大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

In Deep

世界中で多発する鬼気迫るアーチ雲

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/creepy-shelf-cloud-engulfs-sky-over-worldwide/
<転載開始>

  2016/06/30  

マレーシア・サバ州の上空のアーチ雲 2016年6月26日

shelf-cloud-malaysia

 

shelf-cloud-malaysia1membakut.net

 

アーチ雲、あるいは棚雲というのは、大気の状態が不安定な時に空に出現することのある巨大な雲のことですが、ものすごく珍しいものというわけではないにしても、日常で実際に目撃することはとても少ないもので、そういう意味では「日常的なものではない」とは言えそうです。

続きを読む

《特報》地球の気流が壊れた : ジェット気流が赤道を通過して北極から南極に進むという異常すぎる事態。

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/wrecked-jet-stream-could-cause-climate-chaos/
<転載開始>
《特報》地球の気流が壊れた : ジェット気流が赤道を通過して北極から南極に進むという異常すぎる事態。このことにより、この先の気象と気温はこれまでに考えていた以上のカオスとなる可能性が極めて濃厚に


  2016/06/30  

気象の専門家たちは「私たちは地球規模の気候緊急事態を宣言しなければならない」と語り、騒然が広がる

カナダ・オタワ大学の気象学の専門家ポール・ベックウィズ教授による事態の解説

jet-stream-equatorPaul Beckwith

ベックウィズ教授の動画解説欄の翻訳

北半球のジェット気流が赤道を越えて進行し、そして、南半球のジェット気流と合流するという事態が起きています。

これは今までになかった新しいジェット気流の動きだと思われ、そして、このことは、気候システムの騒乱が進行中であることを示しています。

現在の私たちの気候システムの振る舞いは、私たちが予想していなかった状況、あるいは予想はしていても、過去に経験したことのない新しい、あるいは恐ろしい方法で私たちを驚かせ続けています。

混乱した気候の世界へようこそ。

私たちは今、地球規模の気候緊急事態を宣言しなければなりません。

 

今回ご紹介することは本当に驚くべきものですが、最初に何が問題なのかを簡単に記しておきます。

続きを読む

タイ : 隕石と思われる宇宙からの落下物が民家の屋根を直撃

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/suspected-meteorite-crashed-into-roof-in-thailand/
<転載開始>

  2016/06/29  

2016年6月29日のタイの報道より

phitsanulok-meteorite-crashedthairath

最近は、世界中で火球の目撃が多くなっていることを記事にしたりしていますが、地表にまで到達して、建物などに被害が出る例はほとんどありませんでしたが、6月28日、タイのピサヌロークという場所で、天から落ちてきた隕石と思われる物体が民家の屋根を突き破るという出来事が起きました。

その物体は、6月28日の朝7時26分に民家に衝突。屋根を突き破り、民家の床に衝突して5つの破片に割れたそうです。

続きを読む

沈みゆく大国 : 中国の北京が毎年10センチメートルずつの急激な地盤沈下を起こし続けていることが最新の研究で判明。今のままでは30年後には完全な廃墟に

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/beijing-china-is-sinking-by-10-centimeter-each-year/
<転載開始>

  2016/06/29  

北京朝陽区のビル群

sinking-beijing-chaoyanghinadaily.com.cn

 

中国の都市部で進行していること

上の華やかな都市の写真は、中国の首都である北京の朝陽区という、ビジネスなどの中心ともいえるような場所ですが、この地が「毎年 100ミリメートルずつ地盤沈下している」ことが最近わかったのです。

これを研究したのは、北京首都師範大学の科学者たちなどによる研究チームで、複数の人工衛星などのデータを解析した結果を論文として、オープン・アクセスの「リモート・センシング(Remote Sensing)」に掲載しました。

下が論文に掲載されたそのマップで、黒の部分が「年間 80ミリから 110ミリ地盤沈下している」ところで、赤の部分が「年間 60ミリから 80ミリ地盤沈下している」地域です。

続きを読む

海王星に現れたアメリカサイズの謎の「渦」領域

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/mysterious-dark-vortex-spotg-discovered-on-neptune/
<転載開始>

  2016/06/28  

海王星に出現した渦を巻く領域

neptune-new-spotHubblesite

 

地球の 600キロメートル上空の軌道上を周回するハッブル宇宙望遠鏡は、これまで数々の素晴らしい宇宙の写真を撮影してきましたが、最近、そのハッブルが「海王星の異変」をキャッチしたことが、ハッブルサイトのニュースセンターで報じられていました。

冒頭の写真にありますように、新しく渦を巻く領域が5月に出現していたのです。

続きを読む

「人間がいなくなった地球に起きること」:もしかすると繰り返されているかもしれない新しい地球の誕生

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/what-would-happen-if-humans-disappeared-and-future-earth/
<転載開始>

  2016/06/28  

earth-without-human

 

YouTube に、先月アップロードされて以来、500万回以上視聴されている動画に、「人類が消えたら、何が起きるのだろう ( What Would Happen If Humans Disappeared? )」というものがあります。

この動画は「人類が消える」という理由について述べているものではないです。

その理由は関係なく、人類がこの地球からいなくなった場合から、地球はどのようになっていくのだろうということを CG などを駆使して、淡々と描いている動画です。

その内容は、地球が非常に早いペースで元の自然に包まれた地球に戻ってていく様子を主点に描かれていて、「滅亡もの」というものではなく、むしろ「復活もの」というような雰囲気があります。

今回は、その内容をご紹介しようと思います。

続きを読む

パラグアイで続く激しい干ばつのために河川が干上がり、ワニなど大量の水棲生物が死に続けている

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/fish-and-alligators-die-off-in-pilcomayo-river-paraguay/
<転載開始>

  2016/06/27  

2016年6月23日のパラグアイの報道より

paraguay-aligators-01minutouno.com

 

深刻な干ばつに見舞われているパラグアイで、河川が干上がりつつあることで、魚やワニなどが大量に死亡していることが報じられています。

干上がりつつある川は、ピルコマジョ川という川で、Wikipedia には、以下のようにあります。

続きを読む

世界中で「湖や川の水が突如として大規模に消える事例」が続出している理由。そして、この地質活動の異変は太陽黒点ゼロ時代にさらに拡大するか

In Deepさんのサイトより
https://www.youtube.com/watch?v=25n3C6QnPcU&app=desktop
<転載開始>

  2016/06/27  

今月のはじめ、南米チリで「湖の水が一晩で消滅した」という出来事が報じられていたことを、

南米チリで広大な湖の水が一晩で消滅! 南米の地底で、あるいは環太平洋火山帯の地底で何が起きているのか
 2016/06/01

という記事でご紹介したことがあります。

水が消えた5月29日の前日までのリエスコ湖(右)と水が消滅した後

Lake-Riesco-mysteriously-disappearsFacebook

 

そして、今年になってから、このような「川や湖の水が大規模に消滅する」という事案がとても多く発生しているのです。

昨年までは、そのような事案を取り上げたことはあまりなかったと思うのですが、今年は「水が消える」という現象が世界中で続発していまして、それらは、通常から考えますと、やはり奇妙なことではあります。

一体何が起きているのでしょうか?

続きを読む

光の時代 : 太陽より5700億倍明るく、天の川銀河のすべての星の光より50倍明るく輝く謎の物体が観測される

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/mystery-object-outshines-the-sun-by-570-billion-times/
<転載開始>

  2016/06/26  

shining-objectDaily Galaxy

遠い宇宙で「太陽の 5700億倍の明るさを持つ」という物体が観測されていたことを、最近知りました。5700倍ではなく「億」がつきます。

これが科学誌サイエンスに掲載されたのは、今年1月のことでしたが、宇宙系メディアの最近の記事で知ったわけですが、この物体は、

「天の川銀河すべての星の光を合わせたより 50倍明るい」

のだそうで、太陽の 5700億倍も復命、その明るさがよくわかりませんが、何だかものすごいもので、しかも、さらにすごいと思ったのは、この発光物体で最も明るい中心部にある物体の大きさは、「わずか 16キロメートル」なのだそうです。

そういう小さなものを中心にしている物体の輝きが太陽の 5700億倍。

続きを読む

ナイジェリアの首都ラゴスで「一晩で川の水が消滅」し、その一面が正体のわからない植物で覆われる

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/river-water-disappears-overnight-in-lagos-nigeria/
<転載開始>

  2016/06/25  

2016年6月18日のナイジェリアの報道より

lagos-ogun-dryupChannels TV

 

最近、世界中で、「川や湖の水が消滅する」という出来事が起きていますが、今度はアフリカのナイジェリアの首都ラゴスで、街を流れる川の水が「突然消滅する」という出来事が、ナイジェリアの複数のメディアで報じられています。

下のような豊富な水量誇っていた川の水が、報道の表現では「突然」消えたとのことです。

続きを読む

米国ウエストバージニア州 : 歴史的な洪水での多数の死者と家屋の荒廃により非常事態宣言

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/state-of-emergency-declared-in-west-virginia-by-flooding/
<転載開始>
 2016/06/25  
2016年6月24日のナショナルポストより

west-virginia-floodsNational Post

 

アメリカのウエストバージニア州で、メディアが「歴史的」と表現する大規模な洪水が発生しています。

6月23日に発生して、翌日までに急激な大洪水へとなったものと思われます。

冒頭の報道のタイトルでは 14名が死亡、100軒の家屋が破壊されたとありますが、その後、さらに被害は広まっていて、日本時間 6月25日午前の時点で、20名が死亡、家屋の被害は正確には把握できていないようです。

ウエストバージニア州政府は、州内の大部分にあたる 44の郡に非常事態宣言を発令しました。

続きを読む

中国各地で竜巻が発生し、98人が死亡。負傷者は800人超

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/severe-tornadoes-outbreak-over-china-many-dead-and-injured/
<転載開始>

  2016/06/24  

china-strom-0623

 

6月23日、中国の各地で竜巻を伴う悪天候が頻発したことが報じられていました。

2016年6月23日 竜巻が通った後の江蘇省塩城市

china-tornadoes-01

 

china-tornadoes-02

 

続きを読む

ブラジルで進行しているいくつかのこと : 致死率20%超の豚インフルエンザ。ブラジル史上最大の2兆円破綻……。数ある懸念の中でオリンピックは近づく

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/brazil-olympics-and-deadly-swine-flu-and-mega-default/
<転載開始>

  2016/06/24  

brazil-olympicBrazil Not Prepared for Olympics

離脱ブームの中で

今日はね(もういいっつーの)、イギリスの EU からの離脱に関しての住民投票で離脱派が勝利したことで、市場はムチャクチャな混乱に陥りました。

為替はあっという間に数ヶ月分くらいの変動を瞬間的に起こし、株式市場は、過去にあったのかもしれないですが、私は聞いたことがない、

「東京株式市場で一時、東京証券取引所第1部に上場する約1960の全銘柄が下落共同通信)

という速報が流れるなど、1日の動きとしては、リーマンショックどころではない激しい動きを見せていまして、「今日は非常に特別な日なんだなあ」ということを実感させてくれた午後でした。

株価は最終的には 1286円安ということで、16年2か月ぶりの下げ幅だということです。

そして、今は午後5時くらいですが、ヨーロッパの株式市場も超混乱しています。

ちなみに、離脱派が勝利した途端、アイルランドの右派政党であるシン・フェイン党が「アイルランド独立の国民投票」を呼びかけ(AFP)、すぐに、オランダの政党も EU 離脱の国民投票を呼びかける(Twitter)、スコットランドの首相は独立を示唆(AFP)という流れになっていて、今後ちょっとした「離脱ブーム」が起きそうな感じもあります。

続きを読む

ロシアの湖の水が「一瞬で」消えた

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/lake-disappears-overnight-in-russia/
<転載開始>
2016年6月15日のロシアの報道より

russia-lake-06V-KURSE

 

ロシアで、湖が「一晩で消滅した」という出来事が報じられています。

水がほぼすべて消えた湖のあと

russia-vl-02

 

湖が消滅したのはロシア・ペルミ地方にあるリュビモフ湖という小さな湖だそうです。

続きを読む

アメリカの行方不明者たちのいくつかで共通している「異常に不可解」な事実から推測できる「全世界に広がる失踪システム」。目的や方法は不明

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/mysterious-patterns-across-thousands-of-us-missing-persons-cases/
<転載開始>

  2016/06/23  

2016年6月10日のエポックタイムズより

america-s-missing-mysterious-patternEpoch Times

 

ひさしぶりにその背景の巨大さを想像してゾクッとした日

大食いタレントの木下ゆうかさんの YouTube チャンネルでは、毎日、木下さんが食べ物を食べる様子をアップしてくれているのですが、その毎日のオープニングは、

「今日はね、○○を食べるよ」

と、今日食べるものの紹介をしてくれてから始まります。

それを真似ます。

続きを読む

メキシコのポポカテペトル山の噴火の中に飛び交う正体不明の多数の「光」

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/what-was-many-lights-over-popocatepetl-eruption/
<転載開始>

  2016/06/22  

mexico-u1Webcams de Mexico

 

メキシコのポポカテペトル山は、

4月13日からの1週間だけで環太平洋火山帯で「7つの火山」が噴火。さらに16の火山が活動進行中
2016/04/22

という記事などで取り上げたことがありますが、この春以来、活発な活動を続けています。

4月19日のポポカテペトル山の噴火

Popocatepetl-eruption-0419bWebcams de Mexico

現在も活発な噴火を続けるポポカテペトル山ですが、6月19日の噴火の際に、メキシコの火山活動をモニターしているウェブカム・デ・メキシコのライブカメラに「正体不明の光」が多数写っていました。

それは下のようなものです。

続きを読む

荒れ狂う極端な気温と気候の中で、迫り来る気配を感じる世界的な水不足への対処として思い出したペルーの「大気から飲料水を生成する装置」

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/global-water-shortage-is-coming-and-how-to-get-water-from-air/
<転載開始>
 2016/06/22  
米国スミソニアン・ウェブサイトより

global-water-shortageSmithsonian.com

春以降、

世界は想像を絶するすさまじい干ばつと水不足の世紀に入ったかもしれない
 2016/04/28

あと25年で「30億人分の水が足りない」状況になることを報告したウィキリークスがリリースした機密文書 : 原因は世界中で進行し続ける過度な肉食
 2016/05/09

など、世界の多くの場所で激しい干ばつが発生していて、そして、この後、「世界的な極端な水不足」が地球に訪れるのはそんなに遠いことではなく、場合によっては 10年後くらいには来るのかもしれないということなどを記させていただきました。

続きを読む

世界中で巨大なひょうが降りまくった2日間

地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/extreme-hail-storm-hits-over-world-wide/
<転載開始>

  2016/06/21  

アメリカ・ミネソタ州に2016年6月20日に降ったひょう

us-minnesota-0620Bring me the News

 

6月19日から 20日にかけて、世界各地でひょうが降りました。

まるで合図と共に世界中でひょうが降ったかのような2日間のようでした。そして、冒頭のアメリカのもののように特大のひょうが降った場所も多かったです。

6月19日と 20日の2日間に、世界各地で降ったひょうをご紹介します。

続きを読む

地球に「第3の月」が出現した日 : 2つめの月RH120に続き、地球を周回する新たな準衛星が発見されたことをNASAが発表。その存在は希望なのか脅威なのか

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/3rd-earth-moon-2016-ho3-and-asteroid-impact-possibilities/
<転載開始>

  2016/06/21  

asteroid-2016-ho3Earthfiles

6月16日、 NASA が地球を周回する新たな準衛星を発見したことを発表しました。

地球と近い軌道で太陽のまわりを周回しながら、地球の衛星のごとく地球のまわりを周回しているとのことです。

その準衛星が描く軌道の動きについては、NASA のサイトに動画がありますが、一部抜粋しますと以下のような感じです。

2016-ho3

大きさは 40メートルから 100メートルの間と、それほど大きなものではありません(しかし、考え方によっては、この大きさにも十分な意味があることは後述します)。

続きを読む

再掲載:クレムナの予言 ミタール・タラビッチ

2014/12/30  08:12

In Deepさんのサイトより過去記事を掘り起こしてみました。
その中の一部です。
http://oka-jp.seesaa.net/article/351478731.html
<転載開始>
Prophecy from Kremna - Mitar Tarabich

クレムナの予言 ミタール・タラビッチ


tarabich-m2.gif


父よ、ふたつの大きな戦争の後、世界が平和になり人々が豊かに暮らすようになると、それがすべて幻想であることがはっきりするだろう。

なぜなら、人々は神を忘れ、人間の知性のみを崇拝するようになるからだ。
しかし、神の意志からみると人間の知性などはとるにたらないものだ。
神が海なら、人間の知性ななど一滴の海水にもならない。

人間はさまざまなイメージが見える箱のような装置を作る。このイメージの箱は、向こう側の世界にとても近いところにある。それは、髪の毛と頭皮との距離くらいに接近している。

このイメージ装置のおかげで人々は世界中で起こっていることを見ることができるようになる。

人間は地中深くに井戸を堀り、彼らに光とスピードと動力を与える黄金を掘り出す。

そして、地球は悲しみの涙を流すのだ。

なぜなら、地中ではなく地球の表面にこそ光と黄金が存在するからだ。
地球は、自らに開けられたこの傷口のために苦しむだろう。

人々は畑で働くことをやめ、あらゆる場所を掘削する。

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ