カーリー・ギブランの詩の紹介

「あなたの子は、あなたの子であるが、
 あなたの所有物ではない。 
 
 あなたを経てきたが、
 あなたから来たわけではない。
 
 あなたと共にいるが、
 あなたに属してはいない。
 
 あなたは愛情を与えても、
 考えを押し付けてはいけない。
 なぜならば、彼らには彼らの考えがあるからだ。 
 
 あなたが彼らのようになる努力をしたとしても、
 彼らがあなたのようになるよう
 仕向けてはいけない。
 なぜならば、生は決して
 後戻りするものではないものだから。」


自分のお腹を経て生まれてきた娘でも、
あなた(自分)からきた娘ではない・・。
あなたに属しているのではない・・。

これは、キリスト教的な感覚だろうと思う。

子供を私物化してはいけない。
愛情を与えても、考えを押しつけてはならない・・。

私は、我が子を神さまに預けました。
いえ、違います・・
もともと、子供は神さまの子供でしたから、
一時的に、地上でお預かりしていました。

そして、また再び、あなたにお返ししたのです。






IMG_20160305_132631




人気ブログランキングへ