大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

木の花ファミリーの経済から世界を見る

新型コロナウィルスは、やさしいメッセージ

ジイジのブログさんのサイトより
https://jiiji-konohanafamily.org/2020/03/04/corona/

ひふみ神示 第01巻  上つ巻 / (うへつまき)

   第二帖 (二)
 親と子であるから、臣民は可愛いから旅の苦をさしてあるのに、苦に負けてよくもここまでおちぶれて仕まうたな。鼠でも三日先のことを知るのに、臣民は一寸先さへ分らぬほどに、よう曇りなされたな、それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、食べ物がなくなっても死にはせぬ、ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。闇のあとには夜明け来る。神は見通しざから、心配するな。手柄は千倍万倍にして返すから、人に知れたら帳 引きとなるから、人に知れんやうに、人のため国のため働けよ、それがまことの神の神民ぞ。

<転載開始>

現在、新型コロナウィルスの拡散により、世界各地でも日本でも異例の措置が取られる事態となっています。この状況を心配する海外の友人たちより木の花ファミリーへメッセージが届き、その中に「この事態をジイジはどのように捉えているのかを聞きたい」という声がありました。これに対し、ジイジは以下のように答えました。


新型コロナウィルスの登場は、劇に例えるなら、物語のクライマックスとなる役者の登場のように感じます。それは、その劇を観ている観客達や、劇を演じている登場人物達が待ち望んでいたものですが、皆それまで劇に浸りすぎていたので、それが待ち望んでいた人物の登場であることを忘れてしまっていたのです。
これは、新たな劇の進行の予言のようなものです。そこで私たちは、なぜそれが登場したのかを理解し、その登場したものに対して敬意を表すると同時に、今までその存在を忘れて敬意を表さずにいたことを振り返る必要があります。忘れていたことに対する振り返りをしなければ、敬意を表することはできないのです。

今回の新型ウィルスは、非常にデリケートな形で登場しました。これは明らかに、人類を滅亡へと追いやるような、過激なメッセージは持っていません。過激ではなく、とてもソフトな形で登場しましたが、目に見えないからこそ、人々は恐怖を感じています。では、その見えないものに対して何を恐怖に感じているかというと、これまで人間は自分たちの力で全ての出来事を克服できると思ってきましたが、それが通用しない事態が発生していることに恐怖を感じているのです。

続きを読む

自然で当たり前のことを当たり前にする(2020年)

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2020/01/2020.html
<転載開始>
木の花ファミリーでは元日のお昼はみんなで集まり、一人ひとりが今年の抱負を語ります。「今年の抱負」と聞いてはじめ何も浮かばなかったのですが、そのうち「当たり前のことを当たり前にする」という言葉が浮かび、僕はそんなことを語りました。この言葉を語っているトキ、僕は昨年の7月に書いたこんな文章を思い出していました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

自然のことを気にせずにやりたい放題をして来た人類の姿勢は、昼夜逆転の生活を送っているようなものとも言えます。その結果、人間社会は自然との繫がりや秩序を失ってきたのです。

自然で当たり前のことを当たり前にする。

今の人間社会はそのことが出来ていない状態で、その表れとして、鬱や引きこもり、人々の分断や対立、そして自然災害があるのだと思います。

自然で当たり前のことを当たり前にする。

そのことが最善を尽くすこととなり、ヒトとヒトは繋がり、出会う出来事をいただき実力をつけていく基盤となるのです。今まで見てきた景色は、乱れた思考や生活から生み出されたもの。それが未来を作り続けるわけではありません。


☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む

突破口は気づきにある(認識を更新していく)

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/12/blog-post.html
<転載開始>
 


我々の直面する重要な問題は、それを作った時と同じ考えのレベルで解決することはできない。

上記はアインシュタインの有名な言葉ですが、今、直面している問題は自分たちの想いの結果生み出されたものです。自分の想いを通そうとしても、突破できないのは当然と言えます。ですが、人はそれを周囲のせいにすることもあります。自分の考えは正しいのに周りの理解がないから実現出来ない。こんなふうに考え、それに固執し、その結果、停滞していくのですが、それも自分の想いが生み出している現実です。

気づきとはこの世界に対する理解です。それを得るためには世界に起きていることをただの情報として眺める視点が必要となります。感情や思惑が挟まると世界は自分の色に染まっていきます。そして、想いのままに行動することになり、そこに気づきは生まれません。

人は他者からの理解を求めるものです。ですが、その時理解される自分とは今の自分であり、今の自分が現在の問題を作ってきたのです。だから他者からの理解を求めることはないのです。そうではなく、ただ世界や他者を理解していく。そのことに努めた時、自ずと気づきは生まれ、それが新しい動きとなっていきます。
突破口は気づきにあるより)

続きを読む

泥の中から美しい蓮の花が咲くように(2019年)

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/11/2019.html
<転載開始>
たとえばひどいことをしてくる人に出会ったとして、なんてひどいんだと思ったとしても、その人と出会いその反応を引き出しているのは自分です。だから出会う出来事はすべて、自分の鏡、自分自身と言えるのです。

だから甘んじてひどい仕打ちを受け入れるというわけではなくて、その出来事を通してひどい自分を知り、自分が変化していく、そのことが自分の出会う世界を変え、世界全体を変えていくのです。

自然災害や戦争、紛争、そして日々のトラブルなど。現代社会は、失敗や困難で溢れています。そんな中、今の自分のメンツや評価、利益に囚われると、落ち込んだり嫌な気持ちになりますが、過去から未来へと続くプロセスとして見れば、すべての出来事は変化のきっかけ、希望となっていくのです。


ひどい出来事、辛い出来事も心に刻めば、美しい花を咲かせるための糧となります。蓮池に泥があり続けるように、この世界には困難があり続けるのでしょう。ですが、それらを糧にし美しい花を咲かせ続ければ、すべての出来事は恵みとなっていくのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

大人ミーティングにて、毎日の生活を美しく生きていくをシェアしたトキ、木の花ファミリーでは、オーロビルのマルティさんをゲストに迎えていました。そして、とても素敵な場が出来上がったので、そこでの話を一部、紹介しますね。

☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む

毎日の生活を美しく生きていく

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/11/blog-post.html
<転載開始>
時代が令和を迎えた今年の5月、ジイジはこんなふうに語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


これからの時代がどれほど困難であるのかは、行ってみなければわかりません。平成は、その困難な時代の予告編だったのかもしれません。令和になり、いよいよ本番です。ではなぜその本番を与えられたのかというと、その先があるからです。
過去6億年の間に6回大量絶滅を繰り返してきた地球の生命の歴史に照らし合わせてみれば、現代を生きる人類は、次の生命大量絶滅の引き金となるかもしれません。人々は、何かが壊れる前はそれを守ろうとします。そして壊れれば、それを惜しみます。しかし、壊れるからこそ新しいものをそこに表現できるのです。それは、大量絶滅をするたびに進化してきた生命の歴史と同じです。
ですからやはり、壊れなければなりません。そこで、積極的に壊れていくことを喜べる生き方とは、どのようなものでしょうか。それは、使えるものを壊していくということではなく、価値観を変えていくということです。出会ったことをポジティブに捉え、変化することを喜ぶ。その時の変化は、進化になります。
変化は積極的に喜びを持って受け入れるものですが、現状の自分を守ろうとすると、出会ったものを拒絶したくなります。さらに、その自分に執着すると、変化は苦痛になります。それは、地上にいて地獄を生きることとなるです。しかし、それが喜びとなった時、尊いものへと向かう目覚めが始まるのです。

火山が噴火する、地震が起きる、台風もたくさん来る。そういう日本にいて、それが喜びになる。大変なことがあるから、大調和になるのです。それが大和という国であり、その証として、令和という時代がいよいよ始まったのです。

令和は、平成よりも物理的にはさらに厳しい時代となるでしょう。それを、大調和を持って乗り越えなさいということです。その厳しさは、ただ乗り越えるためではなく、大調和することを呼び覚ますためにあるのです。これから、今までに人類が積み上げてきたものがどんどん壊れていく時代が始まります。それを乗り越えるために必要なことは、力を合わせること。そして、壊れた先には、これまでに出会ったことのない新しい世界が待っているのです。そのことを、令和という時代は、私たちに示してくれているのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む

軌道修正 ~糊(のり)を使って目覚めていく~

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/10/blog-post_28.html
<転載開始>
ただそこにはええかっこしいのみがあった。

人々は理想を語る。そして平和を目指し人のためになろうとする。
だけれども、その動機はええかっこしいだけだったから、
行動に魂が入ることは滅多にありませんでした。
そして思うように進まないことで、落ち込んだり怒ったり不貞腐れたり。
そんな心が、対立や争い、混乱を生み出していきました。

そうやって人々は嘘つきになっていくのです。
けれども、人々には嘘をついている自覚がありません。
ええかっこしたいという気持ちは本当だから、
自分は人のためになろうとしていると信じ込んでいるのです。
思うように物事が進まないのは、周りが悪いから。
自分は全く悪くない。自分はよい人間。
そう信じ込んでいるから、全く嘘をついている自覚がないのです。

そうやってよい人間だと思い込んでいる人たちが集まって、
世界に対立と混乱は広がっていきました。

そしてトキは進み・・・・

政治や経済は混乱を極め、気候変動による天災が多発するようになる中、
そんな世界の状態に疑問を持つ人々が表れました。
そして世界をありのままに眺めることで、彼らは気づいたのです。
続きを読む

希望は思考の奥から湧いてくる

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/10/blog-post_14.html
<転載開始>
どんなに希望を見出そうとしても思考からは希望は生まれない。希望は思考の奥から湧いてくる。それは自分を生かしているこの世界の法則であり大いなる意思の力。そこから希望は湧いてくる。その力なしでは思考は空虚な空想となっていく。だから、思考は、大いなる意思に沿って展開するといい。そうするときっと、思考は希望の顕れとなり、人生は、人智を超えて無限の可能性に開かれていく。

☆彡 ☆彡 ☆彡

上記の言葉が僕に湧いてきたのは、ある日の大人ミーティングでジイジの話を聴いてから。その話はこんな感じの話でした。

☆彡 ☆彡 ☆彡

第二次世界大戦。当時の日本人は、全然違う情報を貰って、多少足並みの乱れはあったものの、国中が一丸となって、正しいと信じて、国策として戦争に突入し、その結果、日本中が焼け野原となりました。そしていよいよアメリカ軍が上陸してくるという時、人々はみんな竹やりを作って戦う準備をしていましたが、終戦を迎えて日本は負けました。その後、だんだん分かってきたのは、自分たちが聞いていた情報はまったく嘘だったということです。勝利どころか惨敗で、初めから勝てるわけがなかったのです。それで負けたのだと意気消沈していたところに米兵が上陸してきますが、そうすると日本人は、「男は全部、強制的に去勢される、日本人の種を無くすために。女は、米兵を見たら振り返ってはいけない。振り返ったらOKですよと言っているようなもの。笑うなんて絶対に駄目。もしも米兵が来て自分に近づいてきたら、自分は生理だと言いなさい。」ということがまことしやかに広がったといいます。
実際に米兵が来たらそんなことはなかったのですが、ではその発想はどこから湧いたのかと言ったら、日本人がそういう発想をしていたということです。何も情報がないのにそういう発想が出るということは、自分たちが、米兵が憎くて、「あいつらが来たらこうしてやろう、ああしてやろう」と思っていたからです。自分たちの心がそのような発想を生み出したのです。だから自分が発したことは自分の中にあることです。それを「ああだったから、こうだったから」と理由を話しだしたら、自分と向き合うことにはなりません。
続きを読む

トキ・トコロを得る

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/10/blog-post.html
<転載開始>
 
富士山(2019年9月23日秋分・ちなっぴ撮影)

2019年9月23日秋分の日、このブログを立ち上げて丸5年となりました。「5」はカタカムナでは「い」・位置。電気、磁気、力がトキ・トコロを得て現象界に粒子となって顕れる思念です。

トキ・トコロを得る。

それをヒトの姿勢で言うと、この時代、この場所(トキ・トコロ)に自分が生かされている使命に気づくことだと思っています。それを忘れた人間は、自らの自我に翻弄され混沌としていきます。ということで、このブログの位置・トキ・トコロを得て生み出された意味を再確認しようと思いました。まずは昨年の秋分の日に書いた言葉です。

続きを読む

移ろいゆくものに心奪われることなく

木の花ファミリーの経済から世界を見るさんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/09/blog-post.html
<転載開始>
 


2019年3月7日、魚座新月の日は朝から雨で、この季節には珍しく雷も鳴りました。そしてその夕方、雨はあがり、空には美しい虹が掛かりました。その虹はまるですべてを洗い流した空を祝福しているかのようでした。(「人類共通の学びを紹介していく」より)

9月14日13時33分、魚座満月です。3月7日、魚座新月の日に浄化され、そこから芽生えた「想い」が何らかの結果を示すと共に洗い流され、これからはどんどん手放していく流れとなります。そんなトキの流れに意識を向けながら、いくつか文章を紹介したいと思っています。

続きを読む

生かされている。ただその事実だけを誇りとして生きている。

木の花ファミリーの経済から世界を見る さんのサイトより
https://konohanafamilyeconomy.blogspot.com/2019/08/blog-post.html
<転載開始>
このまま消えてしまいたいと思ったトキ、それでも生かされている自分に気づく。
自分を生かしているものは、大いなる存在であり、この世界のすべて。
それは尊く美しい命のはたらき。
ならば、生かされているという事実を誇りとすることが出来る。

消えてしまいたいと思うのは、自分が汚れているから。
自分の混沌が自分を汚し自分一人分世界を汚してきた。
そして自分の汚れが自分から誇りを奪ってきた。

自分と世界を汚してきたものは、自分の自我(エゴ)。
そんなものは本当に消してしまえばいい。

大いなるものに生かされている。
ただその事実だけを誇りとすればいい。
そしてその誇りに見合うものであるようにベストを尽くす。

生かされている。
ただその事実だけを誇りとして生きている。

そしてお迎えが来たら潔く美しく旅立っていこう。

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 

上記は6月の終わりに書いた文章です。この頃、大人ミーティングでは、NHKスペシャル「天安門事件・運命を決めた50日」をみんなで観ましたが、この番組を観た後、ジイジは以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡
続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
楽天市場