大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

ちわわのひとりごと

ガン自然療法

ちわわのひとりごとさんのサイトより
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=99#sequel
<転載開始>

日本人の死因第1位はガンですってね。ほんとに最近は多いのね。で、少しでも参考になればと、タマにアドバイスさせていただくこともあるついでに、私が調べた対策をまとめてみました。

B17(梅干の種)を摂取する。玄米にもB17は含まれている)
  http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=74
体を温めて汗をかきまくる。特にお腹は重要なのでカイロなどで温める。
↑この2つは最重要です。

ビタミンCを摂る。
動物性の食べ物はダメ。(魚は大丈夫)
化学物質が入った食べ物は避ける。(パンもダメ)
腹式呼吸をする。
紅茶を飲む。
大豆イソフラボンを摂る。
それぞれの説明)
ガンとB17 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=74 常食では玄米でも充分ですが、ガンであれば玄米よりも、梅干の種くらい豊富なB17でないと効果がないと思います。
玄米にもB17は含まれていますが、市販のほとんどは「精米した白米」であり、本当に必要な栄養素は悪意をもって故意に排除されてきたのでしょう。
玄米炊飯機能がなければ、びっくり炊き http://benstars.fc2web.com/genmai/
発芽玄米を自作 http://www.h2.dion.ne.jp/~chimaki/ct/health/HGenmai.htm
玄米食が苦手であれば、玄米に近い3分づきや5分づきなら普通の炊飯器で普通のお米と同様に炊けます。 それから 米屋さんでヌカをもらって、料理にはヌカを入れまくってください。B17を含むヌカこそが必要な栄養の宝庫であり、ヌカを除いた残りカスが白米です。なのでヌカも摂るべきです。ヌカは多くのネットでは煎るなど書かれていますが、必要ありません。そのまま煮物やカレーなどの料理に入れればいいのです。白米と同じように、虫さえつかなければ 1ヶ月程度ならそのままで充分です。 ガンの時は、米の農薬など無視してもいいと思います。輸入小麦製品や加工食品などの方が比較にならないほど酷いですから。
ガンによる発熱は自然の防御反応です。ガンは熱に弱く42℃で死滅しますので、体を温めるのは入浴、温泉なども効果的です。それに体温が1℃上がれば、免疫力がかなりアップします。汗をかいて のぼせて 我慢の限界まで入浴してください。ガンの痛みがあるのならなおのこと、入浴で死ぬほど体を温めれば鎮痛効果もあるでしょう。 入浴剤は化学物質が多いので、私のオススメはヌカ風呂です。ストッキングなどに入れたヌカを風呂に入れれば、とても温まります。 それから、お腹は絶対に冷やしてはいけません。お腹はカイロなどで温め、寝ている時もお腹の上にアンカを乗せるなどで、汗をかくくらい温めてください。お腹は保温効果があるので、普通のカイロでも24時間持ちます。
私が40度超の発熱の時、本能的に感じたのは「死ぬほど体を温めなければいけない」ということでした。歩くこともできずに這ってお風呂に入って、意識が遠のいて倒れる寸前までムリヤリ湯船に浸かりました。その本能は正しかったと今でも確信しています。
西洋医学にとっくに見放されている(見放されたお陰で助かったw)私は、後遺症で血流が悪く低体温体質なので、いろいろと自分の本能で治してきましたが、それは後で知った千島学説にとても近いものでした。
ガン患者さんに大量のビタミンCを投与すると、ガンが治るという事実があります。ビタミンCが鉄イオンを還元して水素イオンを放出しガン細胞を叩くという理論です。
動物性食品は厳禁 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=74
肉食と狂牛病 http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=15
肉や牛乳など動物性由来の食べ物は禁忌です。魚は大丈夫です。
人間はもともと菜食ですから、バナナ、リンゴ、ミカンなどは毎日食べた方がいいです。
パン食はガンになりやすいそうですが、パンに入っているイーストフードや乳化剤、防腐剤、ソルビトール、グリシンなども溶剤です。乳化剤はパン以外にも缶飲料などにもよく使われています。うどん・麺などあらゆる食品にも溶剤が使われています。石鹸や化粧品に使われるグリセリンも溶剤です。身の周りの多種の溶剤はあまりにも多すぎます。人間の身体を構成する60兆の細胞より多く、100兆もの常在菌が共生していますが、多種の「溶剤」や有害電磁波が常在菌との共生を狂わせ、ガンを発生させるのではないかと私は思っています。
全ての病気は酸素欠乏が原因と言われており、ガンは酸素に弱いのです。ガンは血液循環の不十分や酸素不足から発症し、細胞の酸素不足が癌の引き金になっている。人間の体は60兆を超える数の細胞からできており、その一つ一つが栄養と酸素を欲しています。酸素と栄養が行き届かない細胞は死んでしまいます。進行ガンといわれるガン細胞には血流が行き渡らない部分が存在し、そこは低酸素状態になっています。ガンは酸素が苦手な嫌気性細胞なので、腹式呼吸が必要です。普段から意識して腹式呼吸をしてください。
仰向けに寝転がり、両膝は軽く立て(足先は軽く離して)、両手はおへその上に重ねると、自然に腹式呼吸ができます。
ストレート紅茶はインフルエンザや遺伝子組み換え食品などにも効果があります。日常生活では、化学物質を完全に避けることは不可能ですが、タンニンには、抗酸化力、抗菌力、殺菌力があり、ウイルスや有害物質を無効化してくれますし、タンニンの吸着作用で化学物質を包み込んで排出してくれます。 タンニンがが多いのはアッサムですが、セイロンやダージリンでも構いません。風邪やインフルにお茶が効くように、私の勘ですがガンにも紅茶や緑茶はいいと思います。日常の食事の時、お茶の代わりにストレート紅茶にしても違和感はありません。お茶と紅茶は同じ葉っぱですから。
大豆イソフラボンは血流を改善します http://www.isoflavone.jp/lecture1_8.html
私の自己療法ですが、すべての病気は「血」を綺麗にするのが最重要です。エストロゲンには、血管を広げて血流を増やす効果があります。私は動けなくなった時、「血」を綺麗にして血流をよくしなければいけないと思い、それには大豆イソフラボンが一番効果的なので、サプリを服用しましたが、効果はテキメンで回復しました。

<転載終了>

インフルエンザワクチン

ちわわのひとりごとさんのサイトより
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=40

昨年の記事ですが、今年もワクチンを打ちたがる人が絶えません。
ネットが世の中に普及しワクチンの有害性を訴えるサイトが多数あるにもかかわらず
メディアのワクチン奨励には勝てませんね!
<転載開始>

今月、大原麗子さんは自宅でひっそりと亡くなられていた。大原さんは1999年からギラン・バレー症候群を患っていたという。ギラン・バレー症候群は、急速に腕や脚の筋力が低下し歩行障害などを引き起こす病気。
世間ではインフルエンザのニュースが連日続いている。ワクチンは妊婦さん優先だと。次世代ジェノサイドか? ママちゃんたち、お願いだからもう一度考えてくれ。。
▼豚インフルエンザワクチンは致命的な呼吸器系疾患と関連がある
健康保護局は神経学者に、今後数週間の内にワクチン接種が始まった場合、呼吸筋の麻痺により窒息死を引き起こす、ギラン・バレー症候群の発生を警戒するよう促している。米国が実施した疫病対策プログラムを受けて、豚インフルエンザの予防接種が病気そのものより、はるかに致死性が高いという関連が分かった。
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=982313

▼1976年の豚インフル:集団予防接種で副作用による死者多発 豚インフル原因では1名のみ   1976年10月、集団予防接種が開始された。ところが数週間もたたないうちに、注射の直後にギラン・バレー症候群を発症した人の報告が入り始めた。ギラン・バレー症候群とは、麻痺を伴う神経疾患だ。2カ月足らずで500人が発症し、30人以上が死亡した。
http://www.asyura2.com/09/buta01/msg/299.html
▼1919年のインフルエンザ大流行はワクチンによって引き起こされた   流行は2年間続きましたが、その勢いは、症状を抑えようとして医師たちがさらに投与した薬の毒性によって保たれました。私が見いだしたかぎりでは、インフルエンザはワクチン接種を受けた人だけを襲いました。注射を拒絶した人たちはインフルエンザを免れました。私の家族はワクチン接種を全て拒絶していましたので、流行期間中も無事にすごすことができました。
http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html
▼ノバルティス薬品 http://icke.seesaa.net/article/124476982.html
(参考) 1918年のスペイン風邪は再生されている
http://www.asyura2.com/0311/health7/msg/905.html
▼強制予防接種が天然痘・ポリオ・インフル工ンザの流行を招く
英国では種痘接種が広まってから天然痘の流行が始まり、2万2081人が死んだ。そして予防接種の普及とともに、天然痘は毎年拡大し、1872年には4万4480人が亡くなった。 日本は1872年に強制種痘を導入した。しかし1892年には16万5774人の天然痘患者が発生し、2万9979人が亡くなった。 ドイツも強制予防接種を採用したが、1939年(ナチス政権時代)にドイツではジフテリア患者の数が15万人と天文学的に増大した。 一方、予防接種を一度も導入しなかったノルウェーでは、同じ時期に患者はわずか50人であった。 米国でもポリオの予防接種を義務化した州では、ポリオ患者が逆に700%も増加している。
1918年にインフルエンザが「大流行」したが、医学史研究家はこの流行は広範囲で実施された予防接種が唯一の原因であった、というあまり認めたくない結論に最終的に到達した。 当時は第一次大戦の真っ最中であったが、この戦争はすべての兵士が強制的に予防接種を受けた初めての戦争であった。ボストン・ヘラルド誌が報じたところによると、1ヵ月間に47人の兵士が予防接種のために亡くなり、そのため陸軍病院は戦闘で負傷した犠牲者ではなく、予防接種の犠牲者でいっぱいになってしまった。
生き残ったのは以前に予防接種を拒否して受けなかった者たちであった。
このインフルエンザの大流行は「スペイン風邪」と呼ばれたが、これは流行の原因を故意に隠すための誤った呼び名である。 予防接種の危険性はすでによく知られている。たとえば、プレイン・トーク誌はこう述べている。「普仏戦争のあいだ、ドイツ軍兵士全員が予防接種を受けた。その結果、壮健な5万3288人の兵士が天然痘にかかり、死亡率も高かった」
http://satehate.exblog.jp/10247752/
▼インフルエンザ強制予防接種の恐怖
補剤として「スクアレン油」が使われている。これをワクチンの補剤として使うと、1991年の湾岸戦争に従軍した米軍兵士が罹患した「湾岸戦争症候群」と同様の副作用が出る可能性があると指摘されている。関節炎、線維筋痛、リンパ節症、発疹、慢性疲労、脱毛、皮膚病、めまい、発熱、記憶障害など、20近い症状が併発しうる。
米国では、1976年に豚インフルエンザが発生した時、製薬会社などの圧力を受け、米政府が米国民4千万人にワクチンを接種したが、このワクチンはギラン・バレー症候群という末梢神経障害の副作用を起こし、全米で約50万人がこの副作用に苦しみ、数十人が死亡する結果となった。その一方で、実際のインフルエンザは今回と同様、大した症状を出さなかった。
http://tanakanews.com/090729flu.htm
▼ワクチンは危険  スクアレンを注射することで、免疫システムが反応しスクアレンを攻撃するようになる。それによって体内でスクアレンの分子に対して、自然に自己破壊の交差反応が起こるようになる。これが、神経システムに対して危機的となる。
http://icke.seesaa.net/article/121774146.html
▼湾岸戦争症候群の一因は微生物汚染炭疽菌ワクチンという証拠
湾岸戦争症候群にかかった復員軍人の血液の90%超から、「スクアレン」を検出した。
http://www.asyura2.com/0311/war41/msg/428.html
▼予防接種が増やす自閉症
これらワクチンの多くには、チメロサール(毒性の高い危険な保存剤)という有機水銀を主成分とする添加物が含まれていた。製薬会社が70年前に行った研究で、水銀を含むワクチンは牛や犬に適合しなかったという結論が出ている。
アメリカの子どもたちは、環境保護局(EPA)が定める暴露許容量の約120倍の水銀を取り込んでいたというのが純然たる事実であり、その間、医学専門誌は、親たちにチメロサールと自閉症の間には関連性がないと言い続けていた。 ロバート・ケネディ・ジュニアが書いた記事命がけの予防接種の中で指摘されているように、歴史が示す事実はその反対だ。
チメロサールを使用した最初の製薬会社イーライリリー社は、「動物でも人でも副作用を起こし、死亡することさえあると初めから知っていた」のである。
1935年、別のワクチン・メーカー、ピットマン・ムーア社の研究陣は、イーライリリー社にこう警告した。ピットマン社の実験でチメロサールを添加したワクチンを接種した犬の半数が病気になり、本保存剤は「犬用ワクチンには不適切である」という結論を出すに至った。 その後10年問、チメロサールに不利な証拠は増え続けた。第二次世界大戦中、国防総省は兵士に接種するワクチンにチメロサールが添加された製剤を採用するにあたって、イーライリリー社に「毒物」と表示するように要求した。1967年『応用・環境微生物学」誌に、チメロサールを添加したワクチンを接種するとマウスが死亡するという研究結果が掲載された。4年後、イーライリリー社は独自の研究で、チメロサールは1ppmという低い濃度でも「組織細胞に対して毒性がある」という結論を出した。1ppmというのは、標準的なワクチンに添加されているチメロサール濃度の100分の1の薄さである。それにもかかわらず、同社は、チメロサールを「非毒性物質」として積極的に使用を進め、局所消毒薬にも採用した。1977年、トロントの病院で、保存剤としてチメロサールが添加された消毒薬を膀帯に塗った10人の新生児が死亡するという事件があった。 1982年、食品医薬品局は、チメロサールを含む市販薬の販売禁止を提案し、1991年には動物用ワクチンに対するチメロサール使用禁止を検討していた。しかし、同じ1991年に、疾病対策センターは、乳児にチメロサールを添加した有機水銀入りワクチンを接種する新しい定期予防接種を勧告した。子どもが生まれると生後24時間以内にB型肝炎ワクチンを接種し、生後2ヵ月でインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンと三種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳)ワクチンを接種するのを標準としたのだ。
http://satehate.exblog.jp/9982495/
典型的な順序はこうなる。まず出生当日に、B型肝炎の予防接種で安全基準の30倍の水銀を取り込む。生後4カ月でDTPワクチンとHibワクチンを一日で接種。これで安全基準の60倍の水銀が体内へ、生後6カ月でB型肝炎の2回目とポリオを接種。これで安全基準の78倍の水銀。1歳3カ月で安全基準の41倍の水銀がさらに追加。 この問題を最後まで調べていくと、チメロサールの形で体内に入った水銀は、抵抗力の弱い乳幼児にとって魚から摂取するより50倍も毒性が高いことが判明した。
注射で体内に入る水銀は、口から摂取する水銀より一段と有害である。乳幼児は血液脳関門が未完成であるため、水銀は脳細胞や神経に蓄積される。最後に補足すると、生後6カ月以下の乳児は水銀を排出するのに必要な胆汁を産生できない。 チメロサール中の有機水銀は、消化管や肝臓、脳に蓄積され、・・・非常にしっかりとそれぞれの細胞と結合する。ひとたび細胞の中に入り込むと、あるいは血液脳関門を通過すると、有機水銀は再び無機水銀に変換される。・・・そして、すぐに細胞を傷つけるか、何年か潜伏してから、自閉症、脳障害、消化器疾患を引き起こす。 ワクチンが誘発する脳の損傷は、注意欠陥障害や注意欠陥多動性障害、学習障害などの軽症から、自閉症スペクトラムやてんかん、重篤な知的障害最悪の場合は死亡まで、連続的に連なっています。この連続体上に、しばしば脳機能障害に併発して発症するのが、重度のアレルギーや喘息、腸障害、慢性関節リウマチ、糖尿病まで、さまざまな免疫系障害です。
自閉症に代表される発達障害の急増の始まりと 予防接種スケジュールの改訂の時期が一致しているということも、もはや疑問の余地はなかった。
http://satehate.exblog.jp/9990636/
▼ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー
 
http://satehate.exblog.jp/12011970/
 http://satehate.exblog.jp/12023466/
▼予防接種問題まとめ  予防接種の驚くべき歴史予防接種の「成功」に対する批判と反論 病気の減少は予防接種の効果なのか予防接種の長期にわたる危険 (白血病、ガン、多発性硬化症など)私たちはインフルエンザ予防接種について、こう考え、こう呼びかけます!!インフルエンザワクチンに対する誤解「ワクチン」があなたを病気にする国内のワクチン被害の例死の予防接種 米国医療に学ぶ 医療殺戮より接種禍・山のような証拠があってもまだやりたがる理由はホロビッツ博士の警告・ワクチンによる大虐殺医療マフィアによる大量虐殺国立感染症研究所長のご教示を乞う―インフルエンザワクチンへの疑問迫るビタミン・ミネラル剤が入手ができなくなる日。やがてワクチンは強制され、自然医療は排除されるロバート・ケネディ・ジュニアが政府による水銀/自閉症スキャンダルの隠蔽を暴く国を滅ぼし、世界的なパワーによる支配の準備を整えるために使用されているワクチンエイズと予防接種湾岸戦争疾病群(GWIと予防接種スペイン風邪と予防接種世界医薬産業の犯罪―化学・医学・動物実験コンビナート医療の犯罪―1000人の医師の証言企業犯罪―アメリカ製薬会社における企業犯罪のケース・スタディビッグ・ファーマ― 製薬会社の真実臨床のイカサマの手口医療殺戮―現代医学の巨悪の全貌危ないぞ予防接種―イギリスからのメッセージ すべての親が知るべきこと製薬会社の悪行を告発し続けている医学博士のマティアス・ラスさん
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/304.html
▼タミフル:基礎知見も十分因果関係を認めている
http://www.npojip.org/sokuho/080730.html
▼タミフル:異常行動を起こす仕組みの解明進む
http://www.npojip.org/sokuho/080805.html
▼薬害タミフル脳症被害者の会
http://www.tamiflu89.sakura.ne.jp/index.htm
▼WHOの内部文書(1997年Dr.ディーグルが入手)に書かれていたウィルス遺伝子操作
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/241.html
▼伝播の隠れ蓑に使われた世界保健機関
http://satehate.exblog.jp/11629147/
▼免疫機構を破壊して人の命を奪うウイルス製造の「マンハッタン計画」
http://satehate.exblog.jp/11565191/
▼極秘人体実験の歴史
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/human_experiments.html

<転載終了>

プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場