2007年01月08日

銀行より勝るコンビの能力

1月8日の今日は「平成」の年号が公表された日である
亡くなった小渕首相が平成の文字を持って
テレビ画面に出てきたのは、目に焼きついている

その年号を決める際、
「平成」の他に「修文」と「正化」が候補として上がっていたらしい
ところが
元号の頭文字をアルファーべットにすると
「修文」と「正化」ともSとなり
昭和のSのイニシャルと重なるので不都合だと反対意見が出て、
「平成」に決定したそうだ

平成に慣れて19回めの年になると「修文」と「正化」より
平成でよかったという気がする

ところで、
今日、コンビニに入った
若い方には入らない年齢の性か
何となく”高い”というイメージが強く
スーパー等は気軽に入るが
どちらかというとコンビにの利用度は少ない

利用する時は決まって
他に大型店が無いから
急いで必要だからなど
仕方ないから利用していたというのが実情だった

でも、言い換えれば
あって良かった、助かった
ということになる


ところが先月の事であった
友人から、”携帯電話が繋がらないよ”と連絡が入った
”えっ??”私は驚いてしまった

只、頭に過ぎった事があった
その電話があった前々日に
2ケ月分の支払をしたからだ
その内の1ケ月分は、まるまる支払を忘れてしまっていた
でも、支払は済んでいる
何故だろう???

私はNTTドコモに電話を入れた
私:「支払ったのに何故繋がらないの?」
ドコモ:「支払されたんですか?」

私:「一昨日、○○銀行で2ケ月分支払しました
領収の控えが有るのでFAXしますか?」
ドコモ:「いいえ結構です。金額を確認します。
銀行から支払をしていただくと、入金を確認するまで一週間くらい日数が掛かります」

私:「えっ 一週間もですか?」
ドコモ:「そうなんです。コンビニからお支払頂くと10分〜15分位で確認が取れますが、銀行の場合は日にちが掛かるんです。
こちらで入金処理がされた手続きをするので15分位お待ち下さい」
私:「わかりました」



*10分位経ってからドコモより電話が来る
ドコモ:「もうお使いになる事が出来ます」
私:「あっ 済みません」

少しショックであったが、
金融機関である銀行がコンビニエンスストアーより
決済能力が劣っている事が分かった。

そして、
銀行が利用者の立場になっていない事も如実に分かった

以前こんなこともあった
ある支払を銀行の窓口でしょうとしたら
「こちらでは手数料が掛かりますが、コンビニでお支払をすると
手数料は掛かりません。いかがいたしますか?」と云われた
当然、私はコンビニで支払しますから結構ですと答えた

この時は、
銀行で支払えば振込み手数料が取られ、
コンビニで支払うと手数料が掛からないというものだった

更に銀行のATMでの暗証番号に疑問を感じる
未だかって数字4桁だけだ
こんな不安な番号を使わせている銀行ってなんだろうか?
横から見えないようにするのもいいが
英数字も使えて、桁数がもっと多くなったら
被害も減ったのではないだろうか?

コンビには利用者の視点で便利性を追及している
銀行は建て前だけは利用者の視点であるが、殿様商売を未だに続けている
確実に、
今、金融の垣根も壊れ始めている事に銀行は気づいていない

○銀行は9時〜15時という開店閉店の時間制約つき、
しかしコンビニエンスストアーでの支払いはいつでもできる(24時間という店もある)

○インターネット社会では、銀行へ行く必要なんかない
・パソコン・携帯上で振込・支払も出来る

*私もイーバンクを持っているが普通預金も定期預金も金利すら銀行を上回っているし、振込み手数料も安い

・ネット銀行は入金も口座からの引き出しもコンビニ等からできる

これから更にネット上の銀行が活発に利用されると思う
極端な話、私は既存の店舗銀行が無くても殆んど困らないほどだ

銀行へ云ってやりたい
困った時に大量に我々国民の血税(公的資金)を利用し
預金利息はゼロに等しい扱いで
自分達は最高益を出した
にも拘らず
今度は公的資金の国庫返済で税金の支払を逃れている
何処まで自分の利益のみ考えているんだ!
利用者へ還元せよ!!

銀行の良いように国民は利用されただけだ
踏んだり蹴ったりである

利用者の利益・利便性を考えない銀行はやがて
国民から見放され、収益を落すだろうと
私は確信している












genkino_moto at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
 

体の健康、心の健康、財布(お金)の健康

元気の秘訣は体の健康、心の健康、財布(お金)の健康が伴わなければ人生は楽しく安らかに過ごせない。体の健康には水(還元水)・食べ物・サプリメント・健康食品など口から摂取っするものに気をつけなければならない。合わせて体の健康には管理が必要になる。生活習慣病などの原因になる、常日頃の生活習慣での飲酒・喫煙・食べ過ぎ(過食)・ストレスなどには注意が必要。特に食べ過ぎは運動不足にともない脂肪が燃焼しないで身につくので、運動の実践・食事量の制限、意識して野菜の摂取、場合によってはダイエットを実行する必要がある。財布の健康はお金が無ければ生活を維持することはできない。お金が無ければ住むことも食品を購入することも出来ない。大金持ちでなくても普通に生活が出来る程度にはお金は無くてはならない。これらが元気の秘訣である

体を抗酸化にするには有機野菜や減農薬野菜等の抗酸化食品の食べものが良い

元気の秘訣:体の健康 1
人間のハード部分である。車のボデーと同じでハード(体)が丈夫でなければ生活は出来ない。である。車体が壊れていて車は走れない、人とて同じ.。体(ボデー)は五体満足な健常者と障害をもった場合とある。また現在、疾病になっている場合もあるだろう。いずれにしても健康な人は未病を維持し、少しでも病気になるのを遅らせ、患っている人は治癒が必要になる。
病気の8割方は活性酸素が原因だとも言われている。いかに体が酸化して錆び付かないようにするかが大事だ。健康をつくる上での基本は食生活である。口から入れるものは大事だ。食べ物は多くの種類を食べることで、色んな食べ物から栄養素を取る事が大切である。
マスコミで何かが良いと言ったらそれだけに偏った食事は過ちである。体を抗酸化にするには抗酸化食品の食べものが良い。同じ野菜でも有機野菜は抗酸化力が強い。ただ有機野菜や減農薬野菜は一般的に高額である。従って全ての食材を有機野菜・減農薬野菜に切り替えることは不可能だ。懐も考えながら有機野菜や減農薬野菜を取り入れたいもの。

浄水器、ミネラルウォーター、電解還元水

また、重要なのが水である。体の約7割は水でできている。だから水を考えないで健康食品とかサプリメントというのは早計である。今は水を選ぶ時代に入っている。店頭に行くと様々なミネラルウオーターが売られている。様々な水を作る器械もある。しかしにも抗酸化力が強い水がある。それは電解還元水という器械だ。アルカリイオン水の仲間ではあるが還元力が違う。更にいうとその中には活性酸素を消去する活性水素を含んだ水を作る器械がある。少し高額であるが価値はある。只残念なことに活性水素を含むと確証も無く言っているのもあるので見極めが大事である。現在は1社のメーカがその期待に答えられるようだ。