大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

金貸しは、国家を相手に金を貸す

2016年世界情勢はこうなる!23~最終回:2016年世界の新たなステージが始まる~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/11/5076.html
<転載開始>

2016年世界情勢はこうなる!23~最終回:2016年世界の新たなステージが始まる~

胡錦涛 輸血経済プーチン・キッシンジャー

日本は「輸血経済」でアメリカへの献金を続けてきた。それに陰りが見えてきたときの方策がアベノミクス。

 

小泉政権がつくり上げてきた郵政民有化を、具体的に推し進めてきた。そして今年それを実行に移した。「ゆうちょ」「かんぽ」の上場である。これにより、またアメリカへの「献血」が活発化した。

 

しかし、ウラジミール・プーチンと胡錦涛の間で、「戦後世界」を定めるための会議がもたれた。これが、21世紀の「ヤルタ会談」とも言われるエカテリンブルク会議である。

この会議の場で、日本の「BRICs」参加が話し合われた模様。

それに応える形で民主党政権も動き出した。

 

それを阻止したのが、「3.11テロ」。

 

続きを読む

トランプ当選を受け、キッシンジャーが語った今後の米・露・中関係

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/11/5064.html
<転載開始>
2016-11-17

トランプ当選を受け、キッシンジャーが語った今後の米・露・中関係

yjimageトランプ氏の大統領当選を受けて、日経新聞に米元国務長官キッシンジャー氏へのインタビューが掲載されていましたので抜粋して紹介します。はっきりとは書かれていませんが、アメリカは「孤立主義」を選択することはあり得ず、第二次大戦後のようにアメリカが圧倒的な力を持った時代には戻らない。その中で、ロシアとの関係を重視した国際戦略をとるべきだと考えているようです。

 

以下抜粋

 

Q:トランプは新たな孤立主義に毒されている。

A:米国に「新孤立主義」という選択はあり得ない

 

Q:今回の大統領選で多くの国が不安を感じた。

A:過激な人たちが多くの支持を得た。多くの人たちが現状に不満を抱いていることの表れ。だからと言って、政治家が幻想を現実のものとして実行できるわけではない。

 

続きを読む

2016年世界情勢はこうなる!12~テロという名の「ショー」~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/08/4870.html
<転載開始>

 

クライシスアクター グラディオ作戦

ペーパークリップ作戦

著者は、自作自演のテロを「本当に人を殺す「裏のハリウッド映画」」と揶揄しているが、これまでの記事や今回紹介する記事を見ていくと、言い得て妙である。

 

その「演出」手法も「ヒーロー映画」よろしく「勧善懲悪」。ヒーロー:アメリカが、悪いやつら:テロ組織をやっつけるというワンパターンストーリー。しかも、脇役が常連のシリーズもの。

 

元々映画は人々を洗脳するために作られてきたという側面があり、映画⇒洗脳が洗脳⇒映画という発想に反転したに過ぎない。

(参考:アメリカ発『世論操作』

 

まさしく、著者曰く:『テロという名の「ショー」』なのである。

 

続きを読む

金貸し勢力のスパイの証言(23)~シュバイツァー博士”はドイツ軍のスパイだった!~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/03/4733.html
<転載開始>

シュバイツァー博士 シュバイツァー病院

いよいよこのシリーズも最終回となりました。最後を飾る記事としても、この記事は衝撃的です。

ノーベル平和賞を受賞し、どの教科書にその献身的な治療行為が賞賛されているシュバイツァー博士が、実はドイツのスパイでフランスでの諜報活動と、シュバイツァー病院がドイツ資金移送の中継基地であったとのこと。

 

これまでこのシリーズで明らかにされてきた『裏の歴史』こそ真実で、みなが知っているほとんどの『表の歴史』は、金貸しによって悉く作られてきたということが、よく分かりました。

その意味でも、歴史教育とは、真実から眼を背ける洗脳教育に他ならないということで、もっと言うと教育そのものが洗脳と言っても過言ではないことを示唆しています。

以下、「伝説の秘密諜報員 べラスコ」(高橋五郎著)を基に転載紹介します。

*********************************

続きを読む

金貸し勢力のスパイの証言(22)~ソ連崩壊の真相~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/03/4728.html
<転載開始>

キッシンジャー ゴルバチョフ ソ連崩壊

アウシュヴィッツの惨劇は、金貸しによる仕掛けで、犠牲者の数を20倍に引き上げて、“惨劇”に仕立てたのも金貸しであることは比較的有名な話しですね。ベラスコが「世界の歴史は作られている」と言っていることは、“例外がない”といっても過言ではないようです。

ソ連崩壊も、金貸しが仕掛けたクーデターだったとのこと。それを指揮していたのがキッシンジャー。それにはKGB⇔CIAが絡んでいた。

金貸し傀儡政権として誕生したロシアが、プーチンの政治力(リンク)によって脱金貸し支配を成し遂げたこと(リンク)は、日本を始め同じ金貸し支配に悩む各国にとっては、希望の光となるはず。

 

以下、「伝説の秘密諜報員 べラスコ」(高橋五郎著)を基に転載紹介します。

*********************************

続きを読む

金貸し勢力のスパイの証言(21)~われわれは地球人類文明の徹底的な破壊を目的にしている~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/02/4716.html
<転載開始>

HAARP バイオ兵器

国際金融資本家の政府、つまり世界連邦政府による次なる戦争:第三次大戦は、世間にいう「戦争」ではない。ユダヤ民族の頭脳がそれを持って全世界を統治しようとするエレクトロ・ポリティック・システム(電子的政治支配)に到達するための一連の理論をいう。とのこと。

 

その一環で以下の科学兵器が開発されたり、研究されているとのこと。

〔EM CM9〕兵器:海水を凝固させたり凍らせたりする物質を使ったシステム

〔触媒C〕:セルロースで構成される物質のすべてを破壊する青色のガス。特に紙の破壊には脅威的な結果をもたらす。

〔気象兵器〕:HAARPに代表される気象操作技術は、すでに(海外では)ニュースでも取り上げられるほど有名ですね。

〔バイオ戦略〕:嘗ての緑の革命:F1種や遺伝子組み換え作物等を皮切りに、いろいろな技術が開発中とのこと。

 

続きを読む

金貸し勢力のスパイの証言(19)~山本五十六海軍大将の正体は世界秘密結社メンバー~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/01/4696.html#more
<転載開始>

山本五十六 太平洋問題調査会

山本五十六海軍大将         ここから拝借

前回から引き続き、高橋五郎氏は著書:『伝説の秘密諜報員 べラスコ』の中で、渡部悌治の『ユダヤは日本に何をしたか』から、戦前の“国賊”に焦点を当てて分析されています。

 

渡部悌治なる方は、戦前から日本支配を目論むユダヤ勢力に気付き、半ば命を掛けて日本での彼らの活動を監視してきた数少ない真の愛国者です。

 

その中で、山本五十六海軍大将は世界秘密結社:フリーメイソンのメンバーで、ユダヤ勢力→国際金融資本の「日支闘争計画案」の計画通り、日本の“敗戦”を推し進めた主犯格とのことです。

これについては、ベラスコ自身も情報を得ていたとのことで、詳しくは、著書の後段に書かれていますので、是非ご一読を。

 

続きを読む

金貸し勢力のスパイの証言(20)~すべての国々は世界支配されるようになり、国際警察のもとに管理されている~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/02/4702.html
<転載開始>

国連 国連旗

 

表題の「すべての国々は・・・」はイスラエル初代大統領の発言である。世界支配のために設立されたのが、国際連盟→国際連合とのこと。世界支配のためには国や民族はいらないという主張が、彼らの洗脳方法で、そのために世界宗教=キリスト教(←イエズス会)がある。

 

彼らにとって日本の民族性は邪魔。戦争の敗北によりそれを排除しようとしたが・・・今だそれは実現されていない。唯一絶対神もグローバル化も中々浸透しない。それが彼らの誤算か。。

 

以下、「伝説の秘密諜報員 べラスコ」(高橋五郎著)を基に転載紹介します。

*********************************

続きを読む

金貸しの起源?ヴェネツィアの金貸し;黒い貴族

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2016/01/4654.html
<転載開始>

金貸しの起源?ヴェネツィアの金貸し;黒い貴族

sp_04102p

当ブログでは金貸し支配の構造を追求中ですが、金貸しの起源に関する注目投稿を紹介します。

紹介記事によると、近代に至る金貸しの起源は、ベネツィアの黒い貴族にあり、さらに歴史をさかのぼると、B.C1300年頃に地中海に登場した「海の民」=フェニキア人にその起源があるようです。

続きを読む

金貸し勢力のスパイの証言(18)~原爆研究情報を米国に売り渡しノーベル賞を得た湯川秀樹~

金貸しは、国家を相手に金を貸すさんのサイトより
http://www.kanekashi.com/blog/2015/12/4636.html
<転載開始>

東北帝大 湯川秀樹

この記事はかなり衝撃的である。タイトルにあるように湯川秀樹が国賊であったとは・・・それを知る人も少ないのではないか。

ユダヤの対日悪戯を80年余りに渡って追い続けた渡部悌治が暴いている。

日本は戦時中からこうした輩が暗躍していたということのようだ。金貸し連中は、明治時代から着々と日本支配を推し進め、日本のあらゆる組織に彼らの工作員を忍ばせていたのである。

 

以下、「伝説の秘密諜報員 べラスコ」(高橋五郎著)を基に転載紹介しています。

*********************************

続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場