大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

東海アマ

 自由と人間解放

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-779.html
<転載開始>
 私が若くて元気だった半世紀前は、仲間たちに共有する価値観として「人間解放」という概念が普及していた。
 この言葉は、最近では巷で聞かなくなってしまったのだが、検索エンジンに入れればたくさんヒットする。

 半世紀前、1970年前後に、「人間解放」という言葉が流行った理由は、たぶん、差別問題がクローズアップされ、部落名鑑の出版による結果、企業の人事担当者が、未解放部落や在日朝鮮人を選択的に排除することが常識になっていたこと、こうした不合理な差別への怒りが共有されていたことが大きいと思う。

 実際問題として、私は実家が名古屋市中村区で、図書館に行って、自分の家の情報を江戸時代に遡って調べたところ、まるで、地上に存在しない ブラックホールであるかのように、すっぽりと情報が抜け落ちていたことで、自分の住む土地が非常に奇っ怪な情報喪失を起こしている現実に驚かされた。
 そこで、ますます興味を持って調べて見ると、近所には「カラスの森」という地名があり、用水沿いに毛皮を処理する零細業者がひしめいていたり、私が子供の頃から、学校で、いじめっ子から「四つ」という蔑称を投げつけられることがあったりと、深刻な未解放部落問題が存在する地域であることが分かった。

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-247.html

 http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-245.html

続きを読む

人間は、どういう状態で楽しく生きてゆけるのか?

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-778.html
<転載開始>

 人間は、何をもって満足できるのか? 何を求めて生きているのか?
 といえば、まともな感覚の満ち主ならば、楽しい生活、楽しい人生」を求めているのである。
 「楽しい生活」という中身は、「一方的な圧力のある人間関係や、物質的不足による飢餓のような苦しみのない生活」と考えてもよく、また、笑顔にあふれた「孤独でない生活」というのも当たっていそうだ。

 私は、前回のブログでも書いたように、「共同すること」、ワイワイガヤガヤとみんなで一緒に仕事をし、生活するのは、とても楽しいのではないかと考えている。

 しかし、傍目から見て、どうみても「楽しくない生活」というのがある。
 それは、「他人を見下す」ことだけが人生の目標のように思い込んでいる人たちで、誰に対しても偉そうに命令ばかりしてみたり、他人を追求して苦しめることを生き甲斐にしていたり、自分だけトクすることが至上の快楽であるかのように勘違いしたりして、「他人の笑顔で癒やされる」ことを知らない利己主義の人生である。

 本人は、他人から蛇蝎のように嫌われても、財産を殖やしたり、利権を増やしたり、他人を見下して、自分が社会的強者であると思い込むことに無上の喜びを感じることが人生の目標であるかのように思い込んでいて、人の幸福や笑顔なんて、さらさら興味がない。
 「自分だけが果実を独り占めにする」ことが「人生の勝者」だと思い込んでいるのだ。
 こう書けば、ほとんどの読者は、周囲に実在する、そうした人物の顔を思い浮かべることができるはずだ。

続きを読む

大家族生活の良さ

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-777.html
<転載開始>
 柳田国男が、明治42年(1909年)に、白川郷を訪れたとき、大家族生活の印象を書き残している。

 http://blog.livedoor.jp/hirukawamura/archives/2279832.html

 土地の不足なる山中の村にては、分家を制限して戸口の増加を防ぐことはおりおりある例なり。ただこの村の慣習法はあまりに厳粛にて、戸主の他の男子はすべて子を持つことを許されず、生まれたる子はことごとく母に属し、母の家に養われ、母の家のために労働するゆえに、かくのごとく複雑な大家内となりしのみ。
 狭き谷の底にてめとらぬ男と嫁がぬ女と、あいよばい静かに遊ぶ態は、極めてクラシックなりというべきか。

 首を回らせば世相はことごとく世紐なり。寂しいとか退屈とか不自由という語は、平野人の定義皆誤れり。歯と腕と白きときは来たりてチュウビンテンメンし、頭が白くなればすなわち淡く別れ去るという風流千万なる境涯は、林の鳥と白川の男衆のみこれを独占し、我らはとうていその間の消息を解することあたわず。

 引用以上
続きを読む

老後に2000万円不足するって?

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-776.html
<転載開始>
 金融庁試算「老後に不足…金融資産2000万円」を年金受給者は用意できている?
 https://www.fnn.jp/posts/00046751HDK/201906122000_MEZAMASHITelevision_HDK

 金融庁報告書
 https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

 一部の特権階級や、巨額の相続をした人を別にすれば、大半の人は「いったい、どこの国の話なの?……」と訝るところだろう。
 大半の日本国民にとって、2000万円という資産は、遠い他国の夢物語であり、1000万円だって、現在の40~50歳代にとっては、はるかに遠い雲上の高嶺であろう。

続きを読む

ホルムズ海峡の日本船舶攻撃は、安倍晋三に向けられたものだった

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-775.html
<転載開始>
日本のタンカーに砲撃 ホルムズ海峡付近
  https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019061402000069.html

  イラン沖のホルムズ海峡近くで十三日朝(日本時間同日昼)、東京都内の海運会社「国華産業」が運航するタンカーと台湾の石油大手、台湾中油のタンカーが攻撃を受け、二隻とも火災が発生した。国華産業のタンカーは砲弾を受けた。両船とも日本人は乗っていなかった。何者が攻撃したのか不明で、イラン政府は関与を否定した。イラン訪問中の安倍晋三首相は、情報収集と乗組員の安全確保に万全を期すよう指示した。

 世耕弘成経済産業相は「現時点で日本のエネルギー供給に問題はない」としたが、ニューヨークの先物相場では原油価格が高騰した。国華産業のタンカー乗組員はフィリピン人二十一人で、一人が軽傷を負った。台湾中油の乗組員はロシア人らで二十三人全員が無事だった。
続きを読む

再生可能自然エネルギーの買い取り制度が廃止される

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-774.html
<転載開始>
 太陽光固定買い取り制度廃止検討 20年度の法改正目指す 経産省
 https://mainichi.jp/articles/20190612/k00/00m/020/376000c

経産省、再エネ固定価格買い取り制度を抜本見直しへ
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44175090V20C19A4000000/

 太陽光による買い取り制度は、2011年の福島原発巨大事故を受けて、エネルギー政策の抜本的方向転換を前提に発足したものだった。
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2013html/1-2-2.html

 原発に依存した中央集権的な電源供給システムを改め、もっと小規模で分散して、非常時でもインターネットのように多様で相互補完的な供給システムを作り出す計画だったはずだが、太陽光発電の買い取り制度が失われれば、再び元のスケールメリット発電の優位性が復活して、原発や巨大火力に依存する電源システムに戻ることになる。

続きを読む

天皇さんちの美智子さんの心臓病

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-773.html
<転載開始>
 昨日、尻から垂れ下がるキシメン=サナダムシの駆除のため、プラジカンテルという駆虫薬を二錠飲んだことを書いた。
 すると、二日目になって大きな効果があった。

 過去数年間、ほとんどまともな便が出ないで、一日数回、便意を催しても少しずつしか出ないで、腹痛と下痢の繰り返しで困っていたのだが、今朝から数年ぶりに、まともな便が出るようになった。
 それまで、魚の腐ったようなひどい悪臭がしていたのに、まったく臭わなくなった。
 おかしな腹痛が消えただけでも本当にありがたい。逆に言えば、サナダムシの被害は、想像以上にひどかったことを意味している。

 なお、排便中にサナダムシの本体を発見することはできなかった。数年ぶりに固形便になってしまったので、何が入っているのか見えないのだ。
 ホタルイカも避けているので、月に数回も起きていた腸閉塞も、まったく起きなくなった。
 こんなことなら、もっと早く、飲みたかったが、一箱8錠入り2000円台のプラジカンテルの輸入代行業者を探すだけでも半年かかったのだ。普通の業者は、5~10倍以上、数万円もぼったくっているのだから。
 https://www.japanrx.vu/jpn/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB_%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%89_%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF_%E9%8C%A0%EF%BC%96%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BD%8D%EF%BD%87-p-537.html

続きを読む

自然界の人類への反撃

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-772.html
<転載開始>
 先に、アフリカ豚コレラ(ASF)が、必ず日本に侵入して、今年中にも豚肉が食べられなくなる可能性があると書いた。
  http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-762.html

 日本への侵入が止められない理由は、中国人観光客が、活性ウイルスの含まれた豚肉加工品を、旅行時に持参する習慣があるためで、入管・税関がどんなに麻薬なみの検査をしようが、必ずすり抜けて日本国内に持ち込まれるからである。
 ASFが中国に侵入したのは、まだ2018年のことで、わずか1年で中国全土に感染が拡大した。中国では豚肉価格が7割上昇したと報道されているが、そんなものですむはずがない。

 中国政府は、都合の悪い情報を隠蔽する体質があるので、ASFに関する正しい情報は中国内で遮断され、致死率100% のウイルスに感染した死豚が、平然と焼豚やソーセージなどに加工され、食品として販売されている。
続きを読む

満州国

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-771.html
<転載開始>
 1987年に公開された映画「ラストエンペラー」は、満州国皇帝、愛新覚羅溥儀の生涯をモチーフにしたもので、当時としては斬新で綿密な作りによって大ヒットした映画の一つだ。
 しかし、キャストは中国系アメリカ人ばかりで、英語が使われていたので中国人には不評であった。

 愛新覚羅溥儀は、1932年に日本軍によって建国された傀儡国家である「満州帝国皇帝」であるが、本来は、1616年にヌルハチによって建国され、1912年まで中国全土を支配した統一王朝「清」の血統を受け継ぐラストエンペラーであった。

 1616年に、女真族のヌルハチによって建国された当初は「後金」という国名を使ったが、1639年、息子のホンタイジらは、漢族からの反発を恐れて「清」を用いたようだ。
 このとき「女真」という民族名を「満州族」に改めた。

続きを読む

「東海アマ」で検索するとグーグルが最上位に表示する「東海アマ糾弾ブログ」が面白い

東海アマブログさんのサイトより
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-770.html
<転載開始>
 私の「東海アマブログ」は、昨年3月に、政治的意図で無断削除を繰り返すヤフーブログを廃止してFC2ブログに一本化したのだが、2019年6月9日現在、およそ15ヶ月で、411万アクセスになっている。
 こんなにアクセスが多い理由は、たぶん大摩邇(おおまに)が転載してくれているおかげだろう。大摩邇は毎日、5万を超えるアクセスがあって、通算でも3億近いので、日本のブログのなかでは上位に位置するのかもしれない。

 私は、十数年前に、亀岡城の大本教本部を訪れてから、不思議なことに何の縁もない大本教関係者から援助を受けることが多い。
 このとき城内で撮影した写真に、無数のオーブが写っていて驚かされた。私は出口王仁三郎を、本物の予言者として尊敬している。

 「東海アマブログ」でグーグルを検索すると、今日は珍しく、私の本当のブログが出てくるが、普段は、私のブログではなく大摩邇ブログのなかの東海アマ転載が出てくる。
 最近は、自分が昔、書いたはずのブログを探すのも一苦労である。

 しかし、私のブログは出なくとも、毎日、必ず検索上位に出るのが「東海アマ糾弾ブログ」というサイトで、数ヶ月更新なしのブラインドが降りていても、毎日1万アクセスの私のブログよりも、はるかに上位に登場するのである。
 さすがはグーグルだ。おそらく検索エンジンを触れる立場にある人間が、意図的にやっているのだろう。

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場