大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

地球と気象・地震を考える

「がん」を考える1~がんの原因は「食の欧米化」・「化学物質」・「健康診断(放射線)」

地球と気象・地震を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/10/1204.html
<転載開始>
1980年以降ずっと、日本人の死因の1位である「がん」。今や、3人に1人ががんで死亡しています。
有効な特効薬なども特に発見されておらず、「がんになったら最後」という印象もあるため、がんに対する潜在的な怖さを誰もが抱いていると思います。
そこで本シリーズでは、自然の摂理に照らし合わせて、「がん」とはそもそもどのような問題かを追求し、予防や回復などの可能性を発掘していきます。
まずは状況を把握すべく、がんに関する統計データなどの事実データを読み解き、問題点を抽出していきます。

◆ ◆ ◆ がんに関する基礎データ
◆がんは増えているのか? 
%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%A2%97%E5%8A%A0%EF%BC%91.gif
リンクより
このデータをみると、
がんによる死亡者数、全死亡者におけるがん患者の割合は、ともに増加
していることがわかります。ただし、95年以降の全死亡者におけるがん患者の割合は、横ばいです。続きを読む

「がん」を考える2~三大療法の罠:「抗がん剤」「手術」「放射線」は発がんリスクを高める~

地球と気象・地震を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/10/1213.html
<転載開始>

みなさん、こんにちは。

前回は、がんの統計データを扱い、全体の死亡者数、部位別の死亡率・罹患率等を調べました。
がんによる死亡者数、全死亡者におけるがん患者の割合は、ともに増加していました。
また、腸がん・生殖系がんは早期化し、増加しており、特に生殖系のがんは、著しく早期化or増加していることがわかりました。そして、がんの原因は、「食の欧米化」・「化学物質」・「健康診断(放射線)」であるという仮説を立てました。

今回は、がんに関する状況認識として、現在の「がん治療の実態」を把握します。
がんの3大療法といえば「摘出手術」「抗がん剤」「放射線治療」。
これらの効果はどうなのでしょうか?


・・と、その前に、以下のイギリスで行われた臨床実験の結果をご覧下さい。
末期のガン患者を3グループに分けて、1つは無治療、2つは抗癌剤を投与(うち1つは1剤のみ、もう1つは4剤併用)して生存率を比較しました。
ZU~.JPG
なんと、結果は、無治療が最も生存率が高く、薬漬けにするほど早くに死んでしまうことがわかりました。(ええええ~~!!)

続きを読む

「がん」を考える3~癌治療は市場拡大のためにあった!?

地球と気象・地震を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/11/1228.html
<転載開始>
◇◇◇豊かになると病気が増える?
「がん」をめぐる3回目です。今回はその費用、医療費に焦点を当ててみます。
下のグラフは国民医療費(=国全体の治療費の変遷、個人が医療機関と薬局に支払った金額及び保険で支払われた金額の合計)の推移です。
clip_image002.jpg
 
見て判るように、ずっと増え続けています。
この増加グラフと見事に一致するグラフがあるんです。何でしょうか?続きを読む

「がん」を考える4~がん利権の構造(医者、製薬会社、外資系保険会社そしてその背後にアメリカがいた!)

地球と気象・地震を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/12/1247.html
<転載開始>
 現在がんの治療費は年々増え続け、しかしその治療の中身は一向に効果の上がらない「抗がん剤治療」や「切開手術」が中心であるということを見てきました。
%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81.jpg
 
 このような治療を実際に施術するのは医者ですが、ではなぜ医者はこのような明らかに「効果の無い」治療を繰り返すのでしょうか?
 
 そもそも医者はがんと診断したときに、どのようにして治療方法を選択するのでしょうか?
 続きを読む

「がん」を考える5~がん腫は、非常の排毒機能

地球と気象・地震を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/01/1272.html?g=131106
<転載開始>

【「がん」を考える】シリーズの第5弾です。
ここまで、ガンの原因、現在のガン医療の問題、そしてガンの利権構造を扱ってきました。

<ここまでの記事>
「がん」を考える1~がんの原因は「食の欧米化」・「化学物質」・「健康診断(放射線)」
「がん」を考える2~三大療法の罠:「抗がん剤」「手術」「放射線」は発がんリスクを高める~
「がん」を考える3~癌治療は市場拡大のためにあった!?
「がん」を考える4~がん利権の構造(医者、製薬会社、外資系保険会社そしてその背後にアメリカがいた!)

多くの人が、ガンは、皮膚や粘膜臓器などにできる悪性腫瘍Ⅰと理解しています。
しかしながらこの説明だけでは、ガンは、健全な細胞を破壊して増殖し、生命に支障をきたす細胞の病気とは理解できても、なんでガン細胞ができるのか? そもそもガンとは何か? を全く説明されていません。
そこで今回は、ガン細胞の研究で明らかになってきた新たな知見をもとに、この問題に迫ります。

続きを読む

「がん」を考える6[最終回]~免疫力を上げる“食”

地球と気象・地震を考えるさんのサイトより
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/02/1284.html
<転載開始>
前回の【「がん」を考える5~がん腫は、非常の排毒機能】では、
ガンとは毒素、細菌、ウイルスによって、人の自然の免疫機能が働かなくなるときの血液の浄化装置であり、非常の排毒機能だということがわかりました。
ただし、この機能は“非常”の対応で、わたしたちがガンに対して考えるべきことは、あくまでも「がんにならないように、予防する」そして「がんになったときに、どうする」です。
「がん」を考える、シリーズ最終回は、ガンへの対応方法を具体的に明らかにしていきます。
まず、ガンへの対応には、4つの段階で考える必要があります。
Phase.1有害物質が身体に入ってくるのを防ぐ。
Phase.2入ってきた有害物質を、自然の免疫、排毒機能を高めて排毒する。
Phase.3ガンを自然の免疫機能で治す。
Phase.4ガンの勢いが強く、自然の免疫機能では対応しきれないとき、外からの治療で免疫機能を補助する。
この4段階で対応を考えてゆく必要がありますが、各段階に貫通して一番重要なことは『 自然の免疫力を上げる』ことです。
そしてそのポイントは、『食べ過ぎを抑え、有害な食べ物を摂らない』ことです。続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場