2007年02月13日

変わらないものと変わるもの

ゲンキですか?社長です。

最近、ヨガをやっています。ゴヴィンダ・カイ講師が来て以来、通訳でレッスンに入っているのですが、その影響でアシュタンガヨガを始めました。

朝6時30分からヨガですよ。(実際、僕は7時30分から)

なんだか、気持ちがいいです。このイベントが終わっても頑張って続けたいですね。

googleという検索サイトの関連本を大量に読んでます。今までの世界が一変するだけの破壊力をもった、この検索サイトには、これからも注目しています。

温泉はアナログなものだから、不変と思っているんですが、それでも、今から温泉発掘の規制、温泉の名称の規制と、行政が厳しくなってきています。

日本人の生活習慣が一変し、温泉にいくという感覚がなくなるかもしれません。
マイクロソフトは絶対と思われていたのですが、Googleの登場で、これはどうなるか分かりません。それと同じで、温泉もどうなるか分かりません。湯沸かし器も、そろそろその役目を終えようとしていますから。

ちょっとした不祥事から、その商品自体が消えていくような時代でもあります。

価値観が変わっていく。戦前は、将軍になるのが子供の夢だったんですが、今では、それが社長とかビジネスの世界での話しになっています。昔のエリートは、皆努力して軍人になって、戦犯になってしまいました。

経済はグローバル化していると言われますが、そんな海外の話じゃなくて、身近でもおこり得る話です。どこかのネット起業で、当てた会社が、お店を買いにくるかもしれません。「俺達が経営するから、お前らはそこをどけ」と言われて、「今までの自分はなんだったんだ」となる。

YOUTUBEなんかで、キーボードを叩き壊すドイツの少年やスターウォーズの真似をする少年なんかは、今や世界中で知られている。どこかの国の一少年がこんなに、あっと言う間に有名になるなんて事は今まであったでしょうか?

音楽やニンテンドーばっかりやって、全然働きもせず、ぷらぷら遊んでいる兄ちゃんが、ひょっとしたら今から必要とされる人材なのかもしれない。その可能性は大きい。表現力のある人間が、将軍になる時代がそこまで来ている。

そんな意味でも、アシュタンガヨガというのは不変のヨガ。すべてのポーズが決まっていて、長年やられてきたもの。昔からあるものに、執着というか、身を置くとホッと安心する所があります。

変わらないものも大事にしたいし、変えるべきものは、時代に合せて変えていきたいです。戦後培われてきた仕事至上主義は、穏やかに家庭と仕事のバランスとか、本当の幸せとかそういう精神至上主義なものにとって変わっていくような気がします。








genkysquare at 21:36│Comments(0)TrackBack(1)個人的なこと 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 3日目、未だ収入なし……  [ 売れないコーヒー屋の「わらつか」生活 ]   2007年02月15日 11:34
病気、退職、ネットのコーヒー屋開業……。 うれないコーヒー屋のどん底人生を日々お送りしています。 果たして収入は得られるのか??

コメントする

名前
URL
 
  絵文字