大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

STAP細胞

国益を失う日本、小保方叩きの真相が判明。ハーバード大がSTAP特許の利権を20年独占

日本の真心が目覚めましたさんのサイトより
http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
<転載開始>
2017年02月16日(木)

去年のこの時期に書いた記事ですが、今でも似たようなことが起きているので、少し書き直したものを載せておきます。

小保方氏潰しの真相が明らかになりましたね。以前、「しばらくしてから、どこかが特許を出すから、そこで黒幕が分かる」とおっしゃっていた方がいらっしゃいました。その通りになりましたね。

私たち日本人が小保方さんを叩いて、早稲田の博士号を取り消したり、「あれは捏造だった」などと貶めている間にアメリカは、何をしていたのか。

続きを読む

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明

ジネスジャーナルさんのサイトより
http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html
<転載開始>
文=上田眞実/ジャーナリスト

2014年4月9日、会見を行う小保方晴子氏(撮影=吉田尚弘)
 小保方晴子氏が発見した「STAP現象」が、アメリカの研究者グループによって報告されていた。2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。


 それは、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らが、負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見したと論文で発表したものだ。題名は『損傷誘導性の筋肉由来幹様細胞』で英文の頭文字「injury induced muscle-derived stem cell-like cells」からiMuSCsと名付けられ、それを証明したものはヴォイニッツ論文と呼ばれている。キンガ博士は同論文の要旨をこうまとめている。

「我々は最近、損傷を受けたマウスの骨格筋のなかに、新しい幹細胞の集団を発見しました。このiMuSCsは、分化した筋原性細胞が部分的に初期化されたものであり、多能性によく似た状態を示しました。」

続きを読む

再投稿 STAP細胞は家庭で作れます

紙幣の不思議2さんのサイトより

http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1061004222.html

<転載開始>

再投稿 STAP細胞は家庭で作れます

3



STAP細胞は家庭で作れます

2015/03/13 Fri. 12:10 [edit]


4年前の震災の後、ヨーグルトを自宅で作るようになった方がずいぶん増えたと聞いていますが、
私もそのひとりで、それ以来ずっと毎日手作りヨーグルトを食べています。

そしてこの頃Facebookのお友達の間では、スタップ細胞を自分でつくろうという話題が
いくつかあがって、その作り方を今日はご紹介したいと思います。
Facebookの元記事はすでに消されているようです。



STAP細胞とIPS細胞、どちらも万能細胞をつくり出せるもので、再生医療に活用できる
重要な発見ですが、
昨年話題になった小保方さんが発見したといわれるスタップ細胞のことでは、
利権絡みの見え隠れする中で、細胞そのもののことは日陰に置かれてしまいました。
とんでもない騒動になってしまいましたね。いかに闇が深いかですね。

この事件の背後で何かが暗躍している。そう感じている人も多いと思っています。
化学界の闇は詳しい専門の方に任せるとして。
IPS細胞やSTAP細胞の違いもあまりよく調べたこともなかったのですが、
自分で作るという話題もあって、少しだけみてみました。

STAP細胞は、血液細胞の一種であるリンパ細胞を 弱い酸性の液体に25分浸し、
細胞が死に瀕する状態におくことなどから完成まで2日間、成功率は8%に対し、
IPS細胞は、遺伝子を基につくるため完成まで3週間かかり、成功率は0.5%。
STAP細胞は遺伝子をいじらないのでガン発生のリスクも無く安全なのだとか。

では、Facebook友人からの情報です。
http://ameblo.jp/hidehide-888/entry-11999255291.html より転載

続きを読む

★ STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で!

タマちゃんの暇つぶしさんのサイトより
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14875.html
<転載開始>
「Thinkstock」より

 米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。これについて5月9日、弁理士でITコンサルタントの栗原潔氏は、同大学が日本国内でも特許出願に関して実体審査請求をしていることを明らかにした。出願審査請求は4月22日に提出されている。
続きを読む

STAP細胞の定義 STAP現象の検証結果(理化学研究所) 

ゴーストライポンさんのサイトより
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12161360212.html
<転載開始>

2014 年12 月19 日

STAP現象の検証結果

理化学研究所

http://www3.riken.jp/stap/j/r2document1.pdf


1. これまでの経緯

  • 「STAP 現象の検証」は、2014 年1 月に英国科学誌Nature に発表した2 篇の研究論文(7 月に撤回済み*)に記載された、刺激による分化細胞の多能性誘導現象が存在するか否かを検証することを目的として、2014 年4 月1 日から1 年間を期限に、実験総括責任者に相澤慎一特任顧問**、研究実施責任者に多細胞システム形成研究センターの丹羽仁史チームリーダー**を充て、実施してきた。
  • 2014 年7 月1 日、STAP 現象の有無を科学的に解明するためには小保方晴子研究員**本人による検証が必要との判断により、相澤特任顧問の指揮・監督の下、2014 年11 月末日を期限に検証計画に参加させることとした。なお、小保方研究員による検証は、丹羽チームリーダーによる検証とは独立に、あらかじめ研究不正再発防止改革推進本部が指名した者の立ち会いの下、管理された新たな実験室で行われた。
  • 2014 年8 月27 日、丹羽チームリーダーによる検証に関して中間報告を行った。一般的な実験マウスであるC57BL/6 マウス由来の脾臓を用いた実験に関して、研究論文に記載されているプロトコール(塩酸(HCl)による酸処理)では、研究論文に報告されたようなSTAP 細胞様細胞塊の出現が認められないことを報告した。
  • 2014 年11 月21 日、多細胞システム形成研究センターの発足に伴い、STAP 現象の検証は、研究不正再発防止改革推進本部に検証実験チームを設置し、相澤特任顧問をチームリーダー、丹羽チームリーダーを副チームリーダーとして進めた。

* Nature 505, 641–647 (2014); doi:10.1038/nature12968
Nature 505, 676–680 (2014); doi:10.1038/nature12969

**肩書きは2014 年12 月19 日現在

 

続きを読む

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

Yahoo!ニュースより
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci
<転載開始>

Business Journal 5月14日(土)6時1分配信

 今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytes(邦訳:修正STAP条件によって、JurkatT細胞の運命が多能性と細胞死の間で二極分化する)』である。

 海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を行ったということで話題となっている。以下に同論文の概要を紹介する。

<(1)序論:STAP論文は撤回されたが、低pHの刺激による万能性獲得の可能性は、がん、または、がん幹細胞の分野においては魅力的な課題である。

(2)実験:そこで、理化学研究所と米ハーバード大学から発表されたプロトコルを改変して、セルライン化されたT細胞に刺激を与える実験を行った。

(3)結果:当グループが見つけたpH3.3の条件では、酸処理後、多能性マーカーの一種であるAP染色陽性細胞の割合が増加した。AP陽性の多能性細胞は酸処理ストレス下を生き延びて優位に増加。

(4)考察:小保方晴子氏【編注:一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理研を退職】が英科学誌「ネイチャー」で発表したプロトコルでは成功しなかった。それは、使用している緩衝液の緩衝能が適していないことが理由として考えられたので、それも変更した。

続きを読む

STAP細胞は家庭で作れます。

紙幣の不思議2さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/8c1caa9caec0ef323d97fd2a90026bb1
<転載開始>
2016年02月26日 12時15分00秒 | 医療


STAP細胞は家庭で作れると云う事ですが、下記にレシピが載っています。

玄米乳酸菌でSTAP豆乳ヨーグルトが出来るそうです。小保方さんは、偶然的に(言われるままに)その培養液でのSTAP細胞分裂に成功したそうです。家庭で出来る事が広まったら、医療マフィアは真っ青です。折角、因縁付けて米国のモノにしたのに、こんな事が世間に知れ渡ったら大変ですw

試しに作ってみるかな~
続きを読む

米国がSTAP細胞を国際出願しているので、小保方さんが正しいのは明白です。

紙幣の不思議2さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/395c4b7849f494b761dabc3e1713a421
<転載開始>
2016年02月26日 10時11分20秒 | 医療


米国がSTAP細胞を国際出願しているので、小保方さんが正しいのは明白です。人のモノを自分のモノと因縁付けて取り上げるユダヤ米国、何だか何処かの誰かさんにソックリです。盗人猛々しいとは、こう云う考え方の事を指すんでしょうね。

続きを読む

2016-02-21 STAP現象叩きは米国医療利権の謀略か?

わんわんらっぱーさんのサイトより
http://d.hatena.ne.jp/Takaon/20160221
<転載開始>

2001年理研研究者試験体持ち出し事件

 STAP騒動を聞いて、すぐに2001年理研研究者試験体持ち出し事件を思い出した。

米国は日米犯罪人引渡し条約に基づいて身柄の引き渡しを要求してきた。

一定期間の猶予があったため、弁護士を立てて事なきを得た。

どうやら、研究者カンザス大学の指導教授と反りが合わず、研究室を辞して帰国したところ、米国側が報復的に試験体持ち出しを言い出したようだ。

日本米国では研究志向性に差があるようだ。

日本は米欧での先行研究があるものに対して追従する研究が多い。

先行研究をたどる論文となるので、定理もしくは定理に近い事柄については表現は近似する。

小保方氏の博士論文イントロ盗用が問題視されたが、米国では表現を複雑な言い回し変えて、盗用批判を避けるようだ。

 米国での研究スタイルは新説を立てて、多くの若手研究者実証研究をさせるという研究スタイルのようだ。

であるから、海外からも研究者を呼び寄せて研究に従事させる。

米国側は技術の流出に神経質になっており、米国での海外研究者揉め事が起きた時に、報復的に刑事罰を科せられる危険があると言える。

理研研究者、米でスパイ容疑起訴 アルツハイマー関連遺伝子サンプル盗み出す

http://www.asyura2.com/sora/bd13/msg/254.html

続きを読む

【STAP細胞】すでにサルで実験 ハーバード大、脊髄損傷を治療!

みんなが知るべき情報/今日の物語さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/0561165f0f42a50f18e92414336ce39c
<転載開始>
2014-01-31 09:32:24 | ニュース
【STAP細胞】すでにサルで実験 

ハーバード大、脊髄損傷を治療!







続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場