http://sekaitabi.com/reactor4.html

    100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4

    「使用済み核燃料のトータルで100%が大気中に放出された」


    繰り返しますが、これは米国から出ている公式文書です(原子力規制委員会の公式サイト)。上記の「使用済み核燃料のトータルで100%が待機中に放出された」がわかったのは、原発事故の翌週とされています。

    100%放出されたとなっているのに、日本政府は「使用済み核燃料取り出し作業」と称して長期間かけて作業していた???

    いったい、どういうことなのでしょうか。

    もっとも、この「使用済み核燃料取り出し作業」は「大芝居」だという疑惑を指摘する声もありました。


    吉田もう完全におかしくなってる
    現場責任者として適切だったのかな?


    メルトスルー
    キターーー

    The child is more sensitive 20 times from 10 more than an adult to the carcinogenesis effect of the radioactivity, and the fetus is also sensitive thousands of times. When an X ray is applied to pregnant woman's abdomen once, a possibility of the baby's leukaemia becomes double. The lady is all age and is more sensitive than a man. Radioactivity is every time it's accumulated and there is nothing as the safe radiation dose, and a person receives the dose, and cancer increases the risk which occurs.


    18 cases of infant thyroid cancer of less than 18-year-old child is checked already in Fukushima, and more one worried about very much is the fact that 25 cases are doubted. This is short senbyoufukuki so that they're surprised as cancer, and such children receive iodine 131 of the very high dose certainly mostly moreover and also inhale the other carcinogenicity radioelements now in the past, and I show that I'm taking.


    Thyroid cancer didn't appear for 4 years by Chernobyl victim. It's rare for thyroid cancer to be found for young children. The radioactivity life expectancy of the iodine 131 is 100 days and is a strong carcinogenicity substance. On the other hand, radioactivity of iodine 129 continues for millions of years. More than 350,000 children still live in an area of high activity and go to school, and number of cases of leukaemia will also begin to be increased two years later now approximately like increasing in infant thyroid cancer, and solid body cancer of various organs will be checked approximately 11 years later. These will increase in the frequency for 70-or 80 years from now on.


    Bioaccumulation keeps making the radioelement a food from polluted area from ground, so it's certain that Japanese is also seized with increase of the cancer occurrence rate for the next, the future and no generations while also including radioactivity for hundreds.


    It's being reported that Japanese doctors are ordering a patient not to say that patients' sickness relates to radioactivity from a boss.


    [★ Masamichi Nishio and national Hokkaido cancer center director]
    ◎ ( (Influence of the inner radiation exposure will come out certainly from now on, it happens certainly.))
    ( (A deformed child will be born from now on, and cancer increases, and such thing happens certainly.))
    ◎ ( (All sickness)) but rapid increase!
    ◎ ( (By the (specified diseases) which are everything mostly (incurable disease) ( (I increase sharply suddenly!!))))
    2010 (2010)-> 2011 (2011) fiscal year annual
      ... this is wonderful data! You can't finish hiding it!
    http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4ff5287e90043b84b17e38fa89f9f706


    [Prof. Hiroaki Shimokawa of★ Tohoku University cardiovascular medicine science]
    With an eastern Japan great earthquake
    "It increases in everything of a heart failure, ACS, apoplexy, a cardiopulmonary stop and pneumonia" significantly." it's

    子供は、放射能の発がん効果に対し、大人よりも10から20倍敏感で、胎児は、何千倍も敏感だ。妊婦の腹部に、一回、X線を照射すると、赤ん坊の白血病の可能性は二倍になる。女性は、あらゆる年齢で、男性より敏感だ。放射能は累積し、安全な放射線量というものはなく、人が線量を受けるごとにで、癌が発生するリスクを増す。


    非常に懸念されるのは、福島では、18歳未満の子供の小児甲状腺ガンが、既に18症例、診断されており、更に25症例が疑われているという事実だ。これは癌としては驚くほど短い潜病伏期であり、こうした子供達がほぼ確実に、極めて高い線量のヨウ素131を受け、更に、過去に、そして、いまも他の発癌性放射性元素を吸入し、摂取していることを示している。


    チェルノブイリ被害者では、甲状腺ガンは、4年間発症しなかった。甲状腺ガンが、幼い子供達で見つかることは稀だ。ヨウ素131の放射能寿命は100日であり、強力な発がん性物質だ。一方、ヨウ素129の放射能は数百万年続く。350,000人以上の子供が、依然高放射能の地域に住み、学校に通っており、小児甲状腺ガンが増加しているのと同様、白血病の症例数も、およそ今から二年後に増加し始め、様々な器官の固形癌は、およそ11年後に診断されよう。これらは、今後70 -80年間にわたって、頻度は増加しよう。


    汚染された地域の食物は、土壌から、放射性元素を、生物濃縮し続けるので、何百年にもわたり、放射性を含んだままとなり、将来、何世代にもわたり、日本人を、癌発生率の増加が襲うことは確実だ。


    日本の医師達は、患者には、患者達の病気が放射能に関連しているとは言わないよう、上司から命じられていると報告している。


    【★西尾正道・国立北海道がんセンター院長】
    ◎((内部被曝の影響は今後、必ず出てくる、確実に起こります。))
    ((今後、奇形児が生まれたり、がんが増えたり、そういうことは確実に起こります。))
    ◎((あらゆる病気))が急増!
    ◎(( ほぼ全ての((特定疾患(難病)))が((急激に激増!!)) ))
    2010(平成22)年度→2011(平成23)年度
      ・・・これはすごいデータ! 隠しきれない!
    http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4ff5287e90043b84b17e38fa89f9f706


    【★東北大学循環器内科学の下川宏明教授】
    東日本大震災とは、
    「心不全、ACS、脳卒中、心肺停止、肺炎”のすべてが有意に増加」する
    非常に珍しい特異な災害」
    と学会発表(日経BP2012.3.20)。
    http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcs2012/201203/524102.html


    平成24年2月からの落ち込みが激し過ぎる
    総務省統計局・人口推計より
    http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm


    先日(9/9)、「米国の放射性物質に係る輸入規制」が日本国民の知らないところで厳格化された。

    今の日本は、大手マスコミに緘口令が敷かれ、この手の「不都合な真実」が一切報じられない「秘密警察国家」さながらと断じてよいであろう。

    で、今回の米国の輸入規制の厳格化については、時期的にみてフクシマ原発における汚染水問題に起因していることは自明であろう。

    具体的には、対象県が以下のとおり、出荷制限対象品の輸入禁止が8県から14県に増加するという内容である。

    (変更前)岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川

    (変更後)青森、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、新潟、山梨、長野、静岡


    アメリカの見方としては、神奈川県産品が緩和される一方で、北は青森、西は静岡までが放射能汚染されているということである。


    このページのトップヘ