大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

自然の摂理から環境を考える

輸血という毒薬注入

生物史から、自然の摂理を読み解くさんのサイトより
http://www.seibutsushi.net/blog/2015/02/3361.html
<転載開始>

httpwww.iwasa-clinic.netblood_transfusion.html


事故での大量出血、手術での出血。これらの不足した血液を輸血によってまかない、生命を維持していく。これが、輸血に関する常識だ。

だから、困っている人たちの力になろうと、たくさんの人が献血を行う。しかし、この常識が間違っていたとしたら・・・

今回は、輸血に関する、隠された事実を整理して、輸血が本当に必要なのかどうかを検証してみたい。

続きを読む

自然の中で生きる人、自然の中で「がん」と闘うべし

自然の摂理から環境を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/08/001367.html
<転載開始>

自然の中で生きる人、自然の中で「がん」と闘うべし

%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0.jpg
画像はこちらからお借りしました。
  
切除や抗がん剤など、がんに対する近代医学的治療法は人間の体をズタズタにし、免疫力を落とし、命を奪っていきます。
 
「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢
 
ガンの手術は、猛烈な発ガン効果がある
 
こんな事実がありながら、いまだに先の治療にすがるのは、近代科学信仰とも言える「科学的に証明されたことは絶対だ」と対になった「伝統的な治療法は迷信だ」という価値観から逃れられないことにあります。
 
ところが、実際には発見から70年ほどたつペニシリンすら、体の中でどのように作用しているのかは、仮説段階のままでいまだにわかっていません。つまり、薬が複雑な生命機構の中で、どのように反応しているのかは、現在の科学では手も足も出ないくらい難しい課題なのです。
 
このような事実を受け入れることが出来たなら、道は大きく開けます。そのための条件は、自然や生命原理という課題に対して、現在の人間の知恵は、いかに無力であるかを認める謙虚な姿勢です。
 
そうすれば、この謙虚さをもとに先人が蓄積してきた、豊かに生きるための知恵が役に立ちます。これはそのまま、自然の摂理に則した生き方としての、がん治療に繋がります。
 
今回は、このような事例を紹介します。

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場