大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

極移動

地軸の揺れによる大惨事が回避されたことを裏付ける記事 〜意図的に偽情報を流すコブラの背後に居るハイアラーキーの残党〜

 シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115904
<転載開始>
名称未設定 6
画像の出典: flickr: KevinGill

地軸の揺れによる大惨事が回避されたことを裏付ける記事 〜意図的に偽情報を流すコブラの背後に居るハイアラーキーの残党〜

続きを読む

地球の磁極が反転する「ポールシフト」が迫っている可能性。地球への影響は?(NASA)

カラパイアさんのサイトより
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52208971.html
<転載開始>
3_e1

 地球磁場が急激に弱まっているという。このままいけば予想よりも大幅に早く地球の磁極が反転し、コンパスが南を指すようになる「ポールシフト(地磁気逆転)」が起きる可能性がでてきた。これにより地球内生命体は何らかの被害を受ける可能性があることをNASAが警告したそうだ。

 地球は地磁気を持っており、その強さは常に変動しながら数百万~1千万年の周期でN極とS極が反転するポールシフトが起きている。気候学者によると、ネアンデルタール人絶滅の引き金になったのも、このポールシフトの影響によるものだという。

 NASAが推進する火星探査計画MAVENの主要計画者であるブルース・ジャコスキー氏は、ポールシフトが起きた場合、太陽から発せられる有害な放射線を防ぐ地磁気がおよそ200年の間消えてしまうと説明する。続きを読む

地軸の傾きが大きくなっています。

日本や世界や宇宙の動向サンのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51987956.html
<転載開始>
オーストラリア人が投稿したビデオをご紹介します。
どうやら、この1年で地軸の傾きがかなり大きくなっているようです。現在の地軸の傾きは25度くらいだそうですが。。。ほんの2度傾いただけでも何等かの影響はあるでしょう。

これも接近中の二ビルのせいでしょうか。

それと。。。めったに地震が起きないオーストラリアでもこの1か月間で地震が頻発しています。不思議なことに震源の深さがゼロや数メートルばかりだそうです。一体、何が起きているのでしょうか。以下のビデオ投稿者はプレートが水平にずれているからではないかと伝えています。震源の深さがゼロ???そんな地震があるなんて。。。

オーストラリアはひょっこりひょうたん島になってしまったのでしょうか??

http://beforeitsnews.com/strange/2016/06/confirmed-earth-tilt-possible-25-degrees-nibiru-planet-x-doing-pole-axis-drift-2464063.html続きを読む

【地殻変動】極移動(ポールシフト)が激化?北極点がヨーロッパ方向へ急移動!最新の研究結果が発表される!

情報速報ドットコムさんのサイトより
 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-11364.html
<転載開始>
 
2016.05.06 06:00|カテゴリ:地震情報| コメント(9)

【地殻変動】極移動(ポールシフト)が激化?北極点がヨーロッパ方向へ急移動!最新の研究結果が発表される!


s_ice_screenshot_20160505-203717.jpeg

 
☆北極点がヨーロッパ方向へ急移動と研究発表
URL http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/b/041200028/

引用:
北極点を見つけるには、北へ向かえばいい。ただし、少々注意が必要だ。今、地球の北極点は、着々とヨーロッパ方向に動いているのだ。
 4月8日付「Science Advances」に発表された論文によると、近年この「極移動」が急激になりつつあり、その原因は気候変動にあるという。
:引用終了

☆ポールシフト
URL https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%83%88

引用:
ポールシフト (pole shift) とは、惑星など天体の自転に伴う極(自転軸や磁極など)が、何らかの要因で現在の位置から移動すること。
実際に、地球の地磁気は過去100万年あたり1.5回程度の頻度で反転していることが地質的に明らかである。現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。[1]。
:引用終了続きを読む

北米東海岸上空で磁気圏崩壊?

ゲルな夢日記さんのサイトより
http://ameblo.jp/rakuouyotimu/entry-12153098630.html
<転載開始>
4月23日、
北米東海岸ニュージャージー州沖の大西洋に設置してある

「津波観測用浮き」がとんでもない異常を記録した。

なんと潮位が50メートルも上下変動したという。


海底からのメタンガス噴出が原因ではないかと専門家は述べているが、
事実は違うらしい。

浮き3
ニュージャージー州の北東にはニューヨークが、
南西にはフィラデルフィアがある。



異常を記録した津波観測データグラフ

浮き2


続きを読む

《衝撃》2016年の夏はポールシフトに要注意!発生理由とこれによる影響は??

《衝撃》2016年の夏はポールシフトに要注意!発生理由とこれによる影響は??
https://www.youtube.com/watch?v=Pc8llRno4j4

  続きを読む

北極点が南下 シベリアに移動

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/02/blog-post_0.html
<転載開始>
北極点が移動しているらしい。ロシアのシベリア辺りに南下しているらしい。最近、インテリキャスト・レーダーで気温をチェックしてみると、北極点の南下が本当だという事が分かる。

下の気温は華氏の温度だが、一番低い温度の場所がシベリアのマイナス53度。日本で使われている摂氏に直すとマイナス47度になる。
http://www.intellicast.com/Local/WxMap.aspx


シベリアよりも北極寄りのグリーンランドを見ても、-53度って見あたらない。

ここ最近、世界中の温度をチェックしているが、やはり、このシベリアのポイントが、一番、温度の低い場所となっている。これは北極点はシベリアに南下しているというのが証明された様なものだ。

このまま北極点が南下してくると、シベリアに近い日本では、寒冷地帯になってしまう可能性がある。そのうち日本の皆さんは、エスキモーのかっこをして外出する様になるかもしれない。そして交通手段は犬ぞり?




<転載終了>

おそらく人間を含めた「全生物」は磁場により生きている:ハトや蝶が持つ光受容体がヒトにも存在していること。そして、そのハトや蝶が「全滅」に向かっていること

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/magnetic-compass-cry-magr-birds-and-humans/
<転載開始>

pigeon-human-topBeautiful Pigeonbuymagnets

人間もハトと同様の「磁場を見る目」を持っている

連休中は、近所はどこもかしこもポールシフトの話題ばかりですが(どんなところに住んでんだよ)、少し前の記事、

「地球は磁極のポールシフトで磁場を失うことにより、太陽風に晒され水と大気を失った火星と同じ状態を200年間経験するだろう」 …
 2015/11/07

では、地球のポールシフトによって「磁場が失われた時に何が起きるか」ということについての議論をご紹介しました。

その中でご紹介した翻訳記事の中で、ドイツの地磁気専門家であるモニカ・コルテさんという科学者の方が、地球の磁場の逆転と人間の関係について、

「(地球の磁場が非常に弱くなっていても)現在、私たち人類が磁場が弱くなっていることを感じることはないのと同様に、地球の磁場が反転したとしても、私たちはその大きな変化に気づかないと思われます」

続きを読む

ポールシフトに関する事実のダイジェスト版

世界の裏側ニュースさんのサイトより
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12036328622.html
<転載開始>
ポールシフト関連ニュースのダイジェスト版

http://magneticreversal.org/ より翻訳


このウェブサイト、MagneticReversal.orgでは、NASAやNOAA(アメリカ海洋大気庁)、ESA(欧州宇宙機関)、地磁気データサービス(WDC for Geomagnetism)、その他の同様の信頼のおける機関からのデータを収集しています。



(画像: https://www.ck12.org

 


ポールシフトに関する事実のまとめ


1.南極点はすでに南極大陸を離れ、北極点も北極海を急速なスピードで移動している。

2.「地球の磁極は、反転する準備態勢に入っている」-ESA(欧州宇宙機関)所属の人工衛星SWARMの任務責任者

3.地球の磁極は1600年に弱くなり始めた。

4.1800年から2000年の間に、磁極は10%弱くなっている。

5.2010年までの間に、地球の磁極はさらに5%弱くなった。

6.2014年現在、磁極は急速に弱まり続けている。

7.磁極の反転(ポールシフト)は100年以内に起こる可能性も。

8.磁極の反転は(生物の)絶滅の原因となる。

9.聖書にある洪水は、磁極の反転が原因であった可能性も。


続きを読む

松原照子氏が地球の地軸が傾くと言明!(地球のポールシフト発生)

大地震の予知と天変地異さんのサイトより
http://eien.mie1.net/e538917.html
<転載開始>

松原照子氏が地球の地軸が傾くと言明!(地球のポールシフト発生)

世見2015年03月23日地球は磁場の行動を活発にさせている

http://breakingnew-site.seesaa.net/article/416084418.html

管理者の気になる地震予知の情報を最下段にお伝えします。↓


地球の磁場が動くとどうなるのでしょうネ。特にオーストラリアの右側と
中央インド洋海盆と書かれたオーストラリアより世界地図を見ていますと

陸の奥深い所に幾つもの磁場の渦のようなものが見えて来ます。
その渦がとても元気に回っています。

この渦が近未来に磁気嵐を起こし、コンピュータ制御を混乱させることでしょう。
磁気嵐が起きると月にも影響を与え地球はウ~ンと先ですが傾きを変えることで

しょうネ。

 

管理者のコメント、松原氏の記事の補足


「地球のポールシフトと新しい極地の移動場所と大きな津波被害、そして
宇宙人側の援助と宇宙母船群、UFO群が来ている。新しい宇宙時代が現れる」

 

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
Amazonライブリンク
楽天市場