大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと) カタカムナウタヒ 第5首 ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト アウノスヘシレ カタチサキ 第6首 ソラニモロケセ ユエヌオヲ ハエツヰネホン カタカムナ (3回) 第7首 マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ ミスマルノタマ (3回)

女子力向上委員会

キヌアは21世紀の主要食

女子力向上委員会さんのサイトより
http://inedia.jp/quinua.html#QcVcZLY.twitter_tweet_box_count
<転載開始>

キヌアは21世紀の主要食

キヌア
キヌアはヒユ科アカザ亜科アカザ属の一年草です。

 

南米アンデス山脈の高地アルティプラーノにおいて、
数千年前より食用に栽培されている擬似穀物です。

 

主に南アメリカで栽培され、
何百年もの間、
主食として現地の人々を支えてきました。

 

南米アンデス高原では、
「穀物の母」と讃えられ、
「聖なる食べ物」として扱われていました。

 

1492年のコロンブス到着以前のアンデス文明においては、
じゃが芋の次に栄養的に重要な作物でした。

 


続きを読む

塩分が日本人を滅ぼす

女子力向上委員会さんのサイトより
http://inedia.jp/salt.html
<転載開始>

塩分が日本人を滅ぼす

塩

元々、私たちの体は塩を貯蔵しています。
成人で約200~300gの塩分が貯えられています。

 

人間の体は約60兆個の細胞からできており、
1個1個が細胞内液で満たされています。
その細胞がきちんとした形を保つためには、
細胞外液との浸透圧が同じである事が必要です。
これを「等張性」と言います。
等張性を保つためには、
ナトリウムは欠かせません。

 

塩は生きていくために絶対に必要な物質なので、
私たちは塩を美味しく感じるようにプログラミングされています。
そのため、塩分を過剰摂取するというジレンマも生まれます。

 

人間だけでなく動物も同様に
生命維持のために本能的に塩を求めます。

 

日本は周りが海に囲まれているので、
塩の入手が比較的簡単でした。
湿度の高い夏にも食品を腐敗させずに、
保存するためにも塩は欠かせませんでした。
塩で食品を保存する技術は奈良時代からありました。

 

一昔前までの日本の食卓には、
味噌汁、漬物、梅干し、塩鮭、佃煮など、
塩味の強いものが並べられていました。

 

海に囲まれた日本の食生活は昔から塩分が多く、
日本食文化は「塩漬け文化」と呼ばれていました。

 

健康食として誇れる和食の
唯一の欠点は塩分過多です。

 

元々日本では非常に良質な
自然塩が多く流通していました。

 

ところが、太平洋戦争の敗戦後に
アメリカ軍がやってきて日本の塩を
ほとんど規制してしまいました。
その結果、民間で塩を作ると規制違反となるため、
精製塩が世の中に出回るようになったのです。
その結果、自然塩を作る能力が低下してしまいました。
今はそのような規制も無くなったのですが、
アメリカ軍による規制の弊害は大きく、
今でも自然塩を作る能力が不足しています。

 



続きを読む

小麦断ちグルテンフリーダイエット方法の効果

女子力向上委員会さんのサイトより
http://inedia.jp/wheat.html
<転載開始>

小麦断ち健康法

小麦

小麦は、イネ科コムギ属に属する一年草の植物です。
世界三大穀物の一つで、古くから栽培され、
世界で最も生産量の多い穀物の一つです。

 

日本は小麦の全消費量の85%を輸入に頼り、
しかもその6割をアメリカが占めているそうです。

 

私たちは遺伝子操作で破壊された小麦を食べています。
アメリカでは2億人が毎日、何らかの小麦食品を食べ、
結果として1億人以上が肥満、高血圧、
糖尿病、脂質異常症、心臓疾患、内臓疾患、
脳疾患、皮膚疾患などで苦しんでいます。

 

今流通している小麦のほとんどが、
60年代にロックフェラー財団系の研究所で、
遺伝子組み換えによって形質転換された新種の小麦なのです。

 


続きを読む

食べない生き方

女子力向上委員会さんのサイトより
(で、いいいのかな?)
http://inedia.jp/
コピペ出来ませんでしたので、ソースを貼り付けています。
色んな情報がありますので興味のある方は訪問してみてください。
<転載開始>

食べない生き方

療法

19世紀初頭まで、医学には五つの流派があって、
お互いに補完し合って共存共栄していました。
ところが、19世紀にアロパシーのみが唯一
科学的根拠のある優れた医学として採用され、
他の四つの医学は時代の権力闘争などの
複雑な要因によって駆逐され衰退したそうです。
そして、明治維新と共にアロパシーのみが
西洋医学として日本に伝来されてきたのです。

自然療法ナチュロパシー食事療法、芳香療法、植物療法、鉱物療法
整体療法オステオパシー指圧、鍼灸、カイロプラクティック
心理療法サイコオパシー暗示、瞑想、音楽療法、色彩療法
同種療法ホメオパシー極微量の毒で健康を増進
対症療法アロパシー病気の症状と反対の効果を持つ薬品を投与

アロパシーのみが対症療法で、
それ以外の四つは自然治癒力を高める根治療法です。
現代の医学ではアロパシーが主流となり、
症状を抑え込む薬剤の使用が中心となっていますが、
病気の根本的な原因を取り除くためには、
症状の原因を単体的に絞るのではなく、
体全体の諸器官の関連性や心との関わりなどを
総合的・複合的に捉える必要があります。

 


続きを読む
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場