大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

FEMA関連

電磁パルス(EMP)攻撃の懸念がかつてないほど高まる中で、アメリカではFEMA主導による「全米ブラックアウト・シミュレーション演習」が進行中。日本では…

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/when-emp-explodes-over-the-sky-somewhere/
<転載開始>

   

2017年8月10日のアメリカの報道より

US Gov Launches Drill to Prepare For “Black Sky” EMP Attack

2017年8月27日の産経新聞のEMP兵器の記事より

「電磁パルス攻撃」の脅威 上空の核爆発で日本全土が機能不全に

産経新聞 2017/08/27

北朝鮮が核兵器や弾道ミサイルで挑発を続けるなか、もう一つの深刻な脅威として「電磁パルス攻撃」の可能性が指摘されている。上空で核爆発を起こし、広範囲で都市機能を破壊するものだ。北朝鮮は既に攻撃能力を持つとみられるが、日本の対策はほぼ手つかずで、専門家からは懸念の声が上がる。

電磁パルス攻撃は地上への核攻撃と違い、ミサイルの弾頭部分を大気圏再突入時の高熱から守る技術は必要ない。小型の核弾頭を搭載したミサイルを発射し、目標上空で起爆するだけだ。

緊張の頂点にある北朝鮮と金正恩国務委員長の近況

seoul.co.kr

(※)上の写真で金正恩国務委員長におぶさって(?)いるのは、北朝鮮のロケットエンジン開発担当の科学者たちです。

続きを読む

.GRAY STATE THE MOVIE:Behind the Scenes MARTIAL LAW STATE .

amaちゃんだ さんのTwitterの中より
https://mobile.twitter.com/tokaiamada

amaちゃんだ 7 時間
アメリカ国民に見せたくない映画のナンバー・ワン「戒厳令国家」 警察が、銃で市民を打ち殺し、強制収容所にブチ込むストーリー


GRAY STATE THE MOVIE:Behind the Scenes MARTIAL LAW STATE

BeforeTheEndOfTimes
2014/05/04 に公開

The Video says it all...

米最高裁の裁判官までが米国民が一斉検挙されFEMAに投獄される可能性があることを確認しました。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51959438.html
<転載開始>
米国民(特に白人)を敵としてみなし、FEMAキャンプに投獄する計画を立てたのはオバマ政権だけではないと思います。これは以前から既に計画されたことであり、プッシュの時も既に計画が進められていたと言われています。そして最高裁の裁判官もそれが事実であることを確認したそうです。
それにしても、米国民を一斉検挙してFEMAキャンプに投獄するなど。。。うまくいくわけがないでしょう。
同じNWO仲間の主要メディアがそのことを隠そうとしてもネットで暴露されますので、そのことを世界中の人々が知ったらどうなるのでしょうか。
彼らはアメリカ国内でやろうとしているのでしょうが、このような非人道的な(中国とそっくりの)強権政治はバランスを崩してうまくいかなくなります。それに少なくとも一部の国の政府はそのやり方を非難するでしょう。
それにしても本当に強引に独裁体制のNWOを推し進めようとしているのでしょうか。このような記事が出回るということは、人々に恐怖心を植え付けようとしているだけなのでしょうか。それとも、実際に米政府はそのようなことを計画しているのでしょうか。。。

http://beforeitsnews.com/self-sufficiency/2015/05/urgent-supreme-court-confirms-all-americas-can-be-incarcerated-in-fema-concentration-camps-obama-can-declare-martial-law-in-all-50-states-2490146.html
続きを読む

アノニマス・・・・米 ホームレスの人々がFEMAキャンプに送られています!

日本や世界や宇宙の動向 さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51926748.html
<転載開始>
以前にもアメリカの街からホームレスが消えているという記事をご紹介したことがありますが。。。やはり。。。彼らは収容所に送られているようです。シェルターと呼ばれる刑務所のようなところです。シェルターと言えば、虐待されたペットや家畜をオーナーから押収し、一時的に保護する場所でもあります。アメリカでは一端ホームレスになると、犯罪者として見られ、家畜のように扱われるようです。彼らは強制的に街から追い出され、警察によって収容所に連れて行かれます。収容所から逃げ出すことも自由に外出することもできません。ナチスの強制収容所と全く同じ状態です。これがFEMAキャンプに米国民を収容する第一歩なのではないかと懸念されています。日本ではホームレスの人々を犯罪者扱いして、自由のない収容所に入れるようなことはしません。アメリカは本当に恐ろしい国です。
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/05/anonymous-homeless-people-sent-to-fema-camps-in-usa-it-begins-video-2953450.html
(概)続きを読む

ユタ州でホームレスがFEMAキャンプへ

日本や世界や宇宙の動向 さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51925002.html
<転載開始>
ユタ州で大勢のホームレスが突然、消息を絶っているそうです。それは。。。彼らがFEMAキャンプに収容されているからだそうです。FEMAキャンプに収容されるということはそこから出られないということだそうです。まるで終身刑の刑務所に入れられたような感じです。ただ、政府は経費削減のために彼らを始末しているのではないかとも言われています。
アメリカでは失業者があふれかえっており、家を失う人たちも増えています。ホームレスが街にあふれると、政府は彼らのために自立支援を行うのではなく、犯罪者のようにFEMAキャンプに押し込めてしまいます。
アメリカでホームレスになったら最悪です。家や仕事や食べるものがないだけでなく、全く自由がありません。
当局に連れていかれてしまうのですから。。。
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/04/anonymous-members-being-kidnapped-by-men-in-dark-suits-video-2942218.html
(概要)
4月21日付け:
多くの人々は今でもFEMAキャンプの存在を信じまていせん。しかし社会的に最も弱い立場のホームレスが当局に”捕獲”され、強制的に全米各地のFEMAキャンプに収容されています。

ユタ州では、2000人以上のホームレスが街の通りから消えています。ユタ州には、2015年までにホームレスを根絶させる計画があります。その解決方法とは。。。ホームレスをスカルバレーとフォートダグラスのFEMAキャンプに収容することです。これらのキャンプには第二次世界大戦時の強制収容所の機能が残っています。これら施設は米国民を強制収容するためのものです。計画通りに進めば、ナチスの無政府主義者と同じようなことをこれらの施設で行うでしょう。ヒットラーは欧米の企業(複数)から資金を調達していました。パパブッシュのCIAパペットのオバマも同様です。
アメリカには800もの刑務所(収容所)があり、いつでも囚人らを送り込む準備が整っています。まだこれらの施設には誰も収容されていませんが、すでに専任の警備員が常駐しています。アメリカで戒厳令が敷かれた時に、FEMAがこれらの施設を運営することになっています。大統領の署名と宣言、そして、逮捕リストに司法長官が署名することで、米国民はいつでも逮捕・収容されることになっています。

続きを読む

FEMA用の鉄道車両に拘束具の足枷、手枷が!!

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51908279.html
<転載開始>
以下のビデオ投稿者が速がってをして伝えているのか、それとも真実なのか。。。今のところ分かりませんが。。。アメリカにはFEMA用の鉄道車両が存在しているようです。まさか、メイドインジャパンの車両ではないでしょうねえ。そして、車両内部には鎖やロープや手枷、足枷が取り付けれているそうです。本当に?もし本当なら何の目的でこのようなものを取り付けたのでしょうか。機器類を固定するためとの政府の説明は何か怪しさを感じます。
一体、アメリカで何が起きようとしているのでしょうか。本当にNWOが実現してしまうのでしょうか。それとも、共産主義のオバマ政権が倒れればこのような事もなくなるのでしょうか。そういえば、甘利大臣が日本にも今後アジアで何が起きるか分からないため、アジアからの難民を受け入れるために収容所を増設する必要があると言っていたようですが。。。アジアに何が起きようとも。。。反日特亜の難民は受け入れるべきではないですし、それにより移民が増加すれば日本も他国と同様に社会が崩壊してしまいます。なぜ、今、わざわざ収容所を増設しなければならないのでしょうか。収容所?FEMAキャンプではないにしろ、どうしてアメリカと似たようなことをしようとするのでしょうか。米国民と同様に日本国民も厳しく取り締まるように米イルミから指示されているのでしょうか。日本政府は、全てアメリカの言いなりに動いているのでしょうか。
ところで、アメリカだけでなく中国でも、対日のきな臭い動きがありますね。
崩壊間近の中国政府が、人民の敵を外に向けさせようと、沖縄県の尖閣諸島の上空を含む東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定したと発表しました。尖閣諸島を巡って日本への圧力をさらに強めて、防空識別圏を広範囲に設定したようです。中国の設定した防空識別圏を飛行する航空機は中国外務省や航空当局に飛行計画を通報することや、防空識別圏を管理する中国国防省の指示に従うことなどが明記され、従わない場合、武力による緊急措置をとると宣言しています。日本の領空を勝手に中国の識別圏にしてしまう暴挙に出ています。今後、日本はどのように対応するのでしょうか。今後、尖閣諸島周辺には、海保ではなく、いよいよ自衛隊の軍艦や空母を停泊させる必要が出てきたのかもしれません。イルミのシオニストが計画していた対シリア、対イラン戦争が上手く言っておらず、今度はアジアを狙っているのでしょうか。イルミ配下の中国が日本を挑発して戦争を始めようとしているのです。アメリカが警察国家になりNWOの準備が整い、中国は崩壊する前に日本を挑発して戦争を始める?共産主義者イルミのめちゃくちゃな計画が慌ただしく進められようとしています。自己破壊につながることも知らずに。。。
http://beforeitsnews.com/u-s-politics/2013/11/fema-trains-ready-shackles-included-2454756.html
続きを読む

アメリカにはこんなに多くのFEMAキャンプが存在しています。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51906375.html
<転載開始>
すごい数ですね。こんなに多くのFEMAキャンプがアメリカに用意されています。維持するだけでも大変でしょうねえ、財政難なのに。
これらのキャンプに大勢の人々を収容又は投獄しても。。。これらを管理するのが大変でしょう。人手不足になるのでは?しかも投獄される数の方が管理する側の人数より多かったら??その時には武器に頼るのですか?弱虫ほど武器に頼りますからね。
米政府による何等かの薄汚い目的がないと、これほど多くのキャンプを用意することはできません。
大災害を想定し、米国民を守る目的として、こんなに多くのキャンプを用意するほど米政府は愛国者でもお人よしでもありません。何しろ米政府は外国の民間機関なのですから。しかもコロンビア特別区(ワシントンDC)はロンドン金融街のシオニストらに乗っ取られた土地です。
FEMAキャンプは、本当に反政府の米国民を投獄するために用意されたのでしょうか。アメリカでは水面下で様々な怪しい動きがあります。本当に不気味な国になってしまいました。アメリカに住みたいと今でも思っている日本人があるとしたら、十分に現在の状況を調べてください。私なら、アメリカ(外国も)などには全く行きたいとも思いませんが。。。
ただ、現在、アメリカだけでなく世界中が不気味な状況です。経済崩壊、金融崩壊、デフォルト、災害、戦争?何が起きることやら。。。これもすべて夜明けの晩の現象であればいいのですが。。
(これは私の勝手な解釈です!!)
カゴメカゴメ・・・六芒星(サタン)に支配された地球
籠の中の鳥は・・・六芒星に閉じ込められた(本当は自由な)人類は
いついつ出やる・・・いつ六芒星から開放されるの
夜明けの晩に・・・本当の神々が到来する前の最も暗い時代に
鶴と亀がすべった・・・ロシア(ソ連)とアメリカが世界を統治する
後ろの正面だ~れ・・・その後ろで全てを操っていたのは誰?イルミです。
そして。。。世界中の人々がイルミの存在を知った時に夜が明け世界が変わる、と。
http://beforeitsnews.com/u-s-politics/2013/11/fema-camp-alert-november-7-2013-video-2452828.html

 



<転載終了>

FEMAがついに活動開始?これがアメリカの現状

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51902212.html
<転載開始>
アメリカのホームレスの人たちは、全く自由のないシェルターに収容されてしまうのでしょうか。彼らの計画は全米で一斉に始めません。1つの都市を対象にして、徐々にゆっくりと実行することで、国民が知らないうちに全国的な制度が出来上がってしまうのでしょう。まずはサウスカロライナの州都から始めるようです。FEMAキャンプに収容される最初の対象者はホームレスの人たちだそうです。まるでホームレスでいることが犯罪であると言っているかのようです。
日本にもホームレスの人たちがたくさんいます。彼らは公園や川岸や海岸にテントや掘立小屋と立てて、生き続けています。日本では、多くの場合、(もちろん施設に入ることもできるのですが)そのような自立を選ぶホームレスの人たちを見逃してくれています。しかし、アメリカでは、今後、ホームレスの人たちは、みな自由の聴かない収容所に押し込まれてしまうのではないかと危惧しています。ホームレスになることがどれほど大変なことか。。。一番知る必要があるのが、政府なのではないでしょうか。
http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2013/10/fema-camp-round-up-has-begun-2449078.html 
続きを読む

ハリケーン「カレン」は、今小さいが、大きくなるぞ?!

つむじ風さんのサイトより
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/10/post_2e1e.html
<転載開始>

それは、FEMA(米連邦緊急事態管理庁)が、
宣言しているからだ!
で、調べてみた・・・
まだ出来たてのほやほや。
大きくなるのか? 大きくするのか?
信頼すべき(?)FEMAの予言(予告)だ、
大きくなるだろう・・・? 注目!!


 まだ、予断出来る状態ではないが、折から。政府機関がシャットダウンしているので、FEMAの職員を呼び戻して、待機させるという事であろう。


 それにしても、手回しの良い事である。日本もアメリカもこの手回しの良さには、感心させられる。予定の行動と見られなくもない。穿った見方では、『宇宙への旅立ち』さんのように、FEMA存続の正念場に、この機会を利用していると見られても、それはあり得る。


 そこで、調べてみた。

Gifsby12hr_01

<画像をクリックすると動く!>

Gifsby12hr_02

<画像をクリックすると動く!>


 まだ、出来たてのほやほやだ。ハリケーンの目もない。カトリーヌのように「期待は大きい。」(勿論、これはジョークである。)

 

続きを読む

プエルトリコでもFEMAキャンプと同様の準備が行われています。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51901450.html
<転載開始>
プエルトリコでは、9月末から10月初めにかけて、とんでもないことが起きるとの情報が流れました。また、大量の遺体袋や棺、武装車両が海軍基地に運ばれたそうです。アメリカのFEMAキャンプと同様の準備が始まったようです。報道では多くの隕石が地球に落下する可能性があり(人工的なプラズマ・オーブかもしれませんが)、大西洋やカリブ海に落下する恐れがあると言われていますが・・・ただそれなら、なぜ、軍隊が重武装しており、大量の武装車両が準備されているのでしょうか。どうも怪しいですね。
また、ロシアの科学者は、大きな隕石が地球に最接近し、ニアミスしたと発表しましたので、プエルトリコが警戒していたのは、その隕石のことだったのでしょうか。
プエルトリコもアメリカのFEMAキャンプ(第3地区)と連結して様々な準備が行われています。これは隕石落下などの大災害の準備なのでしょうか、それとも、プエルトリコでも政治的な目的で戒厳令が敷かれるのでしょうか。
http://beforeitsnews.com/space/2013/09/puerto-rico-body-bags-coffins-and-tsunami-2466680.html
(概要)
9月29日付け:
アメリカのFEMAキャンプと同様の大規模な準備がプエルトリコでも行われていることが人から人へと伝えられています。スティーブ・クイル氏が受け取った情報によると、プエルトリコの地元メディアは9月末か10月の初めに何かが起きようとしていると伝えたそうです。
クイル氏が入手した情報によると:
プエルトリコの軍や医療関係者の証言として、プエルトリコに大量の遺体袋や物資が運ばれたと報道されたそうです。プエルトリコ政府は最初、この報道を否定し撤回しました。私の職場には多くのプエルトリコ人の同僚がいますが、プエルトリコの人々は今、非常に怯えているそうです。同僚の一人が、隕石が大西洋に落下し、巨大津波を起こす可能性がありプエルトリコや東海岸が壊滅的になることについて知っているかと私に質問してきました。 さらに彼は地元メディアが9月末か10月初めに何かが起きると報道していたと言いました。
また、プエルトリコにいる大勢の親戚が島を離れ、大陸に逃げているそうです。また、アメリカのFEMAキャンプ(第3地区)が緊急事態モードになっている理由は大災害の準備なのでしょうか。
プエルトリコでは大々的にこのニュースが流れており大騒ぎになっています。私の同僚の家族は急いで、ここ、ペンシルベニアに逃げてきています。もう一人の同僚の話では、警官である彼の叔父は、大量の遺体袋や棺を空港から海軍基地に輸送中にエスコートをしたそうです。ここで働いている多くのプエルトリコ人は今夜、母国の家族に電話をかけるそうです。
FEMAキャンプの第3地区でも8月から同じような準備をしてきています。
(以下のビデオの1:40~を参照ください。プエルトリコでは夜空に青く光る不思議な現象が起きています。また、プエルトリコの海軍基地には大量の武装車両が用意されています。)

 


 

 
<転載終了>

プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場