大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

集団的自衛権等

安倍政権の政策は日米の支配層を儲けさせることが目的で、戦争は略奪するため(その1:投機)

櫻井ジャーナルさんのサイトより
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201603300000/
<転載開始>
 日本経済が破綻していることを安倍晋三政権も隠しきれなくなってきたようだ。安倍政権の基本政策は庶民に資金が回るタイプの公共投資を縮小させ、規制緩和で巨大資本がカネ儲けしやすい仕組みを作る新自由主義経済が基本。この政策を推進した国では内外の巨大資本が大儲けし、政府組織の腐敗勢力と手を組んだ一部の人間が「オリガルヒ」とも呼ばれる富豪になって庶民は貧困化している。つまり、貧富の差が拡大する。これは「自己責任」でなく、政策の問題。安倍政権の場合、政策の軸は「大胆な金融緩和」だ。

 その政策に基づいて日銀の黒田東彦総裁が推進したのが「量的・質的金融緩和(異次元金融緩和)」。教科書的な理屈ではインフレになるはずだが、その前提と現実が合致していない。1970年代から米英が進めた投機市場の肥大化政策の結果、資金は金融の世界へ吸い込まれ、人びとが実際に住んでいる現実世界へは回ってこないため、そうした現象は起こらないのだ。その代わり、投機市場でバブルが発生する。バブルによって富裕層の名目資産は膨らむ。日銀にも優秀な人は沢山いるはずで、こうしたことが起こることは予想していただろう。景気回復につながらないことは知っていただろうということ。

 庶民にカネが回らない以上、国内で商品は売れない。商品が売れないことがわかっていれば国内の生産設備へ資金が回るはずはなく、国外へ持ち出すか、金融の世界へ回すことになる。

 米英の巨大資本は現実世界から金融の世界へ資金が移動しやすくなるようにオフショア市場(タックスヘイブン)のネットワークを1970年代から整備した。そのひとつの結果として、巨大資本、富裕層、犯罪組織などは資金を隠し、課税を回避することが容易になり、庶民の負担が増えることになった。
続きを読む

●すったもんだの“戦争法” 米大統領選の風向きで無効化!

世相を斬る あいば達也さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/4a0320c972da96b946cfded2b57f823e
<転載開始>
●すったもんだの“戦争法” 米大統領選の風向きで無効化!

すったもんだの強行採決で国会を通過させた、所謂いわくつきの、カッコつき安全保障関連法が29日施行された。早い話が、片務条約から双務条約に日米安保体制を強化したいと云う、外務・防衛の念願が適ったことになる。個人的には、今後、アメリカには、ムキになって世界の警察官気取りをする余裕はなくなって行くだろうから、本格的な実害は殆どないのではないかと思っている。無論、憲法に書いていないことなら、何をやっても良いなどと云う立憲主義冒涜の暴政は咎めを受けるべきである。

ただ、双務条約になったと、安倍政権が妙に肩を怒らせれば、意地悪な米国防省が、日本の本気度をたしかめるために、警察官代理補の力量を試すために、不必要な軍事行動を起こし、日本の自衛隊が、チャンと機能するかどうかを試す可能性はあるのだろうと考えている。つまり、まったく意味のない、お試し“集団的地自衛権行使”又は最も戦況が曖昧な戦闘地域における国連平和維持活動(PKO)などのミッションを課してくる可能性があるのだろうと考えている。自衛隊員は良い面の皮だが…。

アメリカの現在進行形の大統領選を観察していれば判ることだが、金融グローバル経済にまで行きついたアメリカの資本主義は、終わりを迎えている。この点を、否定する人間もいるだろうが、そういう人々は、不都合な事実から目を背けている人々であって、世界観や歴史観に疎い人種だと云うことになる。この一種レイシストな集団が、なんと驚くことに、日本のエスタブリッシュメントに強く根付いており、アメリカ依存主義に拘泥している。挙句に、最大の労働組合組織(連合)までが、エスタブリッシュ化しているので、既存システムから振り落とされない為に、汲々としている。

彼らの味方をしてやるとすれば、次の世界が明確に見えていない以上、現状、可視化できるシステムに縋らざるを得ないじゃないか、となる。まあ、一寸の虫にも五分の魂だが、まさに沈没寸前の船にしがみつく行為は、最終的に、その超大型客船の沈没時に起きる渦に巻き込まれ、一緒に太平洋の藻屑となるのは目に見えている。それでも、米国依存主義で思考停止した日本のエスタブリッシュメント、そして、その支配層を信じるしか思い浮かばない闘争心の欠如した国民層が多数を占める限り、沈みそうだけど、他の船も怖いからと云う選択に陥るのも、判らないわけではない。
続きを読む

もともと「集団的自衛権」とはアメリカが、国連の統制を受けないで軍事行動ができるように国連憲章に盛り込まれたもの。

暴走する悪徳エリートの所業さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-bousou/archives/45543454.html
<転載開始>
もともと「集団的自衛権」とはアメリカが、国連の統制を受けないで軍事行動ができるように国連憲章に盛り込まれたもの。それにソ連も賛成し、国連憲章に前出の第51条が盛り込まれた。

「集団的自衛権の行使」と主張された主な事例
1956年 旧ソ連によるハンガリー軍事介入
1958年 アメリカによるレバノン軍事介入
1958年 イギリスによるヨルダン軍事介入
1964年  アメリカなどによるベトナム戦争
 ~75年
1968年 旧ソ連・ワルシャワ条約機構によるチェコ侵攻
1979年 旧ソ連によるアフガニスタン戦争
1981年 米国によるニカラグア侵攻
1983年 フランスによるチャド軍事介入
1983年 アメリカによるグレナダ侵攻
1990年 イラクのクウェート侵攻にたいする湾岸戦争
 ~91年
2001年 アメリカとNATOによるアフガニスタン戦争`

このように集団的自衛権は「自衛」と無関係の侵略戦争・軍事介入の口実だった

続きを読む

集団的自衛権で見逃してはいけないのは、「戦争ムラ」の野望

原発問題さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/162dfdec0304c6a308c28d19435e470d
<転載開始>

2014-07-28 13:44:55 | 未分類


集団的自衛権で見逃してはいけないのは、「戦争ムラ」の野望

西谷文和 @saveiraq     ・   6月8日   

集団的自衛権で見逃してはいけないのは、「戦争ムラ」の野望だと思う。

1機56億円のオスプレイを日本で買えば100億。

間に三井物産がからんでマージンを抜くから。

なぜ三井を絡ませるかというと、

防衛省幹部が三井に天下りたいから。

日本が「戦争できる国」になると、もっと兵器が売れる

 

続きを読む

あなたの子供が“アメリカの戦争”に命を捨てる! (次は偽旗テロだネ)

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4ee602b2740107395c3355a81926f305
<転載開始>
天仙 ‏@tensenten 6h6 hours ago

【続】女性週刊誌に“異変” 
「あなたの子供が“アメリカの戦争”に命を捨てる!」
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=304830&g=131107




で、まず、これを再掲

安倍政権が、強引に安保法制を採決した「裏事情」 2015年09月20日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/426381813.html

 第二次世界大戦中、日本軍は中国大陸において満州帝国を建国した。

戦争を遂行するためには武器弾薬、燃料、水、食料を必要とし、こうした軍需物資を運搬する南満州鉄道が、日本軍にとって生命線であった。

南満州鉄道の総裁であった後藤新平は、武器弾薬を購入するための資金調達に困窮し、英国を手本とする戦略を取った。

英国は自国の支配下にあったインドから調達したアヘンを中国大陸で販売し、その利益で武器弾薬を調達していた。その手法がアヘン戦争の原因となった。

後藤新平は英国に習い、アヘン密売を計画したが、英国のようにアヘンを調達できるインドのような植民地を日本は持たなかった。


続きを読む

自衛隊が支那人の用心棒に

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2015/09/post-7884.html
<転載開始>
戦争法案可決後の、初の戦争が決まったようで。南スーダン行って、支那人の用心棒ですw 今までは用心棒は出来なかったんだけどねw 戦争法案のドサクサの紛れて、いつの間にか支那の石油利権のガードマンですw アメリカは国連に対してあまりヤル気見せてないので、ロシアとか中国とか、ノサバルようになるw 常任理事国にすらなってない負け組日本は、常任理事国中国のガードマンですw

安保法案の審議が参議院に移った頃から、首相は中国の軍事的脅威への対抗を正当化の方便とし始めたが、中国政府側の反応は不自然なほど薄く、なぜだろうと思っていた。米政府から事前に「種明かし」されていたのなら、むしろ成立を後押しする態度を示すだろう。結局、踊らされたのは中国嫌いの日本人。
さんざ危機感を煽られて批判者を罵倒した「中国嫌い」の人々は、中国が南スーダンに持つ石油利権を守るため、自衛隊が中国軍を「かけつけ警護」するという予想外の展開を、黙っておとなしく受け入れるのだろうか。
自衛隊が南スーダンで戦う相手は、私服を着た民兵組織、つまり日本軍用語の「便衣兵」。
https://twitter.com/mas__yamazaki/with_replies/
---
今年7月、ジュバの国連施設を訪れると、小銃を携えた中国軍兵士が鋭い視線を向けた。
11年の国連南スーダン派遣団設立以来、これまでにPKO要員30人以上が死亡した。

便衣兵の問題では、日本は南京で痛い目に遭ってるわけです。民衆に混じり込んだ便衣兵の始末に困って、みんないっしょくたに殺してしまった。結果、いまでも南京大虐殺と非難されるw 今度は、中国の石油利権を守るためにスーダンゲリラの少年兵を射殺して、未来永劫、スーダン大虐殺と呼ばれますw

続きを読む

安保 参院特別委員会で可決/ドイツの元財務大臣「アメリカの帝国主義などクソ食らえ」

世界の裏側ニュースさんのサイトより
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12074182347.html
工作員さんもフル稼働中です。
<転載開始>
日本の参議院で問題の軍事法案(安保)が乱闘騒ぎの中、可決される
Scuffle in Japan upper house as controversial military bills pass
http://www.rt.com/news/315517-japan-protest-military-abe/








******



「戦争は終わった!」東京で安倍の政策に反対する反戦派のデモ行進が行われ、大荒れに

‘War is over!’ Scuffles in Tokyo as anti-military protesters rally against Abe policy

9月16日【RT】http://www.rt.com/news/315517-japan-protest-military-abe/





下の記事には、デモの写真と動画が豊富に掲載されています。


続きを読む

戦争法案賛成の日本人よ、日本が外国から攻められたら、在日米軍が命を賭けて、日本人を守ると本気で信じているのか?

新ベンチャー革命さんのサイトより
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35269001.html
<転載開始>
戦争法案賛成の日本人よ、日本が外国から攻められたら、在日米軍が命を賭けて、日本人を守ると本気で信じているのか?在日米軍は日本人を監視するために70年間も居座っているに過ぎない!

新ベンチャー革命2015917日 No.1214
 
タイトル:戦争法案賛成の日本人よ、日本が外国から攻められたら、在日米軍が命を賭けて、日本人を守ると本気で信じているのか?在日米軍は日本人を監視するために70年間も居座っているに過ぎない!
 
1.紛糾する戦争法案の行方は今週中に決まりそう
 
 今、国会は安保法案(戦争法案)の参議院での強行採決が行われるかどうかの瀬戸際の状態にあります。与野党の対立が顕著になっていますが、自公は強行採決可能な議員数を確保していますから、強引にやろうと思えばやれます。前回選挙で自民を大勝させた国民の責任は実に重いわけです。その自民党は選挙の際は、戦争法案をほとんど選挙の争点にせず、隠していたわけです。戦争法案は自公が強行採決可能な状態になって、オモテに出されたのです。その意味で、自公はまったくの公約違反であり、まさに能天気国民をまんまとだましたに等しいと言えます。さらに、地方の高齢者は、自民との利害関係ができており、自民がいくら公約違反をやっても、自民支持を変えないというか、もう変えられないということです。
 
 戦後、60年代の安保闘争時代を除いて、国民はおとなしく、国会議事堂前での大規模デモは半世紀もなかったのは確かですから、安倍自民も悪徳ペンタゴン・日本人官僚も、国民をなめてかかっていたと思われます。ところが、今、60年代安保闘争時代が蘇っています。その主力は、かつてと同じく、学生パワーの炸裂でした。60年代と違うのは、半世紀前、学生だった団塊の世代も、学生に混じって、デモに参加している点です。さらに、今のデモはほとんどノンポリであり、暴力的ではありません。だから機動隊も乱暴なことができません。
続きを読む

毎日新聞が社説で安保関連法案に反対。ユダ金さんここまで織り込み済みでNWOを推進しているんですね

donのブログさんのサイトより
http://ameblo.jp/don1110/entry-12073708736.html
<転載開始>

社説:安保関連法案 成立に強く反対する

毎日新聞 2015年09月16日 02時30分

 安倍晋三首相は予言者になったつもりだろうか。

 安全保障関連法案について「成立し、時が経てゆく中において間違いなく理解は広がっていく」と14日の参院特別委員会で述べた。

 提起された数々の異論に適切な反証ができていないのに、「いずれは分かる」と根拠なく言うのは国民を見くびる慢心の表れだ。

 法案への反発は、一時の感情ではない。平和国家としての積み重ねが崩れ、常識がゆがめられることへの危機感に基づいている。

 日本の安全保障政策は、憲法9条と日米安保条約との強い緊張関係の下で成り立ってきた。無謀な戦争への反省と、現実の国防とを両立させるために生み出された、戦後日本の太い背骨だ。

 しかし、安保法案が成立すれば9条の持っていた拘束力は極端に緩められ、政策の重心は日米安保の側に大きく傾く。

 戦後70年。まっとうなプロセスを経た政策転換ならば議論の余地はある。ただし、今回は違う。

 4カ月近い安保国会で最も印象に残るのは「法的安定性は関係ない」という礒崎(いそざき)陽輔首相補佐官の発言だ。安保政策の実務者である礒崎氏の言葉こそ、法案の設計思想を如実に示している。

 冷戦型の思考で軍事上の必要性を最優先させる。40年以上維持されてきた集団的自衛権の憲法解釈を「環境が変わった」のひと言で正反対にする。最高裁長官の経験者から論理の粗雑さを批判されても「今や一私人」と無視する。

 中国の強引な海洋進出に対して「法の支配」を訴えてきた安倍首相だが、国内の法秩序を軽視しているのは明らかだ。行政権ののりを超えた越権行為である。

 法案は質のみならず量の面でも欠陥がある。「切れ目のない対応」を旗印に自衛隊の活動を極大化していることだ。

 安保法案には、地球規模での後方支援や外国軍への弾薬の提供、国会の承認なしに米軍を守る武器等防護などが盛り込まれている。その一つひとつが戦後安保政策の重大な変更であるのに、一括して提出されたために、国会の審議では手つかず同然のものもある。

 国家の要諦が危機管理である以上、起こり得るリスクへの備えは必要だ。ただし、内容の決定にあたっては法秩序の安定や国力、国民の理解度などの要素に見合った水準でなければならない。

 安倍内閣の安保法案は、いずれの条件もクリアできていない。にもかかわらず、生煮えのままで採決を迎えようとしている。

 政治は国の針路を選び取る営みだが、政治指導者は同時に国民を統合していく責任を負う。国内に生じている亀裂を修復する展望を持ち合わせずに、時間が解決するのを夢想するのは許されない。

 日本は今、戦後史の大きな分岐点にさしかかっている。自衛隊の創設や安保条約の改定時に匹敵するかそれ以上だ。日本を傷つける分岐になることを強く憂う。

http://mainichi.jp/opinion/news/20150916k0000m070166000c.html

続きを読む

GHQがかき消した東京大空襲 首都圏占領のための皆殺し 原爆に匹敵する残虐さ 長周新聞

さてはてメモ帳さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5829c0ad81b9af62d6ca60e4949eb9de
<転載開始>
GHQがかき消した東京大空襲 首都圏占領のための皆殺し 原爆に匹敵する残虐さ 長周新聞 2015年9月11日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/ghqgakakikesitatoukyoudaikuusyuu.html

 原爆展全国キャラバン隊(後援/長周新聞社)が東京都内で街頭「原爆と戦争展」をおこなうなかで、東京都民からは、太平洋戦争の終結を目前にして10万人を超える犠牲者を生んだ東京大空襲の経験が口口に語られている。戦争の真実を語り伝え、「二度とくり返してはならぬ」との激しい思いが脈打っており、それはかつての戦争体験と切り離すことはできない。東京大空襲の真実は、現在、安倍政府の進める安保法制が、日本の「独立」や「防衛」とは縁もゆかりもなく、あの大殺戮から続くアメリカの植民地政策の帰結に他ならないことを如実に物語っている。
続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場