大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。

宇宙への旅立ち:

バングラデシュ人質テロ事件は猿芝居 嘘ニュース

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/07/blog-post_2.html
イズリアルさんより情報を頂きました。
バングラデシュ人質テロ事件は猿芝居 嘘ニュース
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/07/blog-post_2.html
シェイプシフトの話は無視してね

<転載開始>
日本人7人を含む20人がイスラム教徒テロリストに殺害された?イスラム教徒=テロリストという、いつものワンパターンの構図だ。

最近、行われたワンパターンのテロ劇は、フロリダ州オーランド市で行われたゲイバーでの殺害劇。その犯人は、もちろんアラブ人では無く、イスラエルの公安組織に勤めるユダヤ人の若者が主役(犯人役)だった。もちろん誰も殺されていない。あくまでもテロ劇だった。

そして今回のバングラデシュ人質事件テロ劇。このテロ劇では日本人7人が殺されたという筋書きになっているらしい。これから偽名の実際に存在しない人々の紹介が「テロで亡くなった人々」とニュースなどに載るだろう。もし実在している人物だったら、爬虫類人アクターで、しばらくの間、ほとぼりが冷めるまで、彼等の秘密地下基地にでも潜伏する予定なのだろう。もちろん大金を貰っての潜伏だ。

ここ数年間、行われているテロは、すべて猿芝居だ。上空には光の銀河連邦の宇宙船が目を光らせており、すべての武器は動かない様にされている。だから爬虫類組織が武器で殺したくても殺せない状況になっている。だから彼等は私を武器ではなくて、毒で殺そうと、そのチャンスを虎視眈々と狙っている。
続きを読む

帝都東京・隠された地下網の秘密(1)

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html
<転載開始>
帝都東京・隠された地下網の秘密(1)


何回も見た秋庭氏のビデオ。もう一回、よ~く見て考察してみようと考えた。

謎の多い東京の地下空間。その多くが戦前から存在していたという。もちろん、爬虫類人達は戦前から存在していたから、彼等の地下空間が戦前から存在していて当たり前の話だろう。

続きを読む

地下鉄のある場所にはレプ専用の地下鉄が既に存在していた

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/03/blog-post_2.html
<転載開始>
地下鉄のある場所にはレプ専用の地下鉄が既に存在していた


秋庭氏の見解は当たっている。古代から、地下空間は人食いレプティリアン達の住処だった。入り口は普通の洞窟に見える。または動物の穴に見えるかもしれない。しかしその先には、レプティリアン達の地下都市や地下空間が広がっているのだ。観光地の洞窟でも、立入禁止の鉄格子があったり、「ここから先は立入禁止」の看板をよく目にするだろう。そう、その先にあるのが、私達が見る事ができない爬虫類人達の世界。
続きを読む

皇居直下の帝国陸軍第126号井戸 人食いレプティリアン皇族達の御食事処

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/02/blog-post_70.html
<転載開始>
ヤバイ仕事
http://kowaitaiken.blog.jp/archives/1012066872.html

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。
ばれたら相当やばい。
まだ生きてるって知られたら、また探しにかかるだろう。
でも俺が書かなきゃ、あの井戸の存在は闇に葬られたままだ。
だから書こうと思う。
文章作るの下手だし、かなり長くなった。
しかも怪談じゃないから、興味の湧いた人だけ読んで欲しい。

今から数年前の話。
俺は東京にある某組織の若手幹部に使われてた。
Nさんって人。
今やそういう組織も、日々の微妙にヤバい仕事はアウトソーシングですよ。
それも組織じゃなく、個人が雇うの。
警察が介入してきたら、トカゲの尻尾切りってやつね。

その代わり金まわりは、かなり良かったよ。
俺は都内の比較的金持ちの日本人、外国人が遊ぶ街で働いてた。
日々のヤバい仕事っていうと、凄そうだけど、実際に俺がやってたのは、ワンボックスで花屋に花取りに行って代金を払う。
その花を俺がキャバクラから、高級クラブまで配達する。
キャバクラ行くと、必ず花置いてあんだろ?あれだよ。
で、花配りながら集金して回る。

続きを読む

北極点が南下 シベリアに移動

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/02/blog-post_0.html
<転載開始>
北極点が移動しているらしい。ロシアのシベリア辺りに南下しているらしい。最近、インテリキャスト・レーダーで気温をチェックしてみると、北極点の南下が本当だという事が分かる。

下の気温は華氏の温度だが、一番低い温度の場所がシベリアのマイナス53度。日本で使われている摂氏に直すとマイナス47度になる。
http://www.intellicast.com/Local/WxMap.aspx


シベリアよりも北極寄りのグリーンランドを見ても、-53度って見あたらない。

ここ最近、世界中の温度をチェックしているが、やはり、このシベリアのポイントが、一番、温度の低い場所となっている。これは北極点はシベリアに南下しているというのが証明された様なものだ。

このまま北極点が南下してくると、シベリアに近い日本では、寒冷地帯になってしまう可能性がある。そのうち日本の皆さんは、エスキモーのかっこをして外出する様になるかもしれない。そして交通手段は犬ぞり?




<転載終了>

2015年の12:12ゲートウエイ 

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/12/blog-post_12.html
「このページは表示できません」と出ていたのでどうなるかと思いましたが、何とか繋がったようです。
<転載開始>
2015年の12:12ゲートウエイ 
http://japonese.despertando.me/%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4%E3%81%AE%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%9A%EF%BC%91%EF%BC%92%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%80%80%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95/

私たちは次の大きいゲートウエイに向かってモーメントを築いて います。これは12月12日に開く、12:12のゲートウエイです。一つの結果として、この世界に於けるだけでなく、私たち全ての内 部にも多くのことが起きます。これは特に私たちの内側にも外側にも影響を与える太陽風によっても強調されます。このエネルギーは 12:12のゲートウエイから冬至に至るまで私たちに影響を与えます。ですから、あなた方の通信を明確にし、自分自身と他者に対して 忍耐強くあってください。争いにはかかわらず、共感的な観察者であり、審判なしに観察し、起きることや結果に執着しない、離れた立場 にいるようにしてください。あなた方がいつも”フィクサー”あるいは”平和を創る者”でいる場合には、これらの役割を続けてくださ い。全ての者が自分が望む方法を選択することを忘れないでください。自分の内側で自分がどのような者なのかが、あなた方の外観を創り だします。ですから、ある浄化が行われますが、今がそうする大いなる機会です。物事を個人的なこととして、あらゆることに冷たく対応 するようなことはしないようにしてください。全部を自分の責任だととらえる必要はありませんが、自分の本物の自己であることを通じて 愛の空間を維持してください。これについてあなた方抱いている深い幻想を含めて、あなた方は学びの過程にあると思ってください。

続きを読む

アガルタ人 VS  レプティリアンの歴史

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/12/agarthan-video.html
<転載開始>

アガルタ人 VS  レプティリアンの歴史



「地球の内部は熱いマントル」と学校で教えられた事は、全くの嘘。地球の内部は巨大な空洞になっている。食べ物に例えたらカボチャ、またはメロン。その空洞にはアガルタ人達が住んでいる。

アガルタは5次元の世界。人間達が次元上昇しない限りはアガルタには入れない。次元上昇、それは「我がまま」を捨て、無条件の愛に生きる事だ。次元上昇をする、それは進化する事だ。高学歴の人々でも、自分勝手で我がままな人々が多い。つまり「高学歴=進化している」という事では無い。かえって高学歴な人々ほど、爬虫類組織が経営している学校で、深く洗脳されている場合が多い。
続きを読む

嘘ニュースで活躍するクライシス・アクターを派遣しているエージェンシー ウェブサイト閉鎖

宇宙への旅立ちさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/11/blog-post_81.html?spref=tw
<転載開始>

嘘ニュースで活躍するクライシス・アクターを派遣しているエージェンシー ウェブサイト閉鎖

閉鎖されたクライシス・アクターのエージェンシーのアーカイブ・サイト
https://web.archive.org/web/20140328202513/http://crisisactors.org/photo

クライシス・アクターズ 訓練された出演者とアクターが本当にあった様に見せかける。

こちらがエージェンシーに登録している訓練されたクライシス・アクターズのほんの一部。

続きを読む

皆さん、誠に勝手ながらブログを1ヶ月間お休みさせて頂きます

レプさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/03/blog-post_88.html
<転載開始>
2万人前後の読者の方々に、大変申し訳ありませんが、体調不良と疲労、そして個人的な問題の山積み(バンク・オブ・アメリカに対する不動産の問題など)があり、1ヶ月間、お休みさせて頂きます。

私自身、もう3次元丸出しの嘘ニュースに嫌気がさし、最近、ニュースをチェックする気も失せましたね。

既に、私のブログで2年間、いかにも嘘という様なニュースをピックアップして、皆さんにお知らせしてきましたが、いい加減、「このニュースは嘘で~す!」とリピートするのも疲れましたね。ニュースは会議室で作られるという法則さえ知っていれば、「ニュースは嘘!」というのは当たり前の事だと分かりますよね?

その事は、私の2万人前後の読者の方々はご存知ですし、「このニュースは嘘!」と書けば、「またか!」という感じですよね。でも、まだ覚醒していない人々は、どんなに証拠を見せようと、「ニュースは真の情報」という爬虫類メイトリックスにハマり、「嘘なわけないでしょう~!」という感じなわけです。

私のブログの読者の数は、2万人前後と定員に達した模様で、これ以上は増えそうもありません。つまり現在時点での覚醒者の数は定員に達し、非覚醒者は、また後ほどキャッチアップする感じでしょうね。それが何年後か、それとも次に生まれ変わった時になるのかは分かりませんが。まあ、それまでは、気長に待ってあげる事ですね。

爬虫類人レプティリアンの存在についても、この2年間、証拠写真を挙げて暴露してきましたが、爬虫類人達の存在を信じられる方々の数も定員に達し、あとの非覚醒者の方々は、また次の覚醒の波のチャンスに持ち越しという感じですね。

という事で、一応、私自身、皆さんに真実をお知らせするお仕事は、一段落ついたのでは?と考えています。時間が早く過ぎ行く様になり、本当に時間が足りないという感じですね。子供達が寝静まった後、夜中の1~2時まで記事を書いていた事もありますが、そろそろ自分の事に集中する時が来たかな?と考えています。リラックスしたり、犬と一緒にお散歩したりして、自分自身のケアに、もっと時間をかけたいです。

という事で、一応、1ヶ月のお休みという事にしておきますが、ブログを再開するかに関しては、ちょっと迷っています。もし再開する事があれば、1週間に2~3記事という感じで、スローなペースになります。

多くの方々に愛されるブログになる事ができ、大変嬉しく思います。読者の方々から数多くのコメントや情報が寄せられ、感謝しております。


お休みの間、よかったらコメント欄を、読者の方々のコミュニケーションの場、そして情報交換の場としてお使いください。私も時々、飛び入り参加するかもしれません。

<転載終了>

爬虫類組織 自民党 電力・ガス事業の自由化という詐欺

レプさんのサイトより
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/03/blog-post_18.html
<転載開始>


自民党の爬虫類人達は、いかにあなたから金を巻き上げ、ユダヤ様に貢ごうかと大忙しで法律改悪をしています。

ニュースで見ると、別にこれといって、あなたに悪い影響は無さそうと感じるでしょう。ところがどっこい!

あなたが毎日使っている電力・ガスを自由化し、投機的なマーケットにしようという魂胆です。

あなたは「自由化」と聞くと、「いいね!もっと自由になるんだね。自由って良い事だよ」と単純に「自由」という言葉を想像するかもしれない。そこが落とし穴なんですよ。ユダヤ爬虫類組織は、常に「自由」「民主化」「民主主義」などのプロパガンダを使い、民衆をミスリードしてきた。彼等の言う自由化とは爬虫類組織化の事であり、民衆から金を搾取する事だ。
続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
情報拡散の為訪問一回ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
Amazonライブリンク
楽天市場