕向けるものである。、

     こういった歴史の際立ったパターンを最初に研究した者でないことははっきりしている。私以前にも多くの人々が研究したのだ。レイモンド・ホウィーラーは権威ある戦争の年代記を発刊した。これは2600年間の期間にわたる年代記である。

     しかしながら、この問題を今、議論しようという人々が余りに少ない。そして私が見ていることから言えば、2013年にはこの問題は決定的に大問題になっているだろうと言えるのだ。


     経済専門家らはなぜ戦争を予見しているのか?

     一つには、多くの影響力ある人々は戦争が経済に良い、と間違って信じているからである。  

     ジム・ロジャーズは以下のように語っている:貿易戦争になれば、2011年の最も重要なことである。貿易戦争は常に戦争に繋がる。実際の戦争になって戦うことになる将軍たち以外には、誰も貿易戦争では勝利者になれない。これは非常に危険なことである。

     彼は更に以下のように語った:ヨーロッパでの救済の継続は、最終的に新たな世界大戦を誘発しかねない。負債が嵩めば状況は悪化し、最終的にはそれは崩壊する。すると皆はスケープゴートを探し始める。政治家は外国人を非難し、我々は第二次世界大戦とか第何次大戦とかに入っていくだろう。

     マーク・ファーバーは、アメリカ政府は経済危機に対する打開策として新たな戦争を始めるだろうと語っている。 

     「政府が次に打つ手は、悪化する経済から人々の意識をそらすことで、どこかで新たな戦争を始めることだ」

     「もしも世界経済が回復しなければ、通常は戦争になるものだ」。ファーバーはまた、アメリカ、中国、ロシアが中東の石油に絡んだ戦争を始めるだろう、と考えている。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    <転載終了>

    地震情報  もうすぐ?ロン・バードさんの予言ツィートと妹の予言

    玉蔵さんのサイトより
    http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
    <転載開始>
    まぁ、最近はこういう予言の類は載せなくなりますた。
    だって、全然当たったためしがないんだもの。。

    ということで、まぁ。
    載せないでも良かったのですが。
    ちょっと気になったので。

    あの3.11を当てたとされる、全米一の超能力者といわれるロン・バードさん
    以前もここで取り上げますたよね。
    直近、こんなツィートをしているようです。

    WS112819000012000000002

    WS112819000012000000001


    続きを読む

    「清姫の帯」

    東海アマさんのTwitterより
    http://twitter.com/tokaiama
    <転載開始>
    私のニセモノに注意@tokaiama

    「清姫の帯」が出た、西の端から東の端までつながる長大な白帯雲、去年の3月はじめにも見た。事故で肩を粉砕骨折、入院していて窓外に見える長大な雲を見て、同室者に「まもなく恐ろしい地震が起きる」と告げた。同じものだ。中津川市苗木

    私のニセモノに注意@tokaiama

    清姫の帯

    続きを読む
    livedoor プロフィール
    記事検索
    情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
    人気ブログランキングへ
    RevolverMaps
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    最新記事
    カテゴリ別アーカイブ
    最新コメント
    [ひふみ祝詞]
    天津祝詞
    祓祝詞
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    Amazonライブリンク
    楽天市場
    • ライブドアブログ