大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

木の花ファミリーの経済から世界を見る

善なる愛なる調和を表現する

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2017/10/blog-post_17.html
<転載開始>
 
心学堂ツアーの皆さまを迎えたウェルカムコンサートです。

今、木の花ファミリーでは1ヶ月間の真学校卒業生の文ちゃんが企画した心学堂ツアーの皆さまを台湾からお迎えしています。心を学ぶツアー、その中で経済プレゼンの時間も持たれました。それに合わせて、木の花ファミリーのお金の動きの図を以下のように作り直しました。


今年の春分点を通過した翌朝(3月21日)にオープンしたカフェ&ショップ・ロータスランド、そして5月26日、新月の日に設立された合同会社ロータスランドを図に加えました。ロータスランドで行っていることは商売ですが、私たちの商売の特徴は、いさどんによる以下の言葉に表されています。

☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む

宇宙を生きる

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2017/09/blog-post_25.html
<転載開始>
9月23日、秋分の日、改修中だったおひさまハウスひまわりのホールが使えるようになり、2ヶ月ぶりにみんなで一緒に夕食をしました。秋分は天体の節目。その動きに呼応し、みんなで心を合わせました。

食前、みんなで一緒にお祈りをしています。

その後、僕はいさどんによるケア滞在者との面談に同席しました。そのケア滞在者は理屈っぽいところのある人なのですが、彼に対して、いさどんは以下のように語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む

蜜蜂のように生きる

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2017/08/blog-post_18.html
<転載開始>
カフェ&ショップ・ロータスランドははちみつを看板商品としていて、様々な種類のはちみつやはちみつ関連商品を販売しています。販売スタッフは、お客様が求めるはちみつの知識を提供する必要があり、その再確認の場として、先日、いさどんによる養蜂プレゼンが行われました。僕はロータスランドのスタッフではありませんが、木の花を訪問するお客様の見学ツアーの担当をしています。養蜂の知識は知っておく必要があるため、その場に参加しました。いさどんからは様々な話がされたのですが、ここでは最後に語られた言葉を引用したいと思います。

☆彡 ☆彡 ☆彡

蜜蜂に接するには蜜蜂のことを理解しなければならないのです。人間が、きっとこうだろうと自分の欲を掛けて接したら絶対に蜜蜂を駄目にします。蜜蜂の都合で、それにそっていかなければ長続きはしません。蜜蜂は人の心が本当に表れる生き物です。最近よく、蜂を飼っている人がうちに来て、なんでここの蜂はこんなに大人しいの?と聞きますが、それは飼う人の性質が表れているのです。雑に扱えば蜂だって荒くなります。

蜜蜂は一つの群であって、一匹一匹は細胞と言えます。細胞は各部署をしっかりと分担して役割を果たしています。その役割は個々の役割ではあるけれども、そこには自我はなく、全体のための役割をしています。それは我々の身体と一緒です。細胞がいろいろな役割をしてくれているため身体全体の健康が保たれています。それは木の花ファミリーが心掛けている姿勢です。蜜蜂の存在自体が木の花の在り方と一緒なのです。これは地球の生態系とも一緒だし天体の星の関係とも同じです。蜜蜂ほど、我々が生きることの見本となり、それを分かりやすく表現しているものはいません。それが、我々が養蜂家であることの一番の意味だと思っています。

天から降ってくる甘い露のことを「甘露(かんろ)」と言います。地上が天国となり人間が受け皿となったら甘露が降りてくると言われていますが、はちみつはまさしく寒露と言えます。人間が単独でどんなに努力をしても花から蜜を取り出してこの豊かなモノを手にすることは出来ません。ですが、自然を理解し蜜蜂と共同作業をするとあの甘露を恵みとして貰えるのです。それは普通の畑で種を蒔いて、育てるのとはまた違う共同作業が必要です。だから本当に蜂の側に立った、畑でも一緒ですが、作物の側に立った配慮の仕方によってはじめて実現することです。

実践の話をすると、病気の話や管理の話になっていきますが、例えば蜜蜂は言葉を持っています。蜂の字ダンスがそれです。分業が細かく行われ、働き蜂は成長に伴い役割が変わっていきます。女王蜂は女王と呼ばれていますが、違う見方をすれば、働き蜂の奴隷とも言えます。働き蜂は寿命が短く新陳代謝で変わっていきますが、この蜂たちが天候を読んで、日照りが来るぞとか蜜源がないぞと判断した時には女王蜂に産卵を止めさせます。今年はいいぞとなったら、早めに産卵を促します。これは全部、女王蜂の意志ではなくて、一番寿命の短い働き蜂の意志によって行われています。特別ではないたくさんいるものたち、我々で言えば細胞ですよね。細胞11個が意志を持っていて全体を運営していると考えられます。
続きを読む

10次産業を実現している場所

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2017/07/10.html
<転載開始>
木の花ファミリーの経済について説明している時、いさどんはこんなふうに語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

うちの経済は本当に面白いよ。NPO法人や農事組合法人、合同会社などがあって当然それぞれが独立した帳簿を持っているんだけれども、その奥には生活共同体木の花ファミリーがあって、生活共同体がすべての組織の運営をしているんだよ。だからどこにお金があってもみんなにとっては同じ。みんなのために使われている。それで6次産業化も完全に実現している。いや、6次どころではないな、1次+2次+3次で6次産業、うちはそれに4次も加わるから10次産業だよ。「4」は「死」。生きるものが行きつくところ。つまり究極。そして、「10」はカタカムナで言えば、統合。1+2+3+4=10、ヒフミヨイムナヤコト、「ヒト」を生み出す暮らしを木の花はしているんだよ。

☆彡 ☆彡 ☆彡

聴いていて面白いなと思いました。そしてネットで10次産業という言葉を調べたら、いくつかの記事にヒットしました。10次産業、使われ始めている言葉なのですね。

その一つがYahooニュース「農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で!〜知的コーディネート力がカギ」ですが、そこにはこんなふうに記載されています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


4次産業が1次、2次、3次産業を新発想でコーディネートすることが重要だ。足し算すると第10次産業。まさに大学などの研究機関が起点となって、産学連携をダイナミックに進めるということだ。これは本気で行うなら価値がある。どれだけ本気になってできるか、にかかっている。大学や研究所、学会が起点となって、様々な分野の連携を促しながら、新たな展開をすることができるなら、まだまだ、日本の社会が伸びていく余地はある。

日本の社会は蛸壺化してしまった。横断的な繋がりや発想が出にくい社会になったのだ。

 ~ 中略 ~


続きを読む

世界のお金がみんなのお金になるように

木の花ファミリー ブログさんのサイトより
http://blog-konohanafamily.org/?p=14011
<転載開始>
IMG_5510

世界のお金がみんなのお金になるように

コミュニティズ 2017年夏号
コミュニティズ

アメリカのコミュニティ向け専門誌「コミュニティズ」の2017年夏号に、木の花ファミリーの記事が掲載されました。
同誌の今号のテーマは、「共同文化における経済」。ファミリーの金庫番であるなかのんが、現代社会においてたぐいまれなる木の花ファミリーの経済の在り方を紹介しています。以下は日本語版の全文です。どうぞご覧ください!

なかのん
なかのん

– – – – – – – – – – – – –

続きを読む

みんながみんなの真ん中で溶けていく

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2017/01/blog-post_29.html
<転載開始>
僕の机の前には電話が置いてあります。僕は学校事務職員時代から電話が鳴るとぱっと反応する習慣があり、お金を数えている途中でも電話に出てしまうことがあります。そういう時は、電話を取り次いだ後、お金を一から数え直すことになります。

それだけならまだいいのですが、時には人を探しにいくように頼まれる時があります。そういう時は、一度お金を片づけてから探しに行くので、仕事に大きなロスが発生することになります。

僕の仕事のロスはみんなのロスです。なので、状況に応じて電話に出るまでに少し時間をおくように心掛けています。時間をおくと、他の人が電話を取ります。その時、その電話が僕宛だったりしたら、「はずした!」と思うわけです。相手の人を無駄に待たせて、他の人が電話を取り次ぐ手間も発生しているので。こういう時、天と呼吸があっていない自分を知ります。

電話のベルは常に天からのお試しです。それをどう判断しどう応じるか?これは天との呼吸合わせ。天は身近なところから僕と遊んでくれています。それに気付けば、なんでもない日常に鮮やかな彩りを見出すことが出来るのです。

この世界のものはすべて同じ法則の下、天から生み出されています。その中で特別に与えられた自分という意識。それは恩寵でもあり牢獄でもあります。自分に囚われていたら、広い世界を自分の中に閉じ込めてしまいますが、自分を超えたら、この世界のすべてを天からのメッセージとして認識することが出来るのです。するとすべての瞬間が祝福へと変化します。

ところで、1月28日は水瓶座の新月、旧暦の正月であり、すべての惑星が順行していました(詳しくは天下泰平ブログ「すべての惑星が応援してくれる水瓶座新月と2017年の本番」を参照して下さい)。天体の節目の日である1月28日、木の花ファミリーでは富士浅間木の花祭りが開催されました。新しい宣言をするに相応しい日に行われた地球のお祭り。そこにはとっても大きな意味があると思っています。
※富士浅間木の花祭りは立春前の土曜日に行われます。新月に行われたのはたまたまです。

木の花祭りは今年で5年目になりますが、昨年の木の花祭り後、僕は以下のような文章を書いていました。


☆彡 ☆彡 ☆彡

続きを読む

心を爆発させ思考の枠を吹き飛ばしていく

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html
<転載開始>
あけましておめでとうございます。

木の花ファミリーでは年明けの瞬間はみんなで「ヒトイズム-ヒトという存在の実体は何ものなのか-」を読んでいました。ヒトイズムとは何か?上記のリンク先にはこんな文章があります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

例えば、医者が病気について「今病気はこのように進んでいて、それをこういう風にすればこうなって良くなりますよ」と言うのは、科学的分析の結果の話であり、人間が理屈で理解して納得できる世界だろう。しかし、この世界は人間の理屈を超えたところで成り立っている。だから科学や理屈で考えて納得できるところを超えた時に、奇跡が起きるんだよ。

宇宙は奇跡の連続だ。なぜなら、もともと人間の思考のキャパを超えたところで成り立っているのだから。だから宇宙を生きるという意識レベルを考えるのならば、科学や理屈を超えたところでものごとを受け取る器を持つことが必要だ。そうでなければ、真実は観えてこない。

それには、人間壊しをすることだ。人間を壊して、ヒトとして存在する。それがヒトイズムだ。

☆彡 ☆彡 ☆彡

続きを読む

本当の空っぽへと至る道

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2016/10/blog-post_6.html
最後の写真に興味があります。
<転載開始>
1年前、僕は以下の文章を書きました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

忘我。自分を忘れるほどの熱狂、狂気。
僕の中にはその状態を求める気持ちがあり、
それが時に無理な行動に繋がり、自分を壊していきます。

思考の停止状態。それは空っぽの状態とも言えるかもしれません。
ですが、この空っぽは自分を保ったまま、自分が消耗する空っぽです。

この狂気への憧れの残骸が現れて、ここ3ヶ月、僕は苦しみ消耗しました。
ですが、それももう終わりです。

自我を超えた本当の空っぽは別のところにあります。
それは日々、客観的視点に立ち、自分の感情を眺め、コントロールしていく。
その積み重ねの中で育まれていくものでしょう。

きっとそれは極端とは無縁の世界です。

その本当の空っぽを実現出来た時、生み出される世界。
それは持続可能で人と人が繋がるとっても豊かな世界。
人が集まれば集まるほど豊かで美しくなっていく世界。
その姿は今、いさどんが見せてくれています。

だから僕は一歩ずつそちらに向かって歩んでいきます。(^ー^)


続きを読む

あなたの未熟もみんなに役立つ

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html
完璧な人間なら地球に学びには来てませんね。
未熟だから転生輪廻を繰り返し最善と最悪を学んでいくと思っています。
<転載開始>
弱さの情報公開
9月29日放映のクローズアップ現代+「生きづらさを抱えるあなたに~障害者殺傷事件が投げ掛けたもの~」を観ました。その内容を要約すると以下のようになります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件。
その容疑者は「障害者は役に立たない」という供述をしています。
そして、「障害があって家族や周囲も不幸だと思った。
事件を起こしたのは不幸を減らすため」とも述べています。

そのため多くの障害者が身の危険を感じるようになっています。

この「役に立つ」という言葉。
効率を追求する現代社会を表す言葉で、その言葉が社会から多様性を奪い、
障害者だけでなく、健常者も生きづらさを感じるようになっているのです。

ですが、「障害のある人たちが働ける企業は成長する」し
「多様性こそ人間の繁栄を支えてきた」ということが最新の研究で分かってきました。

偏った価値観を超えて共生社会をいかに実現するかが課題となります。

☆彡 ☆彡 ☆彡


続きを読む

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2016/09/blog-post_13.html
<転載開始>
木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。
人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。
それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、
そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。
今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。
ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。
浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、
過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、
彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。
そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。
これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。
今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

続きを読む

心を磨いた結果出会うこと。

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2015/07/blog-post_11.html
<転載開始>
宇宙の秘密みかこのブログ「ミノナライ」が大人ミーティングで読まれた時、

いさどんが来る時に限って失敗する」

という発言がありました。その原因について僕は「評価を求めて硬くなってしまうからそういうことが起こるのかな?」といさどんに尋ねました。そんな僕に対していさどんは以下のように話してくれました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕が行くことで緊張するとかそういうことではなくて、多くの人は自分のやっていることが見えていないのです。そこに僕が行くことによって、見えていなかったことが明らかになるのです。つまり、それまではOKにしていたことが、よく見ることによってOKではなくなるのです。こういう人は普段から失敗をしているのです。

多くの人は自らの欲望のままにそれに翻弄されて生きています。
これは意識が自分にばかり向いている状態です。
この状態では心からの気づきは生まれず、失敗も見えないのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む

新しい時代への物語

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2015/11/blog-post_19.html
<転載開始>
11月17日、木の花ファミリーでは玉ねぎの苗取り&定植をしました。
当初は午前中に苗取り、午後に定植という予定でいましたが、
天気&機械の都合で、10時から苗取りと並行して定植を始めることになり、
お昼休みなしでそのまま作業を続けることになりました。

この時、他の作業をしていた人たちも急な変更に対応して応援に駆け付け、
そして、キッチンさんも恵みいただきますの試食会をしている忙しい中、
お弁当を作ってくれました。

結果、玉ねぎの定植は順調に進みました。

僕です。苗取りをしています。

苗を機械で植えるために切っています。

お昼も畑に残った人たち。キッチンさんが作ってくれたお弁当を食べています。



続きを読む

カタカムナから観た経済システム

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
http://konohanafamilyeconomy.blogspot.jp/2014/10/blog-post_8.html
<転載開始>
木の花ファミリーでは月に一度、カタカムナ勉強会が開催されます。

昨日から今日に掛けて、このカタカムナ勉強会が行われました。

カタカムナとは、上古代(何千年~何万年前とも言われる)に日本列島に存在したとされるアシア族の文明の呼び名で、彼らの用いていた文字をカタカムナ文字、文献をカタカムナ文献と呼びます。以下の写真は、カタカムナ文字を用いた文献のものです。



八鏡文字(カタカムナ第5首)





カタカムナ文字は八鏡文字(はっきょうもじ)と呼ばれ、カタカナの元になっていて、イロハ48音を表しています。一つ一つの文字には魂が込められていて、それは「言霊(ことだま)・音霊(おとだま)・数霊(かずたま)」となり、宇宙を創り上げています。

続きを読む

「血縁を超える自給自足の大家族 ~ 富士山麓からのメッセージ」

「血縁を超える自給自足の大家族 ~ 富士山麓からのメッセージ」
https://www.youtube.com/watch?v=AE2COf1UBUU

konohanafamily
2012/03/18 に公開

木の花ファミリーは富士山の麓で77名(2012年3月21日現在)が「血縁を超えた­大家族」として有機農業で自給自足を営むエコビレッジです。
そのファミリーの暮らしぶりや想いを描いた本、「血縁を超える自給自足の大家族~富士­山麓からのメッセージ」(ロゴス社)をご紹介します!

- 血縁を超える自給自足の大家族―富士山麓からのメッセージ [単行本]
- 木の花ファミリー(著)
- 出版社: ロゴス (2012/03)
- ISBN-10: 4904350235
- ISBN-13: 978-4904350232

【木の花ファミリーホームページ】
http://www.konohana-family.org

【木の花ファミリー Facebookページ】
http://www.facebook.com/konohanafamily

続きを読む
livedoor プロフィール
記事検索
タグ絞り込み検索
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場