2007年01月15日

信用を得るために

不二家の販売店の前を車で通りがかった
正面入り口のガラスに、
一枚の紙が貼ってあり休業していた
多分、全国に多数ある店舗が皆この状態なのかと推測すると
悲しいものがある。

洋菓子業界3位の不二家については4日前にも記載したが
社内調査では更に2〜3年前にも同工場が
消費期限の切れた卵を使ったシュークリームを出荷していたことが分かった。
どうやら、私が思った通り
消費期限切れの食材使用が常態化していた疑いが強まったらしい

前回、このような事は一般的にあると書いた。
内部の衛生管理の規則・規定などがいかに従業員に浸透・徹底され
遵守されるか
そしてチェックシステムが働いているかが重要

ニュースによれば、
販売見込み相違により使い切れなかった牛乳が、
一番多く使用するシュークリーム製造ラインに集められた。
工場では廃棄物が増えると是正報告義務が求められるが
悪い報告はプレッシャーとなる
そのしわ寄せが弱い立場のパートにいった模様だ

不二家の衛生管理手法については未だ、私には分からないが
今回の事の発端である不二家の埼玉工場は
環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」を取得し、
廃棄物削減などにも取り組んでいる
ところが、
牛乳が余って廃棄になることを想定してなかったので、
牛乳を廃水処理場に流してはいけないという社内ルールはあっても、
廃棄方法が決まっていなかったという

HACCPやISOなど会社が優れたシステムを構築していても
それを維持しているのは所詮人間

作業者の意見を取り入れる雰囲気が無い
あなあの仕事をしている(常態化して気にもとめない)
規則ではやる事になっているものも、とても多忙で手が回らない
特定の人に責任が押し付けられる(立場が弱いほど窮する)
管理者自身が衛生管理に甘く、責任を回避しようとする
経営者の危機意識が希薄
このような時に、事は起きやすい。

このような事は氷山の一角に過ぎないと書いたが
作り手を信じるしかない我々は
現実に今も、起きていると思っていた方が正しい

事件が明るみに出たとき
「あっ」この企業もそうだったんだ
騙されてきたんだと思うしかない
その時
「信用は一瞬にして崩れる」

そして
「信用を取り戻すのは容易なことではない」

そのいい例が、雪印と三菱である

雪印(2000年)の食中毒事件、そして同社子会社の牛肉偽装事件(2002年)
ワイドショーのように問題が起きたこの時だけ
不買をした人も多いと思う 

しかし、
私の中で雪印への不買は今も続いている
年間購入するのはホンのわずか
それも、仕方なくである

三菱もその一つである。
三菱自動車のリコール隠し(2000年)そして、その後、車輛構造上のタイヤ脱落事故等があった。
2000年以降、自家用車を2台乗り換えたが三菱は想定外である。

信用を得るために企業は必死である
信用が得られると業績も一般的には上がる

消費者はそのブランドを信じて購入をする
しかし、
信用を裏切る行為を企業がしたら、
そして、それが絶対に許せないと思うなら
我々消費者が出来る対抗手段は一つ
不買しかない

許すか許さないかは各個人が考える事で回りに左右されることではない

私は不二家の不買を勧めるつもりはない
何故なら、元々購入して食べていないからだ

私が書きたいのは
・不二家の今回のような事は他でも頻繁に起きている
・企業は消費者との信頼を維持する為に、努力を惜しまず、信用を勝ち得ていなければならない
・信用を裏切る行為は、信頼関係を壊す
・その信頼関係を壊されたことが絶対に許せないなら
訴訟ではないが「不買」という損害賠償(?)を償ってもらう方法もある
  ということである

『信用は一瞬にして壊れるもので、
  信用を取り戻すのは容易ではない』

このことば、企業だけではない、人間関係も同じこと。
自分勝手で相手のことを思ってやれない行為は
信用を失ってしまう

信用を失う行為をしてはいまいか?
自問自答してみる・・・・・


genkino_moto at 14:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
 

体の健康、心の健康、財布(お金)の健康

元気の秘訣は体の健康、心の健康、財布(お金)の健康が伴わなければ人生は楽しく安らかに過ごせない。体の健康には水(還元水)・食べ物・サプリメント・健康食品など口から摂取っするものに気をつけなければならない。合わせて体の健康には管理が必要になる。生活習慣病などの原因になる、常日頃の生活習慣での飲酒・喫煙・食べ過ぎ(過食)・ストレスなどには注意が必要。特に食べ過ぎは運動不足にともない脂肪が燃焼しないで身につくので、運動の実践・食事量の制限、意識して野菜の摂取、場合によってはダイエットを実行する必要がある。財布の健康はお金が無ければ生活を維持することはできない。お金が無ければ住むことも食品を購入することも出来ない。大金持ちでなくても普通に生活が出来る程度にはお金は無くてはならない。これらが元気の秘訣である

体を抗酸化にするには有機野菜や減農薬野菜等の抗酸化食品の食べものが良い

元気の秘訣:体の健康 1
人間のハード部分である。車のボデーと同じでハード(体)が丈夫でなければ生活は出来ない。である。車体が壊れていて車は走れない、人とて同じ.。体(ボデー)は五体満足な健常者と障害をもった場合とある。また現在、疾病になっている場合もあるだろう。いずれにしても健康な人は未病を維持し、少しでも病気になるのを遅らせ、患っている人は治癒が必要になる。
病気の8割方は活性酸素が原因だとも言われている。いかに体が酸化して錆び付かないようにするかが大事だ。健康をつくる上での基本は食生活である。口から入れるものは大事だ。食べ物は多くの種類を食べることで、色んな食べ物から栄養素を取る事が大切である。
マスコミで何かが良いと言ったらそれだけに偏った食事は過ちである。体を抗酸化にするには抗酸化食品の食べものが良い。同じ野菜でも有機野菜は抗酸化力が強い。ただ有機野菜や減農薬野菜は一般的に高額である。従って全ての食材を有機野菜・減農薬野菜に切り替えることは不可能だ。懐も考えながら有機野菜や減農薬野菜を取り入れたいもの。

浄水器、ミネラルウォーター、電解還元水

また、重要なのが水である。体の約7割は水でできている。だから水を考えないで健康食品とかサプリメントというのは早計である。今は水を選ぶ時代に入っている。店頭に行くと様々なミネラルウオーターが売られている。様々な水を作る器械もある。しかしにも抗酸化力が強い水がある。それは電解還元水という器械だ。アルカリイオン水の仲間ではあるが還元力が違う。更にいうとその中には活性酸素を消去する活性水素を含んだ水を作る器械がある。少し高額であるが価値はある。只残念なことに活性水素を含むと確証も無く言っているのもあるので見極めが大事である。現在は1社のメーカがその期待に答えられるようだ。