大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

中韓を知りすぎた男

中国に家畜化された朝鮮族     2月17日(火)

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1042.html
<転載開始>
日本に害をなす「なりすまし日本人」についていろいろ書いてきました。
しかし誤解しないで欲しい、全ての「なりすまし日本人」が日本に害を
なしているわけではありません。多くの在日は普通の日本人として、社会
の一員として、真っ当な生活をしています。

ところが日本人として暮らしていても、遺伝子レベルで朝鮮民族に深く刻み
こまれた朝鮮脳は、ほんの少しのきっかけで怒りが爆発することがただあり
ます。すなわち着火点が日本人よりはるかに鋭敏です。朝鮮脳を作ってきた
おぞましい歴史に起因していると思われます。

何回も記述してきたように日本が併合するまで、朝鮮族を際限ないまで苦し
め、残虐をほしいままにした地獄の李氏朝鮮が500年間も続いたからです。
つまり権力者を恨み・妬み・嫉妬といった怨念が500年間も民族の精神を
歪めてきたのです。

朝鮮族の歴史とは「恨の呪い」という多種多様な情念が朝鮮脳を作ってきた
のです。だから彼らは自分たちでさえどうしようもない怒りがほんの少しの
きっかけで突然沸きおこってきてもなぜだか自分では理解できない。

朝鮮民族のことをよく「恨の民族」と呼びます。恨みの対象は本来中国と
暴虐の限りを尽くした李朝時代の権力者のはずなのに歴史を捏造して恨み
の全てを日本にすり替えてしまった。

続きを読む

帰化人は感謝すべき日本人を憎んでいる   2月10日(火)

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1041.html
<転載開始>
前回よりの続き

日本に害をなす「なりすまし日本人」の正体を暴くべしで、いろいろ調べて
います。今年に入って、屈折した朝鮮脳を歴史を踏まえて分析してきました。

朝鮮族に最大の不幸をもたらした歴史の事例として、新羅の裏切りによって
自ら中国の千年属国に成り下がった事と、極悪非道な利己主義によって500
年間も国を支配した李氏朝鮮の大罪が朝鮮族の意識構造に異常を招く事態と
なったことです。近代に至るまで深刻な悲劇を招いています。

このおぞましい歴史によって朝鮮族の民族性を歪めてしまった精神を、日韓
併合によって朝鮮人は文明の洗礼を受け、やっと人間らしい暮らしを手に入
れることが出来、李朝の呪いから脱する事が出来たのです。

しかし日本が敗戦を迎え、朝鮮から日本人たちがみな去っていった時、李朝
の王家につながる一人の朝鮮人がハワイから戻ってきました。李承晩です。
この男は日韓併合時代中、ずっと米国にいました。そして彼は米国から韓国
初代大統領の座を与えられ韓国を支配したのです。

李承晩政権の12間はまさにおぞましい李氏朝鮮の復活です。李朝時代は
人命も道徳も顧みることがなかったように、李承晩は自らの地位を保つため
にライバル、及び近未来においてライバルになりそうな人物を、情け容赦な
く暗殺していきました。

続きを読む

反日韓国のウソ歴史   10月22日(水)

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1021.html
<転載開始>
前回からの続き
前回、「韓国の中核をなす捏造歴史を100%信じている「急進派」たちは対
日戦略を次のステージへと動かし始めています」と記述しました。

今まで韓国を支配してきた古い知識層の人たちは反日を声高に主張しても
ぎりぎりのところで、「韓国にとって日本は必要な国である、崩壊寸前時の
資金、経済発展のための技術、安全保障」など日本抜きの韓国はあり得ない
と理解していた。

しかし新世代の認識は違います。中国の台頭によって日本を必要としなく
なった。つまり古い知識層のフタがとれて、日本への配慮など不要という認
識が主流を占めはじめました。

現に中韓の貿易額は13年に2600億ドルを超え米韓・日韓の貿易額の合計
をも上まっています。韓国企業の対中投資も500億ドル以上もあります。
ところが日本に対しての輸入額は10%近くまで下がってきました。

2013年韓国サムスンが世界市場を席巻し、ソニーやシャープ、パナソニ
ックなどの日本企業が赤字に転落していく様を見て新世代は有頂天になり、
彼らにとって日本はもはや落ち目の国と見てしまった。

一部の新世代は憎い日本と国交を断絶しようとの意見まで出る始末。この
強気の左翼新世代に影響を受けた朴槿恵大統領は、世界に向かって荒唐無稽
な告げ口外交を展開し、国際社会に反日を拡散させています。

続きを読む

韓国新世代の反日感情    10月15日(水)

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1019.html
<転載開始>
「産経新聞のソウル支局長が名誉毀損で在宅起訴された」事について政治家
も有識者も一斉に当然のごとく「言論弾圧」「言論封殺」「韓国はまともな民主
主義国ではない」「先進国でもない」「子供っぽい恥ずかしい行為の極みだ」
など一様に批判や怒りの声を上げています。

83年に来日し、多くの韓国に関する書籍まで出版している拓殖大教授である
呉善花氏までが、今回の朴槿恵大統領の名誉毀損について「国際社会におけ
る国家の威信より大統領個人の威信を守ることが大事」とか「反日に対しては、
右も左もない、朴政権が一番恐れているのは支持率の下落だ」 など日本の
評論家と変わらない感覚で論評しています。

しかしなぜ韓国では、権力や社会の監視役であるはずのメディアや司法が暴
走するのかを日本のメデイアは過去にさかのぼって検証しなければならない。
そうでなければ現在起こっている荒唐無稽な反日感情を理解することはでき
ない。

1997年アジア通貨危機が起こり韓国は輸入決済のドルが枯渇し、決済ができ
なくなった。そこで1997年12月、韓国はIMFから援助資金を受ける代わ
りに、経済の主権をIMFに渡してしまった。韓国社会はまるで国権を奪われ
たような羞恥心と危機意識を感じた。

1998年大統領選挙で民主主義の旗印を立て、経済の事はよく知っていると
豪語した金大中に韓国国民は、国の命運を掛けました。ところが金大中大統
領は日本では民主化の象徴とされていますが、実際は利己主義によって国を
支配し、言論弾圧を展開し、腐敗政治、無茶苦茶な経済政策、身内による不
正など、目を覆いたくなる悪政を行ってきました。

続きを読む

左翼のお面を被った在日韓国人    10月1日(水)

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1017.html
<転載開始>
朝日新聞の慰安婦問題での誤報の訂正と記事取り消しがついに米国側の
関係者らに直接のインパクトを及ぼし始めた、との古森義久氏の記事を拝見
して、気分が少し晴れました。

しかし同じ日の産経新聞に「大分の教職員41名が北朝鮮を訪問した」
訪朝と前後して北朝鮮の指導者を称える施設のほか、中国の南京大虐殺記
念館なども訪問した、という記事には開いた口が塞がりません、先生方の不勉
強ぶり、程度の低さにはつくづく呆れ果てます。

左翼というものは一体何を望んでいるのか、日本を共産主義化すれば、二度
と戦争のしない平和国家になると愚かにも信じているのか?

戦後言論を職業とするいわゆる知識階級たちは「国を守るために防御を施す
ことは平和主義に反する悪い行為だ」と主張し始めた。そして「防備に熱中
するから相手国の敵愾心をそそるのであって、防備さえしなければ先方も安
心して、こちらに敵意をもたなくなるという幼稚な平和論が日本国を覆い始
めました。

しかしヤクザ国家中国の「尖閣列島は中国固有の領土」であると言って領海
侵犯を繰り返し、沖縄まで中国の領土だと言い出す始末、お陰で日本国民の
多くがやっと目覚め、今までの平和主義がいかに幼稚な理想主義であったか
を知ることになりました。

続きを読む

罠を仕掛けた習近平 

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1008.html
<転載開始>
前回からの続き

前回、習近平から見れば朴槿恵はネギを背負ったカモでしかないと書きまし
た。ここでもう一度中国側、北朝鮮側にたって推測したいと思います。

昨年末、NO2の張成沢の処刑によって日米韓は中国に完全に騙されています。
日米韓のメディアは、こぞって中国、北朝鮮関係の破局と書き立てました。

しかし北朝鮮は油の90%、食料の60%を中国に頼っています。中国を怒らす
ことは自らの首を締めることになります。ということは中国を無視して中国
の窓口であり,中国工作員の張成沢を抹殺するはずがありません。つまり処刑
は中国の了解済だということです。

それでは何故処刑を決行したか、張成沢は2013年初め習近平に手紙を送って
います。「朝鮮労働党中心の体制を内閣中心の構造に転換したい」という内容
です。

つまり北朝鮮が経済改革により体制を維持する力を持ち南北が共存できれば
習近平も喜んで了解してくれる、との自信から送った手紙です。もちろん金
正恩にも同意を取り付けていました。

金正恩は同意したものの張成沢の手紙をみて不安感をつのらせました。
何故か?それは「金正男」の存在です。正男氏は金正日の長男です。処刑さ
れた張成沢は中国発展の基盤を作った市場経済の導入を重視し、経済の改革
開放を主張してきました。この考えは世界を見てきた金正男の考えでもあり
ます。2人は繋がっていました。

続きを読む

歴史の真実を知ろう

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1016.html
<転載開始>
ピースおおさか(大阪国際平和センター)において「南京事件」映像展示
という記事が載っています(大阪府と大阪市が出資する財団法人)
(産経新聞)

当館において戦争の映像を流す際に、日本軍が南京城へ入城するシーンに
「日本軍が占領した南京で、捕虜のほか女性や子供を含む多数の住民が殺害
された」という内容のナレーションを重ねることが検討されています。

しかし市民団体や府市議らから事件そのものの虚構性を指摘されると、岡田
重信館長は「死傷者数に諸説あるものの多くの犠牲者が出ている、当館は、
事件を全体のストーリーを語る上での一つの重要な歴史的事象と捉えている」
と話しています。橋下市長も岡田館長の方針を了承したそうです。

同施設の戦争資料をめぐっては、これまでにも旧日本軍による虐殺現場と説
明した出所不明のニセ写真の展示など誤用や歪曲が指摘され、撤去や修正
を繰り返していました。2年前にも、朝鮮人労働者の「強制連行」や虐殺・虐待
などの解説文と並べて展示した写真4枚が、全く無関係のものだったことが
分かり、撤去を余儀なくされた事があります。

もういい加減に日本人は、中国が日本をおとしこめる為の事実無根のプロパ
ガンダの呪縛から脱却してください。

続きを読む

韓国が消えてなくなる日

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1009.html
<転載開始>
前回からの続きです。

日本の情報当局もアメリカのペンタゴンも必死になって国際状況を分析して
います。急激なピッチで変化し続けている世界では、もはや6ヶ月前の情報
では分析不可能だと言っても過言ではありません。

しかし今日の複雑きわまりない国際情勢においても、誰が真の力を握って
いるかを見極めれば分析は容易になってきます。所詮、それは人間が動かし
ているからです。

前回は「罠を仕掛けた習近平」というタイトルで習近平の罠を見抜けな
かった朴槿恵の危うさを記述しましたが、これは韓国の情報当局の分析能力
の低さと、左翼に支配された韓国情報当局では何が国益かが見えていない
ことが原因だと思われます。

金正恩が祖父の金日成に似せるために整形手術をして髪型から動作まで真似
をしたのを見て、韓国は「正恩は頭が弱い」と見てしまった。それ以降北朝鮮を
分析する場合、ほとんど間違った分析しかできない。

張成沢が処刑された時、韓国のメディアは一斉に中国と北朝鮮は破局と書き
これから北は権力闘争で不安定になると書き立てました。そして韓国政府
は誰もが「正恩は馬鹿だから、自分の摂政役である叔父まで殺してしまった」
としか判断できなかった。

しかし正恩の2年間の行動を分析すれば彼は独裁者としての素質充分で、馬
鹿どころかとんでもない切れ者という見方ができます。

続きを読む

NHKの「花子とアン」 

中韓を知りすぎた男さんのサイトより
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1014.html
<転載開始>
朝食時NHKの朝ドラである「花子とアン」を見ています。明治から昭和の
混乱期に翻訳家として活躍した村岡花子の半生をもとにしたテレビドラマです。

時は日本がアメリカ、ソ連の謀略で中国の奥地に引きずりこまれて、抜ける
に抜けなくなり、ついにアメリカの思う壺にはめられ太平洋戦争に突入します

この時代を描くときのパターンはきまって、弱者の中国に対して侵略行為
をする悪の日本軍という描き方をしています。そして戦後左翼の知識人達に
よって反権力こそ正義であるという姿勢を取り、国家は人間を抑圧する
暴力装置と定義していました。小説も映画も反権力という線で統一されてい
ました。

当時日本は白人から植民地にされないために欧米列強と同じ土俵で生きる以
外に自衛の道はなかった。しかし欧米列強のように他国を侵略して植民地化
した国から搾取するなどの考えはこれポッチもありませんでした。

現に朝鮮を併合しても搾取するどころか日本から巨額の資金を投入して朝鮮を
近代化させています。台湾も満州も同じく近代化させるためにお金も人も投入し
ています。欧米のように収奪だけが目的で侵略して植民地化などしていません。

ところが戦後、有象無象の「反日的日本人」がウンカのごとく湧き出し、日本の
過去の戦争はすべて侵略戦争だと、多大の罪悪感を持つように、国民を引き
ずりまわしてきました。欧米こそが真の侵略者であるところを日本が侵略者に
され、愚かな日教組や日本の学者たちは、教育や論壇と言論界を占領して
巧みにすり替えてきたのです。

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場