大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

RAPT

2020年東京五輪のエンブレムは悪魔のシンボルだった!!(そこに隠された生長の家とフリーメーソン、エジプト神話と日本神話)

Kawataのブログさんのサイトより
http://kawata2018.com/2019-02-11/
<転載開始>
  • Posted on
  • 「KAWATAとNANAのRAPT理論」に、新しく動画をアップしました。

    今回は、2020年「東京オリンピック」のエンブレムについて、お話ししています。

    このエンブレムについて、調べてみたところ、いろいろと秘密が隠されていることが、判明しました。



    具体的には、「生長の家」や、秘密結社「フリーメイソン 」「イルミナティ」、「日本神話」や「古代エジプト」にまで、つながっていくことが明らかになりました。

    続きを読む

    【小泉純一郎・安倍晋三】日本の歴代首相は、旧皇族と朝鮮王族の血筋である。

    Kawataのブログさんのサイトより
    http://kawata2018.com/2019-03/
    <転載開始>
  • Posted on
  • 「KAWATAとNANAのRAPT理論」に、新しく動画をアップしました。

    今回は、日本の政治家たちと天皇家の裏の繋がりを、現在ツイッターで注目されている情報の中から、ご紹介しています。

    前々回の動画でご紹介した、「小泉純一郎」や「谷口雅春」をはじめ、日本の有名人の多くは、なぜか一族のルーツがハッキリとしていないのです。

    ○前々回の動画をまだご覧になられていない方は、こちら。

    例えば、「谷口雅春」は、以下のように語っています。

    ———————-(以下こちらから転載)

    「わたしはここで生まれたというが、幼児の記憶はほとんど無い」

    (中略)

    続きを読む

    クールジャパンの正体。やはりそれはユダヤ金融資本のための儲け話だった。

    青雲さんより情報を頂きました。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=8611
    <転載開始>

    cool 

    クールジャパンの正体が分かりました。今の時代、ネットを調べればすぐに分かります。やはり全てはユダヤ金融資本家たちの金儲けのために画策された計画でした。ハリウッドが頭打ちになってきたものだから、今度は日本文化で儲けようっていう話でしょうか。
     
    一時、政府主導でやった「クールビズ」が流行ったものだから、今回もまた「クール」をつけて「クールジャパン」にしたのか、とにかく耳障りのいい表現で、日本文化を海外に広めようという政府主導の政策。漫画やアニメなどもその対象となったことから若者からの受けもよかったし、今でも若者たちは大好きな漫画やアニメが世界に広がり、人気を得ていけばいいと期待に胸を膨らませているのではないでしょうか。
     
    しかしながら、クールジャパンの資金集めのために作られた「クールジャパン機構」こと「海外需要開拓支援機構」に投資をした面々を見てみると、出るわ出るわ。ユダヤ金融資本の息のかかった企業ばかりです。その一覧がこちらです。(2013年11月発足時、50音順)

     

    続きを読む

    この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=24226
    <転載終了>

    image440
     
    昨日と一昨日にかけて、裏社会の連中が「仏教」という仮面を被りながら、その実、密かに「悪魔崇拝」の儀式を行っていることについてお話しました。
     
    〈閲覧注意〉チベットは悪魔崇拝の聖地です。
     
    〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。
     
    ここまで裏社会の恥部を暴き出してしまうと、さすがに裏社会の連中も恥をかかざるを得ないでしょう。
     

    続きを読む

    〈閲覧注意〉日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=24188
    <転載開始>

    E7A9BAE6B5B7
     
    〈閲覧注意〉今日の記事もまた昨日に引き続き、グロテスクかつ醜悪な内容がいくつも含まれています。心臓の弱い方、心臓に自信のない方は閲覧をお控え下さい。
     
    ----------------

    続きを読む

    〈閲覧注意〉チベットは悪魔崇拝の聖地です。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=24135
    宗教については関心がないためさっぱりわかりません。
    <転載開始>

    20080322222201
     
    〈閲覧注意〉今回の記事は「悪魔崇拝」の真の実態に迫るものであり、余りにもグロテスクかつ醜悪な内容が含まれています。 
     
    これまでの私の記事も、かなり衝撃的な内容のものが含まれていて、人によっては強いショックを受けてきたかと思いますが、今回の記事はその中でも群を抜いています。人によっては余りのショックに、頭がおかしくなってしまうかも知れません。
     
    気の弱い方、心臓の弱い方の閲覧はお控え下さい。
     
    ----------------

    続きを読む

    地底都市アガルタ (シャンバラ) が真の地獄であるという幾つもの証拠。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=24096
    <転載開始>

    img_5
     
    昨日は、「天皇派」の人々が実現しようとしている天皇中心のNWO計画とは、実は地底都市「アガルタ」をこの世の中に再現しようとする計画なのではないか、というお話をしました。
     
    天皇中心のNWO計画とは、地底都市アガルタを地上に再現するための計画に他なりません。
     
    正直なところ、この地球の内部が空洞になっていて、その空洞が四次元の世界になっていて、その四次元世界にアガルタという都市がある、なんて話になると、もはや「信じるか信じないかはあなた次第」ということになってしまうわけですが、私たちがこの話を信じようと信じまいと、どうも「天皇派」の人々はこの「アガルタ」というもの存在を完全に信じ込んでいる様子です。
     
    で、私はこの「アガルタ」を地獄そのものであると判断したわけですが、今日はその理由のいくつかをお話しようと思います。
     
    まず、このアガルタの首都は「シャンバラ」であり、ブッダはこの「シャンバラ」のことを「極楽浄土」と呼んでいました。
     
    で、この世の仏教徒たちの多くが「極楽浄土」のことを「あの世」のこと、つまり死後の世界のことだと考えているわけですが、実のところ、チベットの僧侶たちは「シャンバラ」のことを「極楽浄土」だとは考えていません。
     
    彼らは「シャンバラ」のことを「この世にある特定の地域」「現実に存在する世界」だと考えているようなのです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。

    続きを読む

    天皇中心のNWO計画とは、地底都市アガルタを地上に再現するための計画に他なりません。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=24053
    <転載開始>

    Shambala___Shangri-la-2
     
    陰謀論ですらこの世ではトンデモ扱いされているというのに、このブログではさらに悪魔崇拝なんて話題を記事にしてきた上、今度は「地底都市シャンバラ」の話まで出てくることになりました。
     
    ここまで来ると、このブログも世間一般の人から見れば、極上のトンデモブログということになりそうですが、実はこの世のトンデモ話の大半が真実であって、その真実を裏社会の連中が隠すためにトンデモ、トンデモと必死でデマを流してきたのではないか、と疑わざるを得なくなってきました。
     
    その一方で、彼らは嘘偽りの情報を「これこそが常識」だと言って我々を洗脳しようとしてきたのではないかと考えざるを得ません。
     
    したがって、これからは私も読者の皆さんも今まで以上に頭を柔軟にして、物事を追求していく必要がありそうです。
     
    これまでの常識に囚われていたら、いつまで経っても本物の真実には辿り着けないでしょうからね。
     
    で、昨日はなぜヒトラーやナチスの幹部、日本の秘密結社「緑龍会」などが皆こぞってチベットなんかに興味を持っていたのか、その理由を簡単にお話しました。
     
    ナチスとチベットと緑龍会との関係について。そこには地底都市シャンバラの存在がありました。
     

    続きを読む

    ナチスとチベットと緑龍会との関係について。そこには地底都市シャンバラの存在がありました。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=24017
    <転載開始>

    26-1-001
     
    一昨日と昨日の二回に渡って、ナチスドイツがいかにして「天皇派」の推進する日本中心のNWO計画に荷担し、いかにして「教皇派」との戦いに敗れていったかについてお話をしました。
     
    ヒトラーとオカルトの関係について。またはヒトラーの背後で見え隠れする「天皇派」の影。
     
    ナチスドイツが戦争に負けた真のカラクリ。またはヒトラーを操った「緑龍会」について。
     
    ヒトラーは「天皇派」と手を組み、日本中心のNWO計画を実現するために戦争を起こしたわけですが、「教皇派」による情報攪乱によって自分を見失い、最終的には「天皇派」の計画を潰すことになってしまいました。
     
    恐らくヒトラーのように裏社会のコマとして使われるような人物は、それだけ敵からの攪乱工作にさらされる機会も多くなるはずですから、最悪の場合、何が正しくて、何が間違いであるのかもはっきりと分からなくなってしまうことも多いのでしょう。
     

    続きを読む

    ナチスドイツが戦争に負けた真のカラクリ。またはヒトラーを操った「緑龍会」について。

    RAPTさんのサイトより
    http://rapt-neo.com/?p=23967
    <転載開始>

    Adolf-Hitler-1935
     
    ここのところ、皆さんから多くの貴重な情報を寄せてくださっていることに心から感謝いたします。
     
    全てのコメントやメールに返事できてはいませんが、実のところ、皆さんの情報からかなり多くのヒントを得ていて、特に昨日は何日分もの記事が書けるぐらい膨大な発見をするに至りました。本当にありがとうございます。
     
    とにかく、天皇が怪しいのはもちろんのこと、実はチベットという国も相当怪しいことが分かってきました。また、ナチスの謎を紐解くことによって、「天皇派」に関する数多くの謎が解けるだろうということも分かってきました。このことについてはこれから少しずつ記事にしていこうと思います。
     
    その一方、相変わらず私の口を封じようとする工作員が現れ、私をあれこれと誹謗中傷してきていますが、まあ、それだけ私の記事が裏社会の核心に迫っているという証拠でしょう。それを裏社会の皆さんがわざわざ私に知らせに来てくださっているわけです。
     

    続きを読む
    プロフィール

    genkimaru1

    記事検索
    タグ絞り込み検索
    情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
    人気ブログランキングへ
    RevolverMaps
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    ふるさと納税
    最新記事
    カテゴリ別アーカイブ
    最新コメント
    [ひふみ祝詞]
    天津祝詞
    祓祝詞
    Amazonライブリンク
    楽天市場