大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

院長の独り言

1410.「反原発」票を食い逃げした鹿児島県知事

 院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/177920566.html
タレントさんですから。
<転載開始>

2016年12月04日

1410.「反原発」票を食い逃げした鹿児島県知事

2016120401.jpg・原発が全国で唯一稼働している鹿児島県の知事選挙に自称「反原発」派の知事が、本年の7月に誕生していた。
・当選後には徐々にスタンスを変更していたが、最終的に「私に原発を動かすかどうかの(決定をする)権限はない」と逃亡どころか、現在暗黙に了承されている再稼働のハードルを一挙に下げる原発推進の発言を行った。
・イソップ寓話のコウモリを連想させる行為であり、もはや鹿児島県知事は、脱原発にとって有害無益の存在と成り下がった。

 鹿児島県知事に、民間のジャーナリスト 「三反園訓」が当選したのは、昨年の7月のことである。

初当選三反園氏「県民の声」 刷新訴え一本化奏功 鹿児島知事選
2016年07月11日03時44分 (更新 07月11日 04時08分)
(前略)
 勝利の原動力になったのが「一本化」だ。三反園氏は告示6日前、反原発団体が擁立し、共産党県委員会が推薦した平良行雄氏(56)と「川内原発の停止、安全性の再調査を九州電力に申し入れる」などとうたった政策協定を締結。平良氏は立候補を見送った。


続きを読む

1401.東電テレビ会議の非公開部分で、いったい何が起きていたのか

院長の独り言さんのサイトより
 http://onodekita.sblo.jp/article/177245198.html
<転載開始>
 

2016年10月13日

1401.東電テレビ会議の非公開部分で、いったい何が起きていたのか

・事故から1年以上もたって、その存在を東電が否定していたテレビ会議の録画が公開された。公開内容は非常に不十分ではあるものの、現場で何が起きたのかを知る一級資料である
・公開されたテレビ会議は、大きく2つの欠落部分がある。1つが津波が起きてから1号機が爆発するまで(津波~11/03/12 22:59:00)ともう一つが、フクシマの原子炉が暴走して首都圏を避難する必要が出てきた時(11/03/14 23:39:42~11/3/16 07:00:22)である。
・最近、元総理大臣補佐官の寺田学氏が当時の状況をブログに公開しているため、それを用いて2番目の空白時間を少し埋めてみたい。


 東電は、2012年8月に当初その存在を否定していたテレビ会議の模様を公開した。専門性が強いとのことで、極々一部のみを公開しただけであったが、世論の批判を受けある程度の部分を公開せざるを得なくなった。これについては、2014年9月14日から10月27日にかけて、ツイキャスを用いて解説を行った。最終的には、BD-Rおよび、USBメモリにまとめて、希望者に配布している。
・東電の社内用語
・原子炉回りの知識
・安全関係の知識
をもって、なおかつ東電とは全く関係のない立場でいる人間はそれほどいないため、ある程度貴重な資料になっているのではないかと思う。(申し込みページ

 東電テレビ会議の公開部分はすべて閲覧したことため、重要な部分は保母抑えているつもりではあるが、日本が最も緊張していた空白期間(11/03/14 23:39:42~11/3/16 07:00:22)に関しては、密室の中のままであり、概要がさっぱりわからなかった。概要で述べたように、寺田学氏が官邸の状況を公開しているため、ここでその部分を抜き出しながら、解説を入れたい。
続きを読む

1137.国立がんセンター「がんが見つかってもすぐに治療せず、様子を見ることも検討すべき」

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/168159074.html
先日ラジオで医療費削減に向けてと言う話が有ったので
話的には矛盾することが出て来ているのかもです。
そうそう、元々の話は市販薬を購入することによって所得税の還付を行うとか
安易に病院にかかるのではなく、症状によっては市販薬で、みたいな話でした。
<転載開始>

2015年11月19日

1137.国立がんセンター「がんが見つかってもすぐに治療せず、様子を見ることも検討すべき」

2015111901.jpg・国立がんセンターの津金昌一郎予防・検診研究センター長が「がんが見つかってもすぐに治療せず、様子を見ることも検討すべき」と発言
・福島県民の被曝量は取るに足らないものであるから、甲状腺癌が起きるはずがない。 とする いつもの御用学者の論法を振りかざし、現在起きているのは「過剰診療」だと決めつけた。
・先日紹介した「越智小枝」医師は、「スクリーニング効果」だと主張しており、「専門家」の意見があてにならないことがよくわかる


 私が以前原子力発電所に勤めていたときに、「原子力は安全です」とするQ&Aをたくさん作っていた。その際に一番大事なことは、過去の答弁を調べ上げることであった。そもそも、「原発が安全」などという話は、ウソなのであるから、事実をそのまま述べると矛盾点が噴出するのである。

続きを読む

1136.原子力を事業の核とした東芝の粉飾決算

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/167954860.html
<転載開始>

2015年11月16日

1136.原子力を事業の核とした東芝の粉飾決算

2015111603.jpg・上場企業としての義務である決算を発表できないと東芝が発表したのは、本年5月のこと。
・決算を出せない理由をインフラ工事、半導体、白物家電の不調などとごまかしてきたが、日経がついに原子力部門の赤字を公式に「暴いた」。
・東芝の財務は報道されている以上に痛んでいるであろうし、早晩なんらかの動き(国有化、分社化)などが起きるのではないか。


 ついにあの日経が東芝の「原子力関連」の粉飾決算を「報道」した。
続きを読む

1133.核非人道性会議の足を引っ張る原子力村の一員-外務省

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/106283310.html
<転載開始>
2014121101.jpg・12月にウィーンで行われた「第3回核兵器の人道的影響に関する国際会議」で、佐野利男軍縮代表部大使が、質疑で「(核爆発後の)対処能力がないというのは悲観的だ」と述べた。
・日本の前軍縮大臣も、「いかなる状況でも(核を)使用しないとしている点が、日本の安全保障政策と相いれない」と発言しているから驚くに値しない。
・外務省は原発導入時より核武装に言及し、さらにはIAEA事務局長のポストを握っていることから容易に想像できるように、核利権構成員の一員である。


 またも、日本の軍縮大臣が情けない発言をしました。

“核爆発後も対処可能” 核非人道性会議で日本政府代表発言-被爆者ら批判2014年12月10日(水) 赤旗
 【ウィーン=島崎桂】オーストリアのウィーンで8日に開幕した「第3回核兵器の人道的影響に関する国際会議」で、会議の趣旨に水を差す日本政府代表の発言を、被爆者が問いただしました。

 「核爆発後の市民の救出は不可能」との専門家の研究報告に対し、佐野利男・軍縮大使が質疑で「(核爆発後の)対処能力がないというのは悲観的だ」と述べました。

 同氏は日本の記者団に対しても「防護服があれば(爆心地に)入れる」「救出を諦めていいのか」と自身の発言を正当化しました。


続きを読む

1127.甲状腺エコー検査は意味がないと主張した祖父江友孝氏

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/106154332.html
<転載開始>
2014120301.jpg・激怒した丹羽大貫氏の出席していた原発事故に伴う住民の健康調査のなかで、祖父江友孝氏が「甲状腺エコー」には全く意味がないと発言。
・小児甲状腺癌は、そもそも100万人に一人と言われていたのだから、エコー検査で死亡率が下がったというデータがあるはずがない。
・祖父江氏は阪大医学部卒業後、たくさんの論文を書き、国立がんセンター、大阪大学に勤務するエリート。臨床のことは全くご存じなく、興味もないと思われる。国の意に沿った答弁のみをする「御用学者」の一人と断じざるを得ない

 先日、ご紹介した「原発事故に伴う住民の健康調査に関して検討している専門家会議」。この中で素人のヤジに激怒した丹羽大貫氏をご紹介しましたが、私が一番頭にきたのは祖父江友孝氏の発言でした。
祖父江友孝:
ま、一般論としてガン検診の利益というのは、その「がんで亡くなることを防ぐ」ということなんですけれども、
えーー、甲状腺癌、超音波を使ってですね、甲状腺癌を検査する利益というのは、残念ながら認められていないと。
「科学的根拠は全くない」というのが現状だと思います。
集団としての死亡率が下がるという証拠はありません

春日文子:
ここで一般論をいうのであれば、早期発見によるメリットということも一言ぐらいは加えないと、バランスが悪いのではないかという、

祖父江友孝:
ですから一般論として甲状腺癌検診という、超音波を使って甲状腺検診をするメリットは、書けないんです。
ありません。

続きを読む

1125.「だいたい専門家が野次ぐらいで動揺するんじゃないよ!」に激怒した丹羽大貫氏

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/106096609.html
<転載開始>
2014113003.jpg・第13回 原発事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議で、聴衆者のヤジに対して福島県立医科大学 丹羽太貫理事長付特命教授が激怒
・放射能は遠ければ遠いほど、弱くなると言う「非科学的」な主張をした直後のヤジだったために、スイッチが入ったと思われる
・この大人げない対応は、自分の後ろめたさの表れであろう。


委員と傍聴者が怒鳴り合い~環境省専門家会議
投稿者: ourplanet 投稿日時: 水, 11/26/2014 - 04:54

原発事故に伴う住民の健康調査に関して検討している専門家会議で26日、前回、事務局が提示した中間とりまとめ案の修正について議論が行われた。福島県内と県外を県境で分ける考え方や健康調査全般をきちんと議論できる場の設置など、委員からは厳しい意見が殺到し、目標としていた年内に提言をとりまとめるのは、厳しい情勢となった。次回の会議日程は未定だという。
 
前代未聞!?~委員と傍聴者が怒鳴り合い
今回、最も議論が白熱したのは、中間とりまとめ案において、福島県と福島県外を単純に区分けしている点。国立医薬品食品衛生研究所の春日文子委員から「福島県と福島県外とざっくり分けるのは、あまりにも非科学的ではないか」と異論が出されると、日本医科大学の清水一雄委員からは、「汚染は同心円状に遠くなるにしたがって、低くなるわけではない。福島県内と県外で区別するのは難しい」と指摘した。
 
これに対し、福島県立医大の丹羽太貫特任教授が「福島県外の被曝量は低い」「放射能は、離れて行くほど低くなる、これが常識的知識」と福島県外の汚染を否定。傍聴席から「科学的議論をしろよ」とヤジが飛ぶと、丹羽委員が突然声を荒げて「うるさいから黙れよ!」と席を立ったために会場は騒然。傍聴者は、「ちゃんとした科学的議論をしろよ!」「ホットスポットがあるでしょう!」「あれ(丹羽委員)をやめさせろ!」などと激しい声がとび、丹羽委員はさらに応酬。議事が中断する事態となった。


続きを読む

1122.パチンコ20兆円産業は電力総収入に匹敵する

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/105887780.html
<転載開始>

1122.パチンコ20兆円産業は電力総収入に匹敵する

2014112301.jpg・観光の目玉としてカジノ法案を国会が検討している。
・本場ラスベガスの売上げが5000億円、マカオがトップで約2兆円、それに対してパチンコの売上げは20兆円にもなる
・原子力広告で大いにマスコミを潤してきた電力会社9社の総売上も20兆円。恐るべき多額のカネが、パチンコ業界に流れ込んでいることがよくわかる。


 一定時間後の為替high & Low をゲーム感覚でかけて、掛け金をやりとりするバイナリーオプション。そのバイナリーオプションを調べていたところ、バイナリーオプションの危険性という記事に行き当たりました。この記事では、日本がギャンブル好きである証拠として、パチンコ産業をあげています。その中で、ラスベガス、マカオにあるカジノと比較する表が紹介してありました。

続きを読む

1218.県知事は、官僚の指定席なのか。

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/105761222.html
<転載開始>

1218.県知事は、官僚の指定席なのか。

2014111901.jpg・ここまで景気が冷え込んでいるのに増税賛成という県知事があまりにも多く、調べたところ大半が官僚出身者であった。
・原発立地県もまた、官僚出身者が大半
・明治政府は知事を中央政府からの任命制としたが、現在は形だけの「選挙」であり、未だに中央官僚が指定席のごとく、主張のポストをたらい回ししている

 安倍内閣が、消費増税先送りを争点として、約700億円かかる解散総選挙を決めてしまいました。衆参両院で2/3近くの安定多数を持ち、かつ野党も増税に反対していないのに納得できない決定です。大半の国民が反対している「増税」に、この期に及んで10名近くの知事が賛成していることに驚かされました。

続きを読む

1221.スローモーションの核戦争「減らない環境セシウム」

院長の独り言さんのサイトより
http://onodekita.sblo.jp/article/105857784.html
<転載開始>

1221.スローモーションの核戦争「減らない環境セシウム」

2014112201.jpg・チェルノブイリとフクシマ。最汚染地帯も汚染面積も冷静に比較してみるとフクシマの方が遙かにひどい。
・チェルノブイリでは、除染してもしても減らないセシウムにとうとう諦めて、土地を放棄せざるを得なくなった。環境半減期は180年~320年と言われている。
・日本ではチェルノブイリの教訓を無視して、大和魂で「除染」にしがみついている日本でも、セシウムが環境中から減らないデータがいよいよ表に出てきた・・

 チェルノブイリとフクシマ。何もかも全然違って、汚染など一桁も二桁も低いと、データに当たることなく簡単に主張している人をよく見かけます。冒頭に示した「地球の子ども新聞132号」に示したように、濃い赤で示されるチェルノブイリでは移住義務ゾーンと呼ばれる148万Bq/m2(40Ci/km2)の面積は日本の方が広いことがわかるでしょう。そして、この程度の面積で収まったのは、フクシマの東側がすべて海でなおかつ日本列島が細長かったためであることが、ソ連、日本の地図を見比べることでわかると思います。

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場