大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

地球寒冷化

北半球はプレ「ミニ氷河期」

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/ice-age-prelude-2016-world-cold-snap/
<転載開始>

下は、最近のベトナムやタイ、それに、何だか最近「雪が降ることが当たり前になってきた」サウジアラビアなどの報道です。

2016年01月27日のベトナムの英字メディアより

vietnam-cold-snapThanhnien News

 

2016年01月29日のタイの報道より

thai-fish-dieタイラット

 

続きを読む

地球温暖化詐欺懐疑

へネラルうみもとさんのサイトより
http://generalumimoto.blog108.fc2.com/blog-entry-1745.html
<転載開始>
噓。

地球は寒くなっている。

と、何の科学的根拠もなく言う当ブログ管理者と同レベル。

日常的に地球を歩き回れるご身分ではないので、南極や北極で何が起こっているか、知る由もない。
ごく一部の学者(御用)があらかじめ決められたシナリオに添って適当に傾向を示す。
権威ある何とか研究所の何とか教授が温暖化にお墨付きを与える。

だが、権威ある研究機関の教授だから本当だと思うあなたは間抜けである。


当ブログ管理者が定点観測する東京とフィリピンの一部地域。

その限りに於いてだが、フィリピンはわずかに寒冷化しているかも知れない。
雨や風、熱帯性低気圧の混乱は10年以上続いている。
季節外れの台風、雨期の定番、夕方のスコールが消えて久しい。


続きを読む

仁義なき気候戦争 : 「反」地球温暖化説の最先鋒となりつつある米国 NASA が、10月の「南極の氷は増えている」報告に続き、今度は「南極は寒冷化し続けている」と発表

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/helen-popova-and-nasa-talk-about-cooling/
<転載開始>

最近のNASAの見解

nasa-says-antarctic-cooling-top

▲ 2015年11月26日の英国 EXPRESS より。

 

プーチン大統領のニューヨークタイムズ紙に対しての見解

putin-warming-flaud

▲ 2015年10月29日の Daily Caller Russia’s Putin Says Global Warming Is ‘A Fraud’より。

 

続きを読む

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(2)

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/day-after-tommomow-and-monster-el-nino/
メキシコ湾の油田から油漏れした時に大西洋の流れが止まるという記事を過去に載せたような記憶があります。
<転載開始>
海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(2):「温暖化が招く寒冷期」からの気温の回復に40年から100年かかるという気候モデルが提示される地球の海で成長する「モンスター・エルニーニョ」

monster-el-nino-looms-top

▲ 2015年10月07日のニュー・サイエンティストより。

 

北大西洋の海流システムの崩壊が招くのは「終わらない冬」

今回は、まず、前回の記事、

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1):大西洋で拡大する「異常に冷たい海域」と、海流システムの異変が招く地球の行方

で取りあげました、ワシントン・ポストの「考えられていたよりも、私たちは「デイアフタートゥモロー」に近いところにいる」というタイトルの記事の元となった論文を発表した、英国サウサンプトン大学の以下の記事をご紹介しようと思います。

続きを読む

海の巨大な変化とミニ氷河期の関係(1):大西洋で拡大する「異常に冷たい海域」と、海流システムの異変が招く地球の行方

In Deepさんのサイトより
http://indeep.jp/day-after-tomorrow-ice-age-comig-way/
<転載開始>

closer-to-iceage

▲ 2015年10月02日の米国ワシントン・ポストより。

 

ヨーロッパを見舞う「早い冬」の背景は

もちろん地域によるのでしょうけれど、なんかこう朝晩寒いです。早朝なんかは、涼しいのを通り越して、明確に寒いです。

うちの奧さんは、

「そろそろコタツ出そうか」

などと言っていましたが、さすがに 10月にコタツを出すのは、季節感という意味では問題がありそうで、「ま、もう少し様子を」などと応じていました。

 

ちなみに、気象庁の「気象庁 今日の全国観測値ランキング(10月15日)」を見てみますと、今日( 10月15日)の時点でも、北海道や長野など、軒並み氷点下を記録しているようでした。

まあしかし、それでも、日本はまだ穏やかで、現在、ヨーロッパのいくつかの地域では、大変に早い寒波に見舞われています。

ルーマニアでは、全土で、異例ともいえる「 10月の暴風雪」により、わりと深刻な影響を受けていることを、

続きを読む

精度97%の「2030年までのミニ氷河期突入」予測は、その発表の元となったロシア人女性物理学者の「太陽活動の解析予測の実績」から実現確実な状勢に

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/422810525.html
<転載開始>


最速であと5年ほどで十数年続く小氷期に突入する可能性

IceAge-20013.gif

▲ 2015年07月17日の Astronomy Now より。



猛暑なのに何だか涼しく過ごせている今年の夏

私は暑さに弱く、夏が来るたびに「暑い暑い」と大騒ぎしているのが常なのですが、今年はちょっとちがって、騒いでいません。

気温だけ見てみれば、確かに、私の住む地域の周辺でもかなりの高温となっているようです。

07-22-kion.gif
Yahoo! 天気


しかし・・・たとえば、例年の私なら、もう梅雨の最中あたりからエアコン・フル稼働というような生活をしていたのですが、今年は、少なくとも自分でエアコンをつけた日は、まだゼロです。

眠る時に、うちの奥さんがあまりにも暑いというので、エアコンをつけたことがはありますが、少なくとも自主的にエアコンをつけたいと思った日はまだありません。

7月に入ってから、気温が高い日も「妙に風が涼しい」ことには気づいていました。なので、常に風を通していれば、今年の夏は割と楽勝かも、とは思いまして、ドアや窓、ベランダなどを全壊にして(壊してどうする)、全開にして過ごしていますが、今なお風は涼しいです。

夏に入ってからも、雨の日以外は、朝ほぼ毎日1時間ほど歩いていますが、朝は格別に涼しいです。

奥さんからは「あんなに暑がりだったのに、体質変わったんじゃない?」と言われますが、何がどうであるとしても、夏を暑くなく過ごせるというのは、非常に快適で、嬉しい限りであります。

今日も今、午後2時頃にこれを書いていますが、快適です。

続きを読む

やっぱりこれは地球寒冷化ではないかと思ってしまうのです(オーストラリアの人には申し訳ないですが)

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/412013903.html
<転載開始>
ハワイ・ホノルルでは最低気温の新記録

hawaii-122-breaks.gif

▲ 2015年1月7日の sott.net より。今年 1月7日、ホノルル空港の朝の最低気温が、122年前に記録された 15.6度を下回る 13.9度を記録したそうです。


続きを読む

NASA の科学者が発表が示唆する「2015年はミニ氷河期への入口」 : しかし、どのみち、私たちは氷河期の中で生まれて、氷河期の中で死んでいく

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/411722626.html
<転載開始>


snowball-earth-top.jpg
Frozen

今回のタイトルの「どのみち、私たちは氷河期の中で生まれて、氷河期の中で死んでいく」というのは奇妙な響きだと思われるかもしれないですが、このあたりは、スノーボールアース - Wikipedia の下の記述で納得していただけるのではないかと思います。

地球はその誕生以来何度か氷河期と呼ばれる寒冷な気候に支配される時代があった。現在判明しているもっとも古い氷河期は南アフリカで発見された約29億年前のポンゴラ氷河時代で、最も新しいものは現在も続いている「新生代後期氷河時代」である。最近約一万年は氷河期の中で比較的温暖な間氷期とされる。

というように、

> 現在も続いている

の表記がありますように、現在の地質科学では、現在を氷期と氷期の間の「間氷期」という位置にあるとしているようで、つまり、結局は「今の有史時代というのは、ずっと氷河期の中だった」といえそうで、そのことをタイトルに記したのでした。

そういえば、冒頭に、アナと(省略)の光景からお借りしたものを載せていますが、先月、奥さんが DVD を借りてきて、初めて家族で見たんですね。

それなりに面白かったですけれど、ああいう「サイキック氷攻撃能力を持つ姉と、平凡な妹の話」だとは予想していませんでした。

それにしても、こういうミニ氷河期っぽい映画がヒットするのも、人々の心の中に「来たるべく氷河期時代への心の準備」と関係あるのかな、と思ったりもした次第です。そもそもこの映画の原題「 FROZEN 」は、名詞だと「氷結期」ですしね。タイムリーだと思います。

映画ではエルサ王女は心を開きましたが、人生はいろいろとありますから、今はまた心を閉ざしてしまっているのかもしれず、そんなエルサ王女が「氷アターック!」と叫びながら(そんなかけ声はなかっただろ)、地球を凍らせているのかもしれないですね。

そして、そのせいということもないのでしょうが、日本も世界も天候が大変なことになっています。


続きを読む

気候学者が警鐘「地球は氷河期に突入した」!!

まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。さんのサイトより
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2405.html
寒冷化と温暖化の二択なら温暖化の方がいいですよね!
寒冷化だと食糧生産に支障をきたすし、何よりも寒いのが苦手です。
<転載開始>
2012年5月2日に視た予知夢で既に「氷河期」について七曜は書いていたのだが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1099.html

現在の時間の流れが今やっと未来に追いついてきた様だ。
2012年から今2014年と、2年と7ヶ月の時間の差の中で気候学者がようやっと重い腰を上げてきた。


七曜的には今更な内容だが、人類はこの「プチ氷河期」を経験した後、「キル・ショット」を体験することになる。
そして更にその後には「大浄化」を目撃する事になるかもしれない。

しかしこれらは人類が地球に対してしてきてしまった仕打ちが還ってくるだけの話である。
自身は無関係だと思うだろうが、この地上に誕生したその瞬間からガイアの世話になっている事実は変えようが無い。

地球も生きているのだから、当然と言えば当然なのではなかろうか。
まあ、だがどちらにしても本格的な氷河期を体験しなくて済む事が私にとっては有り難いばかりである。

寒い時期に生まれても、やはり寒さは苦手だから・・・・・・。
人間の身体は本当に弱いと思う今日この頃だ。

続きを読む

元 NASA の気候学者が「地球はすでに今後30年以上続く寒冷期、あるいはミニ氷河期に突入した」と断定

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/410078096.html
<転載開始>


Cold-Spell-Top.gif

▲ 2014年11月16日の News Max Climatologist: 30-Year Cold Spell Strikes Earth より。



地球はすでにミニ氷河期に入っていると述べる気候学者

これまで地球寒冷化についての記事はかなり書いてきたように思うのですが、今回は、かつて、 NASA のコンサルタントを務めていた気候学者が、

「すでに地球は数十年続く寒冷期に突入している」

ということを記した著作の内容と著者のインタビューがアメリカのメディアで報じられていましたので、ご紹介したいと思います。

下の写真の左側の方がその気候学者のジョン・L・ケイシーさんです。

John-L-Casey.jpg
・News Max

続きを読む

太陽活動の過去と現在のデータが示す「新しい極小期」の到来の可能性と、新しい小氷期時代の始まりの可能性

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/408737297.html
<転載開始>
サイクル23とサイクル24の「期間」のデータが示すこと

太陽活動のレポートを更新して掲載し続けている Solen.info に興味深いグラフがありました。

下のグラフです。
日本語はこちらで入れています。

cycle-comparison.gif
Solar Terrestrial Activity Report


約 11年ごとに繰り返される太陽活動周期(サイクル)の直近の4つのサイクルの黒点数を時系列を同じくして比較したものです。

それぞれのサイクルは以下のようなものです。

サイクル21 1976年6月から1986年9月まで(期間は10年3ヵ月)
サイクル22 1986年9月から1996年5月まで(期間は9年7ヵ月)
サイクル23 1996年5月から2008年12月まで(期間は12年6ヵ月)
サイクル24 2008年12月から現在進行中



上のグラフを見て、まず明らかにわかるのは、現在のサイクル24が、直近の活動の中で、全体として最も黒点数が少ない、つまり活動の弱いサイクルだったということです。

しかし、そのことについては、過去記事、

続きを読む

西暦1750年頃に「何らかの理由」で小氷河期の入口の手前から救われた人類。しかし、今回はどうなる? 太陽と火山噴火の増加が作り出す地球冷却のシステム

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/408554293.html
<転載開始>


cooling-top.gif

▲ 2014年10月31日の Dr Sircus より。



予測を上回る「異常に早い冬」が世界各地に到来している2014年の北半球

冒頭の記事は、アメリカの東洋医学の医師として著名であるというマーク・サーカス( Mark Sircus )医師のブログの記事で、通常は、薬学や鍼灸などの題材の記事が多いサーカス医師の記事で、唐突に、

「なぜ(今年は)こんなに早く寒くなっているのか?」

というタイトルの記事が出されました。

この「なぜ、こんなに早く寒くなっているのか」という感覚は、日本は今のことろ季節感の崩壊はない感じですので、私たちにはあまり実感がないかもしれないですが、ヨーロッパやロシア、アメリカなどの一部などでは現在かなりの範囲で「記録破りの早い雪と寒さ」を迎えているのです。

続きを読む

【地球寒冷化】トルコやノルウェーで6月に異例の大雪!気象学者「非常に稀。6月に降るのは初めて」

真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2893.html
<転載開始>
20140620175558turko00.jpg
2014年6月にトルコやノルウェーなどで、この時期としては異例の大雪を観測していることが分かりました。6月13日にトルコのリゼ県で雪が降り、続く6月16日にはノルウェー北部の全域でも雪を観測したとの事です。いずれも積雪量は数センチで、6月にこの量の雪が降るのは観測史上初となります。
気象学者トロンド・リエン氏は地元メディアの取材に対して、「非常に珍しいことです。過去に7月に雪が降った記録がひとつだけ残っているが、6月に雪が降った記録は無い」と述べ、今回の降雪にはかなり驚いていました。

原因としては海流の乱れなどが指摘されていますが、ポールシフトなどで地球の地軸が動いていることや2013年から北極の氷河が急速に発達していることも気温を低下させる原因になったと見られています。いずれにせよ、2012年に太陽活動が急変したのを合図に、地球の気温が世界規模で下がっているということです。今後もある程度の上下はありますが、最終的には本格的な氷河期を目指して気温が下がり続けると予想されています。


続きを読む

列島各地で3月の最低気温を更新!米国でも大寒波!世界中で寒波が吹き荒れる理由は地球寒冷化!遂に専門家達も指摘!

真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1986.html
<転載開始>
20140309202643hyougaki.jpg
日本列島の各地で3月の最低気温を次々に更新しています。3月7日に長野県南牧村野辺山で氷点下25度を観測し、関東甲信や近畿、四国などの各地でも観測史上最も激しい寒さを観測しました。3月9日夜からは更に強い寒気が発生すると予想されており、北米などの世界各地でも日本と同じ様に最低気温を更新中です。

日本のマスコミは未だに「地球温暖化が原因」等と報道していますが、各国の専門家たちは地球温暖化という考え方を見直す方向で動き出しています。欧州の学者達は「既に地球は氷河期に突入している」と述べ、米海洋大気局の物理学者ダグ・ビーゼッカー氏も「黒点数は昨年、最高で67個だった。これは通常の黒点数の半数にも満たず、過去最弱のサイクルになっている」と太陽活動の異変を指摘しました。

事実、それを裏付けるかのように、昨年は北極圏の氷が1.5倍に激増したのが観測されています。僅か1年足らずで1.5倍に増加するのは今まで観測されたことがなく、今年の寒波と合わせる形で、地球寒冷化が表面化していると言えるでしょう。

元々、地球温暖化という考え方が、原発を推進するために作られた説でした。これは2009年に発生した「クライメイトゲート事件」で明らかになっている話で、このクライメイトゲート事件で流失した文章には、地球温暖化に見せるために意図的に原データを改竄した証拠などが記載されていたのです。

しかも、2010年に地球温暖化説の根拠である国連報告書にミスが発覚。地球温暖化説でよく言われていた「ヒマラヤの氷河が2035年までにみな解けてしまう」とか、「アフリカの農業生産は20年までに半減する」というような話には科学的根拠が無い事が判明しました。

このように地球温暖化説が嘘であることは国連を含め、具体的な証言や証拠が揃っています。もちろん、今まで原発を推進していたマスコミの連中は、これを積極的には取り上げません。取り上げたとしても、「トンデモ説」みたいな感じで少し触れるだけで、基本的にはスルーしています。
いずれは、今以上に地球の温度が冷え、地球温暖化説なんて誰も信用しなくなるでしょう。太陽活動が急激に低下している様子を見ると、その時は早くやって来ることになるかもしれません。


続きを読む

NASA は1970年代に「21世紀の初頭に地球は氷河期に入る」と科学的決定を下した。その根拠は「二酸化炭素とエアロゾルは共に地球の気温を激しく低下させる」という発見から

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/390592360.html
<転載開始>



NASA のS・I・ラスール博士が 1971年にサイエンスに発表した論文の概要

・二酸化炭素の増大は気温を「下げる」
・エアロゾルはその二酸化炭素による「気温の低下を増強」する
・この状態が世界中で起きれば「氷河期」になり得る





1971年7月9日の米国ワシントン・ポストより

nasa-1971.gif

▲ 過去の報道メディアの内容を保存・公開している ProQuest Archiver より。

上の新聞の記事の内容


世界は今から先のわずか 50年、あるいは60年後には悲惨な新しい氷河期に入るかもしれない、と世界トップクラスの大気科学の専門家は述べる。アメリカ航空宇宙局(NASA)の科学者でもある米国コロンビア大学のS・I・ラスール博士がその人だ。






続きを読む

70年前にも騒がれていた「地球温暖化」はその 1940年代にピークを打ち、 米国中央情報局は 1974年に「地球はこれから寒冷化に入る」という分析を報告していた

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/389018247.html
<転載開始>
1971年7月9日の米国ワシントンポスト紙より

ws-1971.gif

▲ 過去の新聞の文書をデータ保存している ProQuest Archiver より。



1940年12月14日発行のニュージーランドの新聞オークランドスター紙より

auckland.gif

▲ 過去の新聞メディア文書をデータ保存している Papers Past より。




続きを読む

地球大寒波到来1?:ついにナイヤガラの滝が凍った!

井口博士のサイトより
http://quasimoto.exblog.jp/21554571/
<転載開始>
みなさん、こんにちは。

だいぶ前にここでは「地球温暖化詐欺」というのを取り上げてきた。これである。
グローバルウォーミングはこっそり否定されていた!?:地球温暖化は16年前に停止!?
いったいこれはどうした事か? 地球温暖化はどうなった、アル・ゴアさん?
続きを読む

北米を襲った大寒波、週末から日本にも襲来!東京で気温が0℃を下回る可能性も!日ロの学者「地球は氷河期に入る」

真実を探すブログさんのサイトより
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1542.html
<転載開始>
20140109-234522kannpa02.jpg
先週からアメリカの方では南極に匹敵するほどの猛烈な超低温を観測していますが、その低温を発生させている寒波と同じ規模の寒気がアジア方面にも接近中です。日本は日本海などの影響で寒波の勢いが低下するので、アメリカのような「マイナス30度」と言う感じの超低温になることは無いでしょうが、それでも東京などで0度を下回るような寒さを観測することになると予想されています。
この寒波は1月10日の早朝頃から日本各地を襲うとのことなので、今週末は寒さ対策に気合を入れておくと良いでしょう。


続きを読む

南極の氷の中から立ち昇った炎 : 科学誌ネイチャーが地球温暖化調査団のリーダーによる擁護記事を掲載。そしてそこで知る真実

In Deepさんのサイトより
http://oka-jp.seesaa.net/article/384580308.html
<転載開始>


nature-002.gif

▲ 2014年1月6日の Nature News より。



(作者注)今回の記事を書いている途中で、個人的に、かなり大きな用事というのか、個人的な状況が出現してしまいまして、ネイチャーの記事の内容の翻訳自体は途中までとなり、全体を載せるのは後日とさせていただこうと思います。








視覚的にはほとんど現実化している近未来とされた光景

昨日、

ロシア・アメリカ両大国が同時に経験する「マイナス 50度の日常」
 2014年01月06日

という記事を記しまして、そこに記しましたロシアとアメリカ双方の気象局の予測通り、アメリカには大寒波が到来したようです。AFP の「体感温度マイナス53度も…米国に大寒波到来」という記事に、アメリカの各地の写真が掲載されているのですが、その光景はなかなかスゴイものです。そして、それと同時に、かつて小氷河期時代に描かれた光景などと重なるものがありました。


下はその AFP の報道にあった1枚で、シカゴの様子です。

us-cold-afp.jpg

▲ 1月6日のシカゴ。凍りついたミシガン湖の前でなぜか喜んでいる二人。 AFP より。

続きを読む

「極渦」がアメリカ中西部と北東部を直撃し大寒波襲来

ROCKWAY EXPRESSさんのサイトより
http://rockway.blog.shinobi.jp/Date/20140106/1/
<転載開始>
 

厳しい寒さに襲われるカナダのケベック

◆1月6日

 アメリカが寒波に襲われているという。死人も多数でている。去年の夏は日本では各地で40度を越す暑さが話題になったが、冬の到来は早かったし、初雪も早かった。そしてこのアメリカの厳しい寒さを見れば、「極端な暑さと極端な寒さ」と指摘した、2012年12月27日号や、6月10日号、それに2010年の10月23日号などの記事のコメントが思い出されよう。

 この6月10日号で記したように、「太陽自体の変化が始まっているので地球はこれからは、小氷河期に向かうと見た方がよさそうである。つまり一方では太陽の電磁波で地球自体が内部から温められての温暖化が進み、そのためシベリアの永久凍土が融け始めるようなことが起きるが、同時に地球表面では小氷河期のため寒冷化現象が起き、結局、極端な暑さと極端な寒さが季節感を無視して顕れるというようなものになっていきそうである」となるだろう。

 ヨーロッパなどで川の水が全面的に凍結するような事がおきれば、川の水を原子炉の冷却水として利用しているフランスなどでは、その冷却が進まなくなる事態も想定しておく事が必要であろう。「想定外」という言葉は使って欲しくない。これからは何が起きるかを、極端さを加味して想定していくべき時代に入っているのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ