大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

しばやんの日々

薩長を支援したイギリスに対抗して江戸幕府に接近したフランス

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-488.html
<転載開始>
元治元年(1864)3月にフランスの新公使ロッシュが日本に着任した。この人物は、前任のド・ベルクールがイギリス追随であったのに対し、イギリスと対抗しようとする姿勢で臨んでいる。

ロッシュ
【フランス公使 ロッシュ

鈴木荘一氏の『開国の真実』にこう解説されている。

ロッシュは、着任早々、幕府首脳陣に対し、
『アヘン戦争がはっきり示しているように、イギリスは工業製品の市場を拡大するためには他国を侵略して顧みない。これにひきかえフランスは天然の資源に富み、芸術・科学もそうであるように、軍事上でも偉大な、しかも正義を愛する国である』
と公言した。
当時57歳、老練な外交官ロッシュの指摘は、宣伝臭があるにしてもなかなか鋭い。
ロッシュは、就任早々から大見得をきってイギリスと一線を画し、イギリスに対抗した独自の対日政策を打ち出したのである。
当時、アメリカは南北戦争の終盤で対外的意欲はなく、ロシアもクリミア戦争でイギリス・フランス連合軍に負けたのち農奴解放問題など国内矛盾を抱えて対外的覇気は無く、世界の覇者イギリスに対抗しようという『元気印』はフランスぐらいだった。しかもフランスには『条約の締結相手であり日本の正統政府である徳川幕府と親交を深める』という大義名分があった。
また当時、対日貿易はイギリスが圧倒的なシェアを占め、フランスはアメリカ、オランダにも劣後していた。フランスにとってこの改善も課題だった。

とくに貴婦人が装う高級絹織物で世界一の生産量を誇ったフランスは、我が国の東日本で産出される高品質の原料生糸や蚕卵紙の独占的確保を希望した。…
フランスは貴婦人の為の絹織物工業という平和産業に必要な原料生糸を我が国から輸入しようとし、イギリスはわが国へ人殺しの道具である武器を輸出しようとした。
こうした通商政策の相違が、イギリスとフランスの対日政策の対立となったのである。」(『開国の真実』p.289-291)

続きを読む

なぜ資力の乏しい長州藩が、グラバーから最新鋭の武器を大量に入手できたのか

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-486.html
<転載開始>
先日このブログで、慶応元年(1865)に幕府が第二次長州征伐の軍を起こし、14代将軍家茂が大坂城に入って大本営とした頃に、長州藩では大量の武器弾薬を上海ルートから密輸入して戦争準備を進めたことを書いた。アメリカの南北戦争が終わって用済みとなった大量の最新鋭武器が、「死の商人」たちによって次の紛争地である中国に集められ、さらに幕末の日本にも流れて行ったわけなのだが、この第二次長州征伐の戦争準備のために長州藩は慶応元年(1865)5月にミニエー銃千八百挺、ゲベール銃二千挺を金額合計四万六千両で密輸入する契約をしたという。
すると内戦勃発の戦雲が漂い始めて、欧米の駐日外交官が動き出した。鈴木惣一の『開国の真実』にはこう記されている。

開国の真実

「イギリス、フランス、オランダ、アメリカの四国代表は会談をもち、慶応元年(1865)5月『四国共同覚書』を作成した。四国共同覚書は長州藩のきたるべき幕長戦争に際し、
 第一 日本の内戦に対する厳正中立。
 第二 絶対不干渉。
 第三 密貿易(開港場以外での貿易)禁止。

を取り決め、わが国に対する内政不干渉を申し合わせた。当然の姿勢と言うべきである。
 四国共同覚書のなかで特に重要な意味をもつのは、第三番目の密貿易禁止条項である。
 というのは、当時の開港場は通商条約が定めたうち長崎、函館、神奈川(横浜)の三港であり、
『通商条約で定められた兵庫については勅許がおりないため…』
いまだ開港されず外交懸案事項となっていた。
だから四国共同覚書がうたった第三項の『密貿易禁止=開港場以外での貿易禁止』とは、イギリスの長州藩に対する下関における小銃等の武器密輸出を禁止したことを意味する
 イギリスが長州藩に心を寄せていることは他の三国に周知の事実だった。
 だから第一項の『日本の内戦に対する厳正中立条項』も、第二項の『絶対不干渉条項』も、イギリスが日本の正統政府であり開国方針を堅持する徳川幕府に敵対する長州藩を支援しないよう、フランス、オランダ、アメリカ三国が牽制したものである。」(鈴木荘一『開国の真実』p.250-251)

続きを読む

薩摩に敗れて捕虜にされた多くの豊後の人々は南蛮船に乗せられてどこへ向かったか

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-438.html
<転載開始>
前回の記事で島津義久の攻撃で大友氏が滅亡寸前まで追い詰められたが、天正15年(1587)に豊臣秀吉・秀長が九州に出兵して島津軍を破り、大友氏は辛うじて豊後一国を守ることが出来たことを書いた。豊後国とは今の大分県と考えて良い。

前回あまり詳しく書かなかったが、薩摩の島津氏と豊後の大友氏との争いは随分長く続いている。

耳川合戦図屏風 京都市相国寺蔵
【耳川合戦図屏風】

天正6年(1578)に大友宗麟・義統父子が、日向の伊東義祐の要請を口実に大軍を率いて南下を開始したのだが、耳川(みみかわ)の戦いで島津義久軍に大敗している。

その大敗で、それまで大友家に従属していた肥前の龍造寺隆信が離反して自立し、筑前でも秋月種実や筑紫広門が離反して島津方についた。また大友庶家の重鎮である田原親宏や田原親貫、田北紹鉄らも大友家に対して反乱を起こし、これまで豊後・筑前・肥前・筑後・豊前・肥後の6カ国にまたがっていた大友領で次々と反乱が起こったという。
続きを読む

大友宗麟はキリスト教に接近し、洗礼を受ける前から神社仏閣を破壊した

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-437.html
<転載開始>
前回は大村純忠の神社仏閣の破壊のことを書いたが、今回は大友義鎮*のことを記すことにしたい。
*大友義鎮(おおともよししげ): 豊後国大友氏第21代当主。天文20年(1551)に出家し「宗麟」と号した

大友義鎮が豊後の国主となったのは天文19年(1550)のことだが、その翌年にフランシスコ・ザビエルを府内の城中に引見して、キリスト教の教義を聴き、領内での布教を許可したことから、領内でキリスト教の信仰が拡がって行くことになる。

前回の記事で紹介した、山本秀煌氏の『西教史談』にこう記されている。
「これより府内はキリスト教の根拠地となり、宣教師等は此処を中心として各地に伝道することとなった
 こうして各地に伝道した結果、新宗教に帰依する者続々起こり、数年ならずして幾千人の信者を得るに至り、府内・臼杵にキリシタン寺院が建てられ、宣教師の住宅は構えられ、学校・病院・孤児院など、キリスト教の社会的事業もまた大いに勃興するの機運に到達したのである。
 しかるに、府内に起こった信者は多くは下級民であった。上流社会の人々は少なかった。それ故に新宗教の勢力も甚だ微弱であったように思われる。…けれども天正5年頃より大友家一族の中にキリスト教に帰依する者が続々起こり、宗麟また受洗するに至り、有力なる家臣の新宗教に加わるもの続出し、信者数万人を数えるに至り、豊後地方は広くキリスト教の行わるる所となったのである。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/963109/50

大友宗麟像

続きを読む

わが国で最初のキリシタン大名となった大村純忠の『排仏毀釈』

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-436.html
<転載開始>
天文18年(1549)8月15日にフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸して、日本に初めてキリスト教を伝えた頃のことを以前このブログで記したことがある。

フランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝えた頃の日本の事~~その1
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-114.html
フランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝えた頃の日本の事~~その2
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-115.html

そもそも、宗教の自由だとか、信教の権利だとかいう考え方はこの時代のわが国には存在しなかった。
当たり前のことなのだが、わが国においてキリスト教を布教するということは、人々に神仏への信仰を棄てさせなければ始まらないのだが、それは容易なことではなかったことはザビエルの文章を読めばわかる。

ザビエル
フランシスコ・ザビエル像】
続きを読む

軍部が情報を握りつぶした「昭和東南海地震」

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-420.html
<転載開始>
真珠湾の奇襲攻撃に成功してからほぼ3年が経過した昭和19年(1944)12月7日午後1時36分に、M7.9の巨大地震が起っている。地震の震源は和歌山県新宮市付近で、断層の破壊は北東方向に進んで浜名湖付近まで達したという。

東南海地震震度

内閣府『防災情報のページ』にはこう記されている。
「…海洋プレートの沈み込みに伴い発生したマグニチュード7.9の地震で、授業・勤務時間帯に重なったこともあり、学校や軍需工場等を中心に死者1,223人の被害が発生した。…震度6弱相当以上となった範囲は、三重県から静岡県の御前崎までの沿岸域の一部にまで及び、津波は伊豆半島から紀伊半島までを襲った。」
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1944-tounankaiJISHIN/

三重県津市や四日市市、静岡県御前崎市、長野県諏訪市で震度6を記録し、近畿から中部までの広範囲で震度5を記録したのだが、Wikipediaに都道府県別の被害が纏められている。
それによると死亡・行方不明者は全国で1223名で、愛知県438名、三重県406名、静岡県295名の3県で全体の93%を越えている。また、住居の全壊は静岡県が6970軒、愛知県が6411軒、三重県が3776軒で、この3県が全体の95%を越えている。

これだけ大きな被害が出たというのだが、この大地震に関してはあまり記録が残されていないようなのだ。その理由についてWikipediaにはこう解説されている。

続きを読む

田沼意知の暗殺を仕掛けたのは誰なのか

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-417.html
<転載開始>
天明4年(1784)3月24日、田沼意次の長男である田沼意知(おきとも)が江戸城内において、新番組の佐野政言(さのまさこと)に斬りつけられ、その8日後に死亡している。
田沼意知は天明3年(1783)に若年寄に抜擢され、異例なスピードで出世して父・意次の政治を支えていたのだが、34歳という若さで命を奪われてしまった。

イサーク・ティチング

Wikipediaにはこの暗殺事件について、こう記されている。
「江戸市民の間では佐野政言を賞賛して田沼政治に対する批判が高まり、幕閣においても松平定信ら反田沼派が台頭することとなった。江戸に田沼意知を嘲笑う落首が溢れている中、オランダ商館長イサーク・ティチングは『鉢植えて 梅か桜か咲く花を 誰れたきつけて 佐野に斬らせた』という落首を世界に伝え、『田沼意知の暗殺は幕府内の勢力争いから始まったものであり、井の中の蛙ぞろいの幕府首脳の中、田沼意知ただ一人が日本の将来を考えていた。彼の死により、近い将来起こるはずであった開国の道は、今や完全に閉ざされたのである』と書き残している。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%B2%BC%E6%84%8F%E7%9F%A5

続きを読む

日本軍の南京攻略戦が始まる前から、中国兵の大量の死体が存在していたのではないか

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-415.html
<転載開始>
前回の記事で、蒋介石は上海戦に続く南京戦に勝算がないことは承知しており、南京陥落の後に日本軍の暴行を世界に宣伝し、武力戦で負けても宣伝戦で勝つという国策に立っていたことを書いた。

蒋介石総統および政府・軍部の首脳は12月7日に南京を脱出し、後を任された総司令官の唐生智も12月12日に逃亡したのだが、これも予定の行動であったと思われる

唐生智将軍記念館

というのは、無責任にも南京から逃亡した唐生智は、その後栄転して中国国民党革命委員会の中央常務委員、全国人民代表大会の常務委員会委員、全国人民政治協商会議の常務委員会の委員などを歴任している。調べると南京には「唐生智将軍記念館」というものまでが存在するようだ。
南京戦の最高司令官の任務を放棄して逃亡し、多くの自国の兵士を死なせてしまったのなら、普通に考えれば極刑に処されてしかるべきところだが、そうならなかっただけでなく、偉人扱いされているのは何故なのか。

続きを読む

南京を脱出し多くの中国兵士を見捨てた蒋介石・唐生智は何を狙っていたのか

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-414.html
<転載開始>
前回の記事で、昭和12年(1937)の盧溝橋事件から第二次上海事変に至るまでの経緯について書いたが、わが国は何度も犠牲を出しながらも終始受け身であり、日中の戦いに持ち込もうと挑発行動を行なったのは常に中国側で、わが国は戦争を回避しようとし続けたことを書いた。
しかしながら、7月29日の通州事件で日本人居留民260名が惨殺され、さらに8月9日に二人の日本兵が銃殺され(大山事件)、さらに8月13日には支那便衣隊にわが国の陸戦隊警備兵が機関銃を浴びせられ、さらに夕方には砲撃を開始されたために、ついにわが国も戦闘を開始するに至る。
このように発生した第二次上海事変は、やがて日本軍が上海地方を制圧し、逃げる中国軍を追撃するかたちで南京戦へと展開していくのだが、この戦いで日本軍に大きな犠牲が出た。

松井石根

中村粲(あきら)氏の『大東亜戦争への道』にはこう解説されている。
「8月13日、上海陸戦隊と支那軍との間に戦闘が開始されると、我国は海軍の要請によって陸軍部隊を増援することになり、8月15日、上海派遣軍(軍司令官・松井石根大将。第三、第十一師団基幹)の編成派遣を下令した。…
 当時陸戦隊は十数倍の中国軍と対峙して苦戦を続けていたため、第三、第十一師団は応急動員のまま出発、8月24日未明より呉淞(ウースン)およびその上流揚子江岸に上陸した。
 クリーク*とトーチカ**に拠る中国軍十五万の抵抗は激しく、我軍の攻撃は9月に入ってから停滞し、兵員の損害も急増したため、統帥部は台湾から重藤支隊(約1個旅団)を、内地からは第九、十三、百一各師団、野戦重砲兵第五旅団などを増派した。激戦の末、10月下旬に中国軍は退却を開始し、派遣軍は進撃に移り、26日大場鎮を占領、進んで蘇州河を越え、11月9日大上海全域を占領した。
 11月8日までの上海戦に於ける我軍の戦死者は9,115、負傷者は31,257。南京占領までを合算すると戦死者は21,300、負傷者は5万余に達する大激戦であった。」(『大東亜戦争への道』p.422-423)
*クリーク:小運河  **トーチカ:鉄筋コンクリート製の防御陣地

続きを読む

なぜわが国が中国との戦争に巻き込まれたのか…興亜院政務部の極秘資料を読む

しばやんの日々さんのサイトより
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-413.html
<転載開始>
高校で日中戦争を学んだ時に、わが国がなぜ戦争に巻き込まれのかが理解できなかったのだが、最近の教科書ではどう書かれているのかと思って『もう一度読む 山川の日本史』を読み直してみる。そこにはこう記されている。

「日本はしだいに中国北部にも勢力を伸ばし、この地方の軍閥に力を貸して、国民政府の影響から切り離そうとした。そのころ中国では、国民政府と共産党の内戦が続いていたが、1936(昭和11)年に張学良が蒋介石を監禁して抗日への転換をせまった西安事件をきっかけに、内戦を停止して日本に抵抗する気運が高まった。
 そのような状況の中で、1937(昭和12)年7月7~8日、北京郊外で日本軍と中国軍の武力衝突がおこった(盧溝橋事件)。つづいて上海でも日中両軍が衝突し、戦火は中国中部にも拡がった。日本がつぎつぎに大軍を送って戦線を拡大したのに対し、中国側は国民党と共産党が協力して抗日民族統一戦線を結成し(第2次国共合作)、日本に抵抗した。こうして事変は宣戦布告がないままに、本格的な日中戦争に発展した」(『もう一度読む 山川の日本史』p.300~301)

「抵抗」する中国に対し「つぎつぎに大軍を送って戦線を拡大」したと解説されているのだが、そもそも「抵抗」という言葉は、仕掛ける側ではなく仕掛けられる側に用いられる言葉である。普通にこの文章を読めば、わが国が戦争を仕掛けて中国がそれに抵抗したと理解してしまうところだが、そのような歴史理解は正しいと言えるのか。

しっかりと史実を押さえておきたいところだが、まず盧溝橋事件は「武力衝突」であったという表現にも疑問を感じる。この時の日本軍は演習の為、実弾を携行しておらず、戦う意思などは毛頭なかったからである。
橋本群・陸軍中将(駐屯軍参謀長)は当時の状況を、「実弾を持たずに発砲された為、応戦出来ず、非常に危険な状況に置かれた」と証言しており、日本側は何者かに仕掛けられたのである。

盧溝橋事件記事

では、どこが仕掛けたのか。
実はこの時に、国民党軍も、日本軍同様に銃撃を受けている

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場