大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

ビルダバーグ会議

今回のビルダーバーグ会議の議題のトップがトランプです。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52008892.html
<転載開始>

今回のビルダーバーグ会議の議題のトップがトランプだそうです。どうやらトランプは彼らにとって邪魔な存在のようです。ビルダーバーグ会議の出席者は支配層のユダヤ人エリートばかりですから、並んだ顔を見るだけでも気分が悪くなるほどです。

トランプがパリ協定離脱を発表したため、グローバりゼーションを推し進めている彼らとしては非常に困った事態になったのです。地球温暖化詐欺ビジネスで世界中からお金を集めながら温暖化による世界統一を図っているのでしょう。二酸化炭素が温暖化の原因だなんて、ネット上で情報を見ればそれが全くの嘘であることぐらいすぐに分ります。しかも太陽活動極小期に入っていますから、2030年までミニ氷河期になると言っている科学者もいるくらいです。温暖化や気象変動は彼らの富と権力のため、そしてNWOを成功させるための詐欺ビジネスです。日本も温暖化詐欺ビジネスに加わっており、詐欺の被害者は一般国民です。

http://investmentwatchblog.com/trump-is-the-number-one-topic-on-the-agenda-of-the-bilderberg-group-this-year/

続きを読む

バチカン、ビルダーバーグと‘移民’危機

 マスコミに載らない海外記事さんのサイトより
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-d0a4.html
<転載開始>

F. William Engdahl
2016年12月17日

謎めいたビルダーバーグ年次会議が、今年ドイツのドレスデンで、6月9-12日に開催された。議論の話題を発表する公式プレス・リリース中の用語は注目に値する。第三項(必ずしも重要性の順ではない)は、奇妙にも“ヨーロッパ: 移民、増大、改革、構想、団結”という題目だ。トルコがシリア戦争難民の拘留センターと難民キャンプを開放し、彼らをEUへと向かわせて、2015年春に始まったEU難民危機に対する単語“移民”という選択が奇妙なのだ。これについては後ほど更に触れる。本記事では、ほとんど知られていない歴史的なつながり、つまり1954年に創設されたビルダーバーグ会議とバチカン間のつながりと、現在のEU難民不安を煽る上での両者の役割に集中したいと思う。

1954年5月、ドイツ国境に近いオステルベークのオテル・ド・ビルダーバーグで、極めて秘密の会議が開催された。会合の主催者は、オランダ、ユリアナ女王の夫ベルンハルト王配だった。会合は、最初の会合が開かれたホテル名から、単純に“ビルダーバーグ会議”と呼ばれた。三日間の秘密議論の結果、新たなTrans-Atlanticシンクタンクが創設された。それは1954年以後、現在まで、最も効果的な組織の一つ世界の出来事に影響力があり、最も有害で秘密主義的組織の一つとなった。

ドイツ生まれのベルンハルト王配は、毀誉褒貶ある人物で、悪名高い猟色家で、国家社会主義ドイツ労働者党と、SS騎乗部隊メンバーだった。1976年、ベルンハルトは、アメリカの戦闘機メーカー、ロッキードから、オランダ空軍によるジェット機購入に影響を与えるよう百万ドルの賄賂を受け取って、告訴された。スキャンダルのおかげで、ベルンハルトが辞任を強いられた際に、ビルダーバーグ議長として後を継いだのは、当時のドイツ大統領、ヴァルター・シェールで、更に、ヘンリー・キッシンジャーの相談相手で、後にビジネス・パートナーとなったイギリスのキャリントン卿だ。そもそもの発端から、ビルダーバーグが世界政治における少年野球連盟でなかったのは明らかだ。

続きを読む

今年はビルダーバーグGの会合に戦争好きのブリードラブ前NATO欧州連合軍最高司令官が出席

櫻井ジャーナルさんのサイトより
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201606190001/
<転載開始>
 今年6月9日から12日にかけてドイツのドレスデンで開かれたビルダーバーグ・グループの会合にフィリップ・ブリードラブ米空軍大将が出席した。言うまでもなく、この人物は今年3月までSACEUR(NATO欧州連合軍最高司令官)を務めていた人物で、ロシアとの軍事的な緊張を高めることに熱心だった。そうした目的のため嘘もついていた。退役後、6月にはフォーリン・アフェアーズ誌(CFR/外交問題評議会が発行)に論文を書き、その中でも「ロシアの脅威」を主張している。

 本ブログでは繰り返し書いてきたが、ヨーロッパにおける軍事的な緊張を高めてきたのはアメリカ/NATOである。1990年に東西ドイツが統一される際、アメリカのジェームズ・ベイカー国務長官はソ連のエドゥアルド・シュワルナゼ外務大臣に対し、統一後もドイツはNATOにとどまるが、東へ拡大させることはないと約束したことが記録に残っている。「純真」なゴルバチョフはこの約束を信じたが、約束は守られなかった。

 ソ連が消滅してから8年後の1999年にチェコ、ハンガリー、ポーランド、そして2004年にブルガリア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、2009年にアルバニア、クロアチアといった具合だ。当然、NATO加盟国はロシアに接近していくわけだが、それをブリードラブのような好戦派はロシアの脅威が増していると表現する。

 そして2014年2月22日にアメリカはネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を主力とする勢力を利用してウクライナのビクトル・ヤヌコビッチ大統領を暴力的に排除した。つまり、クーデターを成功させた。ウクライナはズビグネフ・ブレジンスキーがロシアを制圧する要石だと認識していた国だ。(クーデターについての詳細は割愛する。)
続きを読む

★ビルダバーグ会議2016 Part1

タマちゃんの暇つぶしさんのサイトより
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14996.html
<転載開始>

10.06.2016

ビルダバーグ会議2016は、9日からドイツのドレスデンで12日まで開催される。第1回ビルダバーグ会議が1954に開催以来、4年に1回は米国大統領選の年に合わせて、米国で開催されてきた。今年は米国の将来の方向性を決める重要な大統領選にも関わらず、ヨーロッパで開催されている。

 

 第64回ビルダバーグ会議はドレスデンのタッシェンベルグパレ・サンピンスキーホテルで開催されている。会議場のホテルの前にはツヴィンガー宮殿があり、ドレスデン市内の中心に位置しているため、ホテルの周りには鉄棒フェンスが建設、立ち入り禁止区域が設定、ドイツ軍兵士400人と警察が警備に関わっている。

 

 毎年開催されるビルダーバーグ会議は、世界の最も影響力と資金力を持つ政治家、政府関係者、多国籍企業CEO、国際機関や金融機関の代表、ヨーロッパの王族や貴族、メディア、学者などの特定の「エリート・グローバリスト」のみが参加するといった、完全非公開の会議である。今年は20カ国から130人が参加、数人のゲスト参加者の一人としてドイツのアンゲル・メルケル首相が参加する予定である。

 

続きを読む

ビルダーバーグ会議開催中にさまざまな出来事が起きています。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51987640.html
<転載開始>
まず最初に、昨日ご紹介した記事の中で、カスカディアについての言及がありましたが、誤ってカスカディアの独立運動と勘違いをしてしまいました。実際は、カスカディア断層のことであり、大地震が発生することを想定した訓練(軍事演習も含む)でした。すみませんでしたぁ。。。
さて、以下のリサ・ヘイブンさんのビデオ・ニュースでは、現在、ビルダーバーグ会議が開催していますが、さまざまな重大な出来事が同時進行していることに注目しています。
実際に(特にアメリカでは)、怪しい動きがあることは確かです。いよいよ、NATO 対 ロシア、中国の戦争を開始させ世界を混乱させようとしているのでしょうか。また、アメリカ国内で生活保護受給者に食料が手に入らなくさせることで暴動を起こそうとしているのでしょうか。難民問題を抱えたヨーロッパやアメリカでは社会不安が増しています。
また、今年の秋までに世界経済が崩壊すると警告する人もいます。

日本政府がグローバリゼーションを推進し外国人労働者、外国人観光客、そして移民を大量に受け入れているのも、ビルダーバーグの決定通りに動いているのでしょう。安部政権下で在日外国人が急増したと批判している人も多いと思いますが、どの政党が与党になっても、だれが首相になっても、現在の世界的トレンド(イルミのNWO計画)に逆行することはできないでしょう。
世界中の政府や政党を見ても、ほとんどが極左かリベラル派です。保守と勘違いしている人もいるでしょうが、
自民党もリベラルです。民進党、共産党、社民党、生活、山田太郎もみな極左ですから、彼らが政権をとると日本の破壊は早まります。世界が本当の平和を得るにはイルミの支配が終わらなければなりませんが、非常に難しいですね。何しろ、欧米、ロシア、中国、その他の国にイルミの派閥が存在していますから。。。戦争ゲームはイルミの派閥同士の争いでしょう。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2016/06/bizarre-events-now-happening-in-america-as-bilderbergs-suspiciously-meet-major-conspiracy-underway-2481461.html続きを読む

ダボス会議はNWOの実現化のためにあります。

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51978534.html
<転載開始>
賄賂問題で揺れている甘利大臣もダボス会議に出席するためにスイスに向かいましたが。。。
ダボス会議とは。。。ビルダーバーグと同じだそうです。ただ、ビルダーバーグよりもオープンに話し合われるようです。
一体、世界はどちらの方向に動いてしまうのか誰でも気になるところだと思います。
依然としてグローバル化が進んでおり、その先にある世界政府、世界宗教、世界軍のNWOに益々近づいているような気がしてなりません。
ダボス会議では、世界人口の90%の自由と権利を完全に無視し、世界のカネと権力を握っている一握りの連中が、彼らの専制政治の実現のために何を取り決めるかを話し合います。
やはり。。。世界のカネと権力を握る連中に対し、世界人口の90%は何もできないということなのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/power-elite/2016/01/elites-spill-massive-intel-in-davos-americas-obsolete-its-now-time-for-global-governance-and-the-nwo-to-rule-2450708.html続きを読む

ギリシャで30億ユーロの預金引き出し・イングランド銀行封鎖デモ・ビルダーバーグデモ

世界の裏側ニュースさんのサイトより
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12041150024.html
<転載開始>
気になったニュースをいくつか簡単に。


7月19日【RT】http://rt.com/business/268405-greece-banks-deposit-withdrawals/


Greek bank run: Deposit withdrawals hit €3 billion in four days - media

ギリシャの市民が、4日間で30億ユーロ(約4180億円)を銀行から引き下ろしています。

上記リンクは英語ですが、機械翻訳で概要は確認できます。


ネットゲリラさんは、「7月1日にギリシャが終わる」とされていましたね。

http://my.shadowcity.jp/2015/06/post-7294.html



続きを読む

ビルダーバーグ会議でスピーチでわかる彼らの考え!

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51929164.html
<転載開始>
イルミナティのトップと名乗る人物がビルダーバーグ会議の冒頭で、ビルダーバーグのメンバーの前でスピーチを行いました。普段なら、このようなスピーチは公開されませんが、スピーチを行った本人が、イルミナティの研究を行ってきたジャーナリストにスピーチの内容を教えたのです。なぜでしょうか。。。これまで秘密主義にしていたものが、全て暴露されているため、隠しても仕方ないと考えたのでしょう。
スピーチの内容を見ると、いかにも、ご立派なことを言っていますが(彼らは世界人類救済のために活動しているのだと主張しています。)、彼の本心は赤字の部分だと思っています。彼はイルミナティのトップだと言っていますが、イルミナティもビルダーバーグの(特に)上層部の連中は、「自分達こそ、世界一賢くて霊格も高く、神に世界を統治することを任されている存在だ。バカな平民や政治家たちに任せると世界が破壊してしまう。世界中の愚かな人々の未来を守るという口実で、自分達の理想の世界を樹立させる必要がある。それは世界統一政府であり、国境のない世界であり、イルミナティ的友愛である・・・・つまり人類は彼らに従い、ついてくればよいのだ。」ということがよく分かりました。
彼らに騙されてはいけませんね。スピーチを訳してみましたが、彼らをよく見せようときれいごとを並べ、一方では、パペットの政治家達をバカにし、また、一方では、世界人類が、彼らのアジェンダに反して、徐々に真実に覚醒していることに危機感を覚えているのを隠しきれないでいるようです。

http://beforeitsnews.com/economics-and-politics/2014/06/bilderberg-meeting-2014-opening-speech-the-coming-out-of-the-illuminati-2465700.html
(概要)続きを読む

ビルダーバーグのメンバーがパニック状態です!

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51928686.html
<転載開始>
5月29日~6月1日にかけて、今年のビルダーバーグ会議が開催されるそうです。
ただ、今年の会議はいつもの会議とは打って変わり、出席者の多くがパニック状態だというのです。なぜなら、世界の人々の意識が、グローバリズムからナショナリズムに移行しているからです。グローバリズムを推進しているグローバリストらは、彼らのアジェンダである、欧米大企業が世界を支配するNWO世界統一政府が実現できなくなると恐れているのです。
最近行われた欧州選挙でも、保守派或いは右派が勝利しています。左翼のグローバリスト議員が敗北しています。
左翼グローバリストの政策の一環として、大量移民の受け入れを行った結果、ヨーロッパは悲惨な状態になってしまいました。ヨーロッパの人々は移民によって国全体が乱れてしまっており、移民には反対しているのです。
それにしても、ビルダーバーグ会議に参加しているグローバリストは全員が欧米人(もちろんシオニストも多い)です。しかし、なぜ、2人の中国人も混ざっているのでしょうか?ビルダーバーグは欧米権力組織ですが、なぜ、中国から出席しているのでしょうか。まあ、中国共産党もグローバリスト集団ですが。。。
幸い、日本人は誰も出席していません。
http://www.globalresearch.ca/bilderberg-agenda-revealed-elite-desperate-to-rescue-unipolar-world/5384291
(概要)続きを読む

イギリスの警官は反ビルダーバーク活動家等の味方!

日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886771.html
<転載開始>
イギリスの警察官は一般的に昔から民主的で親切でした。フランス、アメリカ、カナダにいる強権的な警察官は殆ど目にしません。今回のビルダーバーグ会議の開催地はイギリスのワットフォードでした。そこには大勢の反ビルダーバーグの活動家や市民が集結して抗議デモが行われました。
もしアメリカやカナダでこのようなデモが行われたなら、警察菅は市民を拘束し、強制的に排除しようとします。しかしイギリスの場合は、警察菅と活動家や市民が握手をしたり、会話をしたり、ハグをしていました。
以下のビデオをご覧ください。実際、どこの国の警察菅も同じ市民であり、99%側の人たちです。反ビルダーバーグの抗議活動を彼等も理解すべきなのです。アメリカやカナダの警察は、強権的で暴力的です。イルミナティが支配してきた国でも警察菅の態度はこのように違います。やはり、それだけ、アメリカやカナダには自由が無くなってしまったということなのでしょうか。
http://the-tap.blogspot.jp/

(ビデオ)
6月10日付けPolice office at Bilderberg says he's with the activists
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場