大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

ユダヤ関連

観てもらいたい動画

たぬきさんより
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1858677.html#comments
日ユ同祖論と言うのはイスラエルのことではなくパレスチナのことだったのですね。
満州にユダヤ人国家を作るというのは、イスラエルを作るから、追われたパレスチナ人を受け入れるという作戦だったのかも!?
<転載開始>
観てもらいたい動画↓


◆「トーラーの名において」:ヤコブ・ラブキン教授に聞く

http://www.youtube.com/watch?v=AA4j6Mc-ZK8


◆メディアが広めたイスラエルに関す10の嘘

http://www.youtube.com/watch?v=iJU3VBA7euU


◆シリア反乱はシオニストの陰謀 シリア学生が告発するメディアの嘘

http://www.youtube.com/watch?v=Gu0WEN-T1Jo


◆シュモロ・サンド『ユダヤ民族がどのように創作されたか』執筆の経緯

http://www.youtube.com/watch?v=a3w2nHShoNk

続きを読む

2014年に始まる「天のしるし」

再掲載です。2012年11月1日21:26

キリスト教読み物サイトさんより
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/229tenno.htm
<転載開始>
ユダヤの祭の日に日食と月食がたて続けに起こる!
2014-15年のユダヤの祭の日に合わせて、日食と月食がたて続けに起こることが、天文学的データに基づいて明らかにされた!


皆既日食。2014-15年に日食と
月食が計6回、いずれもユダヤの祭の日に起きる。

 米国のマーク・ブリッツ牧師は、NASAのデータや他の天文学的データを調査した結果、
 「2014年4月~2015年9月のわずか約1年半の間に、ユダヤの祭の日に合わせて、『月食』と『日食』がたて続けに起こることがわかった」
 と発表し、話題になっている。
 ご存知のように「月食」は、月が地球の影に入り、月が暗く見える現象である。ただし皆既月食のときでも、月は真っ暗にはならず、暗い赤色にみえる。いわゆる「赤い月」の出現である。
 これは地球の大気によって、太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて、本影の中に入るからだ。そのため月が血のように赤くみえる。夕焼けが赤く見えるのと同じ理屈である。
 一方「日食」は、太陽と地球の間に月が入って、地球からは昼間でも太陽が真っ黒に見える現象だ。「黒い太陽」の出現である。
 両方とも、まれにしか見られない。だが、それが今から約6~7年後の将来において、計6回、たて続けに起こるという。しかも起こる日が、いずれも「ユダヤの祭」の日に、驚くほど符合しているのだ。
 単に月食や日食が起こるというだけでなく、それらがすべてユダヤの祭の日にぴったり合って起こるというのは、いったい何を意味しているのだろうか。


次々に起こる月食と日食

(1)最初は2014年4月15日である。これは、ユダヤ暦5774年のニサンの月15日にあたり、ちょうどユダヤの「過越の祭」初日にあたる重要な日であるが、この日に皆既月食が起こる。
 ふつう「過越の祭」は、夜、満月の明るい光の下で行なわれるものだ。ところがその日、月は暗く、赤黒くなる。不吉な予兆ととらえられるに違いない。

(2)つぎにその半年後、2014年10月8日(ユダヤ暦5775年ティシュリの月14日)にも――これはユダヤの「仮庵の祭」の前夜祭の日であるが――この日にも皆既月食が起こる。
 「過越の祭」と「仮庵の祭」はユダヤの二大祭である。その両日とも、このように月食にみまわれ、月はまたもや赤黒くなる。

(3)またその半年後、2015年3月20日(5775年アダルの月29日)――「ユダヤの宗教暦の新年」の前日であるが――今度は皆既日食が起こる。新年が始まる前に、日は暗くなるのである。「黒い太陽」の出現だ。不吉なことの連続と、多くの人が感じないではいられないだろう。
 この「ユダヤの宗教暦の新年」とは、旧約聖書「出エジプト記」などが記している「新年」と同じである。「アダルの月」(第12月)の次の「ニサンの月」(第1月)に始まる新年をいう。
 新年第1月は、旧約聖書では「アビブの月」と呼ばれているが、のちにバビロニアの影響により、「ニサンの月」と呼ばれるようになった。第12月である「アダルの月」は29日までしかないので、その日はまさに宗教暦の新年の前日にあたる。


月食と日食の起きる日と、ユダヤの祭の関係

(4)さらにそれに追い打ちをかけるように、そのわずか2週間後の2015年4月4日(5775年ニサンの月15日)――ユダヤの「過越の祭」初日であるが――この日にも皆既月食が起こる。

(5)それで終わりではない。その半年後、2015年9月13日(5775年エルルの月29日)――これは「ユダヤの政治暦の新年」の前日にあたるが――この日に部分日食が起こる。
 ここで、ユダヤの「宗教暦の新年」とか「政治暦の新年」とかの言葉が出てきたが、じつはユダヤには「新年」と呼ばれるものが2つある。一つは、先ほど述べた出エジプト記などに記された新年(宗教暦上の新年)で、第1月(ニサンの月=アビブの月)から始まる。
 もう一つは、第7月(ティシュリの月 旧約聖書では「チスリの月」)から始まる「政治暦の新年」である。これは、天地創造を起源とする暦ともいわれ、今日のイスラエル人は、おもにこちらのほうの新年(ロシュ・ハシャナー)を祝っている。その前の月、第6月(エルルの月)は29日までなので、この日は、政治暦の新年の前日にあたる。
 すなわち、新年の祝日が始まろうとするその前日に、太陽は暗くなるのだ。

(6)そしてそのわずか2週間後の2015年9月28日(5776年ティシュリの月15日)――ユダヤの「仮庵の祭」の初日であるが――この日に再度、皆既月食が起こる。またもや、月は赤黒くなる。ユダヤの祭は、ことごとく月食や日食におおわれるのである。


続きを読む

米ユダヤ人団体の副代表が来日し、反日活動をします!

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51905989.html
<転載開始>
アメリカによる諸悪の根源は殆どがアシュケナージ(シオニスト)ユダヤ人の団体によるものと言っても過言ではありませんね。だからと言ってアメリカに住む全てのアシュケナージ・ユダヤ人が悪いのかと言えばそうではありませんが。。。この団体は、アメリカで富と権力を握っており、ロスチャイルドやロックフェラーの仲間です。日本に圧力をかけてくるのもこの連中が中心でしょう。外交問題評議会にもたくさんこの連中がいるでしょう。
アシュケナージ・ユダヤ人はイルミの歩兵であり、欲深く、汚くて、嘘つきで、プロの詐欺集団です。瞳の中には$の文字が光っています。
そんな汚い団体の副代表が、また嘘をつきに日本にやってくるそうです。同じリベラル左翼の日本人や半島人は、副代表のでたらめな話を聴いてありがたく洗礼ではなく洗脳を受けるでしょう。
なぜ、米ユダヤ団体が日本ではなく韓国の味方をするのでしょうか?それは。。。日本が本当のユダヤの国であることを彼らは知っており、彼らが偽ユダヤであることを隠すために、韓国や中国に反日を煽り、常に日本を不利な立場に置き弱体化させたいのでしょう。また、日本政府を完全に牛耳っているのもこの連中ですし、テロ攻撃をしているのもこの連中が裏にいるのは確かですね。
彼らが韓国を守る理由は何もありませんので、あくまでも日本を支配下に置くために韓国を利用しているだけだと思います。では、なぜ、今、副代表が日本に来るのでしょうか?
勝手な推測ですが。。。日本を韓国の要求に従わせ、戦時中の真実を暴露させないようにするのと、TPP交渉で圧力をかけたり、金欠で困っているユダヤ団体を守るために、日本の納税者のお金を奪い取るために来たのでしょうね、きっと。
しかし、ネット上では、彼らの詐欺や嘘がみんなバレていますから、良識ある人たちはユダヤ人団体の言っていることなど一切信用しませんし、相手にしません。やがて粉々に分解してしまうことを期待して。。こんな連中を信用していつまでも従属するのは日本政府や政治家、そして時代遅れのリベラル左翼だけです!!ユダヤ人団体とはなんと気持ち悪い団体なのでしょう
続きを読む

同胞ユダヤ人殺しのシオニスト=ユダヤ教サバタイ派

tacodayoのブログさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6721085.html
<転載開始>
以下は
イルミナティ 世界を強奪したカルト
からの引用です。

◇生贄であり供物であったホロコーストの犠牲

サバティアン(=ユダヤ教サバタイ派信者)の陰謀は、人目に触れる場所に隠されている。
例えば「ホロコースト」という言葉の本当の意味を知る人はほとんどいない。

ラビ=アンテルマンによると、
第二次大戦よりはるか以前には、
この言葉は生贄(いけにえ)として捧(ささ)げる
丸焼きの供物(くもつ)」を意味していた。
彼はブルーノ・ベテルハイムのこんな言葉を紹介している。
「最も冷酷で、残虐で、おぞましく、
憎むべき大量殺戮を“丸焼きの供物(ホロコースト)”と呼ぶのは、
神と人間を汚すことに他ならない。

(それでは)“ホロコースト”は
いったい誰のための生贄で、何の
目的で捧げられたというのだろう?


サバティアン(=ユダヤ教サバタイ派)のオカルトの風習がからんでいることは間違いない。
いずれにせよ、この言葉を使うたびに、私達は無意識に彼らの供犠(きょうぎ)に加わっていることになる。

同じくラビ=マーヴィン・アンテルマンによると、サバティアンはユダヤ人を憎悪し、根絶やしにすることを目指していた(!!)と言う。
ラビ(=ユダヤ教の教父)たちは1750年の時点ですでに、サバティアンを阻止しなければユダヤ人が滅ぼされると警告していたと言う。

しかし、実際にヨーロッパのユダヤ人殲滅(せんめつ)を防ごうとする人々が現れたとき、
「(アメリカの)保守派や改革派のコミュニティーは楽観的に考えてこれらの動きを無視した。米国ユダヤ人会議や米国ユダヤ人委員会、ブナイブリスなどのいわゆる主流派組織はほとんど何もしなかった。」
続きを読む

ユダヤ・エリートに捧げたいアインシュタインの言葉:「ユダヤが特別なことはない」

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/18986664/
<転載開始>

ユダヤ・エリートに捧げたいアインシュタインの言葉:「ユダヤが特別なことはない」

ユダヤ教は、ほかのすべての宗教と同様に、最も子どもじみた迷信を体現したものだ。私もユダヤ人の1人であり、その精神には深い親近感を覚えるが、ユダヤ人はほかの全ての人々と本質的に異なるところはない。私の経験した限り、ほかの人間より優れているということもなく、『選ばれた』側面は見当たらない
---アルバート・アインシュタイン


みなさん、こんにちは。

いやー、このニュースの中のアインシュタイン博士の言葉は興味深い。
「神は人間の弱さの産物」、アインシュタインの書簡が競売に

(CNN) 「神とは人間の弱さの表れにすぎない」――。物理学者アルバート・アインシュタインのそんな宗教観を記した直筆の手紙が、8日からインターネットオークションサイトの米イーベイで競売にかけられる。

手紙はアインシュタインが死去する1年前の1954年、ユダヤ人哲学者エリック・グートキンドの著書に対する反論として、ドイツ語で書かれた。この中でアインシュタインは「私とって神という単語は、人間の弱さの表現と産物以外の何物でもない。聖書は尊敬すべきコレクションだが、やはり原始的な伝説にすぎない」と記している。

自分たちを選ばれた民とするユダヤ教の選民思想にも反論し、「ユダヤ教は、ほかのすべての宗教と同様に、最も子どもじみた迷信を体現したものだ。私もユダヤ人の1人であり、その精神には深い親近感を覚えるが、ユダヤ人はほかの全ての人々と本質的に異なるところはない。私の経験した限り、ほかの人間より優れているということもなく、『選ばれた』側面は見当たらない」とした。

この書簡は2008年5月に英ロンドンでオークションにかけられ、米紙ニューヨークタイムズによれば、科学と宗教をめぐる論争に火をつけた。この時の落札価格は40万4000ドル(約3200万円)だったが、今回のイーベイのオークションの開始価格は300万ドル(約2億3500万円)に設定されている。

どうやらこの記事にあるエリック・グートキント(Eric Gutkind)の著書とはこれらしい。
Choose Life: The Biblical Call to Revolt

このオークションという手法もユダヤ人の伝統的商売法なんですナ。ユダヤの仲間内で売った買ったを繰り返し値をつり上げる。そこに異民族の部外者が食い込んで来ると、さんざん値をつり上げておいてそいつに売る。そして後で山分けする。

そんなユダヤジョークはたくさん存在する。トケイヤーの「ユダヤ・ジョーク集」にも「儲けのネタ」というタイトルのジョークがそんなものである。

アインシュタインには悪いが、このオークションもそんなものである。アインシュタインがいくら良い言葉を遺したと言っても、所詮は紙切れにすぎない。2億円もするようなものではない。アインシュタインが言っていることは当たり前のことにすぎないからである。

いずれにせよ、この地球は「ユダヤ劇場」なのである。日本が「朝鮮劇場」となったのと同じ。困ったものである。

<転載終了>
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場