大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

官僚・公務員

葛西幸久(@kasaikun)日本年金機構世田谷年金事務所所長にワチラロンコン国王(ラーマ10世、King Vajiralongkorn)の呪いがかかるw update3

弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/kasai-yukihisa-youbo-kasaikun
<転載開始>

【タイ2019(下院総選挙)】ワチラロンコン国王(ラーマ10世、King Vajiralongkorn)「平和な国をつくるためには、良い人が国を統治するのを助け、悪い人が権力を持つことを制御しなければならない」←悪い人ってだれよ?w )ハゲイ

財務省とニチギンのディープステイト部隊w続きを読む

収賄というかタカリ

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2019/03/post-14947.html
<転載開始>
嬉野市の役人が泡風呂で接待、というんだが、これね、市長も同じ機会に接待されてるんですね。接待したのはアニメ制作業者だというんだが、九州新幹線に絡んで、市の広報アニメを作らせようと、働きかけていたようだ。市長の分まで含め、接待費の総額は200万を超えるようだ。

佐賀県嬉野市職員2人が昨年7月、出張中に民間業者が用意した東京の会員制ホテルに無償で宿泊した問題で、市は22日、産業建設部(当時)の男性副課長(48)を文書厳重注意、同部の男性主査(39)を口頭厳重注意にした。宿泊先のホテルで副課長が気泡風呂に入ってシャンパンを飲む様子などの写真が流出したことを理由としており、市は「市民に不快な思いをさせた」としている。

さて、この写真はどこから流出したのかw 
続きを読む

ヘイトスピーチのyoubo氏が、世田谷年金事務所所長の葛西幸久氏であることが判明! ~権限を行使できる立場の人たちは、自分が特権階級だと錯覚している?

 シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=193337
<転載開始>

ヘイトスピーチのyoubo氏が、世田谷年金事務所所長の葛西幸久氏であることが判明! ~権限を行使できる立場の人たちは、自分が特権階級だと錯覚している?

続きを読む

自民党は阿波踊りまでちょっかい出してんのか?

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2018/08/post-13741.html
<転載開始>
阿波踊りが利権で揉めているというんだが、地方ではマスコミが一社しかなくて、そのマスコミが色々と事業をやって利権に絡んでくるので、面倒だw 静岡では静岡新聞社がマスコミを押さえていて、伊豆新聞とか、ローカルな新聞社まで買収して傘下にしてしまった。で、阿波踊りは徳島新聞社が利権を独占していて、赤字を観光協会に押し付けて、利益を独占していた。

これまで総踊りは、阿波おどり期間中、南内町演舞場で午後10時から30分間、阿波おどり振興協会に属する1500人が太鼓、三味線、カネの音に合わせて一糸乱れぬ踊りを披露していた。
だが遠藤市長は、「有名連が分散して踊れば、南内町演舞場以外のチケットも売れるはず。だから総おどりは中止する」との方針を打ち出た。しかし、阿波おどり振興協会の山田実理事長らはこれに強く反発し、こんな爆弾発言が飛び出した。
「遠藤市長は、われわれとの話し合いにすら応じない。強権的な手法で中止を断行した。そんな市長を政治的な思惑で後押ししているのが、地元の徳島新聞と自民党有力国会議員。この問題の背後には阿波踊りの利権がある。
このままでは引き下がれない。13日午後10時にわれわれの手で『総踊り』を復活させる」(同協会幹部)
阿波踊りが開幕した12日に、山田理事長らが「遠藤市長にいじめられている、阿波おどり振興協会です」と観客の前でしゃべりだすと大きな歓声。

この市長は徳島放送のアナウンサーだった人で、徳島新聞社の利権を守るために市長になったわけですw 市長が特定の業者とつるんで利権を独占すると、まぁ、こうやって揉めるわけだ。三島も他人事じゃないがw
続きを読む

女性リーダーの資質<本澤二郎の「日本の風景」(3061)

「ジャーナリスト同盟」通信さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52221132.html
非一般ニュースはアカウント凍結
この名前とツラをよく覚えておこう「人事院総裁、一宮なほみ」公務員の給料を上げ続けているのはコイツだ。国民に奉仕する女性リーダーではない、役人天国を追認、強化させる日本国民の敵。「役人を見たら泥棒と思え」

<転載開始>
<一宮人事院総裁は役人天国にご執心>
 昨日のネットに悪人首相と一緒に写る小柄な女性が現れた。一宮という人事院総裁という。「ほう」と感心して、その内容をみて悲しくなってしまった。この女官僚は、国民に奉仕する女性リーダーではなかった。役人天国を追認、強化させる日本国民の敵のようでしかなかった。


続きを読む

●内閣府の肥大が招いた安倍の傍若無人な暴走 行政官僚は劣化へ

世相を斬る あいば達也さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/31c87899f51d96ca9e6d1a84fc26607e
<転載開始>
●内閣府の肥大が招いた安倍の傍若無人な暴走 行政官僚は劣化へ  

今回の財務省の森友学園の決裁書改ざん事件や、文科相の加計学園事件、先日まで大騒ぎしていた厚労省の働き方改革のお馬鹿データといい、一般論的には、霞が関官僚の劣化が、すさまじい勢いで起きているという感覚を覚える。省益に拘泥する悪癖はあったものの、充分に有能だった。しかし、安倍政権の内閣府の過度の有効活用によって、省庁の権限が大きく崩れ、行政官僚は、そのモチベーションを失いつつあるように思う。

我国の官僚機構は、占領軍のアメリカが驚くほど有能な連中の集団だと言われていた。その優秀さゆえに、主権者である国民の公僕であるという意識はあまり重視されず、各所属省庁の省益に資する忠誠心が求められ、肥大化しながら、日本の行政官僚は1流で、政治家は3流だと言われ続けてきた。

縦割り行政が多くの無駄を生んだり、族議員を増長させ、政治を歪めたり、2重3重の無駄な行政を行っている弊害が極に達したため、これを是正しようと生まれたのが、中央省庁編成で、内閣機能を強化し縦割り行政の事務や事業の減量効率化を目的とした動きが生まれた。(橋本行革と言われる)それでも不充分だったため、次に、内閣府設置によって、目まぐるしく変化してゆく、世界情勢にフィットした、行政機構が必要ということで、内閣府に多くの権限を集中させた。内閣府については以下の通り。

参考にじっくりこの内閣府の内容を吟味すると、もう充分に各省庁の機能を保持しており、現在の我が国は、二重の行政機関を持つに至っているようにさえ見えてくる。屋上屋という言葉が、完璧に当てはまるとは言えないが、行政の根本的意識決定は、内閣においてなされ、各省庁は、そこからブレークダウンした問題を、行政官僚が其々の分野で、専門的能力を発揮し、資料等系統を作り、いかにも各省庁の法案のような体裁を整える流れに見えてくる。

縦割り行政の弊害は解消したが、行政官僚のモチベーションは劇的に下がり、内閣府の下請け機関のようになってきている。無論、内閣の多くの一本釣りされた官僚は、将来本省に戻ることが多いので、各所属省庁意識は厳然として残る。ただ、内閣府に、官僚の人事を決定する人事局があるので、内閣府内において、官房償還や内閣総理大臣から信頼を得ている行政官僚ほど、出世街道を歩けることになる。

続きを読む

官僚のモラルを破壊し尽くす男 その名は安倍晋三

田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2018/03/00017653
<転載開始>
2018年3月3日 17:54
            
財務省の中村稔・理財局総務課長。朝日新聞の取材に対しては改ざんを否定していたが、野党議員の厳しい追及に泣きそうな声で「お答えできない」を連発した。気の毒なほど憔悴し切っていた。=2日、衆院第16控室 撮影:筆者=

財務省の中村稔・理財局総務課長。朝日新聞の取材に対しては改ざんを否定していたが、野党議員の厳しい追及に泣きそうな声で「お答えできない」を連発した。気の毒なほど憔悴し切っていた。=2日、衆院第16控室 撮影:筆者=

 「あなた達は犠牲者だね。安倍内閣の犠牲者だ。隠ぺい、改ざん、不正。すべてのことをあなた達は、やらされてるんだ」。

 民進党の増子輝彦幹事長は諭すように、居並ぶ財務官僚たちに話しかけた。

続きを読む

そもそも高速代が高すぎる

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2018/02/post-12750.html
<転載開始>
ETCなんだが、日本の利権構造の典型で、カードに絡む利権と、そもそも高速道路に絡む利権と、二重に利権のカタマリだ。なんで、日本各地の「バイパス」道路が無料なのに、高速道路だけが有料なのか? 作られてから50年も経つというのに。民主党政権で無料になるかと思ったら、役人どもの強固な抵抗で無料化されなかったし。

ETCが本格普及を始めたのは、偽造問題などでハイカが廃止され、運送業者など大口利用者向けの別納割引も廃止、割引がETCに集約された'06年以降だ。この頃の利用率は約5割。'09年には、リーマンショックに伴う緊急経済対策として、ETC利用の場合に限り「土日休日高速料金上限1000円」という爆弾のような割引制度が導入され、さらに普及が進んで8割を超えた。
そして現在は9割強。すでに普及を促す必要はないと言ってもいいが、いまさら割引を完全になくしてしまうわけにも行かず、以前よりは縮小しつつ、存続している。それでもETCのセットアップ総数は、現在約3300万台。これは、日本の自動車保有台数約8000万台の半数にも満たない。つまり、利用率が9割を超えているのは、高速道路をほぼ使わない、あるいはまったく使わないクルマが相当数存在するということである。
確かに地方の高齢ドライバーなどは、高速道路なんか年に一度くらいしか乗らない、という人も多いはず。そのためにわざわざETC車載器を取り付けてETCカードを作るのは割に合わない。ETC割引は今後も存続するだろうが、現金利用も可としている限り、利用率を100%にするのは不可能だ。

移動が「コスト」であり続ける限り、日本の国土は無駄に広いままだ。高速道路が無料になったり、新幹線代が半額になったりすれば、日本はもっと狭くなる。人は自由に行き来し、社会が活発に動き始める。
続きを読む

日本中が利権で煮詰まっている

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2017/12/post-12301.html
業務用エアコンにも業界の陳情によって法案化され団体が出来てますね。
3年に1度点検を!
機種によって2~3万円の点検費用が。
違反したら罰則もありました。
代替フロンの名目が温暖化対策ですって!

<転載開始>
国会は、始まったかと思ったら、もうオシマイだってw 一年間、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、モリカケ、モリカケだったw 今度はそれに「強姦されたよ」が加わって、永遠にアベシンゾーの悪事は絶える事がないw 来年もモリカケです。吊るすまでは永遠に続きます。そうそう、コレを貼っておこう。絶賛発売中です。



今回、山本太郎がもっとも鋭い質問で、加計問題に迫っていた。その理由はカンタンで、山本太郎は「巨悪対市民」を読んでいたから。山本太郎は黒川氏の支援のために山口四区に入っている。そして黒川氏の選挙事務所には、この本が積まれていた。おいらも黒幕使ってこの本のメジャー出版を目論んだんだが、どこの出版社も怖がって取り上げてくれなかった。仕方ない、自分たちの個人のチカラだけで、シコシコやります。もうすぐ続編も出ます。

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省は6日、同省近畿財務局と学園が昨年3月下旬、「約1億3200万~1億6千万円の範囲内なら双方が折り合える」と確認していたことを明らかにした。土地は3カ月後に1億3400万円で売却された。同省はこれまで鑑定価格が出る前の価格交渉について否定していた。
 6日の衆院国土交通委員会で、立憲民主党の森山浩行氏の質問に答えた。

今年一年間、アベシンゾーは逃げ廻ってばかりで、実に情けない首相だった。その間に、日本のあちこちが壊れ始めている。トンキンでは賽銭巡って宮司が殺し合いw 大相撲ではプロレス並みに場外乱闘w 東アジア反利権非武装戦線の宣撫工作が効いているのか、あちこちで利権の蜜に群がる蝿どもが狂い始めているようだw
続きを読む

公務員が栄えた国は 皆こうなる

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2017/08/post-11651.html

静岡の官民格差

| コメント(0)

e585a8e59bbde5b882e794bae69d91-e59cb0e696b9e585ace58b99e593a1-e5b9b4e58f8ee8aabfe69fbb-e99d99e5b2a1-e5b9b4e58f8ee9a086.jpg


<転載開始>
「日本病」というんだが、日本の大企業というのは、経営者が経営者ではなく、単なるサラリーマン。自分のカネを投資しているわけじゃないので、リスクを取れないし、取ろうとしない。サラリーマンだからw ソフトバンクがあれだけリスクを背負ってビジネス出来るのは、サラリーマンじゃないからだ。携帯電話というインフラが出てきた時に、それが社会に欠かせない、大事なインフラだという未来に気がついて、死に物狂いで食いついたヤツが、二人いた。孫正義と、チェンマイの警察官だったタクシンだ。二人とも大金持ちになった。

日本の輸出競争力に陰りが出ている。アベノミクス効果で円安基調が定着しても、輸出額は過去のピークを下回ったままで、経常黒字に占める貿易黒字の割合は20%程度にとどまっている。
この背景にあるのは、日本企業の経営者を覆っている「リスクを取らない」心理にあると指摘したい。リスク回避の材料を並べ立てることに秀でているリーダーがひしめいている状況を「日本病」と名付けたい。病状は相当に深刻だ。 


インフラは儲かる。それを独占できれば、凄い事になる。パチンコ屋の息子だった孫正義にとっては、パイの大きいインフラは金城湯池に見えたのだろう。留学でいち早く海外の事情を知ったタクシンもまた、携帯電話事業が大きな利益を産むのを察知し、食いついた。それまではタイでも電話事業は半官半民の電電公社的な組織が牛耳っていて、おいら、その重役さんと何度もメシを食ったのでよく知っているんだが、日本のNTTと同じで、ぬるま湯みたいな組織です。

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場